お花のサブスク(定期便)

お花の定期便(サブスク)のおすすめ比較24選┃安い・おしゃれ・ポストに届くを徹底比較

お花の定期便比較24選。選び方からメリット・デメリットまで

自宅に生花(切り花)が届くお花の定期便(サブスク)31社を比較しました。(2021年7月16日時点)料金(安さ)、ポスト配送、プレゼント/ギフト利用など7項目を比較しています。お花のサブスク各社のお花画像も掲載したので、お花のテイストもご覧ください。

さらに、次の5つの用途別におすすめサブスクを紹介しています。

あなたの好みにピッタリな、サブスク選びにお役立てください^^

もくじ

お花の定期便(サブスク)31選を一覧で比較【図解で分かる】

定期便料金配送方法プレゼント/ギフト仏花花瓶配送頻度配送地域
bloomee
(旧ブルーミーライフ)
825円/回ポスト/宅配便できる(定期便・ギフト花)なし購入できる(別送)毎週/月2回(隔週)全国
LIFULL FLOWER
(ライフルフラワー)
858円/回ポスト/宅配便できる(定期便)なし紙ポットでお届け毎週/月2回/月1回全国(沖縄除く)
LIFFT(リフト)3,300円/回宅配便できる(定期便・ギフトチケット)なし購入できる月1回全国
HitoHana(ひとはな)1,650円/回宅配便できる(定期便)なしなし毎週/月2回/月1回全国
medelu(メデル)990円/回ポスト/宅配便できる(定期便)なし購入できる(別送)毎週/月2回(隔週)全国(沖縄除く)
FLOWER(フラワー)1,276円/回ポスト×なし購入できる(別送)毎週/月2回/月1回全国(北海道沖縄除く)
ピュアフラワー920円/回自社配送×なし購入できる月2回店舗がある地域
WEEKLY FLOWER
(ウィークリーフラワー)
980円/回ポスト×なしなし毎週/月2回(隔週)関東7都県
魔法の花瓶1,650円/月店頭受取×なし購入できる1日1輪店舗がある地域
青山フラワーマーケット1,985円/回宅配便できる(定期便)あり購入できる(別送)7日/10日/14日/21日全国(北海道沖縄除く)
定期便料金配送方法プレゼント/ギフト仏花花瓶配送頻度配送地域
ハナノヒ987円/月店頭受取×なし購入できる月6回店舗がある地域
日本総合園芸968円/回宅配便/自社配送×あり購入できる月3回/月2回/月1回大阪/兵庫/奈良/京都/滋賀/三重/和歌山/岐阜/愛知/岡山
ma fleur(マ・フルール)3,003円/回宅配便×なしなし月1回一部地域
霽れと褻(ハレとケ)3,300円/回宅配便できる(定期便・ギフトチケット)なし購入できる(別送)月1回全国
世界の花屋5,500円/回宅配便なしなし購入できる(別送)月1回全国(沖縄除く)
Miraflora(ミラフローラ)1,700円/回宅配便ありなし購入できる(別送)月2回/月1回全国(北海道/沖縄除く)
Flower kitchen JIYUGAOKA
(フラワーキッチン自由が丘)
770円/回ポストなしなし購入できる(別送)月2回(隔週)全国(沖縄除く)
UTSUWA FLOWER
(ウツワフラワー)
1,650円/回宅配便なしなし購入できる(別送)月2回(隔週)一部地域
ハナイノリ1,265円/回ポスト/宅配便できる(定期便)あり購入できる(別送)毎週/月2回(隔週)全国
mure fleuriste
(ミュールフルーリスト)
2,700円/回宅配便なしなし購入できる(別送)月1回全国(北海道/沖縄/東北除く)
定期便料金配送方法プレゼント/ギフト仏花花瓶配送頻度配送地域
bloomee gift
(旧ブルーミーライフギフト)
4,950円/月ポストできる(定期便)なし初回に同梱毎週全国
フジテレビフラワーネット4,180円/回宅配便できる(定期便・ギフト花)あり購入できる(別送)自由に選択全国
HANAIMO(ハナイモ)3,300円/回宅配便できる(定期便・ギフト花)あり購入できる(別送)月2回/月1回全国(沖縄除く)
イイハナドットコム3,630円/回宅配便できる(定期便)あり購入できる(別送)月1回全国
フラントリーブ1,000円/回自社配送なしあり購入できる(別送)月2回/東京、千葉、神奈川、埼玉
&flower(アンドフラワー)1,265円/回ポストなしなし購入できる(別送)毎週/月2回/月1回全国(沖縄除く)
青山花茂(あおやまはなも)5,500円/回自社配送/宅配便できる(定期便・ギフト花)なし初回に同梱毎週/月2回/月1回全国
HANA+co+COLO2,500円/回宅配便なしなし紙ポットでお届け月2回全国(北海道/青森/秋田/沖縄除く)
BRAZO(ブラッソ)2,500円/回宅配便なしなし購入できる毎週/隔週/月1回全国(北海道/東北/九州/沖縄除く)
+hana(タスハナ)858円/回ポストなしなしなし隔週/月1回全国(北海道/九州/沖縄除く)
花まりか4,000円/回~宅配便できる(定期便)あり鉢植え花月1回全国(北海道/九州/沖縄除く)
料金は、送料含む税込価格です。

この一覧表を、分かりやすい図解にしました。

お花の定期便の比較マップ
料金は、送料含む税込価格です。

お花の出荷地とお届け先が近いほど、鮮度の良いお花が届きやすくなります。なぜならば、配送距離と時間が短くなり、お花の折れ・枯れ(しおれ)を防ぎやすくなるから。お花のサブスクは、1つの店舗から全国に届けるやり方が主流なので、届くまで時間と日数がかかります。各サブスクの出荷地が分かる地図をご用意したので、お花のサブスク選びにお役立てください♪

お花の定期便(サブスク)の出荷元(配送拠点)地図

以上から、料金・ポスト配送・おしゃれ(プレゼント)・店舗受け取り・仏花の5項目から選ぶときのおすすめサブスクは、以下のとおりです。

お花の定期便(サブスク)特徴を紹介

お花の定期便31社の特徴を紹介します(2021年7月時点)。

【bloomee/旧ブルーミーライフ/Bloomee Life】国内最大級

bloomee(旧ブルーミーライフ)の公式サイト画像
出典元:https://bloomeelife.com/
bloomeeの特徴アイコン一覧

せつこさん
Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)は、2021年3月15日に、bloomee(ブルーミー)に生まれ変わりました。フラワーショップごとに違ったテイストのお花が楽しめる定期便です。

bloomeeならではの特徴

  • 最安値のポストに届くお花の定期便(送料込み825円)
  • 最寄りのお花屋さん(全国200店舗)が配送するので新鮮

bloomee(旧ブルーミーライフ/Bloomee Life)は、100,000世帯以上の利用者(会員数)がいる、国内最大級のお花サブスクです。

bloomee(ブルーミー)のメリットは、お花のアレンジと配送を最寄りのフラワーショップが担当するので、届くまでの距離と時間が短く、お花が新鮮なこと。

一方で、ポスト配送は、花瓶いっぱいにお花を飾りたい人には不向き

せつこさん
ボリュームたっぷりのお花を飾るなら、手渡し配送のリッチプランがおすすめです。

花瓶に挿すだけの状態で届くので、これから、お花のある生活を始める人向けですよ♪

配送日週末(金~月)
お届け頻度毎週/隔週
品質保証再送/次回無料
仕入れ/配送全国200店舗以上の提携花屋のうち最寄り店舗から配送
対応エリア全国(離島を除く)

プランと料金

プラン体験プランレギュラープランリッチプラン
料金550円/回880円/回1,320円/回
送料275円/回385円/回550円/回
本数の目安3本以上4本以上5本以上
配送ポストポスト手渡し
税込料金。支払い方法は、クレジットカード(Visa、master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナース)

いちばん人気は、値段・品質・ボリュームのバランスが良い、レギュラープランです。

体験プランで「お花がしょぼい」と満足できず、レギュラープランに乗り換える人も多くいるんですよ。途中でプラン変更できるので、体験プランで様子見してから、プランを再考するのもいいですね♪

JULY2021

bloomeeのお花を飾る

上記クーポンで初回のお花代と送料が無料

bloomee(旧ブルーミーライフ)を使ってみた体験談と口コミ評判

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【LIFULL FLOWER/ライフルフラワー】お世話いらずの生花

LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://flower.lifull.jp/
LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の特徴アイコン一覧

せつこさん
ナチュラルテイストなお花をポストに届けてくれる、お花の定期便です。

LIFULL FLOWERの特徴

  • 蓋を取って飾るだけの生花
  • ポスト配送のお花はさみしい

LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)のメリットは、蓋を開けるだけで飾れる、卓上スタンド花(スタンダードプラン)です。パッケージが花瓶代わりになり、中には水と栄養を含んだエコゼリーが入っているから手間いらずで、これからお花生活を始める人にピッタリ♪

一方、デメリットは、「最安値のライトプランはお花が貧相」「東京から離れた場所ほど配送日数がかかるので鮮度が心配」の2点です。

せつこさん
品質保証の期限は、お花が届いた日。配送時間が長いエリア(東京から2日間)は、鮮度や保証の利用で不利!

配送日土曜日前後
お届け頻度毎週/月2回
品質保証返金/交換(連絡期限はお花の到着日)
仕入れ/配送花市場から仕入れ
対応エリア全国(沖縄・離島を除く)
九州地方の新規申し込みは停止中です。

プランと料金

プランライトプランセルフアレンジプランスタンダードプラン
料金858円/回1,958円/回~2,178円/回
送料無料無料(北海道、東北の一部、西日本は200~500円)
本数の目安3~4本S:6~8本
L:10~12本
メインのお花と周りに複数のお花
配送ポスト手渡し手渡し
税込料金。支払いはクレジットカード

ライトプランは、値段が安いけれども、量・見た目ともに満足しにくいです。セルフアレンジプランは、花瓶に挿す前に切り揃えなければならず、お花のセンスが問われます。

LIFULL FLOWERを利用するなら、手間・花瓶が不要なスタンダードプラン一択です。

花瓶・水やり一切不要

ライフルフラワーのお花を飾る

世話いらずのお花はLIFULL FLOWERだけ

ライフルフラワーの口コミ評判とお花画像を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【LIFFT/リフト】おしゃれなお花と小冊子

LIFFT(リフト)の公式サイト画像
出典元:https://lifft.jp/
LIFFT(リフト)の特徴アイコン一覧

せつこさん
バツグンにおしゃれなブーケに、お花の小冊子が同梱されてて、知的好奇心をくすぐります。

LIFFTならではの特徴

  • お花のサブスク1・2を争うほどおしゃれ
  • お花の読み物「LIFFT Journal」もセットで届く
  • プレゼント用のお花は目上の人に贈れるクオリティ

LIFFT(リフト)は、和風なおしゃれ切り花の定期便「霽れと褻(ハレとケ)」を運営する株式会社ボタニックによるお花の定期便で、テレビで特集されるほどのオシャレなお花が届きます。

和の霽れと褻(ハレとケ)と、洋のLIFFT。

LIFFTのメリットは、小冊子「LIFFT Journal(リフトジャーナル)」がついてくるところ。
見た目もオシャレな正方形の紙面には、お花の知識やコラムがたっぷりです♪

一方のデメリットは、配送が月1回だけな点。
こまめにお花のお世話をしないと、次のお花が届く前に枯れてしまい、1~2週間はお花なしの生活になってしまいます。

せつこさん
毎日、お水の交換と、茎の下を少し切ると長持ちします!

