酒のサブスク

日本酒にしようの口コミ評判|料金やsaketakuとの違いも紹介

日本酒のサブスク日本酒にしようの口コミ評判やサービス内容

日本酒のサブスク、日本酒にしようプロジェクトについてまとめました。

  • 日本酒にしようは、どんなサブスク?料金や特徴は?
  • 日本酒にしようのメリットとデメリットは?

などの疑問を解決できるよう、使ってみた人の口コミ評判や、料金・サービス内容を掲載。大手の日本酒サブスクsaketakuとの比較もあります。

日本酒にしようとは

日本酒にしようの公式サイト画像
出典元:https://sakeproject.jp/

日本酒にしようは、蔵元と共同開発したオリジナル銘柄が定期的に届く、日本酒のサブスク(頒布会)です。「日本酒にしようプロジェクト」と銘打って、日本各地の小さな蔵元とタイアップして製造したお酒を、酒蔵からクール便で直送します。

特徴は、女性向けであること。

銘柄ラベルは20代~30代の女性向けのデザインが多く、食事(おかず)と一緒に味わう日本酒がセレクトされます。

  • 毎日の食事に合う日本酒を飲みたい
  • 甘め・フルーティーな日本酒を飲みたい

女性にピッタリです。

せつやくん
硬派なおつまみではなく、おしゃれなディナーの席に似合う日本酒です。

運営情報

  • 運営者:株式会社日本酒にしよう
  • 所在地:〒350-1331 埼玉県狭山市新狭山2-18-49
  • 電話番号:04-2968-9744
  • メールアドレス:info@sakeproject.jp

日本酒にしようのデメリット

日本酒にしようのデメリットは、次の3つです。

  • おつまみがついてこない
  • 料金が高い
  • お気に入りの日本酒を別途購入できない

おつまみがついてこない

おつまみがついてこないので、届いてスグ楽しむことができません。

届いた日本酒に合う料理を、小冊子に掲載のレシピを見ながら自分で作ります。

料金が高い

おつまみなしで、1本プラン月額4,015円は高いです。

KURAND CLUBは、オリジナル銘柄1本+おつまみ付きで3,278円です。

お気に入りの日本酒を別途購入できない

日本酒にしようから届くお酒は、蔵元と共同開発した完全オリジナルの銘柄です。手に入れられるのは定期便のみ。個別に購入できません。お店での市販もありません。

「また飲みたいな」と思っても、定期便で銘柄を選べないし、リクエストに沿ってもらえません。

つまり、お気に入りのお酒に出会えても、また飲むことができません

日本酒にしようのメリット

日本酒にしようのメリットは、次の3つです。

  • 搾りたてのオリジナル日本酒が届く
  • 日本酒のペアリング料理のオンラインレッスンがある
  • 日本酒らしくない前衛的な銘柄ラベル

搾りたてのオリジナル日本酒が届く

日本酒にしようでは、四季醸造の蔵元とも共同開発を行っているので、年中いつでも搾りたてのお酒が楽しめます。

四季醸造とは、季節に関係なくお酒を搾ることです。酒蔵に空調設備を設置して酵母をコントロールすることで、1年を通してお酒を搾れる酒蔵もあります。

日本酒は、酵母の活性をコントロールしやすい気温の低い時期(10月~5月)に搾る「寒造り」が通例です。現代でも、多くの酒蔵が寒造りを取り入れています(空調を導入して四季醸造するにはコストがかかりすぎるため)。

