お花のサブスク(定期便)

bloomee(旧ブルーミーライフ)の口コミ評判を分析【使ってみた感想も画像付きで紹介】お花の品質やボリュームは悪くない

ブルーミーライフ(Bloomee Life)の口コミ評判から解約方法まで

bloomee【ブルーミー/旧ブルーミーライフ(Bloomee Life)】は、お花代550円(税込み)でポストに届く、お花の定期便です。

ポスト配送なので、仕事や子育てでお花を買いに行く時間が取れない、忙しい女性の利用者が多く、国内で100,000世帯が利用しています。

お値段が安くて、みんな使ってて人気とはいえ、お花の品質やポスト配達への不安や疑問を感じてしまうもの。

bloomee(旧ブルーミーライフのよくある疑問や不安)

  • 自宅の郵便ポストに入るかな?
  • ポストに入れた箱は潰れないの?
  • 「しょぼい」「枯れてる」ウワサは本当なの?
  • どのお花屋さんが届けてくれるの?

ここでは、bloomee(旧ブルーミーライフ)の料金や配送頻度といったサービスの詳細のほか、利用しているみなさんの良い口コミ・悪い口コミを集めて、傾向を分析しました。

利用申し込みを迷っているときの、判断にお役立てください!

実際に、ブルーミーの体験プラン使ってみた画像付きレビューや、初回配送が無料になるクーポンコードもありますよ~♪

1輪でもリビングにお花があると、場が華やぐし心が落ち着くんですよね~。
あなたの生活に潤いが生まれますように♪

せつこさん
bloomee LIFEは、2021年3月15日にbloomee(ブルーミー)へと生まれ変わりました♪

クーポン「AP2021」で初回お届けが無料

ブルーミーのお花を取り寄せる

全国100,000世帯が利用中

もくじ

悪い口コミ評判

ブルーミー(bloomee/旧ブルーミーライフ)の悪い口コミ評判

ブルーミー(旧ブルーミーライフ)の悪い口コミ評判は、「しょぼい」「枯れてる」の2つが多い傾向にありました。

値段の割にしょぼい(本数が少ない/ボリューム感がない)

ブルーミーで届く花は、お値段の割にしょぼく、価格ほどの価値が感じられないと感じている口コミが多くありました。

この不満は、体験プランを使っているユーザーさんに、多く見られます

体験プラン

1回あたり550円(税込)。ブルーミーの最安値プランです。初めてお花のサブスクを始める人に人気です。

以下は、たくさんの不満の声の中でも、「これはひどいな」と感じた口コミです。

担当したお花屋さんが、ブルーミーから指示されたコンセプトのブーケを制作するにあたり、売れ残ったお花を使った。
と考えられます。

一方で、お花は1本が高いので、ボリューム感を演出するために、しょぼいお花をふんだんに使ったとも考えられます。

どちらにしろ、bloomee公式では「届いたお花がショボい」という声を受け止め、改善していく姿勢を示しています。

ちゃんと謝罪しているし、紳士的な対応ですね。

評判の悪いフラワーショップとブルーミー運営がお互いに改善策を練ることで、ショボい花が届くことはなくなりそうですね♪

しょぼいお花を届ける花屋を見分ける方法はない

bloomeeでは、残念ながら、お花屋さんの良い・悪いを見分ける方法はありません。
また、担当するフラワーショップを指名することもできません。

なぜならば、ブルーミーでは、届けてくれるお花屋さんのすべてを公表していないからです(下記画像のとおり一部は公表されています)。

ブルーミーのお花屋さんの一例
出典:bloomee公式サイト(Bloomee Style)

