お花のサブスク(定期便)

ハナプライムの定期便(サブスク)の口コミ評判とサービス内容を徹底分析

ハナプライムの口コミ評判とサービス内容を詳しく紹介

「ハナプライムのお花の定期便の口コミ評判は良い?悪い?」
「料金やお花の本数は?コスパいいの?」

ここでは、ハナプライムが手掛ける、お花の定期便の口コミ評判をSNSで集めて分析しつつ、特徴や料金プランを紹介しています。

他社のお花定期便と比較分析もしてみたので、ハナプライムの定期便を利用するか、それとも他社にするかの判断にお役立てください!

せつこさん
安くて本数たっぷり。お花サブスクにコスパを求める人向けです。今、利用してる他社サブスクのコスパが不満なら、乗り換えをおすすめします。

teiki50 ←クーポンコード

50%割引でお試しする

HanaPrime公式サイトでお花のアレンジを確認できます

ハナプライムとは

ハナプライムの公式サイト画像
出展元URL:https://hanaprime.jp/subscription

ハナプライム(HanaPrime)は、お花や観葉植物の通販サイトです。胡蝶蘭が得意なウェブ専門のフラワーショップで、2021年3月8日からお花の定期便(サブスク)をスタートしました。

東京都内の花市場で仕入れたお花をブーケにして、沖縄を除く全国に宅配便で定期配送しています。

ハナプライムのお花の定期便の特徴は、お花のボリュームが多いことです。他社のお花サブスクと比べて、同じ価格なのにお花は2~3本多くなっています。ライバル他社の上をいくサービスを提供しているのは、後発のお花サブスクならでは♪

ちなみに、以前は「グリーンジャングル」という店名でした。ハナプライムの方が、高級感があっていいですよね?

運営情報

他社お花の定期便と比較

ハナプライムとお花サブスク他社の、料金とお花の本数比較しました。

比較の条件

  • ハナプライムで人気の、1,500円~3,000円の価格帯のコース
  • 宅配便で配送する定期便
  • 送料無料

上記の条件すべてに当てはまる、HitoHana(ひとはな)LIFFT(リフト)の2社を比較して、一覧表にまとめました。

▼3社の比較表

定期便料金本数
ハナプライム1,500円7~10本
HitoHana1,650円5~8本
HitoHana2,750円9~13本
ハナプライム3,000円13~16本
LIFFT3,300円9本前後
HitoHana3,300円11~14本
税込料金。送料無料。お花の本数は、グリーン(葉物)を含んでいます。

同じ価格帯で比較すると、ハナプライムの本数の多さが一目で分かりますね♪

ここでは比較しませんが、ポストに届くブルーミー(1,265円でお花4~5本)と比べても、コスパはバツグン。というか、比べ物にならないほど、お得です♪

ただし、お花の名前や花言葉が分かるペーパーやウェブページが用意されていないことが残念ですが、そこはガマン・・・。

ハナプライムは、安くてボリュームたっぷりのお花を、宅配便で送ってほしい人にピッタリです^^

▼30社以上のお花のサブスク(定期便)を比較で、あなたにピッタリなサブスクが見つかるかも?

ハナプライムのメリット(良い点)

ハナプライムのメリットは、先ほどの比較で分かった低価格かつ大ボリュームの多さのほかに、以下2つがあります。

  • 配送頻度と配送曜日を選べる
  • 東京23区の一部は即日配送される

配送頻度と配送曜日を選べる

ハナプライムでは、配送頻度と配送曜日を自由に選べます

ハナプライムの申し込み画面で配送頻度と配送曜日を選ぶ
出展元URL:https://hanaprime.jp/subscription
  • 配送頻度:毎週/2週間ごと/3週間ごと
  • 配送曜日:水/木/金/土/日