なお、日本酒にしようで届くお酒は、酒販店で一切取り扱いがありません。蔵元から直接購入することもできません。

日本酒のペアリング料理のオンラインレッスンがある

今月のお酒に合うお料理の作り方を、オンラインで受講できます。オンラインレッスンは、2021年10月からスタートしました。

日本酒らしくない前衛的な銘柄ラベル

日本酒にしようで届くお酒のラベルは、デザイン性に溢れたデザイン・ロゴが多いです。

デザイナーやイラストレーターを起用して、20代・30代・女性向けのポップ&カラフルなラベルに仕上がっています。

銘柄からは、これまでの日本酒にあった無骨さが感じられず、読み方がさっぱり分からないものまで。

これまでの日本酒像を感じさせず、「飲んでみたいな」という気にさせてくれますよ。

日本酒にしようで過去に届いた日本酒

すべて、日本酒にしようのオリジナル銘柄です。

銘柄特徴生産地蔵元
月とうさぎお月見をテーマにした無濾過生原酒福島県二本松市人気酒造株式会社
そら紫波/そらしわ生きた酵母を閉じ込めた、微発泡のにごり酒岩手県紫波町廣田酒造店
真田は日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由洋食に合う甘口の生原酒長野県辰野町株式会社小野酒造店
TORIINU/トリイヌ日本酒とは思えないフルーティーさ奈良県奈良市八木酒造
やま武蔵/やまむさし肉に合う。デザート感覚で飲める埼玉県小川町松岡醸造
トゥモロー食中酒。おりがらみ広島県竹原市藤井酒造
とおはなび純米吟醸酒山形県長井市株式会社鈴木酒造店長井蔵
なつたよりトロピカル風味の純米吟醸酒福島県浪江町鈴木酒造店
136°45'28"(136ど45ふん28びょう)純米吟醸酒の無濾過生原酒岐阜県岐阜市日本泉酒造株式会社

▼日本酒にしようプロジェクトで届く日本酒の特徴

  • 銘柄:柔らかい響きの音、何と読むか分からない名前が多いです。
  • 風味:フルーティなお酒が多く、食中酒が多い印象です。

小冊子に、お酒に合う食事のレシピが掲載されていることからも、食事と一緒に楽しむ食中酒が多いことが分かります。

「136°45'28"」という銘柄は、このお酒の蔵元である日本泉酒造株式会社が、東経136度45分28秒に位置していることに由来します。なお、蔵元は、岐阜県岐阜市加納清水町、岐阜駅前ロータリーのすぐ東側です。

日本酒にしようの口コミ評判

日本酒にしようの口コミ評判を、SNSで調べました。多くの口コミのなかから、日本酒にしようプロジェクトの特徴が分かるものを紹介します。

  • 良い口コミ1:小冊子が面白く、日本酒好きにはたまらない
  • 良い口コミ2:全国の美味しいお酒が届く
  • 良い口コミ3:毎月違った日本酒を届けてくれる
  • 良い口コミ4:どの日本酒も美味しい
  • 悪い口コミ1:本物感を感じられず解約した

全体的に、悪い口コミが少なく、好印象を持っている人が多いことが特徴的でした。

良い口コミ1:小冊子が面白く、日本酒好きにはたまらない

日本酒のサブスクでは、小冊子に力を入れているところが多く、日本酒にしようプロジェクトもその1つです。

小冊子では、蔵元の情報や、お酒に合う料理のレシピが掲載されていて、より美味しくお酒をいただくことができますよ。

良い口コミ2:全国の美味しいお酒が届く

毎月、全国の耳慣れない蔵元による、限定醸造の日本酒が届きます。

ただ、この方のコメントにもあるように、(1本コースは)月額料金が少しお高いと感じます。

良い口コミ3:毎月違った日本酒を届けてくれる

毎月、テイストが異なる日本酒が届くため、飽きずにいろんな味を楽しめます。

なお、こちらの方は、6,000円(2本コース)を安いと感じている様子です。

良い口コミ4:どの日本酒も美味しい

日本酒にしようプロジェクトで届くお酒は、フルーティーな味わいのお酒が多いです。中には、キリッと鋭い味わいの日本酒もありますが、銘柄ラベルから想像できる、マイルドなものが多いです。

悪い口コミ1:本物感を感じられず解約した

日本酒サブスクの多くは、地方の零細蔵元と、その銘柄を守るために活動しています。

この方は、日本酒にしようプロジェクトが蔵元を救いたい気持ちの本気度を、感じ取れなかったようです。

日本酒にしようの料金プラン

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
1本コース4,015円無料1本720ml/本なし月1回なし
2本コース6,655円無料2本720ml/本なし月1回なし
税込み料金