配送日毎月、日時を指定する
お届け頻度月1回
品質保証未公表
仕入れ/配送生産地で仕入れ/採花当日に配送
対応エリア未公表(全国)

プランと料金

料金3,300円/回
送料無料
1ヶ月の総額3,300円
本数の目安9本(メインのお花4本前後+季節の草花5本前後)
配送手渡し
税込料金。支払いはクレジットカードのみ。

お花の相場は、近所の花屋と同じくらいですね♪

プレゼントにピッタリな、ギフトチケットもありますよ。

おしゃれなお花が大ボリュームで届く

LIFFTのお花を飾る

小冊子が目的のユーザーさんも多いです

LIFFTの口コミ評判とお花画像を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【HitoHana/ひとはな】お花の色を選べる

ひとはなの公式サイト画像
出典元:https://hitohana.tokyo/
hitohana(ひとはな)の特徴アイコン一覧

ひとはなのポイント

  • お花を8色から選べる
  • 宅配便配送なのにお花の茎が短い

HitoHana(ひとはな)は、ウェブ専門のお花屋さんです。実店舗を持たずに、生産者さんの農園や花市場に配送作業スペースを持つことで、「お花を安く提供」「仕入れた・摘んだばかりのお花を直送」しています。観葉植物・胡蝶蘭・アレンジメント花が中心です。

お花の定期便は、3,000円以下のプランではお花の背丈が25cmしかありません。25cmといえば、ポストに届く定期便と同じ長さです。背が低い花瓶に生けることになるため、値段のわりに物足りなさを感じるかもしれませんね。

一方で、ボリュームがある(本数が多い)と好評です。さらに、お花の色を配送のつど選べるので、気分・季節・お部屋に合わせたお花をオーダーできます。

配送日自由に選べる
お届け頻度毎週/隔週/月1回
品質保証再送
仕入れ/配送東京・大阪の花市場
対応エリア全国(沖縄・離島を除く)

プランと料金

プラン1,650円2,200円2,750円3,300円4,400円5,500円
料金1,650円/回2,200円/回2,750円/回3,300円/回4,400円/回5,500円/回
送料無料
お花の本数5~8本8~10本9~13本11~14本14~18本19~22本
配送方法宅配便(ヤマト運輸/佐川急便/西濃運輸/赤帽)
自社スタッフによる配送
税込料金。支払い方法は、クレジットカード(Visa、master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナース)

1,650円のコースはボリュームが物足りません。おすすめは、価格とお花のボリュームのバランスが良い2,200円のコースです。3,300円以上のコースはお花の長さが35cm前後あるので、大きな花瓶に向いています。

お花を8色から選べる

ひとはなのお花を楽しむ

お花は2週間もつので隔週(2週に1回)配送がコスパ良し

ひとはなの口コミ評判とお花画像を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【medelu/メデル】お部屋に合ったお花

medelu(メデル)の公式サイト画像
出典元:https://www.medelu.flowers/
medelu(メデル)の特徴アイコン一覧

medelu(メデル)は、インテリアスタイルに合わせたお花の宅配がモットーの、お花定期便です。

メデルのメリットは、お部屋の雰囲気に合ったお花を選べるところです。3つのプラン「ANYROOM(エニールーム)」「NATURAL(ナチュラル)」「MODERN(モダン)」はそれぞれ、「どんな部屋でも合う」「ウッド調の部屋向け」「シンプルモダンな空間向け」となっています。ナチュラルとモダンは、特徴的(おしゃれ)なおうちに住んでいる人向け。

一方で、コース(プラン)が細かく枝わかれしていて、分かりにくいのがデメリット消去法で、エニールームにたどり着くことがほとんどですが、目移りして迷うこともあります。

ここがオシャレお部屋にマッチしやすく、空間のグレードが上がる。

ポスト配達あり
配送日コースにより異なる
お届け頻度毎週/隔週
プレゼントできる
品質保証あり(返金)
仏花なし
仕入れ/配送生産者と市場から直接仕入れ。九州から配送
対応エリア全国(沖縄、離島、山間部除く)
支払い方法クレジットカード
税込料金

プランと料金の一覧

プランANYROOM
(Lite)
ANYROOM
(Basic)
NATURAL
(Lite)
NATURAL
(Basic)
MODERN
(Lite)
MODERN
(Basic)
料金990円/回2,178円/回990円/回2,178円/回1,320円/回2,508円/回
送料無料
本数の目安4~5本6~7本4~5本6~7本4~5本6~7本
配送ポスト手渡しポスト手渡しポスト手渡し
配送日木・土から選択金曜日水曜日
税込料金

3つのコースが、それぞれ2つのプラン(Lite/Basic)に分かれていて、合計6つの中から選択できます。

Liteは料金が安いポスト配送で、Basicはボリュームのある手渡し配送となります。

ひとまず、ANYROOM(Lite)からはじめてみて、プラン変更でいろいろ試してみるのがいいかも。
最後には、ANYROOMに戻ってくると思いますが・・・。

お部屋にマッチしたお花が届く

medelu(メデル)のお花を飾る

ポスト配送あり


メデルの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【FLOWER/フラワー】スマホアプリで注文できる

fluwer(フラワー)の公式サイト画像
出典元:https://flowr.is/
flowerの特徴アイコン一覧

FLOWER(フラワー)は、スマホアプリで操作ができる、お花の定期便です。
手続きは手元のアプリですべてできて、便利です。

FLOWER(フラワー)のメリットは、無料で初回おためしできること。
880円(税込)のミニブーケが無料でもらえるなんて、お得ですよね♪

一方、デメリットは、お花が短いことです。
長さは、たった15cm
しかありません。

「ちょこん」と飾るにはいいですが、存在感はありません。
「これで880円かぁ」が、正直な感想です。

FLOWERは、「かわいいお花だけ配送」をPRしています。
これは、育成途中で間引きされたお花を、配送していると考えられます。

とすると、フラワーロス対策ができて、環境に良いお花の定期便ともいえますね。

ここがオシャレ小さくてかわいいお花

ポスト配達あり(投函口サイズ=厚さ3.0cm×横幅18cm)
配送日公表なし
お届け頻度月2回
プレゼント不明
品質保証あり(再送/返金から選択)
仏花なし
仕入れ/配送関東
対応エリア全国(北海道、沖縄、離島を除く)
支払い方法クレジットカード
税込料金

プランと料金

料金送料
880円/回396円/回
税込料金

2021年のはじめに、550円から880円へと値上げされました。
ともない、お花の本数が5~6本から5~7本へと増量されました。

bloomee(旧ブルーミーライフ)のレギュラープランと同じ価格帯ですが、お花のボリュームはbloomeeの方が多いです。

スマホで操作

FLOWER(フラワー)のお花を飾る

小さくてかわいいお花が届きます

FLOWERの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【ピュアフラワー】ボリュームが多い

ピュアフラワーの公式サイト画像
出典元:https://www.pure-flower.com/
ピュアフラワーの特徴アイコン一覧

ピュアフラワーは、お花やさんのスタッフが、お店から直接お花を配送してくれる、定期便です。

ピュアフラワーの店員さんが、自社の車で、お宅を個別訪問しながら、2~5種類の季節の花を直送してくれるんですよ♪

メリットは、ボリュームの多さ!
約1,000円で10本前後のお花が届く
のは、ピュアフラワーだけです。

ただし、配送業者に委託していないため、配送地域は店舗があるエリアに限定されています。

自社店舗(18店)がある都道府県
東京、西東京、埼玉、千葉、神奈川、栃木、静岡、石川、富山、愛知、岐阜、三重、大阪、東大阪、兵庫、京都奈良、広島、山口、福岡

さらに、受け渡しは手渡しのみとなっているため、お届け日は自宅待機が必須。

不在時は、玄関先などに置いていってくれますが、新聞包装でのお届けなので、なるべく不在にしたくないのが本音です。

日中、留守にする人には向きませんが、いつも在宅なら利用して損はありませんよ。

ここがオシャレ見た目に大きな花をカラフルにアレンジ

ポスト配達なし
配送日店舗が指定する日にち・曜日(エリアによって異なる)
お届け頻度月2回
プレゼントできない
品質保証あり(次回、お花をサービス)
仏花あり
仕入れ/配送自社店舗18店
対応エリア自社店舗の区域内
支払い方法現金(配送スタッフに直接支払い)
税込料金

プランと料金

料金送料
920円/回~(エリアによって異なる)無料
税込料金

都内の料金は、1配送につき1,000円です。
手渡し配送のなかでは、もっともリーズナブルなのに、もっともボリュームがあります。

お花のボリュームたっぷり

ピュアフラワーのお花を飾る

お花屋さんが届けます

ピュアフラワーの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【WEEKLY FLOWER/ウィークリーフラワー】高級ブランドのアレンジを手掛ける

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://weeklyflower.bionicplants.jp/
WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)の特徴アイコン一覧

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)は、車のアウディや、和菓子のとらやなど、名だたるブランドとコラボしてきた、フラワーショップです。

オシャレなお花がポストに届くのが、最大のメリット

逆に、デメリットは、「配送エリアは関東地方のみ」「お花の本数が2本以上と少なめ」が上げられます。

さらに、鮮度への不満も多く聞こえてくることから、「お花の見た目が良ければそれでいい」と考えている人や、「ブランド志向」な人にピッタリな定期便といえます。

ここがオシャレ高級ブランドとコラボしてお花をアレンジ。フローリスト自身もオシャレ。

ポスト配達あり
配送日WEEKLY FLOWERが指定する曜日
お届け頻度毎週/隔週から選択
プレゼントできない
品質保証あり(再送)
仏花なし
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア東京、神奈川、埼玉、群馬、千葉、栃木、茨城
支払い方法クレジットカード
税込料金