▼配送周期の例

  • 毎週水曜日
  • 3週間に1度土曜日

自分の生活スタイルに合わせて、頻度と曜日を組み合わせることができます。自宅にいることが多い日を指定できるので、不在で受け取れないことが減りますね♪

時間は指定できません。

↑メリットへ戻る

東京23区の一部は即日配送される

東京23区の一部は、市場で仕入れた日に、店舗スタッフが直接訪問して届けるので、新鮮なお花を楽しめます。

なお、23区以外のエリアは、ヤマト運輸もしくは佐川急便での配送となり、出荷から到着までおおよそ1~2日ほど日数がかかります。

↑メリットへ戻る

妥協が必要な点(デメリット)

ハナプライムのデメリットは、次の3つです。

  • ポストに届かない
  • お花の名前や花言葉が分からない
  • プラン変更や解約などの手続きはメールか電話で行う

では、1つずつ詳しく確認していきましょう。

ポストに届かない

ハナプライムは、全プラン宅配便での配送です。ポストに届かないので、留守のときに受け取ることができません。お花は生き物なので、なるべくなら不在票にしたくないですよね。。。

ただし、土日を含めて配送曜日を選べるので、「不在で受け取れなかった」ということは少ないハズです。

↑デメリットへ戻る

お花の名前や花言葉が分からない

ハナプライムは、届いたお花の名前や花言葉を知る方法がありません!

パッケージの中に、お花の説明書きは一切入っていません。公式サイトやインスタグラムでも、今週のお花を掲載していません。

お花の名前や花言葉が分かれば、さらにお花を楽しめるんですよね~。翌週になると、先週のお花として公式インスタグラムにアップされますが、それまで待つのもちょっと違うと思うんですよね。

お花をより楽しむには、お花辞典を用意するしかないかも。そのかわりに、料金が安いのかもしれませんが、改善を期待します!

↑デメリットへ戻る

プラン変更や解約などの手続きはメールか電話で行う

ハナプライムでは、手続きの多くはメールか電話で行います。メールや電話で行う手続きは、以下のとおりです。

  • プラン変更
  • 配送サイクルの変更
  • 登録情報の変更(お届け先など)
  • 配送スキップ
  • 品質保証の利用(お花が傷んでいたときの再送依頼)
  • 解約

品質保証は、届いたお花の写真を添付するのでメールのみ。電話は不可です。

マイページでできることは、メールアドレス・パスワード・クレジットカードの変更です。それ以外は、メールか電話で行います。他社お花サブスクの多くは、マイページで手続きできます。ハナプライム、ちょっと不便かな。

↑デメリットへ戻る

ハナプライムの定期便の口コミ評判

ハナプライムの定期便の口コミ評判をあつめて、内容を分析してみました。

ハナプライムの定期便は、2021年3月にはじまったばかりなので、口コミはまだまだ少ないです。そのなかで見つけた、良い口コミと悪い口コミは、次のとおりです。

  • 良い口コミ1:ボリュームがあって素敵なブーケ
  • 良い口コミ2:クール便が無料
  • 悪い口コミ:花の名前が分からない
  • 利用前の心配ごと:おしゃれなのに安い(怪しい?)

では、それぞれ、実際の口コミをみていきましょう。

良い口コミ1:ボリュームがあって素敵なブーケ

▼ボリュームの多さの口コミ

ハナプライムのあった3,000円コースは、13~16本のお花が届きます。13本でも十分に多いのですが、さらにボリュームのある16本のブーケが届いたら、お得感もひとしお^^

イベントのときに届いたら、テンション上がっちゃいます♪

清潔感のある上品なアレンジが多いので、食卓を彩ってくれたり、お部屋のグレードをアップしてくれますね^^

↑口コミへ戻る

良い口コミ2:クール便が無料

▼クール便が無料の口コミ

送料無料のうえに、クール便も無料です。これなら、夏場でも元気なお花が届きますね^^

配送トラックの荷台は、夏場は外気温プラス15℃以上になるんですって。30度を超える真夏日なら、荷台は45度以上!クール便は、生花に優しいです♪

↑口コミへ戻る

悪い口コミ1:花の名前が分からない

▼花の名前が分からず不満な口コミ

お花の定期便は、パッケージの中に、お花の名前を書いた紙が入っているもの。もしくは、ウェブで確認できるのが当たりまえなのですが、ハナプライムには紙もウェブもどちらもなく、お花の名前や花言葉を確認できません!

