お花のサブスク(定期便)

ひとはな(HitoHana)のお花定期便(サブスク)の口コミ評判は「ボリュームがある」┃8色から選べることも好評

ひとはな(hitohana)のサブスクの口コミ評判から解約方法まで

ひとはな(HitoHana)は、ウェブでの通販を専門としたフラワーショップです。

メインは観葉植物・アレンジメント・胡蝶蘭の取り扱いで、10,000種類以上の充実したラインナップが特徴ですが、公式サイトだけで申し込みできるお花の定期便も人気。
※2021年3月1日に確認したところ、ほぼ20,000種類のラインナップがありました。

ここでは、ひとはな(HitoHana)お花のサブスク(定期便)についての口コミ評判を分析して、良いところと悪いところを傾向別に紹介。

さらに、他社のお花定期便と比較したメリットとデメリットも紹介しているので、定期便選びの参考にお役立てください♪

HitoHanaの定期便を利用する

ひとはな(HitoHana)とは

ひとはな(hitohana)公式サイトの画像
出展URL:https://hitohana.tokyo/

ひとはな(HitoHana)は、株式会社Beer and Techによるお花のインターネットショップです。

お花・観葉植物・胡蝶蘭を自社のネットショップやamazonで販売しています。
楽天にも出店していましたが、撤退しました。(2021年2月26日確認)

観葉植物の育て方を紹介しているブログ「ひとはなノート」は、初めて自宅に緑を取り入れるときの心強い味方♪

お花は、フラワーギフト、スタンド花、アレンジメント、スワッグ、リースを都度購入できるほか、自宅への定期配送(サブスク)も行っています。

ひとはなのお花定期便の特徴を3つあげるとしたら、

です。
なかでも、お花のカラーを自由に選べるのは、他のお花定期便にはない特徴です。

自社のフローリストが制作

ひとはなのフローリストは、全体で年間3,000件もの制作を行っていて、経験値が高いんです。

経験が豊富だと、「おしゃれなアレンジメントしてくれるんだろうな~」とか期待しちゃいますよね♪

実際に、「ボリュームがある」「おしゃれ」という口コミ評判が多いのも、アレンジの現場をたくさんこなしているからなんですね♪

お花の定期便コースでは、毎週6つの料金プランごとに8色のカラーバリエーションでお花を用意していますよ。

定期便のお花は8色から選べる

ひとはな(hitohana)の定期便はお花の色を8色から選べる
出展URL:https://hitohana.tokyo/flower-subscription

ひとはなのお花の定期便では、「おまかせ」「ホワイト&グリーン」「レッド」「イエロー&オレンジ」「パープル」「ブルー」「ブラウン」「ピンク」の8つから好きなカラーリングを選べます。

しかも、色は毎週(毎回)変更できるので、気分や季節に合わせたお花を楽しむことができますよ♪

色を選べる季節・旬の花をメインに、グリーンを組み合わせてくれるのでボリューム感もたっぷり。

ちなみに、花の種類を指定できるものではないのでお間違えなく。

お花は箱に入って手渡し配送される(ポスト配送なし)

