ミニクラ

minikura(ミニクラ)の段ボールが余ったら返品キャンセルできない|発生する費用負担も紹介

ミニクラ(minikura)の段ボールが余った。返品やキャンセルについて

minikura(ミニクラ)で取り寄せたダンボール(ボックス)が余ったときの、返品・キャンセル・追加費用についてまとめました。

余ったダンボールに料金は発生するの?余ったダンボールは返品できる?ダンボールはキャンセルできる?といった悩みの解消にお役立てください。

ダンボールを余らせない方法も具体的に紹介します。

余ったダンボールは取り寄せから2ヶ月経つと1度だけ料金が発生する

minikuraから取り寄せて手元に余ったダンボール(ボックス)は、申し込みから2ヶ月を経過すると、初期費用として月額保管料金と同じ金額が発生します。料金の発生は1度だけです。

料金(初期費用)を支払ったボックスの利用は自由です。手元で保管しておき必要になったタイミングでminikuraに預け入れしてもいいし、自宅で利用してもOKです。

なお、取り寄せから2ヶ月経過したボックスを預け入れしても、すでに支払った料金は戻ってきません。

ボックスはホームセンターで売っているダンボールの価格と比べて、大きな価格差はありません。

月額料金はミニクラの料金のページでご覧いただけます。

minikura/ミニクラの料金
参考minikura(ミニクラ)の料金プランと取り出し料金|配送料が無料になる条件も

minikura/ミニクラの料金を徹底解剖しました。ここで解説する料金は、次のとおりです。 あらかじめ結論。他の宅配型トランクルームと料金を比較したところ、ミニクラはコスパが良く毎月の利用料金を抑えら ...

取り寄せして余ったダンボールの返品

余ったダンボールは、返品できません。一方的に送り返すと料金を請求されます。

マイページから返品の申し込みをできない

minikuraのマイページにはダンボールの返品の項目がないので、余ったダンボールを正式に返品することはできません。

もちろん、配送を担当するヤマト運輸(クロネコヤマト)に直接連絡しても、返品を受け付けてもらえません。

余ったダンボールを返品すると送料の実費を請求される

ダンボールと一緒に届いた着払い伝票を使って倉庫に返品すると、送料を実費で請求されます。この場合の送料は、ミニクラが定める送料ではなくヤマト運輸の送料です。ヤマト運輸の送料はミニクラより高いうえに地域別送料が設定されています。

ミニクラで最小のボックス(120サイズ)の送料は1,100円です、一方、ヤマト運輸の宅急便運賃一覧表によると120サイズの送料は、最安値で1,850円です。

よって、余ったダンボールは無理に返品しないで受け取るのが、もっとも出費が少ないです。

発送手配前のダンボールはキャンセルできる

ダンボールの取り寄せ依頼したダンボールが配送手配前であれば、キャンセルできます。発送手配が完了するのは、ボックスの通常お届け予定日の1~4日前です。地域によって異なります。

倉庫作業前(通常お届け予定日の1~4日前程度)であれば、サービス申し込み(ボックスの取り寄せ)のキャンセルが可能です。

ミニクラヘルプセンター「ボックスの取り寄せについて」

キャンセル操作は、次の手順で行います。

  • マイページにログインする
  • メニューから「サービスの申し込み」を選ぶ
  • 「お申し込み履歴」を選ぶ
  • 「詳細を見る」を押す
  • 「申し込みキャンセル」を押す
ミニクラ(minikura)の段ボールのキャンセル手順画像1
ミニクラ(minikura)の段ボールのキャンセル手順画像2
ミニクラ(minikura)の段ボールのキャンセル手順画像3

発送手配に入ると、「申し込みキャンセル」ボタンが表示されません。

気を付けたいのが、取り寄せ依頼した箱すべてにキャンセルが適用されるということ。取り寄せ依頼したダンボールの一部だけキャンセルすることはできません

5箱取り寄せ依頼したあとで、保管する荷物を再検討したら4箱で足りることが分かっても、1箱だけキャンセルすることはできません。

取り寄せるダンボールを減らしたいときは、いったんキャンセル手続きをしてから必要な数でもう一度取り寄せ依頼をします。なお、ダンボールを増やしたいときは追加で取り寄せ依頼しましょう。

ダンボールが余らないようにする方法

minikuraで取り寄せた段ボールが余らないようにするには、次の2つの方法がおすすめです。

  • 1箱だけ取り寄せてテスト梱包したあとで不足分を取り寄せる
  • 預け入れのときマイBOXを選択する

1箱だけ取り寄せてテスト梱包したあとで不足分を取り寄せる

ダンボールを余らないようにするなら、荷物の数や量がどんなに多くても、とりあえず1箱だけ取り寄せしましょう。届いた1箱でテスト梱包して必要なボックスの数が正確に分かったら、不足分を追加で取り寄せます。

追加のダンボールが届くまで日数を要します。急ぎのときには不向きですが、日数に余裕があるならおすすめです。なお、ボックス(ダンボール)の収納力が分かる画像をミニクラの料金プランのページに掲載しているので、ご覧ください。

minikura/ミニクラの料金
参考minikura(ミニクラ)の料金プランと取り出し料金|配送料が無料になる条件も

minikura/ミニクラの料金を徹底解剖しました。ここで解説する料金は、次のとおりです。 あらかじめ結論。他の宅配型トランクルームと料金を比較したところ、ミニクラはコスパが良く毎月の利用料金を抑えら ...

預け入れのときマイBOXを選択する

預け入れのときマイBOXを選択すると、minikura専用ダンボールを取り寄せることなく、手持ちのダンボールにアイテムを詰めてminikuraに送り届けることができるので、ダンボールが余りません。

マイBOXで送ったものは、minikuraの倉庫に到着後、MONOプランのレギュラーボックスまたはラージボックスに詰め替えられます(minikuraスタッフが荷物の量や大きさに合ったボックスを選びます)。マイBOXが、重量上限を超えていたりサイズオーバーの場合は、複数の箱に分けて詰め替えられることがあります。

  • この記事を書いた人
サブスクひろば運営者画像

さぶすくん

サブスク(定期・定額のサービス)を研究しています。サブスクサービスのリリースを予定しています。

-ミニクラ