トランクルーム

トランクルーム7社比較!格安なおすすめ業者を安い順にランキング

格安トランクルームの料金を比較して安い業者をランキング

預けたい荷物によって、最適なトランクルームが違います。
ここでは、家具や家電を保管できるトランクルームの料金を比較しました。

比較した7社

ドッとあーるコンテナ、加瀬倉庫、スペースプラス、ライゼボックス、キュラーズ、ハローストレージ、オレンジコンテナ

トランクルームの収納タイプは、

  • 室内トランクルーム(アパートマンション型)
  • 屋外トランクルーム(コンテナ型)
  • 宅配型トランクルーム

の3つがあるけれども、ここでは、屋外コンテナと室内トランクルームの初期費用を比較して安い順にランク付けしました。

月額料金も比べることで正確な料金比較ができますが、部屋の大きさ・立地・管理体制・設備環境・サービス充実度によって異なるため、比較項目から除外しています。

宅配型を外した理由

宅配型の料金形態は、室内・屋外とまるっきり異なり同じ条件での比較は不可能です。よって、別ページで宅配型トランクルームの比較を掲載しました。
保管予定の荷物がダンボール箱10個程度なら、宅配型トランクルームが総額で安くなるので、検討候補に入れてみてはいかがでしょうか?

まずは、初期費用の総額の一覧表をご覧ください。

業者初期費用
キュラーズ(屋内)月額利用料金2ヶ月分+2,960円
ライゼボックス(屋内)月額利用料金2ヶ月分+3,000円
スペースプラス(屋内・屋外)月額利用料金3ヶ月分+0円
加瀬倉庫(屋内・屋外)月額利用料金3ヶ月分+2,960円
ドッとあーるコンテナ(屋外)月額利用料金3ヶ月分+6,700円
ハローストレージ(屋内・屋外)月額利用料金3ヶ月分+9,130円
オレンジコンテナ(屋内・屋外)月額利用料金4ヶ月分+15,000円

初期費用は、室内型が安くて屋外型が高い傾向にあります。

室内型の特徴

【メリット】

  • 服・本がカビにくい
  • 空調設備(エアコンなど)が充実
  • 警備保障によるセキュリティ

【デメリット】

  • 高層階なら搬入・搬出に一苦労
  • 月額料金が屋外型より高い

屋外型の特徴

【メリット】

  • 収納スペースに車で横づけできる
  • 料金が安い
  • バイクの保管ができる

【デメリット】

  • カビが生えやすい
  • 砂埃が入る
  • 盗難に遭うかもしれない

室内トランクルームと屋外コンテナトランクに分けたランキングは、次のとおりです。

トランクルーム料金(初期費用が安い順)ランキング

収納タイプを、室内or屋外から選んでください↓

1位:キュラーズ

料金の目安

  • 初期費用:2ヶ月分+2,960円
  • 月額料金:【東京中野店】11,620円(1畳)

キュラーズの特徴

  • 室内トランクルームの最大手
  • 各店舗にスタッフが常駐(平日土日祝日10時~17時)
  • 荷物の運搬サービスがある

対応エリア

東京・神奈川・千葉・札幌・新潟・名古屋・大阪・広島・福岡

ライバルとなるライゼボックスと比較すると月額料金が少し高めだけれども、24時間機械警備に加えてスタッフ常駐だからセキュリティが頼もしい。

1店舗の物件数が多いので、満室で借りられないことが少ないのも特徴ですね。

平均湿度を60%以下に保っているので、布団や衣類を保管してもカビる心配はありませんよ。

2位:ライゼボックス

料金の目安

  • 初期費用:2ヶ月分+3,000円
  • 月額料金:【東京江戸川区役所前】8,300円(1.1畳)