プランと料金

料金650円/回
送料290円/回
1ヶ月の総額1,880円~3,760円
本数の目安2本以上
配送ポスト
税込料金

お花料金と送料含めて、配送1回あたり1,000円以下で届くのは、ポスト配送の強みですね。

本数が少ないかわりに、オシャレなので、ブランド志向の方向けとなっています。

お花の長さは短めです。

オシャレ花屋の定期便

WEEKLY FLOWERのお花を飾る

東京近郊限定

WEEKLY FLOWERの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【魔法の花瓶】全国フランチャイズのお花サブスク

魔法の花瓶の特徴アイコン一覧

魔法の花屋は、店頭でお花を受け取るサブスクリプションです。
定期便とは違い、自宅に届きませんが、1日に1本、フラワーショップでお花を選んで受け取ることができます。

申し込みと同時に、お花受け取り用の花瓶を無料でプレゼントしてもらえるのが嬉しい♪

サブスク期間(30日/90日)の半分通えば、元をとれるので、近所に店舗があるならお得です。

一方、デメリットとしては、「最初にもらった花瓶でしかお花受け取れない」「行けない日が続いて、受け取りが1本のみでも料金定額」の2つがあります。

店頭で販売しているお花のうち、売れ残った(売れ残りそうな)お花がサブスク対象になることがほとんどなので、鮮度を気にせず、数日でお花を交換したい人向けです。

ここがオシャレ

ポスト配達なし
配送日店頭受け取り
お届け頻度店頭受け取り
プレゼントギフト用コースでできる
品質保証なし
仏花お店による
仕入れ/配送各店舗ごと
対応エリア店舗があるエリア
支払い方法現金
税込料金

プランと料金

プランお試しコースベーシックコース2個コースアドバンスコースプレミアコースギフトプラス
料金1,650円/30日3,300円/90日6,600円/90日8,800円/90日13,200円/90日8,800円
送料なし未公表
1ヶ月の総額1,650円1,100円2,200円2,933円4,400円-
お花の目安1日1本1日2本1日1本ミニブーケ
配送なし手渡し
税込料金

コースの決定にあたっては、次の2つを調べることから始めましょう。

  • 近所の加盟店
  • 加盟店の評判

評判の良いお花屋さんなら、ベーシックコースから始めてみるのがおすすめ。
評判が分からないなら、お試しコースからスタートしましょう。

ご自身の生活圏内にお店がなければ、受け取りに手間と時間がかかるので、お店が自宅近くや通勤ルートにある人向けのサブスクリプションです。

1日1本お花がもらえる

魔法の花瓶のお花を受け取る

近くに店舗があるならお得

魔法の花瓶の口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【青山フラワーマーケット】全国展開のフラワーショップ

青山フラワーマーケットの公式サイト画像
出典元:https://www.aoyamaflowermarket.com/
青山フラワーマーケットの特徴アイコン一覧

青山フラワーマーケットは、全国に店舗があるフラワーショップです。
オンラインショップも運営していて、お花のウェブ販売に力を入れています。

青山フラワーマーケットの定期便は、オンラインショップでのみ、取り扱っています。

オンラインショップでの注文はすべて、神奈川県のオンラインショップ専用製品制作所から発送されます。
近隣の店舗から配送されないので、注意が必要です。

また、料金的に他社よりも割高ですが、お花の鮮度が良く、アレンジも段違いに良いので、コスパに優れていることがメリット。

高いお金を払ってでも、より良いお花が欲しい人向けの、お花定期便です。

ここがオシャレ意外なお花の組み合わせでアレンジしてくれる

ポスト配達なし
配送日自由に選択
お届け頻度7日/10日/14日から選択
プレゼントできる※
品質保証あり(交換)
仏花あり
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア全国(北海道、沖縄、離島を除く)
支払い方法クレジットカード、AmazonPay、後払い決済サービスアトディーネ
税込料金

※登録情報の変更ができないので、お相手に贈ってから自分の住所にお届け先変更できず、解約するほかありません。
プレゼント利用は、少々不便です。

定期便プランと料金

プランSSコースSコースMコースLコースライフスタイルコース
料金1,485円/回2,200円/回3,850円/回5,500円/回3,795円/回
送料500円/回913円/回~(地域別送料)
本数の目安未公表未公表未公表未公表丈・ボリュームの違う3束
配送手渡し
税込料金

SSコースは料金相応の質とボリューム。
他社の同価格帯コースとかわりばえがないので、申し込む意義が薄いです。

Sコース以上は、見た目もボリュームも満足なクオリティなので、青山フラワーマーケットを利用するなら、最低でもSコースの申し込みがおすすめです。

全コース、手渡し配送となります。

【仏花の定期便】プランと料金の一覧

プランお供え一対コースお供えMコース
料金2,750円/回3,850円/回
送料913円/回~(地域別送料)913円/回~(地域別送料)
本数の目安未公表未公表
配送手渡し手渡し
税込料金

Sコース以上がおすすめ

青山フラワーマーケットのお花を飾る

全国展開のお花屋さん

青山フラワーマーケットの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

ベスト10位以外のお花の定期便(サブスク)

ハナノヒ日本総合園芸ma fleur(マ・フルール)霽れと褻(ハレとケ)世界の花屋Miraflora(ミラフローラ)Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)UTSUWA FLOWER(ウツワフラワー)ハナイノリmure fleuriste(ミュールフルーリスト)bloomee gift(旧ブルーミーライフギフト)フジテレビフラワーネットHANAIMO(ハナイモ)イイハナドットコムフラントリーブ&flower(アンドフラワー)青山花茂(あおやまはなも)HANA+co+COLO(ハナココロ)BRAZO(ブラッソ)+hana(タスハナ)花まりか

【ハナノヒ】日比谷花壇のお花サブスク

ハナノヒの公式サイト画像
出典元:https://www.hibiyakadan.com/shop/hananohi
ハナノヒの特徴アイコン一覧

ハナノヒは、日比谷花壇による、お花のサブスクリプションプランです。

お花の定期便のように、自宅に届くのではなく、店頭へ受け取りに行きます。

ハナノヒの店舗がある都道府県

北海道、岩手、秋田、宮城、山形、東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、群馬、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡、大分

ハナノヒのメリットは、店頭販売されているお花をもらえることです。
さらには、お花を毎日1本もらえるプランもあり、お得です。

けれども、サブスクプラン向けのお花は、売れ残りともいえるお花なのがデメリット

店頭に並んでいるお花のうち、サブスクコーナーにあるものだけが対象となり、店頭の通常で数日経ったものが、サブスクコーナーに陳列される仕組みです。

さらには、月額制なので、どんなに受け取り回数が少なくても、支払いは定額料金になります。

よって、ハナノヒは、普段の生活圏に店舗があり、お花の鮮度は問わない人向けのサブスクとなっています。

ここがオシャレ毎日1輪もらって豪華に飾れる

ポスト配達なし
受け取り日好きな日
受け取り頻度月6回~毎日
プレゼントできない
品質保証なし
仏花あり(店舗による)
仕入れ/配送自店
対応エリア店頭のみ
支払い方法クレジットカード
税込料金
プランイイハナプランサクハナプランハナハナプランイコーハナヤプラン
料金1,305円/月4,385円/月9,665円/月17,465円/月
送料なしなしなしなし
本数の目安1本1,430円分/回3,300円分/回6,600円分/回
受け取り回数毎日月6回月6回月6回
税込料金

プラン名は、料金のごろ合わせで、遊び心があります。

  • イイハナプラン:1,187円(税抜き)
  • サクハナプラン:3,987円(税抜き)
  • ハナハナプラン:8,787円(税抜き)
  • イコーハナヤプラン:15,878円(税抜き)

しかし、2021年4月からは消費税を含めた金額の表示が完全義務化されるので、プラン名と料金が一致しなくなります。

花のランクなどを調整して、プラン名と同じ税込金額で提供してくれたらいいですね。

なお、月6回まで受け取れるプラン(サクハナ、ハナハナ、イコーハナヤ)は、月額料金の2倍ほどのお花を毎月受け取れるのでとってもお得です♪

毎日1輪お花がもらえる

ハナノヒのお花を飾る

生活圏内に店舗がある人向け

ハナノヒの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【日本総合園芸】関西向け

日本総合園芸の公式サイト画像
出典元:https://nihon-sogo-engei.com/teikibin/
日本総合園芸の特徴アイコン一覧

日本総合園芸は、西日本に店舗を構えるお花屋さんで、「花ちゃんの定期便」として知られています。

1972年に創業してから、地域に根差したお花の定期便サービスを提供しています。

日本総合園芸の定期便のメリットは、コースが豊富で、和室・洋室に合うコースを選べるところ。

お花を切り揃えてアレンジしなくてもよい、花瓶に生けるだけのコースもあって、便利です。

さらには、利用中の各コースに、トッピングのようにお花を追加できるので、幅広い用途に向いています。

けれども、月額制のサブスク制のため、月単位の利用になるのがデメリット

途中で辞めたくても、その月が終わるまではお花が届き続けるし、配送を翌週以降に繰り下げるスキップ配送もできないので、お花の状態をみながら、配送を調整したい人には不向きです。

ここがオシャレ和室に合うお花が選べる

ポスト配達なし
配送日公表なし
お届け頻度月3回
プレゼントできない
品質保証公表なし
仏花なし
配送/仕入れ産地や市場から直接仕入れ、自社店舗から自社便で配送
対応エリア大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、三重、和歌山、岐阜、愛知、岡山
支払い方法現金、口座振替
税込料金
コース月額料金配送回数1回あたり送料
バラエティコース2,904円3回968円無料
ファンタジーコース3,630円3回1,210円無料
セレクト四季コース3,630円3回1,210円無料
ハイグレードコース6,930円3回2,310円無料
アレンジメントコース4,290円3回1,430円無料
ハーモニーコース3,630円3回1,210円無料
ヒーリングコース4,290円3回1,430円無料
月2回お届けコース2,904円2回1,452円無料
束ねてお届けコース3,564円3回1,188円無料
花匠(カショウ)コース4,620円3回1,540円無料
ユリ・バラコース3,630円3回1,210円無料
スポットフラワー1,122円3回374円無料
税込料金