せつこさん
提携するお花屋さんの顔と、担当エリアが分かればいいのにね。

お花やさんの仕入れやセンスによって変わってきますから、ショボいお花が届いたら「ハズレのお花屋さんを引いた」と諦めるしかありません。

一方で、お値段以上と思わせられるお花が届いているユーザーもたくさんいるので「お花のガチャ」のようなもの。

ひとまず体験プランで様子を見てから、継続するかどうかを決めるのがいいでしょう。

ショボい花が届いたときの対応策

体験プランでショボい花が届いたら、レギュラープランに変更を検討しましょう。

なぜならば、体験プランは「花がしょぼい」という悪評が目立ちますが、レギュラープランプレミアムプランではお花への悪評は聞こえてきません。

上位プランに変えると1回あたりの料金が高くなりますが、配送間隔を隔週にすると毎月の出費を抑えることができますよ。お花は2週間持つので、次の配送まで咲き誇ったお花を楽しめます♪

なお、最低継続回数である4回以上お花を受け取っているなら、手数料なしで解約できます。

↑デメリット一覧に戻る

お花が枯れてる(元気がない/品質が悪い)

「お花が枯れている」「元気がない」「品質が悪い」といった声も、ちらほらと見かけました。

とくに、気温が25度以上になる6月~8月の夏場に多く、ポスト投函で届いたお花は元気が落ちる傾向にあります。

なお、口コミではほとんどの人が、水気が抜けてしおれてる状態を「枯れてる」と表現しているので、完全にダメになったワケではありません。

炎天下の日に届いたお花は、お水をあげると復活します。

配送中もエコゼリーで保水しているとはいえ、日中の気温が30度を超えた日に、屋外のポストに入れっぱなしにしておくと、お花から水分がどんどん抜けてしまって、元気がなくなります。

便利なポスト配送が、かえってお花を弱らせてしまう原因になってしまいますが、花瓶のお水に同梱される栄養剤を入れて1日待つと元気になりますよ。

なお、お花を弱らせない対策は「配送日はなるべく在宅。投函されたらスグ取り出す」こと。

育休・産休・専業主婦・専業主夫・リモートワークなど、在宅の時間が多い人に限られますが、お花が熱に晒される時間が短くなるので、お花の花もちが良くなるハズ。

もし、不在になりがちなら、気温の高い夏場だけ配送スキップして、気温が落ち着く秋から再配送してもらうことをおすすめします。

↑デメリット一覧に戻る

良い口コミ評判

ブルーミー(bloomee/旧ブルーミーライフ)の良い口コミ評判

ブルーミーの良い口コミ評判は、「お花が届く」「料金が安い」「品質保証制度がある」という傾向が多かったです。

ポストに届くので便利

お試しプランとレギュラープランは、自宅のポストに配送されるので、不在でもお花を受け取れます。

忙しくてお花を買いに行けなくても、生花が手元に届くのは便利ですね。
一方で、

「箱が潰れて、中のお花は折れないの?」

と心配になるかもしれませせんが、潰れにくい箱を採用して届いたお花がダメージを受けにくいようになっています。

ポストの大きさ

最低でも、間口(投函口)の大きさとして次のサイズが必要です。
【タテ(高さ)4.5cm×ヨコ(幅)16cm以上】
販売されてるポストなら、心配しなくても大丈夫入ります!

さらに、奥行が15cm以上あれば、ハミ出ることなくすっぽり収まりますよ。

ポスト配送の弱点は夏場と冬の寒冷地

暑い夏と、氷点下まで下がる地域の冬のポスト配送は、お花にダメージの可能性あり!

夏場に最高気温が30度を超えることが多い地域で、屋外にポストが設置されているなら、箱を開けたらお花がくったりしていたなんてことがあるかも?

降雪地は、枯れないよう含ませた水分でお花が凍るかもしれませんね。。

お花の大きさによっては手渡しになることもある

箱に入らないほど大きなお花が届くときは、手渡しになることもあります。

お花のセレクトや配送方法は、フラワーショップの判断です。
ポストに届かないのは不便を感じるかもですが、こちらの予想を大きく超える立派なお花が届くと思うと、悪い気はしませんね♪

なお、ポストが詰まっていて入らないと郵便配達員が判断した場合に、不在票を置いていくこともあります。

ポスト配送して欲しくない場合の対応策

  • 手渡し配送のプレミアムプランを選ぶ
  • お試しプラン・レギュラープランで「手渡し配送」を選択する(税込165円かかります)
  • マイページの住所欄に「宅配ボックス」「ドアノブ配達」と入力する

