酒のサブスク

日本酒のサブスク・定期便おすすめ9社比較【2022年版】

日本酒のサブスク・定期便を比較しておすすめを紹介

日本酒のサブスクは、全国各地の酒蔵で作られた、知られざる銘柄が自宅に届く定期便サービスです。

  • いろんな日本酒を味わってみたい
  • 自分が知らない銘柄を見つけたい

とお考えの方に、ピッタリ。

ここでは、全国の地酒が届く日本酒のサブスク9社を比較しました。

9社の一括比較は、日本酒サブスク比較紹介ページとしては、国内最大級です(2022年1月時点)。

あなた好みの日本酒探しに、お役立てください。

日本酒のサブスクとは

日本酒のサブスクは、全国の酒蔵が製造している有名な銘柄や地酒が、定期的に自宅へ届くサービスです。

日本酒の酒蔵は、全国に1,252あり、銘柄数は10,000以上とも言われています。

参考国税庁/酒類製造業及び酒類卸売業の概況(令和2年度調査分)

清酒の大半は、作られた地域で消費(飲まれて)されているため、まだ見ぬ銘柄が圧倒的に多いハズ。

全国各地のお酒を楽しめる日本酒サブスクには、次の3つの特徴があります。

  • 近所で買えない日本酒が毎月1~2本届く
  • 日本酒に合うおつまみも届く
  • 日本酒に詳しくなる情報紙を読める

お酒の風味を楽しむだけではなく、知的好奇心も満たしてくれるんですよ。

国税庁による平成28年度の調査によると、全国の酒蔵は1,400以上ありました。その4年後(令和2年度)の調査では酒蔵は1,252へと200弱も減りました。日本酒のサブスクは、消えるかもしれない銘柄を楽しむチャンスにもなりますよ。

近所で買えない日本酒が毎月1~2本届く

酒蔵の地元でなければ手に入らない、珍しい地酒を楽しめます。中には、一般販売していない銘柄や、オリジナル銘柄を取り扱うサブスクもあります。

飲み終えた酒瓶をコレクションするのも、日本酒サブスクの楽しみの1つです。

日本酒に合うおつまみも届く

日本酒のテイストに合うおつまみが一緒に届きます

届いた日本酒の産地で作られたおつまみが同梱されることがほとんど。

ちょっとした旅気分に浸りながら、晩酌を楽しめます♪

日本酒に詳しくなる情報紙を読める

一部の日本酒サブスクでは、届いた銘柄の情報誌を発行・同梱しています(無料)

地酒が生まれた背景や、作られた環境も知ると、お酒をより一層美味しくいただくことができますよ♪

マニアックな銘柄の情報も身に付き、日本酒博士になれるかも?

日本酒のサブスクがおすすめな人

日本酒のサブスクがおすすめな人は、次のとおりです。

  • 大人のたしなみ、品のある飲み方を知っている人
  • お酒の知識を増やしたい人(日本酒初心者を含む)
  • 酒蔵ツアーに参加するのが好きな人

一方で、べろべろに酔いたい人には不向き。月に届く量である720mlの瓶を1本だけでは、深酒できません。

日本酒のサブスクの選び方

日本酒のサブスクを選ぶときに、次の2つを必ず確認しましょう。

  • お酒の量・本数・配送頻度
  • 縛り期間があるかどうか

お酒の量・本数・配送頻度を確認する

1ヶ月に届く日本酒の量(内容量)・本数・配送頻度から、飲み切れるかどうか確認します。

▼飲み切れないデメリット

  • 日本酒は、開封すると酸化が始まり味が落ちる(3~5日で飲み切るのが理想)
  • 次の配送日を向かえて、お酒がたまる

日本酒には賞味期限・消費期限はありません。アルコール度数が高く、菌が繁殖できないからです。

日本酒のサブスクでは、なかなか手に入れられないお酒が届きます。本来の味を楽しまなければ、もったいないです!