上記コースは、花瓶(花器)に生けるお花が届くコースです。
おすすめはアレンジメントコースですが、一番人気は手頃なお値段のバラエティコースです。

このほか、アレンジメントや観葉植物が月1回届く、鉢苗コースが14タイプ(2,200円~5,500円)あります。

コースが豊富

日本総合園芸のお花を飾る

関西圏専用の定期便

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【ma fleur/マ・フルール】東京大田市場から直送

ma fleur(マ・フルール)の公式サイト画像
出典元:https://town-life-marche.com/landing/flower_lp_01.php
マフルールの特徴アイコン一覧

ma fleur(マ・フルール)は、東京大田市場で厳選されたお花をお届けする、定期便です。

お花のセレクトは、花きを仲卸している、有限会社ハナ・マーケット東京が行い、販売サイトはダーウィンシステム株式会社が運営しています。

高品質なお花を、市場価格の半額ほどで提供することをモットーとしています。

ここがオシャレめずらしいお花が届く

ポスト配達なし
配送日毎月第1金曜日発送し、土日に到着
お届け頻度月1回
プレゼントできる
品質保証あり(返品後に交換)
仏花なし
仕入れ/配送東京大田市場花き部仲卸
対応エリア岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、東京都、神奈川県、
埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、
石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、
三重県、大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県
支払い方法クレジットカード
税込料金
プラン通常コース3か月コース6か月コース
料金2,178円/回1,995円/回1,995円/回
送料825円/回825円/回825円/回
本数の目安4~5種の花を8~10本4~5種の花を8~10本4~5種の花を8~10本
配送手渡し手渡し手渡し
税込料金

3か月コース・6か月コースは、初回にまとめて料金を支払います。
(3か月コース=5,984円、6か月コース=11,968円)

途中解約しても、残りの料金は返金されません(解約手数料として残額すべてを請求されます)。

解約の申し込みがない場合は自動継続になります。

珍しいお花が届く

ma fleurのお花を飾る

市場価格より安いがモットー

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【霽れと褻/ハレとケ】レアなお花と花新聞のセット

霽れと褻(ハレとケ)の公式サイト画像
出典元:https://faretoqe.shop-pro.jp/
ハレとケの特徴アイコン一覧

霽れと褻(ハレとケ)は、和風の落ち着いたテイストに仕上げたお花を届けてくれる定期便です。

和花も洋花も、シックなのに存在感があるアレンジをしてくれるんですよ。

霽れと褻(ハレとケ)のメリットは、花新聞が同梱されていること。

届いたお花の生け方や生産情報など、細やかに書かれた読み物が届きます。
なかには、新聞が楽しみで定期購入(購読?)している人もいるほどです。

一方、デメリットは、1種類のお花しか届かないこと。
花屋では手に入らない旬の花をメインにしているとはいえ、お花1種とグリーンの組み合わせで、月額3,300円(税込)は高いと感じてしまいます。

霽れと褻(ハレとケ)は、花だけではなく、同梱される花新聞にも価値を感じられる人向けの、お花定期便です。

ここがオシャレ大人な雰囲気を醸し出すシックなアレンジ

ポスト配達なし
配送日毎月日時の指定を要する
お届け頻度月1回
プレゼントギフトチケットにて対応
品質保証未公表
仏花なし
仕入れ/配送未公表
対応エリア未公表
支払い方法クレジットカード
税込料金
料金3,300円/回
送料無料円/回
1ヶ月の総額3,300円
本数の目安月により異なる
配送手渡し
税込料金

お花の本数は、花により異なります。

月1回の配送で3,300円ですし、お花は1か月間持たないので、割高感はぬぐえません。

ハレとケは、「雰囲気を楽しむ」「お花の深い知識を手に入れる」「読み物を楽しむ」人向けです。

花新聞とお花のコンボ

霽れと褻(ハレとケ)のお花を飾る

和的なオシャレ空間

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【世界の花屋】世界のお花が届く

世界の花屋の公式サイト画像
出典元:https://sekainohanaya.com/
世界の花屋の特徴アイコン一覧

世界の花屋は、その名のとおり日本では珍しい、世界各国のお花のブーケが月1回届く定期便です。

お花屋さんでは手に入らない、世界各国の農家から届けられる草花を楽しむことができます。

めったにお目にかかれないお花が届くのは嬉しいし、送られてくるブーケはエレガンドの一言に尽きます!

1ヶ月に1回の配送で5,500円(税込)の価値はあるでしょう。

一方で、販売数(申し込み枠)が決まっているため、必ず利用できるわけではありません

実際に、2021年3月時点では、定期便の新規受付を停止していて、2021年6月以降に再開の予定です。

ここがオシャレ普段お目にかかれないお花が、ゴージャスかつエレガントに彩られたブーケ

ポスト配達なし
配送日水曜日~日曜日
お届け頻度月1回
プレゼントできない
品質保証あり(内容は未公表)
仏花なし
仕入れ/配送未公表
対応エリア全国
支払い方法クレジットカード、AmazonPay
税込料金
料金5,500円/月
送料エリア別送料(1,100円~2,750円)
1ヶ月の総額5,500円
本数の目安生花ブーケ
配送手渡し
税込料金

東京近郊なら、送料込みで月額6,600円。
本州の端っこでは、月額8,250円となります。

世界のお花

世界の花屋のお花を飾る

新規受付停止中

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【Miraflora/ミラフローラ】洋花から仏花まで

Miraflora(ミラフローラ)の公式サイト画像
出典元:https://miraflora.net/
ミラフローラの特徴アイコン一覧

東京都東村山市のフラワーショップ「ミラフローラ」による、お花の定期便です。

ミラフローラのメリットは、配送翌日に到着するので、元気なお花が届くところです。

月曜日・水曜日・金曜日に市場で仕入れたお花をアレンジして、土曜日に到着するよう配送してくれます。

小規模店という強みを活かして、仏花の定期便は命日指定ができましたが、定数に達したためできなくなりました。

ここがオシャレ中世を連想させるアレンジのお花

ポスト配達なし
配送日第1第3土曜日(月1回なら第1土曜日のみ)
お届け頻度月1回/月2回から選択
プレゼントできる
品質保証未公表
仏花あり
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア全国(北海道、沖縄を除く)
支払い方法クレジットカード、コンビニ決済、銀行振り込み
税込料金

月1回コース(第1土曜日配送)は定員に達したので、第2土曜日の配送となりました(2021年3月15日時点)。

また、月2回コースの配送日は、第2/4土曜日に変更されました。

【洋花】プランと料金の一覧

プラン洋花の定期便A洋花の定期便B
料金800円/回2,000円/回
送料地域別送料900~1,400円/回地域別送料900~1,400円/回
本数の目安4~5本11~12本
配送手渡し手渡し
税込料金

AとBでは、お花の長さが違います。
Aは20cmぐらい、Bは35cmぐらいです。

テーブルにちょこんと飾るならA、豪勢に飾るならBです。

【仏花】プランと料金の一覧

プラン仏花の定期便仏花の定期便一対
料金1,100円/回2,200円/回
送料地域別送料900~1,400円/回地域別送料900~1,400円/回
本数の目安6~7本12~14本
配送手渡し手渡し
税込料金

高さ40cmぐらい、幅20cmぐらいです。
到着日は、土曜日、7日、15日、25日、28日、29日から選べます。

まちの花屋の定期便

Mirafloraのお花を飾る

かわいいお花が届きます

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【Flower kitchen JIYUGAOKA/フラワーキッチン自由が丘】

Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)の公式サイト画像
出典元:https://www.flowerkitchen-web.com/
フラワーキッチン自由が丘の特徴アイコン一覧

Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)は、自由が丘・中目黒・京都に店舗を持つフラワーショップです。

フラワーキッチンの定期配送は、花じゃなくてグリーン。
そう、葉物です!

葉物は、花よりも長持ちするので、いつまでも青々とした姿を楽しむことができます。

とはいえ、色合いがグリーン系1色で、単調になりがちなのがザンネンです。

ここがオシャレ小ぶりなグリーンを観葉植物っぽく飾れる

ポスト配達あり(投函口の広さ:横幅22.5cm×厚さ2.5cm)
配送日水曜日発送
お届け頻度2週に1回
プレゼントできる(ラッピング/メッセージ不可)
品質保証あり(返金)
仏花なし
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア全国
支払い方法クレジットカード、コンビニ払い(NP後払い)、代引き、Amazonペイメント
税込料金
料金770円/回
送料無料
1ヶ月の総額1,540円
本数の目安5種類のお花
配送ポスト
税込料金

定期購入を申し込むと、最低でも4回の受け取りが条件となっています。

初回に、4回分の料金を一括で支払いますが、途中解約すると解約手数料として残額すべてを請求されるので、お金は1円たりとも戻ってきません。

継続のつど4回分をまとめて支払うので、解約のタイミングは4回目の発送直後となることを覚えておくと役立ちますよ。

グリーン(葉物)の定期便

フラワーキッチン自由が丘のお花を飾る

緑が欲しい人向け

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【UTSUWA FLOWER/ウツワフラワー】カフェ併設のお花屋さん

UTSUWA FLOWER(ウツワフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://www.utsuwaflower.jp/
ウツワフラワーの特徴アイコン一覧

ウツワフラワーは、都内でカフェを併設したお花屋さんです。

お花とコーヒーを楽しめるワークショップを開いています。

読み物「UTSUWA SHINBUN(ウツワ新聞)」が一緒に届くので、お花のことをもっと知れるのが特徴♪

一方で、公式ショップや出店先の楽天で、定期便の申し込みフォームがなくなってしまったのが気がかりです。

ここがオシャレラッピングブーケが届く

ポスト配達なし
配送日土曜日の午前中に到着
お届け頻度2週に1回
品質保証あり(交換)
仏花未公表
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア未公表
支払い方法クレジットカード、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、銀行振り込み、キャリア決済、楽天ペイ
税込料金
料金1,650円/回
送料無料
1ヶ月の総額3,300円
お花の目安5~7本
配送手渡し
税込料金

ウツワ新聞

ウツワフラワーのお花を飾る

まちのお花屋さん

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【ハナイノリ】仏花専門の定期便

ハナイノリの公式サイト画像
出典元:https://hanainori.com/
ハナイノリの特徴アイコン一覧

ハナイノリは、bloomee(旧ブルーミーライフ)の運営元である株式会社Crunch Styleが運営しています。

洋花ならブルーミーライフ、仏花ならハナイノリを利用。

最低でも4回の受け取りが条件となっていて、途中解約した場合は残額すべてを解約手数料として請求されます。

ポスト配達あり(投函口はタテ4.5cm×ヨコ16cm以上必要)
配送日未公表
お届け頻度毎週/隔週から選択
プレゼントできる
品質保証あり(次回無料)
仏花あり
仕入れ/配送全国200店舗以上の提携花屋のうち最寄り店舗から配送
対応エリア全国(離島を除く)
支払い方法クレジットカード
税込料金
プラン800円プラン1,200円プラン1,800円プラン
料金880円/回1,320円/回1,980円/回
送料385円/回550円/回1,210円/回
本数の目安未公表未公表未公表
配送ポスト手渡し手渡し
税込料金

bloomeeの仏花専門定期便

ハナイノリのお花を飾る

仏花が手頃な価格で届く

ハナイノリの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【mure fleuriste/ミュールフルーリスト】ミニブーケ

mure fleuriste(ミュールフルーリスト)の公式サイト画像
出典元:http://murefleuriste.com/
ミュールフローリストの特徴アイコン一覧