住所欄への追記例

東京都●●区●●1丁目10-20 ドアノブ配達
※配送業者によっては対応してくれないところもあります(プレミアムプランの場合)

↑メリット一覧に戻る

お手頃価格で試しやすい

配送1回につき550円(税込)~の料金設定なので、お財布の負担を感じにくく気軽に試せます。

ほかに送料もかかりますが、1ヶ月に4回受け取っても3,000円ほど。

花屋さんに行けばボリューミーな花束を買える料金ですが、毎週届くのでいつでもイキイキとしたお花をお部屋に飾っておけます。

↑メリット一覧に戻る

近くに花屋がなくてもお花生活を始められる

お花を買いに行く時間が取れない・・・
とお悩みでも、気軽・手軽にお花のある暮らしができるのも、大きな魅力となっています。

フラワーショップはコンビニのようにたくさんあるワケじゃありません。
さらに、買った花の持ち運びにも気を使います。

都市部なら、電車で花を持ち運ぶと他の乗客に迷惑がかかるかもしれません。
地方だと、車が必要なので気軽に買いに行くのが難しかったりします。

こういった手間や心配を、ポスト配達という形で取り除いています。

↑メリット一覧に戻る

品質保証制度がある

届いたお花が枯れたり折れたりしていたら、品質保証制度による保証が受けられます。

ブルーミーの品質保証制度

  • 同じ花を再送してもらう
  • 次回の料金を無料にする

どちらか好きな方を選べます。

お花に元気がない&傷があるとはいえ、少なからず楽しむことができるので、次回無料にした方がお得ですよ♪

↑メリット一覧に戻る

bloomee(旧ブルーミーライフ)の口コミ評判まとめ

ブルーミー(Bloomee/旧ブルーミーライフ)の口コミ評判の傾向

ブルーミーの悪い口コミ評判は、「値段の割にしょぼい」「花の品質が悪い」という傾向が多かったです。

一方で、良い口コミ評判は、「ポストに届くので便利」「お手頃価格で試しやすい」「届いた花の花言葉が分かる」「季節のお花が届く」「近くに花屋がなくてもお花生活を始められる」「品質保証制度がある」という傾向が多くありました。

お花が届いて便利とはいえ、がっかりクオリティなお花が届いては満足しにくいハズ。

お花の品質は花屋さん次第ですが、ハズレを引かない限りは満足している人が多くいらっしゃいました。

もし、大したことないお花が届いたら、悪評が少ないレギュラープラン・プレミアムプランへプラン変更をすると不満を感じにくくなりますよ。

bloomee(旧ブルーミーライフ)の体験プランを使ってみたレビュー

ブルーミー(bloomee/旧ブルーミーライフ)を使ってみたレビュー

ブルーミーの体験プランをやってみました。

ポストにinする箱の状態、内容物、お値段感、お花のもちを画像つきで紹介します。

結論からいうと、

  • お花の鮮度は良く、1日放置してもしおれない
  • しょぼくなく、お値段に納得できるボリュームとクオリティ
  • お世話をまったくしなくても、2週間もつ

ことが分かりました!

ポスト投函で元気なお花が到着!箱は頑丈で花や茎は折れていない

ブルーミーの体験プラン(税込550円)は、お花が入った薄めのダンボール箱が郵便ポストに届きます。

ブルーミーの箱(表)

12月下旬だったので、クリスマスデザインの箱に入って届きました。

私が済む北東北は、配送中にお花が凍るため、冬場のみ配送不可エリアにしている花定期便が多く、お花の状態が心配でした。。。

けれども、氷点下を下回るような気温にもかかわず、300km以上もの道のりを凍ることなく乾燥することもなく元気な姿で届きました♪

ブルーミーは、最寄りのお花屋さんからお花が届くようになっています。
「遠くても隣町ぐらいかな?」とか思っていたのですが、まさかの越県するとはっ!