お酒の量は、720mlの瓶が基本です。「多いな」と感じたら、少量だけ飲める100mlパウチのサブスクを選ぶといいですよ。

1ヶ月に届く量は、多くても720mlが2本です。お酒に強い人だと、物足りなさを感じるかもしれません。

最低利用期間(縛り期間)があるかどうか

日本酒のサブスクに限らず、「定期便」と名の付くサービスには最低利用期間が設定されていることがあります。

最低利用期間中は、解約できません。「お試しして合わないならスグ辞めたい」とお考えなら、最低利用期間がないサブスクを選ぶと安心です。

日本酒のサブスク9社を比較

日本酒のサブスク9社を一覧表で比較しました。

サブスク月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間配送エリア
saketaku2,980円~無料1本/2本720ml/本あり月1回/2か月に1回なし全国
KURAND3,278円無料1本720ml/本あり月1回なし全国
日本酒にしよう4,015円~無料1本/2本720ml/本なし月1回なし全国
わたご酒店4,780円~無料1本/2本720ml/本なし月1回なし全国
山仁2,200円程必要1本/2本720ml/本なし月1回3か月間全国
Chill Labo Tokyo3,240円~来店型1杯~1杯~店頭注文来店型なし店舗のみ
SAKE POST1,210円~264円~3パック100ml/パックなし月1回3か月間全国(ポスト配送)
SAKE FLIGHT3,300円~無料3パック100ml/パックあり月1回なし全国(ポスト配送)
酒標3,300円~無料1本/2本720ml/本あり(有料)月1回/2か月に1回なし全国
税込料金

では、1社ごと特徴をみていきましょう。

全国の地酒15,000銘柄からセレクト「saketaku/サケタク」

saketaku(サケタク)の公式サイト画像
出典元:https://www.saketaku.com/

720ml瓶1本/2本月1回2ヶ月に1回おつまみ送料無料全額返金保証

sakutakuの特徴

  • 7日間のトライアル全額返金保証あり
  • 全国15,000銘柄からプロがセレクト
  • おつまみと専用グラス付きでスグ飲める

日本酒サブスク大手。一瓶(ひとびん)の内容量は720ml(4合)で、本数は1本または2本から選べます。

お酒と共に

  • 日本酒の鑑定書(テイスティングシート):美味しい温度帯や合うおつまみが分かる
  • Magazine D(日本酒の情報誌):蔵元や酒米の生産者にインタビュー
  • 本格おつまみ1品

が同梱されます。初回は、サケタク専用グラス(おちょこ)も届きます。

saketakuの料金

プラン料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
月々プラン1本:6,578円/月
2本:7,678円/月
無料1本
2本
720ml/本あり月1回
2ヶ月に1回
なし
年間プラン1本:74,987円/年
2本:87,527円/年
無料1本
2本
720ml/本あり月1回
2ヶ月に1回
なし
saketakuライト2,980円/月無料1本以上300ml/本なし月1回なし
月1回お届けした場合の金額を税込で表示。2ヶ月に1回お届けの料金は、表示のおおよそ半額となります。

1本より2本の方がお得です。1本あたり3,639円になります。年間プランなら、さらに5%割引。

saketakuライトは、女性向けのプランです。飲みやすいフルーティーな日本酒が届きます。オシャレなワイングラスもついてきます。

saketakuのプランを確認する

saketakuの口コミ評判で届いた日本酒の銘柄を紹介しています。

特別醸造の日本酒が届く「KURAND CLUB/クランドクラブ」

KURAND(クランド)の公式サイト画像
出典元:https://kurand.jp/

720ml瓶1本月1回おつまみ送料無料全額返金制度

KURAND CULBの特徴

  • 会員専用特別醸造の日本酒が届く(一般販売なし)
  • 7日間の全額返金キャンペーンあり

酒ガチャで人気のKURAND(くらんど)による、日本酒のサブスク(定期便)です。

全国各地の酒蔵がKURANDのために特別醸造した限定酒を楽しめます。

同梱されるニュースレター(小冊子)で、酒蔵とその土地を深く知ることもできます。

KURAND CULBの料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
KURAND CLUB3,278円無料1本720ml/本あり月1回なし
税込料金