ひとはな(hitohana)のお花は箱に入って手渡し配送される
出展URL:https://hitohana.tokyo/flower-subscription

ひとはなの定期便は、宅配便を利用した手渡し配送のみです。
ポストに届くプランはありません。

これは、町のお花屋さんのボリュームを、定期便で届けることをモットーとしているから。

「ボリュームがあるなら価格は高いんじゃないの?」
と腰が引けるかもしれませんが、料金は1,650円(税込・送料無料)からとお値打ちです。

固定費がかからない無店舗花屋だからこそできる、良心的な料金設定なんですね♪

良い口コミ評判

ひとはな(hitohana)の良い口コミ評判を集約して傾向を分析

ひとはなのお花定期便の良い口コミ評判は、「見た目の良さ」「豪華さ」に対する声が多い傾向にあります。

具体的には、

の5つありました。

ボリュームがある

ひとはなの定期便は、ポスト配送では絶対できないボリュームのあるお花が、専用箱に入って届きます。

お花の本数は料金プランで料金ごとに紹介していますが、最安値の1,650円のコースで5~8本です。

おしゃれ

ひとはなの定期便は、おしゃれなブーケが届くと好評です。

ひとはなのフローリストは、採用面接でお花のアレンジを披露しなければいけないので、センスの良いスタッフによる作品であることは確かです。

さらに、生産者さんの農場や花市場で直接買い付けているので、おしゃれなブーケを作れるんですね♪

色合いを選べる

お花の色を、毎回8色から選べるのは、ひとはなだけのメリットです。

飾るお部屋のカラーや雰囲気に合わせた色をオーダーできるのは、20社以上のお花定期便を比較したところひとはなだけでした。

前もってどんなお花が届くか分かるので、わくわくしながら配送日を待つ楽しさもあり、長く続けられそうですね^^

お花が元気で長持ちする

届くお花は新鮮なので、2週間経っても元気で長持ちします。

ひとはなは、東京都江戸川区の葛西市場内でお花を梱包しています。

新鮮なお花が集まる花市場で仕入れたお花を、その場で箱詰めするので、配送までの時間ロスが限りなく短いため、元気なお花が届きます。

ちなみに、関西方面は大阪府豊中市の梅田生花市場内でお花を梱包・配送していますよ。

なお、つぼみの状態で届くから、咲いて散るまで長く楽しめることも、元気で長持ちする理由の1つです。

2週間も元気に咲いてくれるから、隔週配送にして費用を安くすることもできますね♪

同梱されるカードがかわいい

毎回、お花と同梱されるカードがカワイイと評判です。

カードは、届いたお花の中で特にオススメのものをイラスト化したもので、ウラ面には、ひとはなのフローリストによるお花の情報が記載されています。

お花のことをよりよく知れて、愛着が湧いてきますよ^^

カードをコレクションしておくと、これまでどんなお花を飾ってきたか、あなただけのお花ヒストリーができあがります♪

悪い口コミ評判

ひとはな(hitohana)の悪い口コミ評判を集約して傾向を分析

ひとはなのお花定期便の悪い口コミ評判は、「長さが欲しい」「注文ページが使いづらくなってきた」という声がありました。

長さが欲しい(25cmは短い)

2,200円のコースのお花は、もっと長い方が良いとの口コミがありました。

お花の長さはコースによって異なり、1,650円~2,750円のコースは25cm前後、3,300円~5,500円のコースは35cm前後となります。

今回、悪い口コミとなった長さ25cmは、他社のポストに届くお花の定期便(1,000円以下)とほぼ同じです。

茎が短いと、背が低い花瓶にささなければならず、お花をお部屋で際立たせるには物足りなさを感じることもあります。

注文ページが使いづらくなってきた

ひとはなを長く使っている方は、注文ページが少しずつ改悪されていることに不満を感じています。

ここでいう使い勝手とは、操作方法のことではなく、マイページに表示されるお花の情報のことです。

以前は、マイページで次回届くお花を確認して、そのままスキップ操作できました。
しかし、次回のお花が表示されなくなり、変更手続き(スキップ操作)に支障をきたすようになりました。

ただいま、次に届くお花はメールで配信されています。

口コミ評判のまとめ

ひとはな(hitohana)の口コミ評判のまとめ

ひとはなのお花定期便の良い口コミ評判は、「ボリュームがある」「おしゃれ」「色合いを選べる」「お花が元気で長持ちする」「同梱されるカードがかわいい」と見た目めの良さに関するものが多かったです。

一方、悪い口コミ評判は、「長さが欲しい」「注文ページが使いづらくなってきた」の2点で、システム面への不満を感じ取ることができました。

また、「medeluとの利用を迷っている」「他の定期便と併用している」とのコメントも見受けられたので、100%おすすめできる定期便とはいえません。

とはいえ、全体の傾向としては、悪評を見つけることが大変なほど少なく、良い評判を目にすることが多かったため、ひとはな利用者の多くが満足していることが分かり、申し込んで失敗はないお花の定期便といえます。

お花のサブスク(定期便)24社の比較マップ

ひとはなのメリット5つ

ひとはなを利用していくうえで便利と感じる機能・サービスは「メッセージカードを無料で添付できる」「クール便で届けてもらえる」「届ける頻度を自由に選べる」「配送スキップ・日時指定もできる」「次に届くお花が前もって分かる」の5つです。

配送頻度の選択と配送スキップはお花の定期便サービスでなくてはならないシステムなので、ほとんどのお花定期便でもできます。

けれども、次回のお花が分かるのは、ひとはなだけ。
気に入らなかったらスキップできるので、ムダな費用をかけずに済みます。

メッセージカードを無料で添付できる

HitoHanaでは、プレゼント用のメッセージカードを無料で添付できます(2枚目からは108円/枚)。メッセージカードの内容は自分で入力できるので、お相手に気持ちが伝わります♪

カードの内容は、お花の注文時に入力します。デザインは、HitoHanaのスタッフさんにお任せとなりますが、こちらから要望を出すこともできますよ。

メモ

プレゼントし終えてから自家用に届けて欲しいときは、住所変更しましょう。メールで変更の申し出をします。送り先は、「info@hitohana.tokyo」。注文したときのメールアドレスを利用し、「週所を変更したい」「変更後の住所」を書いてメールします。

クール便で届けてもらえる

HitoHanaは、お花をクール便で送ってくれます。料金は220円~330円。夏場は、切り花がしおれやすいため、お花の配送に向きませんが、クール便ならピーンと咲き誇ったまま届きます!