地方には、ブルーミーと提携している花屋が少ないようですが、それでも他社の定期便よりは配送距離・時間が短いので、届いたときの鮮度は良い感じました。

箱を手で押しても変形しない

ブルーミーの箱(ウラ)

箱の上下左右前後を手で押してみましたが、潰れる様子はありません。
さらに捻じってみましたが、箱が折れることはありませんでした。

箱の裏面には、ポストに差し込めるガイド線(投函の目安)が引いてあります。

線より下はお花の茎の部分なので、花びらが潰れる心配もありません。

【箱の中身】4種6本のかわいいミニブーケと栄養剤1袋

ブルーミー体験プランのお花4種と栄養剤

外箱を開封すると、中には

  • ミニブーケ
  • 栄養剤

が入っていました。

ブーケの包み紙には、今週のお花と担当したフラワーショップが表示されています。

今回届いたお花

  • チューリップ(1本)
  • コットンフラワー(1本1ヘッド)
  • カスミソウ(2本)
  • 松(2本)

担当のお花やさん

無店舗花屋ルココン
宮城県仙台市近郊の花屋さん。保有資格は「フラワー装飾技能士1級」「NFDフラワーデザイナー1級」「色彩能力検定2級(カラーコーディネート)」「JHAハーバリウム認定講師」です。

ブルーミー体験プランで届いたお花

茎の切り口は、エコゼリー(お花の栄養と水分を含んだジェル状のもの)が入ったラップで覆われています。

このお花が到着した日は12月24日。季節感あふれる赤・白・緑のクリスマスカラーなお花が届いて、テンションがちょっと上がります♪

が、その反面、チューリップがつぼみのままだったので見た目が寂しく、お花素人の私は「ちょっとしょぼい?お値段以下のお花が届いたんじゃない?」と感じてしまいました。

そこで、生花(切り花)の相場と照らし合わせてみたら、お値段どおりのお花が届いていることが分かりました。

お花相場
チューリップ150円~200円
コットンフラワー100円
かすみ草20円
170円
総額440円~490円
※金額は2020年12月25日時点。お花の値段は、楽天・ヤフーショッピングで相場を確認。

お花の知識を持つ人が見たら「値段にそぐわしい良いアレンジだよ」と言うと思います。

ブルーミーの利用者の8割は、お花を飾る習慣のない人です。
「ブルーミーはしょぼい」と言われるのは、利用者にお花の知識がないことが原因の1つになっていると思います。

「ブルーミーは価格に見合うお花が届くのか?」という不安が吹き飛びました♪

【花瓶】前もって100円ショップで用意しておこう

ブルーミー体験プランのお花を飾ってみた

bloomeeの体験プランで届くお花を飾る花瓶は、小ぶりなもので十分です。
私は、100円ショップ「セリア」で高さ10cm、刺し口3cmの花瓶を用意したら、ちょうどよかったです。