月1回、ミニブーケが届きます。

ここがオシャレ珍しいお花のミニブーケ

ポスト配達なし
配送日第1日曜日午前中/第2土曜日午前中から選択
お届け頻度月1回
プレゼントなし
品質保証未公表
仏花なし
仕入れ/配送未公表
対応エリア北海道、沖縄、東北以外の全国
支払い方法未公表
税込料金
料金2,700円/回
送料無料
1ヶ月の総額2,700円
お花の目安高さ20cm以上、直径15cmほど
配送手渡し
税込料金

珍しいお花のミニブーケ

mure fleuristeのお花を飾る

月1回届きます

↑お花の定期便の一覧へ戻る

↑目次へ戻る

【bloomee gift/ブルーミーギフト】

bloomee gift(ブルーミーギフト)の公式サイト画像
出典元:https://gift.bloomeelife.com/
bloomeegiftの特徴アイコン一覧

bloomee(旧ブルーミーライフ)が運営する、ギフト専門のサービスです。

本家bloomeeでもギフト利用できますが、bloomee giftとの大きな違いは、配送頻度と利用期間にあります。

定期便bloomee giftbloomee
配送頻度週1回(固定)週1回/隔週
利用期間1ヶ月間
2か月間
3か月間
から選択
定めなし
配送スキップできないできる
bloomeeとbloomee giftの配送と利用期間の違い

本家ブルーミーは、配送頻度を選べるしスキップも可能で、利用期間も好きに決められます。

対して、bloomee giftは縛りが多い印象を受ける一方、花瓶とメッセージカードで、プレゼントらしさをアピールすることができます。

定期便bloomee giftbloomee
メッセージカードあり(50字)なし
花瓶初回に配送別途購入
bloomeeとbloomee giftのプレゼント利用の違い

gloomee giftでお相手に届くお花は、本家bloomeeのレギュラープラン相当です。

ここがオシャレメッセージカードと花瓶がセット

ポスト配達あり(投函口:タテ4.5cm×ヨコ16cm以上)
配送日未公表
お届け頻度週1回
プレゼントできる(メッセージカード・花瓶あり)
品質保証未公表
仏花なし
仕入れ/配送最寄りの花屋(全国200店舗の提携花屋)が仕入れして配送
対応エリア全国(離島を除く)
支払い方法クレジットカード
税込料金
プラン1ヶ月プラン2ヶ月プラン3ヶ月プラン
料金4,950円8,470円11,880円
1ヶ月の総額4,950円4,235円3,960円
お花の目安4本以上
配送ポスト
税込料金

初回のみ、花瓶をセットで届けるため、手渡し配送となります。2回目以降は、ポスト配送です。

bloomeeのギフト専門

bloomee giftのお花を飾る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【フジテレビフラワーネット】テレビ局のお花屋さん

フジテレビフラワーネットの公式サイト画像
出典元:https://www.fujitv-flower.net/teikibin/
フジテレビフラワーネットの特徴アイコン一覧

フジテレビが、ディノスセシールに運営をお任せしているお花の定期便です。
全国の4,000店舗以上の提携花屋から、お花を届けます。

お花のボリュームがあるブーケやアレンジメントが中心なので、価格は全体的に高め

そのため、用途としては「特別なお花をそのつどプレゼントする」がベストです。

ここがオシャレアレンジメントもできる

ポスト配達できない
配送日未公表
お届け頻度注文のつど/週1/月1/8~45日間から好きな周期を選択
プレゼントできる
品質保証あり(再送)
仏花あり(1束)
仕入れ/配送全国4,000店舗以上の加盟店
対応エリア全国(一部離島を除く)
支払い方法クレジットカード、コンビニ払い、pay-easy、ネットバンク
税込料金
料金3,300円~110,000円
送料手届け880円、宅配便地域別送料、来店受け取り手数料550円
1ヶ月の総額3,850円~
お花の目安ブーケ・アレンジメント
配送手渡し
税込料金

フジテレビフラワーネットの口コミ評判を見る

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【HANAIMO/ハナイモ】

HANAIMOの公式サイト画像
出典元:https://www.hanaimo.com/
hanaimo(ハナイモ)の特徴アイコン一覧

東京都内に店舗を構えるお花屋さんで、株式会社Traudel(トラウデル)が運営しています。

特徴は、高価なお花の取り扱いがメインで、配送にも気を使っていること。

その反面、送料だけで3,000円前後かかり、お花代もあわせて1回の配送で6,000円以上かかります。

連絡方法はFAX・メール・電話。定期便利用者向けのウェブやアプリがないので、不便を感じるかもしれませんね。

ここがオシャレ高価なお花

ポスト配達できない
配送日指定できる
お届け頻度注文のつど/月1回/月2回から選択
プレゼントできる
品質保証あり(代替品を配送)
仏花あり(1束/1対)
仕入れ/配送自店
対応エリア全国(沖縄、離島、山間部除く)
支払い方法クレジットカード、銀行振り込み、NP後払い(コンビニ、郵便局、銀行振り込み)
税込料金
料金3,300円/回~
送料基本料金1,200円~1,500円+手数料1,650円
1ヶ月の総額6、150円~11,400円
お花の目安4~5種のお花
配送手渡し
税込料金

注文のつど配送が基本ですが、定期便プランなら月1回/月2回から選べます。

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【イイハナドットコム】

イイハナドットコムの公式サイト画像
出典元:https://www.e87.com/s/monthly/
イイハナドットコムの特徴アイコン一覧

千趣会が運営するお花の宅配便です。

3,000円前後のアレンジメントのお花が、12か月間毎月お花が届きます。

ここがオシャレとくになし

ポスト配達できない
配送日毎月20日前後
お届け頻度月1回
プレゼントできる(メッセージカード・ラッピングあり)
品質保証未公表
仏花あり(1束)
仕入れ/配送都内
対応エリア全国(離島、一部地域除く)
支払い方法クレジットカード、銀行振り込み
税込料金
料金2,750円/回~4,400円/回
送料880円/回
1ヶ月の総額3、630円~5、280円
お花の目安ブーケ・アレンジメント
配送手渡し
税込料金

↑お花の定期便の一覧へ戻る

【フラントリーブ】大ボリュームのお花

フラントリーブの公式サイト画像
出典元:https://frantolive-teiki.jp/
フラントリーブの特徴アイコン一覧

フラントリーブの特徴

  • お花の長さは50~60cm
  • ユリ科を除いてもらえる。アレルギー・猫飼い向け
  • 東京・千葉・神奈川・埼玉のみ

フラントリーブは、税込1,000円で10本のお花が届く定期便です。内容としては、価格帯・スタッフが直接配送する・お花が長い・新聞紙に包まれて届くの4つが特徴的で、ピュアフラワーと似通っています。

メリットは、個別の要望に対応してくれるところ。デメリットは、大阪のお店なのに定期便配送は首都圏の1都3県のみなところです。

フラントリーブの公式サイト

&flower(アンドフラワー)

&flower(アンドフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://and-flower.net/
アンドフラワーの特徴アイコン一覧

&flowerの特徴

  • ブロック機能で好みじゃないお店からの配送を停められる
  • お花が少なく、料金が高い

アンドフラワーは、ポストに届くお花のサブスクです。サービス内容や料金は、bloomee(ブルーミー)にそっくり。

bloomeeになくて、アンドフラワーにある特徴的な機能が2つあります。1つめは、ブロック機能。気に入らないお花屋からの配送をブロックできます。2つ目は、お休みボタン。お花の配送を長期間ストップできるので、旅行・出張・引越しのとき、スキップ操作を毎週やらないくてもいいから便利です。

&flower(アンドフラワー)の公式サイト

【青山花茂(あおやまはなも)】宮内庁御用達フラワーショップの定期便

青山花茂の公式サイト画像
出典元:https://www.aoyamahanamohonten.jp/fs/hanamo/c/flower-subscription
青山花茂の特徴アイコン一覧

青山花茂の特徴

  • 宮内庁御用達のお花
  • 最高品質+豪華なお花
  • 値段が高く一般家庭には手が届きにくい

青山花茂(あおやまはなも)は、由緒と伝統ある花屋です。日本初の生花店組合を立ち上げ、宮内庁にお花の納品しています。

プランは、ベーシックとプレミアムの2つがあります。

ベーシックプラン:全国配送可。初回に花瓶がついてきます。配送一回あたりの料金は、5,500円(別途送料1,100円)です。
プレミアムプラン:ユーザー個人ごとのカルテを作成し、要望に見合ったお花を、無料のレンタル花瓶に入れて届けます。東京23区のみ。配送1回あたりの料金は、11,000円(送料無料)です。

青山花茂の公式サイト

HANA+co+COLO(ハナココロ)

ハナココロの公式サイト画像
出典元:https://atelieracor.com/
ハナココロの特徴アイコン一覧

ハナココロの特徴

  • お花×音楽
  • 花瓶不要。届いてそのまま飾れる
  • 値段が高く一般家庭には手が届きにくい

HANA+co+COLO(ハナココロ)は、大阪のFMラジオ局「FM COCOLO」と京都のフラワーショップ「atelier Acor(アトリエ アコル)」がコラボしたお花のサブスクです。特徴は、お花のテーマと同じテーマの音楽情報が送られてくること。同じテーマのお花を見て、同じテーマの音楽を聞く楽しみ方ができます。届く音楽は、曲目(タイトル)であり、音源や音楽データはではないことに気を付けてください。

料金プランは、2,500円(税込)と2,800円(税込)の2種類。すべて、エコポットに入っているので、花瓶は不要。配送日は、それぞれ土曜日と日曜日から選べます。配送頻度は月2回。送料は無料です。

配送エリアは、北海道・青森・秋田・沖縄・離島を除く全国です。

HANA+co+COLOの公式サイト

BRAZO(ブラッソ)

ブラッソの公式サイト画像
出典元:https://brazo.stores.jp/
ブラッソの特徴アイコン一覧

ブラッソの特徴

  • シックで大人な色合いの定期便
  • 到着日を選べる(火曜日or土曜日)
  • 送料が高い(1,560円~)

BRAZO(ブラッソ)は、名古屋市に店舗を構える花屋です。フローリストの石原智子さんが、その日仕入れたお花を厳選してアレンジします。

料金プランは、フローリストが選ぶおうちのお花セット(2,500円/5,000円)。送料として1,560円~2,760円が加わります。また、グリーン(葉物・観葉植物)のみの定期便コースもあります。