お花の定期便を使い始める人のほとんどが、これまで、お花を飾った経験がないとされています。なので、お花の名前はおろか、生け方や飾り方が分からなくて当然です。

低価格でボリューム多いしわ寄せなのかもしれませんが、質素な1枚ものでかまわないので、何かしら欲しいのが本音。花の名前が分かるだけでも、全然違うんです(体験談)!

↑口コミへ戻る

利用前の心配ごと1:おしゃれなのに安い(怪しい?)

▼安すぎることを怪しむ口コミ

ハナプライムは、安いのにボリュームが多いため、「売れ残り?」「規格外のお花?」など勘ぐってしまいがち。届いてスグ枯れたりしたら悲しいし、怒りがこみ上げてくるかもしれません。

けど、大丈夫。花市場で仕入れたその日にアレンジ&パッケージングして配送するので、鮮度に問題はなし。そもそも、花市場で、鮮度の悪いお花を取り扱っているとは考えにくいですよね。

その証拠に、ハナプライムのフラワーギフトや胡蝶蘭に目を向けると、評判の良さが目につきました。安くて多いのは、ハナプライムの努力のたまものです。

↑口コミへ戻る

ハナプライムの料金プラン

ハナプライムには、季節のお花プラン(洋花)と、お供え花プラン(仏花)の2つがあり、それぞれ1,500円~10,000円までの4コースに分かれています。

料金が上がるにつれて、お花の本数が増え、茎は長くなります。

▼季節のお花プラン

料金送料本数長さ配送頻度
1,500円
おすすめ
無料7~10本25cm前後毎週/2週ごと/3週ごと
3,000円13~16本35cm前後
5,000円
プレゼント
21~24本40cm前後
10,000円
ギフト
30本以上55cm前後
料金は税込

▼お供え花プラン

料金送料本数長さ配送頻度
1,500円無料10本25cm前後毎週/2週ごと/3週ごと
3,000円14本35cm前後
5,000円18本40cm前後
10,000円30本以上55cm前後
料金は税込。本数が偶数なので、2つに分けると仏壇や墓前にも使えます。月命日指定はできません。

おすすめは、季節のお花プランの1,500円コースです。その理由は、2つ。

  • 理由1:長さ25cmだから100円ショップの花瓶にかわいく飾れる。ポストに届く定期便からの乗り換えでも、違和感がありません^^
  • 理由2:栄養剤が1つ同梱されているので、飾りっぱなしでも2週間ほどもちます♪

ということで、とりあえず1,500円のお花を2週間に1回の配送で試してみるのがいいですよ^^

支払方法はクレジットカード(visa、master、JCB、アメリカンエクスプレス、discover)のみ。JCB、アメリカンエクスプレス、discoverはPaypal(ペイパル)経由での支払いになるので、事前に登録が必要です。

クーポンコードで初回50%割引になる

teiki50

申し込みのときに上記クーポンコードを入力すると、初回料金が半額になります。

ハナプライムの申し込み画面でクーポンコード入力フォームを表示する方法
出展元URL:https://hanaprime.jp/subscription

申し込み画面の下の方にある、「クーポンを入力する」をタップすると、入力欄が表示されます。

まとめ

ハナプライムは、2021年にスタートした後発のお花サブスクなので、「他社の良いところをしっかり研究してより良いサービスに仕上がっているなぁ」というのが、率直な感想です。

自宅用のボリューミーなお花を宅配便で受け取るなら、ハナプライムが他社よりリードしていることは明白。届いた花の名前が分からないデメリットを差し引いても、安くてお花たっぷりなのは魅力です♪

初回50%割引になるクーポンコードもあるので、お花のある生活を試してみる良いチャンスですよ♪

teiki50 ←クーポンコード

50%割引でお試しする

HanaPrime公式サイトでお花のアレンジを確認できます

・・・・・・・・・・

お花のサブスク(定期便)30社以上を比較しました。

▼ほかの定期便の口コミ評判をみてみる

-お花のサブスク(定期便)