bloomeeのお花の高さは、20~25cmほどと小ぶりなので、花瓶の高さは10cmあれば十分です。

また、体験プランで届くのお花の本数は、花2本ほど+グリーン2本ほど。
まとまり感を出してオシャレに見せるには、挿し口3cmほどの狭いものがオススメです♪

はじめてなら、どんなお花にもマッチする、ガラス素材で柄のないシンプルなものがオススメ。

bloomeeでは、届くお花を選べないからこそ、どんなお花でも映える花瓶を選んでくださいね^^

なお、公式ストアで花瓶を買えますが、税込2,000円ほどするので、節約の意味も込めて、まずは100円ショップのものを使ってみるといいですよ。

届いた状態で1日放置してもお花に影響はなかった

お花を生けてみると、届いた状態よりも、豪華さを感じられるから不思議なものですね。

さて、私がお花を生けたのは、bloomeeから届いた翌日です。

翌日にした理由は、帰宅後に受け取ったというのもありますが、もし配送遅延があったときお花がどうなるかテストをしてみたかったからです。

届いてから丸1日、エコゼリーから栄養と水分を得ていたにもかかわらず、前日よりもチューリップのつぼみが色づきはじめて、赤い花びらが見えはじめました。

エコゼリーに十分な栄養と水分があることを確認できました。
2日ほどの配送遅延があっても、お花に影響はないといえます。

お花は2週間持つので隔週配送を選んで節約できる♪

届いたお花を、まったくお世話しないで2週間飾り続けてみました。
お花の見た目に変化はあるものの、2週間も咲き続けてくれました♪

なお、生ける前にやったことは「根本をハサミでカット」と「水に栄養剤を入れる」の2つだけです。

届いてから2週間後の、4種のお花とグリーンの状態は、次のとおりです。

  • チューリップ:花びらが開いて水気がなくなる(茎の根元が腐って水を吸えなくなるから)
  • コットンフラワー:気付ける変化は見当たらない
  • かすみ草:咲き誇っているが一部で茶色っぽくなり、つぼみはしぼむ
  • 松:葉先が開き、黄色に色づく葉が出てくる

10日目を過ぎたころからお花がくたびれ始めたのですが、550円(税込み)で2週間も楽しめるなんてコスパいいですよね♪

ちなみに、茎の根元はハサミではなくカッターで斜めに切ると、茎の細胞が潰れにくいためお花が長持ちします。

さらに、茎の根元を水に付けたままカットすると、茎に空気が入らないのでさらに長持ち♪

頻度は、3日に1回が目安ですよ。

クーポン「AP2021」で初回お届けが無料

ブルーミーのお花を取り寄せる

全国100,000世帯が利用中

ブルーミーの特徴(メリット)

ブルーミー(bloomee)が他社お花サブスクと違う特徴

ブルーミーが他社のお花定期便と比べて優れている点に、「全国の提携店舗からお花が届く」「プレゼント利用ができる」があります。

配送間隔は週1回と2週に1回から選ぶことができ、お花を受け取れない週は配送スキップすることができます。

bloomeeと提携する200店舗のフラワーショップから届く

bloomeeに提携する200以上のお花屋さんのうち、お届けエリアを担当する店舗から配送されます。これにより、

  • 配送距離が短いので、新鮮なお花が届く
  • 配送時間が短くなり、しおれにくくなる
  • 輸送中に折れにくくなる

というメリットが生まれます♪

一方で、エリアによっては担当店舗が複数存在するので、お店ごとにお花のアレンジ力(色・種類・本数)の違いを感じることもあります。

いろんなお花屋さんのアレンジに触れられるのも、bloomeeの楽しみ方の1つです^^

↑ブルーミーの特徴一覧に戻る

プレゼント(ギフト)利用ができる

bloomeeでは、自宅以外の場所へお花を配送できるので、離れて生活する人にお花を届けることができます。

やり方は、お花を贈りたいお相手の住所を、マイページで入力するだけです。

ブルーミーでお花を贈るメリットは、「お届け先の最寄りのお花屋さんを調べなくてもいい!」
これに尽きます!

メッセージカードを添えることはできませんが、ブルーミーで別途購入した花瓶もプレゼントで贈ることができますよ。

配送間隔は毎週と隔週(2週に1回)の2つから選べる

ブルーミーでは、配達スパンを毎週と隔週の2つから選ぶことができます。

お花の持ちや1ヶ月に使える費用を考えて、どちらにするか決めるといいですよ。

5週ある月は注意

毎週を選ぶと、5週ある月は5回分の料金が発生します。
隔週を選んだ場合は、サイクルによっては1ヶ月に3回分の料金が発生します。

いろんな花を楽しみたいなら毎週ですが、ブルーミーのお花は長持ちすると評判なので、隔週配達でも枯れることなく次の配送まで咲き誇るお花を楽しめます♪

↑ブルーミーの特徴一覧に戻る

配送スキップができる【やり方も紹介】

旅行や短期出張で不在の時は、配送スキップをするとお花の受け取りを一時中止できます。

配送スキップとは

週単位で、配送を中止することです。スキップした分の料金は発生しません。

毎週火曜日になるとその週の注文が確定するので、遅くとも月曜日中に操作しなければいけません。

配送スキップのやり方

マイページから、スキップしたい週を選んでボタンをタップするだけです。
配送スキップのキャンセルも、同じやり方でできます。

ブルーミーの配送スキップのやり方画像

ブルーミーのデメリット

ブルーミーを、他のお花定期便と比べたときのマイナス点(デメリット)は、

ことです。

最低受け取り回数(4回)未満で解約すると解約料が発生する

bloomeeでは、お花を4回受け取らずに解約した場合は、解約料が発生します!