KURAND CLUB利用者には、特典として

  • KURANDオンラインストアの商品が10%割引
  • 会員限定イベントの参加権
  • 会員限定商品の購入権

がついてきます。

初回限定で、小分け保存用の小瓶(180ml=1合)をプレゼント。

KURAND CLUBのプランを確認する

KURANd CLUB/クランドクラブの口コミ評判で届いた日本酒の銘柄を紹介しています。

しぼりたての日本酒「日本酒にしよう」

日本酒にしようの公式サイト画像
出典元:https://sakeproject.jp/

720ml瓶1本/2本月1回送料無料

日本酒にしようの特徴

  • お店で手に入らないしぼりたてのオリジナル日本酒

お店で手に入らない、蔵元だけで飲める銘柄が毎月届きます。酒蔵は毎月変わります。

お酒と一緒に届く小冊子には、

  • お届けする日本酒の酒蔵紹介
  • 料理人が考案したお届けする日本酒に合わせたレシピ

が掲載されています。

日本酒にしようの料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
1本コース4,015円無料1本720ml/本なし月1回なし
2本コース6,655円無料2本720ml/本なし月1回なし
税込料金

夏場は鮮度が落ちないように、クール便で配送されます。

日本酒にしようのプランを確認する

日本酒にしようの口コミ評判で届いた日本酒の銘柄を紹介しています。

新潟の地酒「わたご酒店」

わたご酒店の公式サイト画像
出典元:https://watago-sake10.jimdofree.com/

720ml瓶2本月1回送料無料

わたご酒店の特徴

  • 新潟の個人酒店による日本酒のサブスク
  • 新潟の地酒と全国の銘柄
  • 日本酒初心者さん向けプランあり

「Fun to Drink(楽しくお酒を飲むこと)」をスローガンに、日本酒の定期便を企画。

酒どころ新潟の地酒はもちろん、全国各地の銘柄も楽しめます。

取り扱いする蔵は必ず訪問して、酒造りの姿勢を確認するという徹底ぶり。

わたご酒店の料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
利き酒師が選ぶ
「今が飲み頃の地酒」
4,780円無料2本720ml/本なし月1回なし
日本酒王国
新潟の希少な地酒
4,780円無料2本720ml/本なし月1回なし
日本酒に詳しくなれる
「日本酒入門コース」
4,980円無料2本720ml/本なし月1回なし
税込料金

わたご酒店のプランを確認する

日本酒品評会の運営者がお酒を選ぶ「山仁」

山仁の公式サイト画像
出典元:https://www.yamajin.com/

720ml瓶1本/2本月1回

山仁の特徴

  • 栃木県宇都宮市の酒類販売店による日本酒の定期便
  • 世界規模品評会の清酒評価者が日本酒をセレクト

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(世界最大の日本酒コンクール)のSAKE議長である大橋健一さんが選んだ日本酒が届きます。

月額料金は安いけれども、送料がかかります。情報誌やおつまみはなく、日本酒だけが届きます。

山仁の料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
日本酒サークルコース~2,200円別途1本720ml/本なし月1回なし
珠玉の日本酒分布会コース3,300円別途2本720ml/本なし月1回3か月間
税込料金

▼日本酒サークルコース
毎年4月~12月まで。届く銘柄によって料金が毎月変わり、最高で月額2,200円です。送料は別途加算(地域別送料)され、5月~10月はクール便で届きます。支払いは代引き(手数料315円)のみ。

▼珠玉の日本酒分布会コース
毎年1月~3月まで。配送スキップや途中解約はできません。支払いは代引き(手数料315円)のみ。

山仁のプランを確認する

店舗で飲める「CHILL LABO TOKYO/チルラボトーキョー」

Chill Labo Tokyo(チルラボトーキョー)の公式サイト画像
出典元:https://chilllabo.tokyo/archives/5130
来店型