これで、気温が30度を超える真夏日でも、品質を気にすることもなくなりますよ♪

ちなみに、クール便を選択すると、特別にデザインされた箱で届くんです。プレミアム感がありますね^^

届ける頻度を自由に選べる

ひとはなでは、配送頻度を「毎週」「隔週(2週に1度)」「月1回」の3つから選べます。

毎週なら、いろんなお花をたくさん楽しむことができますが、まだ元気なうちに新しいお花が届くので、「飾ってあるお花をどうしよう・・・」となりがち。

一方、月1回なら、毎月の費用を安く抑えられますが、栄養剤を使っても1か月間経つ前に散ってしまうので、お花を飾れない日ができてしまいます。

隔週なら、届いてから2週間経ち、元気がなくなってきたタイミングで新しいお花が届きます。

お花のもちと料金のバランスが良い隔週で始めるのがおすすめです。

配送スキップ・日時指定もできる

配送日と時間の指定ができます。受け取れない日の配送を「なし」にする配送スキップもできます。

受け取り日時のご指定、希望しない回はスキップできます。途中お届け頻度の変更もできますので、柔軟にお楽しみいただけます。

受け取り曜日を指定しているお花の定期便が多いなか、ひとはなは自由に選択できるので使い勝手がいいです。

配送スキップは、配送手続きの関係で、受付の期限が決められています。
他の定期便の平均は4日前までですが、ひとはなは2~3日前を期限にしているので、スキップするかどうかギリギリで決められます。

次に届くお花が前もって分かる

配送日の1週間前に、次に届くお花の分かるメールが届きます。

メールでお花を確認してから、マイページで画像と色合いをチェック。

気に入ったら配送してもらい、お気に召さなかったら配送スキップできます。

品質保証だけは他のお花定期便より劣る

ひとはなの品質保証は「交換」のみで、他社のお花定期便と比べると保証面の弱さが目立っています。
品質保証とは、届いたお花が「枯れている」「折れている」「元気がない」ときに、代わりとなる保証をすることです。

品質保証の内容は、次回無料・返金・再送・交換・代替品の配送が主で、サービスのお花をプレゼントする定期便もあります。

交換以外は、届いたお花をそのまま飾ったうえで、代わりとなる保証が受けられるので、お得ともいえるんです。

けれども、交換は、お花を送り返す手間がかかるし、お花も飾れないため、メリットを感じにくいのが弱点です。

ひとはなの実店舗はなし!ネットショップ専門で販売

ひとはなは、実店舗を持たず、ウェブ販売を専門としたお花屋さんです。

お花は、生産者さんの農場や花市場から直送しています。

2021年3月時点での発送地は、次のとおりです。

  • 埼玉県さいたま市(大宮) → 観葉植物
  • 東京都 江戸川区 葛西市場内 → お花
  • 大阪府豊中市 梅田生花市場内 → お花

店舗を持たないため、安くお花を提供できているし、必要な分のお花をそのつど仕入れているから、鮮度が良いんです。

最近は、お花のウェブ販売が人気になってきたこともあり、無店舗花屋が増えているんですよ。

例えば、日本最大級のお花の定期便「bloomee(旧ブルーミーライフ)」と提携している無店舗花屋もあります。

無店舗花屋から届くお花は、ボリュームが多く鮮度も良い傾向にあります。

楽天への出店は終了しました

ひとはなは楽天にも出店していましたが、2021年2月26日に確認したところ、撤退していました。

「楽天に出店すると手数料がかかるため、儲けがでない」と嘆く出店者が多く、ひとはなも同じ気持ちだったと推測されます。

手数料を支払っても商売になるように、ひとはな楽天店では20,000円代の高額商品を中心に販売していました。

にもかかわらず、楽天での口コミ評判は☆4.8
リピーターもいたので、閉店は残念です。

amazon店は公式サイトの品ぞろえにかなわない

ひとはなはアマゾンにも出店していますが、商品ラインナップは20,000円~30,000円代のアレンジメントに偏り、公式サイトよりも選択肢が少ないです。

その理由は、amazonに支払う手数料がかさむためでしょう。

私たちがアマゾンで購入するとポイントが付くのでお得ですが、ポイントは出店者の負担です。
ポイント交付で減った利益の穴埋めするため、利益率の高い、高額商品だけを出品するようになります。