請求される解約料は、4回分のお花の代金(送料除く)のうち、受け取っていない回数分です。

プランと受け取り回数による解約金を、一覧にまとめてみました。

受け取り回数0回1回2回3回4回
体験プラン2,200円
(550円×4回)
1,650円
(550円×3回)
1,100円
(550円×2回)
550円
(550円×1回)
0円
(550円×0回)
レギュラープラン3,520円
(880円×4回)
2,640円
(880円×3回)
1,760円
(880円×2回)
880円
(880円×1回)
0円
(880円×0回)
プレミアムプラン5,280円
(1,320円×4回)
3,960円
(1,320円×3回)
2,640円
(1,320円×2回)
1,320円
(1,320円×1回)
0円
(1,320円×0回)
※税込金額

もし、好みに合わないお花が2回続いたとしても、3回目まで様子を見てから解約するか決めることが多いです。

そのため、「あと1回で受け取り4回になるし、次は好みのお花が届くかもしれないから、そのままでいいか」となりがち。

お金だけ払ってお花を受け取らないのは損なので、4回受け取ってみて、全体的に不満なら解約するのがいいですよ。

せつこさん
bloomeeでは、配送回ごとにお花屋さんが変わります。次は、期待以上の良い花が届くかもしれません。

お花屋さんによってお花のアレンジが異なる

ブルーミーには、200店舗以上のお花屋さんが加盟しています。

お届けするお花は、エリアを担当するフラワーショップが持ち回りで制作するので、毎回アレンジやボリュームが異なり、同じテイストのお花を毎回受け取ることはできません

そのため、「前回はドンピシャ好みだったけれども、今回はハズレだなぁ」ということが起こります。

3つの料金プランの特徴と違い

ブルーミー(bloomee)のプランごとの料金・違い・特徴

ブルーミーのプランは3種類あります。

プラン名料金送料本数配送頻度
体験プラン550円/回275円/回3本以上毎週or隔週
レギュラープラン880円/回385円/回4本以上毎週or隔週
プレミアムプラン1,320円/回550円/回5本以上毎週or隔週

※料金はすべて税込

対応エリア

全プラン、全国対応(離島を除く)です。

どんなものかお試ししたい人は「体験プラン」を選ぶことが多いですが、一番人気は「レギュラープラン」です。

体験プランの料金と送料【500円でお試し】

体験プランの特徴

  • 最安値プラン
  • 気軽にお試しできる
  • ポストで受け取れる

こんな人にピッタリ

  • 初めてお花のサブスクを始める
  • お花がある生活をしてみたい
  • まずはブルーミーを試してみたい

お手頃価格で始められる、スターター向けプランです。

  • お花の本数:3本以上
  • 配送頻度:毎週or隔週
  • ポスト配送:あり(花専用の箱に入って日本郵便のゆうメールで届きます)