ライゼボックスの特徴

  • 料金が安い
  • 人気があって借りられない
  • 収納専用の建物を建築

対応エリア

東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良

ライバル業者であるキュラーズよりも月額料金が安い理由は、常駐スタッフがいない・搬送サービスが無いことでコストカットしているから。

自分で荷物を運べる人にとっては安上がりになるため、人気でほとんどの物件が満室状態で借りられないという大きなデメリットがあります。

公式サイトや利用者の口コミを見る限り、ユーザーファーストで運営しているスタンスに好感が感じられます。

3位:スペースプラス

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+0円
  • 月額料金:【東京足立区】7,620円(室内1畳)
    【東京足立区】8,000円(屋外1畳)

スペースプラスの特徴

  • 月額料金は比較的安め
  • 全国展開してて地方でも借りられる
  • サービス内容が類似しているライゼボックスよりは若干高い

対応エリア

北海道、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、高知、福岡、大分

フランチャイズ契約によって全国展開しています。室内トランクルームは、大都市周辺部に多いのが特徴。
2017年9月から、毎月途切れることなく日本のどこかで新店舗がオープンしていてエリア拡大中。勢いのあるトランクルーム業者です。

4位:加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+2,960円
  • 月額料金:【東京足立区】6,000円(室内1畳)

加瀬倉庫の特徴

  • テレビCMを流している倉庫業の有名大手企業
  • 全国展開してて地方でも借りられる
  • 都市部(特に都内)の店舗数が多く、近場で空き室を探しやすい

対応エリア

東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、秋田、岩手、宮城、新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、大阪、兵庫、奈良、鳥取、徳島、香川、高知、愛媛、福岡、熊本、宮崎、鹿児島、佐賀

フランチャイズ契約により全国に収納スペースを増やしている、有名大手企業。対応エリアの広さは、トランクルーム業者の中ではナンバー1です。

月額利用料金は比較的安いのですが、毎月の共益費や保証金などの負担も多く、月額料金にプラス3,000円ほど上乗せした金額が実際の相場。
結局、料金面では他のトランクルームと大きな差がないので、自宅の近くで空いているなら候補に入れるというスタンスでいいでしょう。

「スタッフの対応がひどい」という口コミ多数で、嫌な思いをしたユーザーさんがたくさんいるのが大きなマイナスポイント。レンタルボックス事業が急拡大中のため、スタッフ教育が行き届いていないようです。

1位:スペースプラス

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+0円
  • 月額料金:【東京足立区】8,000円(屋外1畳)

スペースプラスの特徴

  • 月額料金は比較的安め
  • 全国展開してて地方でも借りられる
  • サービス内容が類似しているライゼボックスよりは若干高い

対応エリア

北海道、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、高知、福岡、大分

スペースプラスの屋外コンテナトランクは、貨物用コンテナとバイクガレージから選べます。屋外コンテナトランクは地方に行くほど充実しています。
バイク専用のバイクコンテナもあるけれども、防犯性能が頼りないのがマイナスポイント。屋外コンテナにバイクを収納することも可能です。

2017年9月から、毎月途切れることなく日本のどこかで新店舗がオープンしていてエリアを拡大しています。

2位:加瀬倉庫(加瀬のレンタルボックス)

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+2,960円
  • 月額料金:【東京足立区】6,050円(屋外0.7畳)

加瀬倉庫の特徴

  • テレビCMを流している倉庫業の有名大手企業
  • 全国展開してて地方でも借りられる
  • 都市部(特に都内)の店舗数が多く、近場で空き室を探しやすい

対応エリア

東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、秋田、岩手、宮城、新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、大阪、兵庫、奈良、鳥取、徳島、香川、高知、愛媛、福岡、熊本、宮崎、鹿児島、佐賀

全国対応のトランクルーム大手企業で、対応エリアの広さはトランクルーム業者の中ではナンバー1です。地方の幹線道路沿いでも、看板をよく見かけますね。

屋外タイプの収納は、屋外コンテナトランク・バイクガレージ・バイク駐車場(屋内・屋外)と幅広く展開しています。

月額利用料金の安さの反面、毎月の共益費や保証金などの負担も多く、月額料金は実質3,000円増と考えるといいでしょう。
そのため、トランクルームと比べた料金メリットはなくなるので、便利な場所にあるなら使うといいですよ。

