お花のサブスク(定期便)

お花のサブスク(定期便)とは

お花の定期便とは、毎月決められた日に、定期的にお花が届く宅配サービスです。料金は定額のサブスクリプション方式のため、毎回・毎月、一定額でお花を購入できます。

料金は、送料込みで1配送につき1、000円未満からとリーズナブルだし、花がおまかせで届くので、初めてお花を飾る人に人気です。

こんな人にピッタリ

  • お花を飾りたいけど高いと感じている
  • 仕事や用事で家を留守にする
  • お花を買いに行く時間がない
  • お花の知識がないので、何を買ったらいいのか分からない

受け渡し方法は、「ポスト配送」「手渡し配送」の2つから選べます。

ポスト配送 → 郵便やメール便で届くため、留守でもお花を受け取れる。たいていのポストに入るサイズで届く。
手渡し配送 → 配送業者が届ける。ハンコ必要。留守なら再配送を依頼しなければならない。宅配ボックスがあると便利。

配送頻度は、定期便によって異なりますが、毎週・隔週(月2回)・月1回から選べるのが一般的です。

さて、ここで、

という疑問を感じるかもしれません。
お花の定期便業者はそれぞれ、お花がキレイな状態で届くように工夫しています。

お花をポストに投函しても潰れないように梱包箱を工夫している

お花の定期便では、ポストに入れても潰れない強度がある箱を使って、輸送中や投函の衝撃で、中のお花が痛まないようにしています。

例えば、サプリや本などを通販で買うと、小さな箱がポストに届くことがありますよね。
でも、箱が潰れていないのと同じなんですよ。

↑お花の定期便とはへ戻る

配送中のお花が枯れないように水分を含ませている

お花は、配送直前に水分をたっぷり含ませたうえで、次の方法によって、配送中のお花に給水しています。

  • プラスチック容器に水を入れる
  • ラップに包んだエコゼリーで切り口を包む
  • 給水スポンジに刺す

エコゼリーとは

お花を長持ちさせる、ジェル状のもの。水と栄養剤で作られているので、お花が長持ちします。水分率は90%

給水スポンジとは

吸水性と保水性に優れた、目が細かい固めのスポンジで、お花を長持ちさせるためのもの。
しっかりした作りなので、花をいけるときの土台に使うこともあります。
お花業界用語で「フローラルフォーム」「オアシス」「給水フォーム」とも呼びます。

お花の定期便によっては、配送期間が2日間ほどかかることもありますが、配送中にお花が枯れたりしおれたりしないように、切り口に水分を含ませてから通気性の良い箱に入れて配送します。

↑お花の定期便とはへ戻る

お花の定期便が安い理由は、必要な花の仕入れ数が事前に分かるから

お花の定期便は、あらかじめ届ける数が決まっているので、仕入れロスがなくなるから値段を安くできます。

仕入れと販売金額の関係

お店は、品切れしないようにお花を仕入れますが、売れ残ってしまうとロスが生じて損します。
さらに、たくさんの種類の花を仕入れるため、売れ残るリスクがあります。

ロス率を考慮して仕入れてから料金を設定するため、店頭販売は価格が高くなります。

廃棄直前の、品質の悪い花を送っているワケではありません。

500円のプランなら、700円~ぐらいの新鮮なお花が届きます。(すべての定期便で料金以上の花が届くわけではありません。)

↑お花の定期便とはへ戻る

↑目次へ戻る

お花の定期便

お花の定期便の比較マップ

お花の定期便は、全国規模のものから、地域に密着したものまで、星の数ほどあります。
こちらのページでは、有名なお花の定期便を比較しているので、ご自身に合ったサービス選びにお役立てください。