2021年2月26日時点では、全商品「一時的に在庫切れ、入荷時期は未定」となっているので、アマゾンでの販売に積極的でないのは明らかです。

けれども、公式サイトはひとはなの負担がないので力を入れていて、お手ごろなお花から高価な胡蝶蘭までラインナップが広いんです♪

さらに、公式サイトは見た目にも探しやすいし商品が豊富。
お花の定期便を申し込みできるのは、公式サイトだけです。

無店舗花屋だから安い「ひとはなはなぜ安い?」の理由2つ

ひとはな(HitoHana)が安い理由は、次の2つです。

  • 実店舗を構えていないため経費が少なく済む
  • 生産地から直送することで中間業者にかかるコストを減らしている

お花のサブスクをやっている花屋は、実店舗と無店舗のどちらもあります。見比べてみると、無店舗の方が安い傾向にあります。また、産地直送のサブスクは、安いだけではなく、お花が新鮮です。

定期便の料金プラン7つを比較!おすすめプランも紹介

ひとはな(hitohana)の定期便の料金プランは6つ
出展URL:https://hitohana.tokyo/flower-subscription

ひとはなのお花の定期便は、料金の違う7つのプランから選べます。
プラン名はなく、1,650円プラン・1,650円コースのように呼ばれています。

料金お花の本数お花の長さ送料配送頻度
990円2~4本25cm前後無料毎週/隔週/月1
1,650円5~8本25cm前後無料毎週/隔週/月1
2,200円8~10本25cm前後無料毎週/隔週/月1
2,750円9~13本25cm前後無料毎週/隔週/月1
3,300円11~14本35cm前後無料毎週/隔週/月1
4,400円14~18本35cm前後無料毎週/隔週/月1
5,500円19~22本35cm前後無料毎週/隔週/月1
「料金」は、1回の配送料金を税込で表示

配送方法や保証などの条件は、全プラン共通となっていて、違うのは、料金・お花の本数・お花の長さです。

HitoHanaのプラン選択は、お花の長さ(25cm/35cm)→お花本数の順に決めると失敗しません。

  • 25cm → 小さい花瓶に挿せる。さりげなく飾り、お手入れを少なくしたい人向け
  • 35cm → 大きな花瓶に挿せる。お手入れが増えてでもお花中心の空間を作りたい人向け

長さを決めたら、飾りたい場所の数でお花の本数を決めます。
花瓶1つにつき、5~8本を目安にすると、迷わず決められますよ♪

ここで、各プランで届くお花をみてみましょう♪

  • ひとはな1,650円のお花
    1,650円
  • ひとはな2,200円のお花
    2,200円
  • ひとはな2,750円のお花
    2,750円
  • ひとはな3,300円のお花
    3,300円
  • ひとはな4,400円のお花
    4,400円
  • ひとはな5,500円のお花
    5,500円

おすすめは、2,200円プラン(2つの花瓶に分けて挿すことができる)と3,300円プラン(1点ゴージャス主義)です。

支払い方法

ひとはなの料金は、クレジットカード払い(Visa・master・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナース)。
引き落としは月1回で、請求回数は1ヶ月間の配送回数と同じ。
毎週配送を選んでいるなら、クレジットカード明細には「4月1日配送分1,650円」「4月8日配送分1,650円」のように表示されます。

HitoHanaの定期便を利用する

退会(解約)はマイページで行う

マイページにログインして「解約」からいつでもできます。

解約したけど、また再開したくなったときは、ひとはなに直接連絡を入れると再開できます。

まとめ

ひとはなは、店舗を持たずにウェブだけで販売する無店舗花屋です。

生産者の農場や花市場に作業スペースを設置することで、仕入れたばかりの新鮮なお花をその場でラッピング・箱詰めしてスピード配送できるため、鮮度の良いお花が届きます。

主力商品は観葉植物ですが、お花の定期便は「ボリュームがある」「鮮度が良い」「好きなカラーを選べる」と好評。

品質に対する悪評はほぼないため、利用して大きな失敗はないお花の定期便ですよ♪

好みで選んだ色とりどりのお花に包まれた素敵な空間で、心癒されるお時間を過ごしてくださいね♪

HitoHanaの定期便を利用する

-お花のサブスク(定期便)