配送エリアは全国ですが、北海道・東北・九州・沖縄は場合により配送できないことがあります。配送業者は、ヤマト運輸です。

BRAZO(ブラッソ)の公式サイト

+hana(タスハナ)

+hana(タスハナ)の公式サイト画像
出典元:https://tasuhana.com/Landing/Formlp/hana_lp.aspx
+hana(タスハナ)の特徴アイコン一覧

+hana(タスハナ)の特徴

  • 市販前の試作品種が届くことがある
  • 最低受け取り回数(6回)がある
  • 規格外のため廃棄予定のお花を使用

+hana(タスハナ)は、大阪市の株式会社Itが運営するお花のサブスクです。お花の仕入先は花市場ですが、発送元の地域は分かりません。なお、株式会社Itは、+hanaのほかに、観葉植物の販売も手掛けています。

+hanaに似たお花のサブスクは、ライフルフラワーです。お花の品質は、茎の短さなどから推察すると、LIFULL FLOWERと同程度かそれ以下と思われます。これは、ライフルフラワーと違い、地域による追加送料がないので仕方がありません。

+hanaの公式サイトの情報によると、+hanaを利用することでお花の廃棄ロス対策に参加することとなり、社会の役に立てるとアピールしています。しかし、お花サブスク各社はフラワーロス対策の一貫でサービスを実施しているところがほとんどなので、大きな特徴となり得えません。エコ感は伝わりますが、私たち消費者側のお花体験という面が欠けていて、残念ながら心が踊りません。

また、運営者サイトがしっかり整備されていないため、信頼感に欠けるのが難点。これからの発展に期待したいお花のサブスクです。

+hana(タスハナ)の公式サイト

花まりか

花まりかの公式サイト画像
出典元:https://www.hanamarika.com/
花まりかの特徴アイコン一覧

花まりかの特徴

  • 仏花の定期便が豊富
  • ペット用の仏花がある
  • 月命日を指定して宅配できる

花まりかは、神奈川県の株式会社FLEGRE(フレグレ)が運営するお花屋さんです。ロゴにYOKOHAMAの文字が入っていますが、所在地は鎌倉市。実店舗のほか、公式サイトと楽天で、お花の販売を行っています。

花まりかでは、洋花と仏花の定期便を取り扱っています。注目は、4種類ある仏花の定期便。見た目や色合いの違ったコースから、好きなものを選ぶことができます。しかも、1種類はペット用!

お花は、ブーケタイプと鉢植えタイプから選択できます。2束1対の配送はありません。

配送回数は、3回、6回、12回から選ぶことができます。初回支払いのとき、全額を一括で支払います。1配送あたりの金額は、4,000円~11,000円が相場。そのため、初回の支払いは12,000円~132,000円となり、大きな出費になるのがネックです。

花まりかの公式サイト

お花の定期便(サブスク)を安い順に紹介【料金比較】

お花の定期便(サブスク)を、料金の安さで比較しました。ランキング上位は、1回の配送につき、お花本体に送料を含めて1,000円以下におさまります。1つの定期便に料金が異なる複数のプランがある場合は、最安値のプランを用いました。

お花の定期便(サブスク)の料金の安い順ランキングベスト3

本来なら、Flower kitchen JIYUGAOKAが770円で最安値ですが、グリーンブーケ(お花がない葉物だけのブーケ)なので、除外しました。各社の最安値プランの料金を、送料も含めた安い順に一覧でまとめました。

定期便料金送料総額お花
Flower kitchen JIYUGAOKA770円無料770円/回5種類
bloomee
(旧ブルーミーライフ)
550円/回275円/回825円/回3本以上
LIFULL FLOWER858円/回無料858円/回3~4本
ピュアフラワー920円/回無料920円/回2~5種の花
日本総合園芸968円無料968円/回未公開
WEEKLY FLOWER690円/回290円/回980円/回2本以上
medelu(メデル)990円/回無料990円/回3~4本
ハナイノリ880円/回385円/回1,265円/回仏花
Flower880円/回396円/回1,276円/回5~7本
ハナノヒ1,305円無料1,305円/回1本
bloomee gift
(旧ブルーミーライフギフト)
4,950円/月275円/回1,512円/回3本以上
HitoHana(ひとはな)1,650円/回無料1,650円/回5~8本
UTSUWA FLOWER1,650円無料1,650円/回未公表
Miraflora(ミラフローラ)880円/回990円~/回1,870円~/回3~4本
青山フラワーマーケット1,485円/回500円1,985円/回未公開
mure fleuriste2,700円/回無料2,700円/回ミニブーケ
マ・フルール2,178円/回825円3,003円/回4~5種の花
霽れと褻(ハレとケ)3,300円/回無料3,300円/回レアな花1種類
イイハナドットコム2,750円/月880円/回3,630円/回未公開
フジテレビフラワーネット3,300円/回880円/回~4,180円~/回選べる
HANAIMO3,300円/月2,850円/回6,150円/回4~5種
世界の花屋5,500円1,100円~6,600円~/回ブーケ
※金額は税込
※bloomee giftは月額4,950円で月4回届くため、1回あたり1,238円として計算

安さで比較するときは、総額だけではなく、送料を抜いたお花代も見比べてみましょう。お花本体の価格が分かりますよ。「送料無料」はお得感がありますが、お花本体の料金が分からないので、「届いたお花が金額にそぐわない」と感じることがあります。以下は、送料の目安です。

  • ポスト配送:300円~400円
  • 手渡し配送(2,000円未満):500円
  • 手渡し配送(2,000円以上):800円~1,000円

サブスク各社は、ポスト配送なら日本郵便のゆうパケット、手渡し配送ならヤマト運輸か佐川急便を利用しています。例外は、Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)のネコポス(送料1通あたり385円)と、ピュアフラワー・日本総合園芸(どちらも自社店員による配送)です。

↑お花の定期便の比較へ戻る

ポストに届くお花の定期便(サブスク)7選比較【お花を画像で見比べる】

ポストに届くお花の定期便(サブスク)は、9社ありました。ここでは、料金プランの比較と、配送パッケージ(箱)の大きさを紹介します。

あらかじめお伝えすると、ポスト配送で満足度が高めなのは、bloomee/ブルーミーmedelu/メデルの2社です。2社の大きな違いは、お花の配送元。ブルーミーは、全国お届け先の最寄りの店舗から配送します。メデルは、福岡県から全国に配送します。配送距離が短いほど、新鮮なお花が届きます。

まずは、プランごとに料金と配送を比較してみました。

ポスト配送の料金プランを安い順に比較

ポストに届くプランの料金相場は、各サブスクとも1,000円前後です。安いプランが800円代で、お花をグレードアップさせると1,200円ほどになります。

ポストに届くお花の定期便(サブスク)の料金プランの安い順ランキングベスト3
定期便プラン料金送料総額本数配送エリア
bloomee(ブルーミー)体験プラン550円/回275円/回825円/回3本以上+グリーン全国(離島を除く)
LIFULL FLOWERライトプラン858円/回無料858円/回3~4本全国(沖縄・離島を除く)
+hanaact for flower528円/回330円/回858円/回3本以上全国(北海道・九州・沖縄・離島を除く)
WEEKLY FLOWER1プランのみ690円/回290円/回980円/回2本以上関東7都県
medelu(メデル)ANYROOM990円/回無料990円/回4~5本全国(沖縄、離島、山間部除く)
medelu(メデル)NATURAL990円/回無料990円/回4~5本全国(沖縄、離島、山間部除く)
bloomee(ブルーミー)レギュラープラン880円/回385円/回1,265円/回4本以上+グリーン全国(離島を除く)
&flower&flowerプラン1,265円/回無料1,265円/回4本以上(グリーン含む)全国(沖縄・離島を除く)
Flower1プランのみ880円/回396円/回1,276円/回5~7本(グリーン含む)全国(北海道、沖縄、離島を除く)
medelu(メデル)MODERN1,320円/回無料1,320円/回4~5本全国(沖縄、離島、山間部除く)
Flower kitchen JIYUGAOKAグリーンブーケ770円/回無料770円/回5種類全国(沖縄、離島を除く)
※金額は税込

ここで、どんなお花が届くのか、見てみましょう。

  • bloomee体験プランのお花
    bloomee体験プラン
  • bloomeeレギュラープランのお花
    bloomeeレギュラープラン
  • LIFULL FLOWERライトプランのお花
    LIFULL FLOWERライトプラン
  • medeluエニールームのお花
    medelu anyroom
  • medeluナチュラルのお花
    medelu natural
  • medeluモダンのお花
    medelu modern
  • weekly flowerのお花
    WEEKLY FLOWER
  • flowerのお花
    flower
  • flowerkitchenのお花
    flower kitchen

花の大きさ(長さ)は、約25cmが一般的。FLOWERだけ、一回り小さい手のひらサイズです。お花の本数は、グリーンも含めて3~7本。料金帯が800円→1,000円→1,200円と上がるにつれて、「本数が増える」「お花のサイズが大きくなる」「市場価格が高いお花が届く」ようになっています。

ポストに入らない?たいていのポストに配送できる

ポスト配送のお花定期便は、家庭に設置されているポストのほとんどに届きます。もちろん、マンションやアパートの郵便受けも大丈夫。よって、「ポストに入らないときはどうしたらいいの?」という心配は無用です!ご安心いただくために、サブスクごとの梱包箱のサイズと、必要なポストのサイズ(投函口の大きさ)を紹介します。

定期便箱のサイズ必要な投函口の大きさ配送業者
bloomee(ブルーミー)長さ31cm×幅14cm×厚さ1cm~6.5cm高さ4.5cm×横幅16cm以上日本郵便
LIFULL FLOWER長さ25cm×幅18cm×厚さ3cm未公表日本郵便
medelu(メデル)長さ30cm×幅16.5cm×厚さ5cm未公表日本郵便
WEEKLY FLOWER未公表(ブルーミーと同じくらい)未公表日本郵便
Flower厚さ3.0cm×横幅18cm×タテ長さ25cm以上高さ3.0cm×横幅18cm日本郵便
Flower kitchen JIYUGAOKA厚さ2.5cm×横幅22.5cm×奥行30cm高さ2.5cm×横幅22.5cmヤマト運輸
&flower長さ30cm×幅15cm×厚さ2.5cm未公表ヤマト運輸
+hana長さ30cm×幅20cm×厚さ2.8cm未公表日本郵便
税込料金。日本郵便はゆうメール、ヤマト運輸はネコポスで送られてきます。

箱の大きさは、A4用紙を縦半分にしたくらいです。ただし、お花を守るため厚みが5cmほどあるので、箱の半分がポストに差し込まれた状態で届くのが一般的。アメリカンタイプのポストなら、取り出し口側から投函してもらうとすっぽり収まります。

ポストの形が分かる画像。花定期便(サブスク)はたいていの郵便受けに届く。

ただし、以下の場合は、持ち帰り(不在票)になることがあります。

  • ポストに郵便物が詰まっているとき
  • Flower Kitchin JIYUGAOKAの箱(ヤマトのネコポスはアメリカンタイプのポストに入りません!)