また、プレゼントに利用したいという人のために、プレゼント利用できるお花の定期便の比較もあります。

  • ポストに届く
  • 手渡しで届く
  • 店頭で受け取る

で、人気のあるお花の定期便の口コミ評判を分析したり、メリットとデメリットの考察をしたので、ご覧ください。

ポストに届くお花の定期便

ポストに届くお花の定期便は、1回1,000円未満で始められるので、お花の初心者さんや、留守にしがちな人に根強い人気です。

利用者がいちばん多いのは、bloomee(旧ブルーミーライフ)です。

手渡しで届くお花の定期便

定期配達をする地元のフラワーショップも多いですが、お花のセンスの良さを求めて「全国規模の定期便」を選ぶ人も多いです。

配送日数がかかりますが、配送中の給水に気を配っているので、枯れることはほぼありません。

手渡しの定期便は、おしゃれなお花が多いのが特徴です。

フジテレビフラワーネットだけは、全国の加盟店からお花が届くため、お花のクオリティがお店ごとに異なります。

それ以外は、一括してアレンジを行っているので、毎回おしゃれなお花が届きます。

店頭で受け取るお花のサブスク

もっともお得度の高いのが、店頭で受け取るお花のサブスクです。

1ヶ月あたりの受け取れる数が決まっていますが、金額にして、店頭販売額の2倍近くのお花を、1ヶ月に受け取ることができます。

一方で、自分の生活圏内に対象となるお花やさんがなければ、移動の経費(電車賃・ガソリン代)がかかるため、損することもあります。

魔法の花瓶は、じわじわと知名度を伸ばし続けていて、出店エリアも全国に広がってきています。

お花のサブスク(定期便)

2021/6/14

bloomeeの提携花屋を都道府県別に一覧で紹介!

bloomeeは、全国(離島を除く)が配達地域になっていて、最寄りの花屋がミニブーケを作成して、郵便または手渡しでお花を配送します。 提携花屋(加盟店)を調査したところ、40都道府県で約200店を確認できたので、都道府県ごとに一覧にまとめました。 お住まいの地域に店舗がない、または最寄りの店舗が少ない場合は、隣県の店舗からお花が届きます。 【北海道】 北海道 【東北】 青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島 【関東】 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川 【中部】 新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐 ...

お花のサブスク(定期便)

2021/6/14

bloomee(旧ブルーミーライフ)の花瓶【おすすめ・届かない・プレゼント】悩みを解決!

bloomeeで初めてお花を飾るとき、花瓶にまつわる疑問や悩みはつきものです。 ここでは、 bloomeeのお花におすすめなサイズの花瓶は? 花瓶が届かないときはどうしたらいいの? 花瓶をプレゼントできるの? といった疑問にお答えします! bloomee(旧ブルーミーライフ)のお花をおしゃれに飾ろう♪花瓶のおすすめサイズ bloomeeで届くお花をいけるなら、口が狭く、背の低い花瓶がおすすめ♪ 具体的には、高さ10cm~15cm以内で挿し口の直径3cm以内の花瓶なら、少ない本数でもお花にまとまり感が出て、 ...

お花のサブスク(定期便)

2021/5/20

お花のサブスク「魔法の花瓶」の口コミ評判分析で分かったお得度┃使い方や加盟店も紹介

魔法の花瓶は、毎日フラワーショップでお花がもらえる、お花のサブスクリプションサービスです。 料金は定額制で、毎日お花を受け取っても、追加料金は一切ありません。 お得ですよねぇ♪ その一方で、 「お花をもらえるシステムはどんな?」 「アプリはあるの?使い方やダウンロード先は?」 「全国の加盟店はどこ?」 などの疑問を感じずにはいられません。 そもそも、定額で毎日お花をもらえることが不思議だし、「お花の質が悪いのでは?」など勘ぐってしまいませんか? ここでは、魔法の花瓶のシステム・アプリ・加盟店・料金を紹介し ...

お花のサブスク(定期便)

2021/4/27

LIFFT(リフト)お花の定期便の口コミ評判を分析┃メリットとデメリット考察と小冊子が人気な理由

LIFFT(リフト)は、ボリュームあるお花と、お花の小冊子が毎月届く、お花の定期便(サブスクリプション)です。 お花・小冊子ともにおしゃれな雰囲気がぷんぷん漂うLIFFTの、LIFFTの口コミ評判を集約・分析して、傾向別に紹介。 メリットとデメリット、料金プランも掲載しています。 LIFFTの定期便を利用する LIFFT(リフト)とは 出展元URL:https://lifft.jp/ LIFFT(リフト)は、「Farm to Vase」をコンセプトに採花したての旬の花々をお届けする、お花の定期便です。 運 ...