チルラボトーキョーの特徴

  • 来店型の日本酒サブスク

東京都杉並区に店舗を構えるCHILL LABO TOKYO(チルラボトーキョー)による、日本酒のサブスクです。料金月額制で、日本酒がお得に楽しめます。

来店型のサブスクなので、自宅の近くに住んでいる人や、退勤路にお店の近くを通る人におすすめです。

お店の所在

東京都杉並区上萩1丁目4-7 流動ビル8階

チルラボトーキョーの料金

プラン名月額料金内容
日本酒1日1杯無料会員権3,240円今日の日本酒500円が0円(1日1杯まで)
日本酒定額3種飲み比べ会員権5,400円3種の日本酒飲み比べ1,000円が0円(1日1回まで)
毎日飲み比べ放題券15,800円時間無制限飲み放題4,000円が毎日0円
税込料金

チルラボトーキョーのプランを確認する

パウチのお酒がポストに届く「SAKE POST/サケポスト」

SAKEPOST(サケポスト)の公式サイト画像
出典元:https://sakepost.jp/

100mlパウチ3パック月1回ポストに届く初回半額

SAKE POSTの特徴

  • パウチでパッキングされた日本酒がポストに届く
  • 初回限定全プラン半額
  • 1ヶ月に3銘柄が楽しめる

新潟を中心とした3酒蔵の日本酒(地酒)が、パウチパックで自宅の郵便ポストに届きます。パウチ1つの内容量は100ml(5勺強)となり、おちょこ換算で2.5杯~5.5杯、ぐいのみ換算で1杯~2杯です。

ちょっとだけ飲みたい、ライトユーザー向けですね。

▼日本酒100mlをおちょこに注いでみる動画

パウチパックなので、ラベルコレクションを楽しむことができないのが残念。

一方で、利用者みんなの声(感想)がグラフ化されて確認できることも楽しみのひとつで、日本酒愛好家同士でつながっている気分になれます。

申し込みフォームのアクセスに年齢認証が必要なことから、誠実な印象を受けました。

SAKE POSTの料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
日常酒プラン1,210円264円3パック100ml/パックなし月1回3か月間
吟醸酒プラン1,980円264円3パック100ml/パックなし月1回3か月間
ダブルプラン3,190円528円6パック100ml/パックなし月1回3か月間
税込料金

手頃な料金で始めやすいのが魅力です。

SAKEPOSTのプランを確認する

好みな味の日本酒が届く「SAKEFLIGHT/サケフライト」

SAKEFLIGHT(サケフライト)の公式サイト画像
出典元:https://sakeflight.jp/

100mlパウチ3パック月1回おつまみポストに届く

SAKE FLIGHTの特徴

  • パウチでパッキングされた日本酒がポストに届く
  • 好みの味の日本酒が届く
  • 圧倒的おしゃれ

サケタイプ診断で出た好みの味を中心に、地酒をポストに配送します。

パッケージもパウチも、とにかくおしゃれ。日本酒の古臭さを打ち壊すほど、洗練されています。

商品到着後、スマホアプリのダウンロード必須です。

SAKEFLIGHTの料金

月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
初月3,850円
翌月以降3,300円
無料初月5パック
翌月以降3パック
100ml/パックあり月1回なし
税込料金

同じくポストに届く(内容量も同じ)SAKEPOSTと比べると、料金は高め

初月は初回サケタイプ診断キット(5銘柄+ティスティング用カップ)、2か月目以降は3銘柄+おつまみ1つ+テイスティング用カップ)が届きます。

サケタイプ診断をスマホアプリに入力するまでは、定期配送も課金もされません。

SAKE FLIGHTのプランを確認する

プレミアム日本酒のサブスク「酒標/さけしるべ」

酒標(さけしるべ)の公式サイト画像
出典元:https://colorme-repeat.jp/8/2c65cae9/sakeshirube

720ml瓶1本/2本月1回おつまみ(有料)全額返金制度

酒標の特徴

  • プレミアム日本酒
  • 無添加おつまみ
  • ギフト贈答ができる

プレミアムなお酒が楽しめる、日本酒のサブスクです。届く銘柄は、国際線ファーストクラスや首脳会談で提供されたお酒や、品評会受賞、秘蔵酒、蔵元最高峰の限定酒があります(プレミアムコース)。

