お花のサブスク(定期便)

アンドフラワー(&flower)の定期便(サブスク)の口コミ評判とサービス内容を徹底分析

アンドフラワー(&flower)の口コミ評判とサービス内容を詳しく紹介

お花のサブスク(定期便)アンドフラワーの口コミ評判や、特徴、料金について紹介します。

アンドフラワーは、他社にないサービス内容を引っ提げて登場した、新しいお花のサブスク。料金プランがブルーミーとそっくりなので、迷うかもしれません。なので、ブルーミーとの違いもまとめました。

アンドフラワーとは

アンドフラワーの公式サイト画像
出展元URL:https://and-flower.net/

アンドフラワーとは、ポストに届くお花のサブスクです。新型コロナで打撃を受けたお花屋さんを救うことを目的に、クラウドファンディングで資金を集め、2020年8月にスタートしました。

アンドフラワーに加盟する最寄りのお花屋さんから、ミニブーケが届きます。オンラインショップで花瓶も購入できますよ。

運営情報

  • 運営者:株式会社笑人(しょうじん)
  • 所在地:〒169-0073東京都新宿区新宿6-7-22 エルプリメント新宿256
  • 運営者公式サイト:https://showjin.co.jp/
  • 電話番号:03-6709-9824
  • メールアドレス:public@and-flower.net
  • SNS:インスタグラム

他社サブスクとの違い

アンドフラワーと他のお花サブスクを比べてみて分かったことは、ブルーミーにそっくりということです!

提携花屋から送る、ポストに届く、料金など、あらゆる面がブルーミーと同じ。ブルーミーを意識してることは、間違いありません。

アンドフラワーとブルーミーの違いは、次のとおりです。

アンドフラワーがブルーミーより劣っている点

アンドフラワーがブルーミーより優れている点

お花については、特色は一切ありません。そのかわり、システム面で他社サブスクにない機能を打ち出しています。

メリット

アンドフラワーが、ブルーミーなど他のお花サブスクよりも優れているのは、次の2点です。

  • 続けて配送スキップができる「お休み機能」がある
  • ブロック機能で花屋を厳選できる

続けて配送スキップができる「お休み機能」がある

次回分の配送を中止する配送スキップのほか、しばらくお休みできるお休み機能があります。

お休み機能は、マイページで一度設定したら、解除するまでずっと配送を中止します。この機能が活躍するのは、長期の旅行や実家への帰省で、複数回お花の受け取りをキャンセルしたいときです!

お花サブスク各社が用意する配送スキップは、次回の配送日が近づくつど、操作または連絡をしなければいけません。でも、アンドフラワーのお休み機能なら、長期の旅行や実家に帰省する前に、ボタンをポンッと一押しするだけ。

帰ってくるまでお花を気にかけることもなくなるので、地味に便利な機能なんですよ♪

ブロック機能で花屋を厳選できる

ブロック機能とは、自分に合わないお花屋さんからの配送を断る機能です。

アンドフラワーは、全国各地の提携店舗のうち、最寄りの花屋がブーケを届けています。お店ごとにアレンジやテイストが異なるので、好みじゃないお花が届くことがあります。もしかしたら、傷んだ花が届き、悪い印象を持つことがあるかもしれません。

このような、自分にとってダメな花屋をブロックすることで、毎回好みのお花を受け取りやすくなりますよ^^

ただし、地方にお住まいなら、ブロックの多用は控えたいもの。なぜなら、数少ない最寄りの花屋がなくなり、遠く離れた花屋から届くようになるため、輸送距離が伸びて、お花に影響がでやすくなるからです。

妥協が必要な点(デメリット)

アンドフラワーのデメリットは、箱の形が原因で潰れたお花が届くこと!

厚みが2~3cmしかない、長方形の箱に入ってとどきます。花は種類にもよりますが、咲くと直径5cmとかありますよね。

なので、1輪咲きや大輪咲きのお花は、潰れてしまいます。ワクワクして箱を開けた瞬間、ぺちゃっとしたお花が目に入ったら、ガッカリですよね?

ちなみに、つぼみの状態や、スプレー咲きのお花なら、潰れる心配は少なくなりますよ。

アンドフラワーの口コミ評判

アンドフラワーは、新しいお花のサブスクなので、口コミ評判はほとんどありません。インスタで届いたお花の画像をアップされているだけで、どこが良い・悪いといった感想は、一切ありませんでした。

せっかくなので、実際に届いた画像をみてみましょう。

この投稿から分かったことは、お花のボリュームがあるということ。アンドフラワーで届くお花の本数は、グリーンを含んで4本なので、「お花の数が少ないんだろうな」と心配に思うかもしれません。

確かに、本数は少ないです。けれども、一輪咲きと房咲き(ふさざき)のお花を組み合わせて、ボリューム感を演出しているのは上手だなと感じました。

アンドフラワーの料金

アンドフラワーは、1プラン1,265円(税込・送料込み)のみです。3つのプランから選べるブルーミーの方が、選択肢が広くて良いと感じます。

アンドフラワーの公式サイトでは「現在は1プランのみです」と表示していることから、今後、新しいプランが増えるハズですよ。

まとめ

アンドフラワーは、ブルーミーにガチで対抗してきた、お花のサブスクです。となると、気になるのがブルーミーとの違いなので、紹介してきました。

実は、アンドフラワーは提携花屋の数を公表していないなど、少し不安な点がまだ見られます。口コミも少ないし、割引クーポンもありません。そのため、ここでの評価は「ブルーミーに追いつくのはまだ先かな」とさせていただきます。

ブルーミーとアンドフラワーで迷っているなら、ブルーミーにした方がよいかも。新しいもの好きな人は、アンドフラワーを使ってみるのもいいですね♪

-お花のサブスク(定期便)