お花のサブスク(定期便)

2021/5/20

霽れと褻(ハレとケ)お花の定期便の口コミ評判を分析┃メリットとデメリットからお花上級者向けサブスクと判明

霽れと褻(ハレとケ)は、花屋では手に入らない旬の花を自宅に届けてくれる、お花の定期便(サブスクリプション)です。 お花1輪~2輪にグリーンをあしらえ、お花の新聞(読み物)がセットになって毎月届くので、利用者の中心は、ディープなお花ファン。 ここでは、霽れと褻(ハレとケ)の口コミ評判を集約・分析して、良い点と悪い点を傾向別に紹介。 メリットとデメリット、料金プランについても紹介しています。 他のお花定期便との比較も交えているので、利用したい定期便を探すためにお役立てください。 霽れと褻(ハレとケ)の公式サイ ...

お花のサブスク(定期便)

2021/5/20

フジテレビフラワーネットの口コミ評判を分析して分かったメリットとデメリット

フジテレビの「めざましテレビ」で毎週火曜日に、フジテレビフラワーネットのお花をプレゼントしているから、知ってる人もいるはず。 知名度あるフジテレビフラワーネットの、お花定期便について、口コミ評判を集約して傾向を分析しました。 さらに、メリットやデメリット、料金プランについても切り込んでいきます! フジテレビフラワーネットの利用を考えていて、「みんなの意見を聞いてみたい!」とお考えの方の、お役にたてると幸いです。 フジテレビフラワーネットの公式サイトへ フジテレビフラワーネットとは フジテレビフラワーネット ...

お花のサブスク(定期便)

2021/3/22

ハナイノリ(仏花の定期便)のメリットとデメリットの考察┃1,000円以下のお供え花サブスク

ハナイノリは、仏花の定期便サービスです。 毎月定額(サブスクリプション)で、毎週または隔週でお供え花が届くので、 「故人の仏壇や墓前にお花を供えたい」 「ペットのお墓や写真の前に、お花を飾りたい」 と、ご供養の気持ちを込めながら、定期的にお花をお供えすることができます。 ここでは、ハナイノリのメリットとデメリットのほか、料金プランと送料について紹介しているので、利用を検討しているときの判断材料にお役立てください。 ハナイノリの公式サイト ハナイノリとは ハナイノリは、仏花の定期便です。 洋花の定期便で有名 ...

お花のサブスク(定期便)

2021/4/7

ヒトハナ(HitoHana)のお花定期便(サブスク)の口コミ評判は「ボリュームがある」┃8色から選べることも好評

ひとはな(HitoHana)は、ウェブでの通販を専門としたフラワーショップです。 メインは観葉植物・アレンジメント・胡蝶蘭の取り扱いで、10,000種類以上の充実したラインナップが特徴ですが、公式サイトだけで申し込みできるお花の定期便も人気。 ※2021年3月1日に確認したところ、ほぼ20,000種類のラインナップがありました。 ここでは、ひとはな(HitoHana)お花のサブスク(定期便)についての口コミ評判を分析して、良いところと悪いところを傾向別に紹介。 さらに、他社のお花定期便と比較したメリットと ...

WEEKLY FLOWERの口コミ評判

お花のサブスク(定期便)

2021/5/20

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)の口コミ評判の分析から分かったメリットとデメリット

WEEKLY FLOWERは、ポストに届くお花の定期便(サブスク)の中でも、色使いやお花のセレクトがおしゃれ♪ 送料込み1,000円以内で届くお花の宅配で1・2を争うセンスの良さと言える反面、欠点も存在します。 ここでは、WEEKLY FLOWERの良い口コミ評判と悪い口コミ評判から分かったサービスの特徴や、メリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。 結論からお伝えすると、都内に住んでいてとってもオシャレなミニブーケが欲しい人向けの宅配便です♪ WEEKLY FLOWERの公式サイト WEEKLY ...

お花のサブスク(定期便)

2021/5/11

ハナノヒ(日比谷花壇のサブスクリプション)の口コミ評判の分析と売れ残りの考察

ハナノヒは、実店舗でお花を受け取るお花のサブスクリプションです。 お花のサブスク(定期便)といえば、毎回どんなお花が届くか分からないもの。 けれども、ハナノヒはお花屋さんで好きなお花を選べるので、お店に行くワクワク感があるんですよね♪ ここでは、ハナノヒの口コミ評判の傾向分析と、他社お花サブスクとサービス内容を比較して分かったメリット・デメリット、さらには料金プランの内容をお伝えします♪ 最初に結論をお伝えすると、毎日お花を1本もらえるイクハナプランがお得! 店舗の近くに住んでいて来店に手間を感じないので ...