急成長中の企業なので、スタッフ教育が行き届いていないことがユーザーの口コミから感じ取ることができます。

3位:ドッとあーるコンテナ

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+6,700円
  • 月額料金:【東京八王子市】9,350円(屋外1.6畳)

ドッとあーるコンテナの特徴

  • 全国で140,000室ものトランクルームを運営
  • 九州地区でシェア1位
  • マンションやアパートの賃貸業もやっていて不動産に強い

対応エリア

東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、愛知、岐阜、福岡、山口

2階建て屋外コンテナトランクの場合、1階よりも2階の料金が安くなるのは常識ですが、ドッとあーるコンテナは2階の安さが尋常じゃない!
半額、もしくは半額以下の費用で借りられるので、出し入れが手間でも2回をレンタルするのがオススメ。

関東以西に店舗を展開していますが、もともと福岡県福岡市で株式会社ハローコンテナとしてスタートした企業なので、九州地区(福岡)の店舗数が多いです。そのため、福岡件にお住まいなら、ドッとあーるコンテナ一択で間違いありません。

九州以外の地区の店舗はまだまだ少なく、借りる余地なし。とはいえ、平成29年(2017年)に本社を東京に移しているので、これからの躍進に期待です。

4位:ハローストレージ

収納タイプ室内トランクルーム
屋外コンテナトランク

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金3ヶ月分+9,130円
  • 月額料金:【東京足立区】9,300円(屋外2畳)

ドッとあーるコンテナの特徴

  • 物件数は業界ナンバー1利用者60,000人
  • キティちゃんでおなじみのトランクルーム
  • 運営会社(株式会社エリアリンク)は東証マザーズ上場企業

対応エリア

北海道、青森、宮城、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬、茨城、愛知、岐阜、三重、静岡、新潟、石川、長野、福井、富山、山梨、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、岡山、広島、鳥取、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

初期費用の高さから6位どまりだったけれども、料金が安い。屋外コンテナは加瀬倉庫やドッとあーるコンテナよりもリーズナブルな物件が揃っています。

そのため、全国に店舗を多く有するもほとんどの店舗で物件が埋まっている状況が多発。空き物件を検索して、1店舗につきお部屋の3~4割が残っていればいい方で空き部屋10件未満や満室の店舗ばかりです。つまり、希望の物件が借りにくい!

初期費用は高いけれども毎月の負担が少ないので、半年以上借りるなら総額で安くなる傾向にあります。

バイクガレージやバイク駐車場(青空・室内)もあります。

5位:オレンジコンテナ

料金の目安

  • 初期費用:月額利用料金4ヶ月分+15,000円
  • 月額料金:【東京八王子】8,600円(屋外1.5畳)

オレンジコンテナの特徴

  • 大阪・兵庫に物件が多い
  • コインロッカー感覚の屋外コンテナトランクがある
  • サーフボード専用のコンテナがある

対応エリア

東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、滋賀、広島、愛媛

価格に地域差が少ないのが、オレンジコンテナの特徴の1つ。コンテナ・トランクルームの広さごとにほぼ一律の料金が設定されています。ある意味、明朗料金ですね。

料金的にも対応エリア的にも特筆すべきことがないごくごく普通な業者ですが、サーフボード専用コンテナや電源コンセント付きコンテナといった珍しい収納スペースを貸し出しています。

とはいえ、電気が使える「ルームタイプ」の物件は兵庫県に1店舗のみ、サーフタイプは静岡県に1店舗のみと、供給量に物足りなさを感じるのも事実。お住まいの近くにあるなら、検討してみていいかもしれませんね。バイクガレージもあります。

↑ランキングに戻る

初期費用の比較一覧表

初期費用として計算される

  • 月額使用料
  • 月額管理費
  • 事務手数料
  • 災害や盗難時の物品補償額の拡大(オプション)
  • 保証会社加入費(料金滞納時に支払いを立て替えてくれる【強制加入】)
  • 鍵代
  • その他費用