ポスト配送のまとめ

ポスト配送の要点

  • 料金は1,000円前後
  • ポストに差し込まれて届く
  • かわいく飾るなら、bloomeeの体験プランかLUFULL FLOWERのライトプラン
  • お花多めなら、bloomee(旧ブルーミーライフ)のスタンダードプランが選ばれやすい
  • コスパが良いのはbloomee
  • LUFULL FLOWERはポスト配送に力を入れていない
  • 時間がない人や日中留守にする人にピッタリ

↑お花の定期便の比較へ戻る

おしゃれなお花の定期便7選【お花を画像で確認】

オシャレの定義は人それぞれで、オシャレと感じるものはたくさんあります。

ファッションに例えると、「珍しい服」「素材や色の組み合わせ」「着丈やサイズ感の使い方」「シンプルな中にワンポイントでアクセを付ける」は、どれもオシャレな着こなし。

これをお花に当てはめると、オシャレなお花とは、次のとおりです。

  • 珍しい花
  • お花の組み合わせや色使い
  • 存在感が際立つボリュームの多さ
  • さりげなさの中に輝く何かを持っている

これを元に、オシャレ度が高いお花の定期便として「霽れと褻(ハレとケ)」「LIFFT(リフト)」「世界の花屋」「HitoHana(ひとはな)」をピックアップしました。

まずは、各定期便の公式サイト画像を見比べて、どういったタイプのオシャレなのか確認しましょう。

  • ハレとケのお花
    ハレとケ
  • hitohanaのお花
    HitoHanaの2,500円コース
  • hitohanaのお花
    HitoHanaの5,000円コース
  • lifft(リフト)のお花
    LIFFT
  • 世界の花屋のお花
    世界の花屋
定期便おしゃれな理由価格配送
霽れと褻(ハレとケ)珍しいお花と小ボリュームなのに際立つ存在感3,300円/回手渡し
LIFFT(リフト)多様な花で大ボリュームなのに色がまとまっている3,300円/回手渡し
世界の花屋世界の珍しいお花によるゴージャスなブーケ5,500円/回手渡し
HitoHana(ひとはな)色使いが鮮やか1,650円/回~手渡し
税込料金

おしゃれな定期便は、価格が高く、手渡し配送だけなのが難点です。

そこで、ほどよくオシャレな定期便として「medelu(メデル)」「ピュアフラワー」「WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)」があげられます。

定期便ここがオシャレ価格配送
medelu(メデル)バランスの良さ990円~ポスト/手渡し
ピュアフラワー色とボリューム920円手渡し
WEEKLY FLOWER高級ブランドとコラボ940円ポスト
税込料金

なお、bloomee(旧ブルーミーライフ)は配送するお花屋さんが毎回変わるので、珍しいお花に出会える機会が多く、思いがけないオシャレなお花が届くこともあります。

全体的には、

  • ポストに届く:かわいい(背丈が低い)
  • 手渡しで届く:ゴージャス(背丈が高い)

という傾向があります。

なお、プレゼント(ギフト)利用できるお花の定期便はこちらのページで、詳しく紹介しています。

↑お花の定期便の比較へ戻る

店舗で受け取れるお花のサブスク

店頭でお花を受け取れるサブスクは、ハナノヒ魔法の花瓶の2つです。

サブスクハナノヒ魔法の花瓶
料金1,305円/月~1,650円/30日間~
受け取り頻度毎日/月6回毎日
税込料金

それぞれの特徴は、次のとおりです。

ハナノヒ

  • 日比谷花壇によるサブスク
  • 203店舗で受け取れる(フランチャイズ含む)
  • 受け取り回数は月6回まで
  • すべての回数を受け取ればお花が実質半額
  • 複数本まとめて受け取るのでボリュームがある

魔法の花瓶

  • 全国の加盟店(約80店舗)で受け取れる
  • 1日1輪
  • 毎日もらえば、相場の8倍ものお花がもらえる
  • 90日間の期間中、10日間お店に行けばもとを取れる
  • ハナノヒよりもずっとお得!

どちらも、受け取れる花は、お店の中にあるもののうち一部に限定されています。さらに、店頭に数日並んだお花が受け取り対象であり、入荷したてのお花をもらうことはできません。

↑お花の定期便の比較へ戻る

仏花を配送するお花の定期便を一覧で紹介

お花定期便のうち、仏花の定期配達をしているのは8社でした。ここでは、仏花の定期便を選ぶうえで欠かせない「月命日を指定できるか」「2束1対で作ってもらえるか」の2つをまとめました。比較表の料金は、もっとも安いプランです。

定期便月額料金送料一束/一対配送周期月命日配送
ハナイノリ880円/回385円/回一束/一対ポスト毎週/隔週できない
ピュアフラワー920円/回無料一束宅配便お店の指定日できない
ハナノヒ1,085円無料一束/一対店頭受け取り月6回できない
Miraflora(ミラフローラ)1,100円/回900円~一束/一対宅配便月1回/月2回できない
青山フラワーマーケット2,750円/回913円~一束/一対宅配便7日/10日/14日/21日できない
イイハナドットコム2,750円/月880円/回一束宅配便月1回できない
フジテレビフラワーネット3,300円/回880円/回~一束宅配便週1/月1/8~45日間できる
HANAIMO3,300円/月2,850円/回一束/一対宅配便注文のつどできない
※金額は税込

月命日を指定できるのは、フジテレビフラワーネットだけです。ただし、お花は1束のみです。

仏前やお墓に2束1対でお花を添えるなら、「ハナイノリ」「ハナノヒ」「ミラフローラ」「HANAIMO」からの選択となります。定期便ごとの2束1対にするやり方は、次のとおりです。

  • ハナイノリ
    2束分の料金を支払う(880円×2=1,760円)
  • ハナノヒ
    別プランに変更。サクハナプラン(月額4,385円)がボリューム的にちょうどいい。
  • ミラフローラ
    1対プランに変更(1,100円→2,200円)
  • HANAIMO(ハナイモ)
    定期便はなく都度注文となり、料金は6,600円(3,300円×2束)。

ハナイノリは、仏花をポスト配送してもらえる唯一の定期便です。

↑お花の定期便の比較へ戻る

お花の定期便(サブスク)の口コミ評判を集約して分かったメリットとデメリット

お花のサブスクの口コミ評判のうち、特徴的な意見をピックアップして紹介します。ここで取り上げた口コミ評判は、どのお花の定期便に寄せられたものであるのか掲載しています。

悪い口コミ評判(デメリット)

悪い口コミ評判は、お花の品質や見た目に対するものが多いです。特徴的な意見を合計10個ピックアップして、原因と対策を紹介しているのでご覧ください。

なお、ここでは取り上げませんが、定期便を利用しなかった、または解約した人は「自分でお花を選びたい」という意見が圧倒的でした。

しょぼい・ボリュームが少ない・イメージ写真と違う

届いたお花が、期待値を下回っていたことが原因の口コミ評判です。この意見が多く見られたのは「1,000円以下の格安プラン」「実店舗から届くサブスク」です。対策は、格安プランを避けることです。

この口コミがあったサブスク:bloomeeFLOWERLIFULL FLOWERフジテレビ魔法の花瓶

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

枯れている・折れている・潰れている・日持ちしない

パッケージから取り出したら、お花が何かしらのダメージを受けていたことが原因の口コミ評判です。配送中に箱の中でお花同士でぶつかったり、水分を失うなどで、お花が痛むことがあります。この意見が多く見られたのは「夏場のポスト配送」「宅配便による配送」を利用した場合でした。

対策は3つあります。1つめは、ポスト配送なら夏場はスキップすることです。2つめは、お花が悪い状態で届いたら、早めに花瓶に挿すことです。水分を与えるとグングン吸って、翌日には元気になります。それでもダメなら、3つめとして、品質保証制度を使って交換・再送・返金してもらいます。

この口コミがあったサブスク:bloomeeメデルFLOWERピュアフラワー青山フラワーマーケットハナノヒWEEKLY FLOWERフジテレビ

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

お花が短い

届いたお花の茎が短いという口コミ評判です。「ロスフラワー対策」「ミニブーケが届く」「ポスト配送」の3つを満たしたプランで見られた意見です。間引いたお花で作った手のひらサイズのブーケが届くこともあります。

この口コミがあったサブスク:WEEKLY FLOWERHitoHana

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

ポストに入らず不在票対応された

ポスト配送のプランなのに、ポストに届かず不在票を置いて行かれた口コミ評判です。ポスト配送で使われるパッケージは、ポストにすっぽり入りません。そのため、配達員の判断で持ち帰ることがあります。他の郵便物でポストが埋まっていても、不在票対応になることがあります。bloomeeのように、ポスト配達であっても置き配やドアノブ配送を指定できるサブスクなら、確実に届きます。

この口コミがあったサブスク:メデル

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

指定した時間・日にちに届かない

手渡し配送のプランで配達時間を指定したのに、その時間に届かなかったことへの不満です。これは、お花サブスクに限らず、配達員が担当する荷物の量が多すぎるためです。

この口コミがあったサブスク:メデルFLOWER

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

運営・店員の対応が悪い

メール対応や接客態度の悪さを指摘した口コミです。運営会社のウェブサイトを見て、接客のない事業が中心なら、運営側の対応に不備が出やすくなります。また、来店型のサブスクは店員と接するため、接客に難のあるスタッフにあたることがあります。

この口コミがあったサブスク:FLOWERハナノヒ

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

センスが悪い

好きになるお花の傾向は人それぞれですが、多くの人が好まない・センスがないと感じるお花が届くなんて、残念ですね。

この口コミがあったサブスク:FLOWER

猫に害のある植物が多い

お花のボリュームが多いサブスクで見られる意見です。花のサブスクでは、お花を指定できないので、猫に毒と言われるユリ科などのお花を除くことができません。また、同じブーケを大量に作成するので、個別の要望に沿ってもらえません。猫さんと一緒に住んでいるなら、お花のボリュームが少ない、ミニブーケのサブスクがいいかもしれませんね。

この口コミがあったサブスク:ピュアフラワー

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

前回配送と同じお花が届いた

1週間前、もしくは2週間前と同じお花が届いたことに対する不満です。旬のお花が届くので、種類がかぶることがあります。毎週配送ならなおさら。対策としては、「隔週配送にする」「一括制作ではなく担当花屋によるサブスク」を選ぶことです。