鮮度を大切に、マイナス5度で保管しながら熟成させた日本酒もあります(マイナス5℃熟成コース)

毎回届く小冊子「SAKE通信」では、酒蔵の想いや日本酒が生まれた背景を知ることができます。

酒標の料金

プラン月額料金送料本数内容量おつまみ配送頻度最低期間
スタンダードコース3,300円無料1本720ml/本あり(550円)月1回
2ヶ月に1回
なし
飲み比べコース6,050円無料2本720ml/本あり(550円)月1回
2ヶ月に1回
なし
マイナス5℃熟成コース4,400円無料1本720ml/本あり(550円)月1回
2ヶ月に1回
なし
プレミアムコース8,800円無料1本720ml/本あり(550円)月1回
2ヶ月に1回
なし
税込料金

各プラン、おつまみの有無を選べます。初回限定で全額返金保証がありますが、期間や方法が明かされていません。

酒標のプランを確認する

日本酒のサブスクを利用した人の口コミ評判

日本酒のサブスクを利用したみなさんの口コミを、SNSから集めました。

▼美味しい銘柄が毎月届く「saketaku」

店頭に並ばない知られざる銘柄を、毎月楽しめます。

▼夫婦の会話になる「SAKE FLIGHT」

お酒は会話が弾むきっかけになります。夫婦はもちろん、親子や友達と楽しむのもいいですね。

720ml瓶2本のプランを選べば、ホームパーティにも役立ちますよ。

▼飲みきりサイズで飲み過ぎない「SAKE FLIGHT」

日本酒のとろっとした舌触りや奥深い風味を楽しんでいると、ついつい飲み過ぎてしまいがち。

ポストに届く日本酒のサブスクは、ちょうどいいサイズなので飲み過ぎることがありません。

▼日本酒に詳しくなる

買って飲むだけではなく、小冊子で深い情報を得られるのも、日本酒のサブスクの魅力です。知的好奇心も満たしてくれるので、趣味といっていいかも。

スマートに飲みつつお酒に詳しい人って、カッコよさがありますよね。

日本酒のサブスクのQ&A

次の3つの疑問について、ご紹介します。

  • 気に入った日本酒を毎回届けてもらえるの?
  • 日本酒の保管方法は?
  • プレゼントできる?

気に入った日本酒を毎回届けてもらえるの?

銘柄の指定はできません。そのため、銘柄選びは完全おまかせとなります。

SAKE FLIGHT(サケフライト)は、お好みのテイストに近い銘柄を届けてくれるので、「口に合わないな」ということが少ないです。

日本酒の保管方法は?

  • 光を防ぐ(紫外線による色と風味の変化を防ぐ)
  • 縦置きする(蓋に触れて酸化することを防ぐ)

の2つは、日本酒の保管の基本です。新聞紙に包むと、急な温度変化や光も防いで長期保存できます。

保管温度については、生酒・吟醸酒は冷蔵庫で、純米酒・本醸造酒・古酒は冷暗所(常温でもOK)で保管します。

一度封を切った日本酒は、空気に触れて酸化します。1週間もすると元の味は損なわれるので、空気抜きで瓶の中を真空状態にしておくのがベストです。

保存用の小瓶に入れる方法もありますが、入れ替えるとき空気に触れてしまいます。とはいえ、元の瓶で保管するより変化を防げます。

プレゼントできる?

できます。マイページにログインして、お届け先住所をお相手の住所に変更するだけです。

saketaku(サケタク)は化粧箱入り、酒標はギフト包装してくれます。

まとめ

日本酒は、昔から日本各地の酒蔵で作られてきたため、地元でなければ味わえない銘柄が圧倒的に多いです。

日本酒のサブスクは、一般的に知られていない各地の銘柄が自宅に届くので、日本酒の楽しみ方がこれまでとは段違いに広がります♪

もしかしたら、「これだ!」と思える自分好みの逸品に出会えるかもしれませんね。

自宅にいながら、地域限定のお酒を楽しむなんて、小旅行気分さながら。いろんな風味をあじわってみてくださいね♪

日本酒のサブスクの比較に戻る

-酒のサブスク