を一覧表にまとめました。

業者キュラーズライゼボックススペースプラス加瀬倉庫ドッとあーるコンテナハローストレージオレンジコンテナ
月額使用料2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月日割り+翌月分)
2か月分
(初月全額+翌月分)
月額管理費なしなし使用料の1ヶ月分
(下限5000円)
使用料の1ヶ月分800円/月使用料の2ヶ月分
(2,200円/月)
使用料の2ヶ月分
(1,500円/月)
事務手数料なし3,000円使用料の1ヶ月分
(下限5000円)
使用料の1ヶ月分使用料の1ヶ月分使用料の1ヶ月分使用料の1ヶ月分
物品補償660円/月:安心パック
902円/月:安心パックプラス
なしなし480円/月500円/月550円/月使用料の0.5ヶ月分
保証会社加入費なしなし事務手数料に含む480円/月なしなしなし
鍵代2,300円なしなしなしなし3,080円~5,500円(鍵本体)
3,500円(鍵交換代)
その他費用なしなしなしなし5,400円(メンテナンス費)1,100円(セキュリティ登録料)3,000円(退去時清掃費)
支払い方法クレジットカード
口座振替
銀行振込
現金
口座振替口座振替クレジットカード
口座振替
口座振替クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

↑ランキングに戻る

解約・更新料金の比較一覧表

トランクルームでは、解約や契約を更新するときにお金が必要なこともあります。

  • 解約手数料
  • 更新手数料

こちらは、解約のとき1度限り、または1年更新のつど請求される費用となります。

業者キュラーズライゼボックススペースプラス加瀬倉庫ドッとあーるコンテナハローストレージオレンジコンテナ
解約手数料なしなし5,500円(税込)
現状確認、クリーニング、鍵付け替え
なしなし8,800円(税込)
室内整備料
なし
更新手数料なし5,500円(税込)利用料の1か月分+0.5ヶ月分の共益費
(合計上限1万円)
利用料の0.5ヶ月分1と2の合計
【1】5,500円(税込)
【2】利用料の0.5ヶ月分(年間保証料)

↑ランキングに戻る

費用・料金以外の比較一覧表(保管環境など)

業者キュラーズライゼボックススペースプラス加瀬倉庫ドッとあーるコンテナハローストレージオレンジコンテナ
保証人不要不要不要不要不要不要不要
最低利用期間1か月間なし1か月間なし2ヶ月間2ヶ月間1ヶ月間
解約日申し出の翌月末日申し出の翌月末日申し出の翌月末日申し出の翌月末日申し出の翌月末日申し出の翌月末日申し出の翌月末日
見学・内覧ウェブ内覧×原則あり
バイク保管××
補償額20万円~120万円30万円不明なし最高100万円50万円30万円
空調最新空調システム
平均湿度60%以下
自動換気システム外気温±5℃外気温±5℃外気温±7℃【室内】エアコン
【屋外】外気温±3℃
外気温±5度
利用時間24時間24時間24時間24時間24時間24時間24時間

最低利用期間なしの業者でも1か月以内の短期利用はできません。
契約は1か月単位となっているため、2週間の利用でも1ヶ月の料金が発生するので、実質1ヶ月の利用となります。

↑ランキングに戻る

トランクルームを選ぶコツ

トランクルームを選ぶときに欠かせないのが、何を閉まっておきたいのかハッキリさせることです。
保管物の量や大きさによって、利用するトランクルームの種類(宅配型・屋内トランク・屋外コンテナ)が変わってきます。

  • 湿気に弱くダンボール箱に収まるもの【宅配型トランクルーム】
  • 湿気に強くダンボール箱に収まるもの【どれでもOK】
  • 楽器【屋内トランク】
  • 湿気に弱い家具家電【屋内トランク】
  • 湿気に強い家具家電【屋内トランク・屋外コンテナ】
  • アウトドア用品【屋内トランク・屋外コンテナ】

湿気に強いものは、屋外コンテナトランクに保管するとお得(空調設備が不要で、料金が安上がり)。
湿気に弱いものは、ダンボールに収まるなら宅配トランクに、箱に入らないものは室内トランクに保管しましょう。

保管物によって、トランクルームの選び方が変わってきます。

↑ランキングに戻る

-トランクルーム