おすすめは、2本コースです。1本あたりの単価が3,328円に下がり、1本コースよりもお得です。

支払い方法は、クレジットカードと代引き(手数料330円/回)から選べます。

日本酒にしようの解約方法

日本酒にしようを解約するときは、毎月5日までにメールで連絡をします。6日になると、その月の配送が確定するので、お酒が届いて料金も請求されます。

休日・祝日は対応が遅くなるので、早めに連絡をしてくださいね。

▼解約日の具体的な例
4月分から解約するなら、4月5日までにメールします。6日には4月分をキャンセルできなくなり、20日頃に商品が届きます。

▼メールアドレス
info@sakeproject.jp

日本酒にしようとsaketakuを比較

日本酒にしようとsaketakuを比較しました。

サブスク日本酒に使用saketaku
月額料金1本:4,015円
2本:6,655円
1本:6,578円
2本:7,678円
送料無料無料
本数1本or2本1本or2本
内容量720ml720ml
おつまみなしあり
小冊子ありあり
日本酒鑑定書なしあり
オリジナル銘柄ありなし
配送頻度月1回月1回or2ヶ月に1回
最低期間なしなし
継続特典なしあり

日本酒にしようとsaketakuで大きく違うのは、取り扱っている日本酒・おつまみ・鑑定書です。

日本酒の違い

日本酒にしようのお酒は、「他で呑めないオリジナル銘柄」です。味わいは、フルーティーなものが多いです。食事と一緒に味わうお酒が楽しめます。

一方、saketakuのお酒は、各地の蔵元が一般に販売しているけれども、流通量が少なく出回らない希少なお酒です。全国15,000銘柄の中から選ばれます。日本酒がメインで、食べ物がサブ。

おつまみの有無

日本酒にしようは、おつまみがありません。食事のなかで日本酒を楽しむためです。ワインと料理の関係性に近いです。

saketakuは、「酒飲みたい。アテにおつまみほしい。」という、これまでの日本酒の楽しみ方。よって、おつまみがついてきます。

鑑定書の有無

鑑定書とは、お酒の詳しいデータです。科学的に分析された数値などが掲載されていて、お酒ソムリエ的知識を得られる書類です。

日本酒にしように鑑定書はついてきません。saketakuにはついてきます。

比較のまとめ:味わいや飲むシーンで選ぼう

日本酒にしようの日本酒は「女性向け」「食卓の一品」「ワインと食事の関係性」です。

saketakuのお酒は「日本酒をメインで楽しむ」「おつまみが似合う」「ワインとチーズの関係性」です。

saketakuの口コミ評判で届いた日本酒の銘柄を紹介しています。

日本酒にしようのQ&A

  • 配送スキップはできるの?
  • 日本酒はどんな基準で選ばれているの?

について、紹介します。

配送スキップはできるの?

できます。毎月5日までに手続きをすると、その月は配送されません。料金も発生しません。

▼「4月分はいらない」という場合
4月5日までに、手続きします。4月6日になると、4月分の配送が確定して4月20日頃にお酒が届きます。

手続き方法は、メール連絡です。

メールアドレス:info@sakeproject.jp

日本酒はどんな基準で選ばれているの?

専任利き酒師など、選考委員が厳選しています。具体的に誰が選んでいるかわからないのは、ちょっと残念ですね。

まとめ

日本酒にしようは、市販されていないオリジナル日本酒が届く、日本酒のサブスク(頒布会)です。

お食事と一緒に楽しめる、女性向けのフルーティなお酒が届きます。食卓を、彩りたい・盛り上げたい・楽しみたいという人にピッタリ。

届いた日本酒を、あとで単品購入することができません。日本酒との一期一会を楽しめるのも、日本酒にしようの魅力になっていますよ♪

日本酒にしようの公式サイト

▼日本酒にしようと他社サブスクを見比べられる日本酒のサブスクの比較で、ピッタリな日本酒サブスクをお探しいただけます。

▼アルコールのサブスク一覧

-酒のサブスク