お花のサブスク(定期便)

お花の定期便(サブスク)とは

お花の定期便とは、毎月決められた日に、定期的にお花が届く宅配サービスです。届く頻度は、月1回、月2回、毎週があります。フローリストにおまかせで花が届くので、初めてお花を飾る人に人気です。

料金は定額のサブスクリプション方式のため、毎回・毎月、一定額でお花を購入できます。送料込みで1配送につき1、000円未満からとリーズナブル。3,000円ほどのプランは、豪華なお花が届きます。

受け渡し方法は、「ポスト配送」「手渡し配送」の2つから選べます。

ポスト配送 → 郵便やメール便で届くため、留守でもお花を受け取れる。たいていのポストに入るサイズで届く。
手渡し配送 → 配送業者が届ける。ハンコ必要。留守なら再配送を依頼しなければならない。宅配ボックスがあると便利。

こんな人にピッタリ

  • お花を飾りたいけど高いと感じている
  • 仕事や用事で家を留守にする
  • お花を買いに行く時間がない
  • お花の知識がないので、何を買ったらいいのか分からない

お花の定期便

お花の定期便の比較マップ

お花の定期便は、全国規模のものから、地域に密着したものまで、星の数ほどあります。こちらのページでは、有名なお花の定期便を比較しています。定期便各社の口コミ評判を分析したり、メリットとデメリットの考察をしたので、ご自身に合ったサービス選びにお役立てください。

また、プレゼントに利用したいという人のために、プレゼント利用できるお花の定期便の比較もあります。

ポストに届くお花の定期便(サブスク)

ポストに届くお花の定期便は、1回1,000円未満で始められるので、お花の初心者さんや、留守にしがちな人に根強い人気です。主な定期便は、次の6社です。

おすすめは、10万世帯が利用したbloomee(旧ブルーミーライフ)です。bloomeeは最寄りの提携花屋から配送するため、配送距離・時間が短く、お花がダメージを受けにくいです。花瓶の購入もできますが、100円ショップの花瓶でも十分かわいく飾れますよ。

手渡しで届くお花の定期便(サブスク)

手渡しで届く定期便は、お花のボリュームが多く背丈も高いため、ゴージャスに飾りたい人向けです。ブーケで届く定期便と、自分で切り揃える切り花が届く定期便があります。主な定期便は、次の6社です。

フジテレビフラワーネットだけは、全国の加盟店からお花が届くため、お花のクオリティがお店ごとに異なります。それ以外は、一括してアレンジを行っているので、毎回おしゃれなお花が届きます。

店頭で受け取るお花の定期便(サブスク)

店頭でお花を受け取るサブスクは、お得度が高いのが特徴です。店頭販売額の2倍近くのお花を、1ヶ月に受け取ることができます。ただし、デメリットとして次の4つが上げられます。

  • フラワーショップに通わなければいけない
  • 移動の経費(電車賃・ガソリン代)がかかって損することがある
  • 売れ残りの花であることが多い
  • 1ヶ月あたりの受け取れる本数が決まっている。
  • 1回につき1本しか受け取れないプランが多い

店舗で受け取るお花の定期便は、多くありません。有名なサブスクは、次の2社です。

魔法の花瓶は、じわじわと知名度を伸ばし続けていて、出店エリアも全国に広がってきています。

配送の疑問を解消

という疑問を感じるかもしれません。お花の定期便業者はそれぞれ、お花がキレイな状態で届くように工夫しています。

お花をポストに投函しても潰れないように梱包箱を工夫している

お花の定期便では、ポストに入れても潰れない強度がある箱を使って、輸送中や投函の衝撃で、中のお花が痛まないようにしています。

例えば、サプリや本などを通販で買うと、小さな箱がポストに届くことがありますよね。
でも、箱が潰れていないのと同じなんですよ。

↑お花の定期便とはへ戻る

配送中のお花が枯れないように水分を含ませている

お花は、配送直前に水分をたっぷり含ませたうえで、次の方法によって、配送中のお花に給水しています。

  • プラスチック容器に水を入れる
  • ラップに包んだエコゼリーで切り口を包む
  • 給水スポンジに刺す

エコゼリーとは

お花を長持ちさせる、ジェル状のもの。水と栄養剤で作られているので、お花が長持ちします。水分率は90%

給水スポンジとは

吸水性と保水性に優れた、目が細かい固めのスポンジで、お花を長持ちさせるためのもの。
しっかりした作りなので、花をいけるときの土台に使うこともあります。
お花業界用語で「フローラルフォーム」「オアシス」「給水フォーム」とも呼びます。

お花の定期便によっては、配送期間が2日間ほどかかることもありますが、配送中にお花が枯れたりしおれたりしないように、切り口に水分を含ませてから通気性の良い箱に入れて配送します。

↑お花の定期便とはへ戻る

お花の定期便が安い理由は、必要な花の仕入れ数が事前に分かるから

お花の定期便は、あらかじめ届ける数が決まっているので、仕入れロスがなくなるから値段を安くできます。

仕入れと販売金額の関係

お店は、品切れしないようにお花を仕入れますが、売れ残ってしまうとロスが生じて損します。
さらに、たくさんの種類の花を仕入れるため、売れ残るリスクがあります。

ロス率を考慮して仕入れてから料金を設定するため、店頭販売は価格が高くなります。

廃棄直前の、品質の悪い花を送っているワケではありません。

500円のプランなら、700円~ぐらいの新鮮なお花が届きます。(すべての定期便で料金以上の花が届くわけではありません。)

↑お花の定期便とはへ戻る

↑目次へ戻る