ブルーミーがどんなものか肌で感じ取るにはいいプランです。

クオリティの低さを感じて退会する人もいれば、魅力に感じてレギュラープランにアップグレードする人もいます。

体験プランの料金

料金/回送料/回総額/回
550円275円825円

※料金はすべて税込
※手渡し配送を選ぶと165円(税込)追加になります

体験プラン1か月あたりの総額は、次の表のとおりとなります。

毎週配送隔週配送
3,300円1,650円

※配送回数は月4回の場合として計算
※料金はすべて税込

「月3,000円くらいならなんとかなるかな」と思う一方で、「月3,000円は高いな」と感じる人もいるハズ。

お花は2週間ほど持つので、隔週配送にして毎月の負担を減らすのもアリですよ。

レギュラープランの料金と送料【ボリュームのあるお花】

レギュラープランの特徴

  • 最人気のプラン
  • ボリューム感があり満足度が高い
  • 体験プランよりお花が1本多い
  • ポストで受け取れる

こんな人にピッタリ

  • 存在感のあるお花を飾りたい
  • 一輪挿しにして自宅のいろんなところに飾りたい

体験プランと比べて、本数が1本多くなるだけではなくブーケの構成がゴージャスになっているのも魅力の1つ。

そのため、体験プランからレギュラープランにアップグレードする人が多く、ブルーミーで一番人気のあるプランとなっています。

体験プランは悪評が多いものの、レギュラープランになると悪い口コミがピタッと無くなるので、レギュラープランを選んでおくと失敗はないですよ。

レギュラープランの料金

料金/回送料/回総額/回
880円385円1,265円

※料金はすべて税込
※手渡し配送を選ぶと165円(税込)追加になります

体験プランとの差額は、配送1回あたりの440円です。

お花の本数が1本増えて全体のグレードも上がるので、妥当な料金設定といえます。

ちなみに、レギュラープラン1か月あたりの総額を、表にまとめてみました。

毎週配送隔週配送
5,060円2,530円

※配送回数は月4回の場合として計算
※料金はすべて税込

毎週配送にすると子育て世代では手が出しにくい料金になってしまうので、隔週配送がオススメ。

2日に1回お水を変えてあげると、次の配送までイキイキしますよ♪

【お花(植物)ある → 親の心にゆとりができる → 優しい子に育つ】という理想的な流れも期待できるかも?!

ゴージャスなお花が届くプレミアムプランの料金と送料

プレミアムプランの特徴

  • 最上位プラン
  • ボリューム感があり満足度が高い
  • 体験プランよりお花が1本多い
  • 受け取りは手渡し

こんな人にピッタリ

  • 1点豪華主義でゴージャスなお花を飾りたい
  • リビングやエントランス(玄関)を華やかにしたい

料金と受け取り方法から考えて、収入的に余裕がありいつも誰かが自宅にいるご家庭向けのプランになっています。

来客も「おっ」と思うこと間違いなしなお花が届きますよ。

プレミアムプランの料金

料金/回送料/回総額/回
1,320円550円1,870円

※料金はすべて税込

レギュラープランとの差額は、配送1回につき605円です。

本数は5本以上となり、フラワーショップで1本450円ほどするトルコキキョウが入っていることを考えると、なかなかお得な料金設定といえます。

2,000円近くのお花となると、送別会などで送られる見た目のボリュームを重視した花束を比べてしまいがちですが、ブルーミーでは、控えめに主張しつつも存在感を醸し出す、大人な雰囲気のお花となっています。

下記に、レギュラープラン1か月あたりの総額をまとめてみました。

毎週配送隔週配送
7,480円3,740円

※配送回数は月4回の場合として計算
※料金はすべて税込

プレミアムプランは、ドライフラワーにしてあとあとまで楽しめる価値あるお花が届きますよ。

解約方法

ブルーミー(Bloomee)の解約方法

ブルーミーを解約するときは、次の手順で画面を操作(タップ)します。(所要時間:約3分)

  • よくある質問
  • 解約方法を教えてください
  • ご解約はこちら
  • ポイント消滅・お届け再開不可に同意して解約に進む

これで、無事解約(退会)できました!

解約(退会)すると再開できない

アカウントごと消えてしまうので、「また始めたいな」と思ったときもう一度IDを作らなければいけません。
「再び利用するかも」と感じているなら、面倒だけれども配送スキップをし続けて様子を見るのがいいですよ。

ブルーミーの運営情報

まとめ

ブルーミーを使ってみて、次のような変化がありました。

  • (お花を飾っている)テーブルを片付けるようになった
  • お花に興味を持つようになった
  • ツラいときお花を眺めると気が休まる

自由な外出もままならないご時世なので、せめてお花を飾ることで、外の情景を楽しむのもいいかもしれませんね。

クーポン「AP2021」で初回お届けが無料

ブルーミーのお花を取り寄せる

全国100,000世帯が利用中

-お花のサブスク(定期便)