この口コミがあったサブスク:LIFULL FLOWER

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

料金が高い

届いたお花と料金が釣り合わないと感じたり、純粋に価格が高いと感じたことによる口コミです。

この口コミがあったサブスク:青山フラワーマーケットハレとケ

↑悪い評判(デメリット)一覧へ戻る

↑目次へ戻る

良い口コミ評判(メリット)

良い口コミ評判は、利便性に関するものが多いです。特徴的な意見を合計6個ピックアップして紹介します。

ポストに届いて便利

もはや新常識にもなった、お花のポスト配達。ポストに届くことのメリットは、次の3つです。

  • 花屋に出かける手間と時間が浮く(忙しくても花が手に入る)
  • お花の持ち運びに気を使わなくていい(電車)
  • 外に出かけられなくてもお花が楽しめる(感染症・花粉症・夏の猛暑)

ポストのサイズは心配ご無用。三つ折りの新聞が入るなら、ちゃんと投函されて届きますよ♪

この口コミがあったサブスク:bloomee

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

お手頃価格・安い・コスパが良い

花屋と比べて、同じまたはそれ以上のお花が届き、満足した口コミです。送料がかかったとしても、手間賃と考えれば妥当なお値段との判断です。

この口コミがあったサブスク:bloomeeピュアフラワーLIFULL FLOWER青山フラワーマーケットLIFFT

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

近くに花屋が無くても始められる

店舗来店型を除くお花サブスクはすべて、近所にお気に入りの花屋が無くてもお花生活をスタートできます。経験豊かなフローリストがお花をアレンジしてくれるので、センスあるブーケが届きます。お花のことが分からなくても、悩まなくていいので助かりますね♪

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

お花のボリュームが多い

お花のボリュームの多さは、宅配便で届くプランを使っている人に多い口コミです。各サブスクに何種類かあるプランのうち、中間のプランを選んでいる人ほど感じやすい傾向にありました。

実は、各サブスクのプランを比較してみると、中間プランがいちばんコスパが良いことに気付きます。このことから、お花のサブスク各社は、中間プランを使ってもらいたいと考えていることが透けて見えました。プランは、真ん中がお得ですよ!

この口コミがあったサブスク:ピュアフラワー青山フラワーマーケットHitoHana魔法の花瓶

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

お花の持ちが良い・元気・品質が良い

採花してすぐ梱包・配送するサブスクで、お花の品質の良さの口コミが多かったです。

この口コミがあったサブスク:ピュアフラワーLIFULL FLOWER青山フラワーマーケットHitoHanaハレとケLIFFT

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

おしゃれ・センスが良い

届いたお花の画像を見比べてみると、明らかにセンスの良い・悪いを感じ取ることができます。おしゃれさやセンスの良さは、個人の感性で変わるものですが、多くの人が「良い」と褒めるものほど、ハイセンスといえます。

意外だったのが、お花のお仕事をしている人が、業務の参考としてお花のサブスクを利用していることでした。お花の定期便では、専属のフローリストや街のお花屋さんがブーケをアレンジするので、お花の仕事に携わっている人の良い見本となります。

この口コミがあったサブスク:青山フラワーマーケットWEEKLY FLOWERHitoHanaLIFFT

↑良い評判(メリット)一覧へ戻る

↑目次へ戻る

お花の宅配定期便(サブスク)の選び方!確認すべき5項目

お花の定期便(サブスク)を選ぶときは、見た目や雰囲気、届いたときのお花の品質、料金の確認が大切です。具体的なチェック項目は、次の5つです。

  • 【宅配エリア】自宅に届くかどうか
  • 【受け取り方法】ポストと手渡しのどちらなのか
  • 【品質の良さ】出荷する場所と品質保証
  • 【花瓶】購入・同梱できるかどうか
  • 【料金の安さ】1ヶ月の総額は家計の負担にならないか

お花は生き物です。お店の料金・お花の品質を必ずチェックしてから、信頼できるサブスクを選びましょう。

→お花の定期便24選の一覧に戻る

お花のサブスクをエリアで探す【福岡・札幌・千葉・名古屋など】

このページで紹介したお花のサブスクのうち、ランキング上位10社におけるエリアごとの対応状況を紹介します。ここで紹介する地域は、次の11都市です。

札幌・新潟・東京・千葉・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・広島・福岡

サブスクbloomeeLIFULLLIFFTHitoHanamedeluFLOWERピュアフラワーWEEKLY FLOWER魔法の花瓶青山フラワー
札幌××××
新潟××××
東京
千葉
横浜
静岡××
名古屋××
大阪××
京都×××
広島××
福岡△(※1)××
※1九州地方は新規受付停止中(ライトプランのみ)

お花のサブスク(定期便)を始める前に疑問を解決!Q&A集

お花のサブスクを始めるにあたって、疑問や不安を感じやすいちょっとしたコトの解決法をまとめました。

花瓶を一緒に買える?自分で用意するの?どんなデザインがいいの?

お花のサブスク(定期便)で、花瓶を購入できます。このページで比較した31社のうち15社が、花瓶を販売しています。

花瓶の相場は1,500円~6,000円です。初回のお花と一緒に花瓶を注文できますが、お花の梱包箱に花瓶を同梱することができないため、別送されます。注文のタイミングしだいでは、花瓶が遅れて届くことがあります。

花瓶を自分で用意するかどうかについては、ポストに届くときは自分で用意するのがオススメ。ポスト配送で届くお花の長さは25cmほどなので、100円ショップの花瓶(高さ10cm~15cm)がベストマッチするんです♪

デザインは、「ガラス製」「柄の無いシンプルデザイン」の2つを満たしたものがおすすめ。これなら、どんな花にも合いますよ。特に、洋花が映えます!ほとんどの花サブスクは洋花が届くので、ミスマッチすることはほぼありません。ちなみに、和花は陶磁器に挿すと味わい深くなります。

【花瓶を売っているお店】

  • 花屋:近所の花屋、ネットショップ
  • 100円ショップ:ダイソー、セリア、キャン★ドゥ など
  • 家具量販店:ニトリ、イケア、最寄りのインテリア用品店 など
  • ホームセンター:コーナン、カインズ、ホーマック など
  • 生活雑貨店:ロフト、東急ハンズ、ドンキホーテ、無印料品 など
  • ウェブ通販:アマゾン、楽天、ヤフーショッピング

メモ

宅配便配送・店舗スタッフ配送の定期便を利用で、花瓶を自分で用意するなら、高さ15cm~20cmのものを選びます。和風、和モダンな花瓶は、数と種類が少ないので、ウェブ通販の方が手に入れやすいです。

↑Q&Aに戻る

フラワーギフトとして贈ることはできるの?

お花のサブスクは、母の日や記念日のお花として贈ることができます。身内に1,000円~3,000円ほどの定期便を贈る人もいますよ。

発表会やビジネス・法人向けなら、1回のみ配送のギフト花を使った方がいいでしょう。定期便のお花は、かわいいサイズであったり包装されていないので、格式ある場所での使用に向きません。

ギフトを贈られた人が好きなタイミングでお花を取り寄せられる、ギフトチケットもあります。詳しくはこちらのページ(お花の定期便をプレゼントする)をご覧ください。

↑Q&Aに戻る

月1ペースでプレゼントし続けられるお花サブスクはどこ?注意点はあるの?

毎月1回配送頻度で届く、お花の定期便を一覧表にまとめました。

サブスク配送方法日時指定
LUFULL FLOWER宅配便曜日のみ選択できる(土/日)
LIFFT宅配便好きな日時を指定できる
霽れと褻宅配便好きな日時を指定できる
HitoHana宅配便時間のみ指定できる
ma fleur宅配便できない
世界の花屋宅配便できない
Miraflora宅配便できない
mure fleuriste宅配便選択できる(第1日曜日/第2土曜日)
フジテレビフラワーネット宅配便不明
花以想宅配便指定できる
イイハナドットコム宅配便不明
&flowerポストできない
青山花茂宅配便曜日を選択できる(水/日)
+hanaポストできない
花まりか宅配便できない

月1回配送の欠点は、お花を1か月間もたせることは難しいところです。3日に1回水揚げしても、約3週間といったところでしょう。夏場はさらに短く、冬場はさらに長くなります。お花を長持ちさせる方法はこちら。

せつこさん
お花がしおれる前に、ドライフラワーにして楽しむのがいいかもしれませんね。

↑Q&Aに戻る

一輪から受け取れるお花のサブスクはどこ?

サブスクプラン名料金受け取り回数
ハナノヒココハナプラン1,085円月6回
イクハナプラン2,185円毎日
魔法の花瓶全コース1,650円~13,200円1日1本(90日間)
税込料金

一輪だけ受け取れるお花のサブスクは、ハナノヒと魔法の花瓶の2つだけです。どちらも、店舗受け取り型のサブスクです。ポスト配送のflowerの一輪プランは自宅に届きましたが、プラン廃止となりました。

店舗で受け取るタイプのお花は、店舗で売れ残るかもしれないお花がサブスクコーナーに回ってくることが多いです。とはいえ、毎日店舗で受け取ると、いつでも自宅にお花を飾り続けることができるのはウレシイですね♪

↑Q&Aに戻る

ポストに入らないかも。入らないときの対策を教えて!

ポスト配送のプランなのに、ポストに入らない原因と対策をお伝えします。まず、原因は次の3つが考えられます。

  • 1:ポストが小さい
  • 2:配達員の判断
  • 3:他の郵便物でポストに入らない

ポスト配送プランの梱包箱の大きさはすべて、差し込み配送できるサイズです。市販の郵便受けから住宅の壁面に据えられた郵便受けまで、差し込めるようになっています。しかし、次の2つの理由により、配達員の判断でポスト配送にならないことがあります。

  • 箱の一部がポストからはみ出るので、持ち帰った(ピンポン押したが不在だった)
  • 他の郵便物が多く、ポストに入らないと判断された、もしくは実際に入らなかった。

ポストに入らないときは、配達員は不在票を置いて、お花を持ち帰ってしまいます。また、ポスト配送のプランは郵便物として送られてくるので、日時指定ができません。

対策は、あらかじめ置き場所を指定することです。例えば、ブルーミーは、住所欄に「ドアノブ配達」など置いて欲しい場所をマイページで入力できるようになっていて、配達員に対応してもらえます。ただし、お花に何があっても自己責任ですので、ご注意を。

↑Q&Aに戻る

切り花を長持ちさせる方法ってあるの?

お花のサブスクで届く切り花は、花瓶に挿す前の下処理で持ちが良くなり、長く楽しめるようになります。下処理は、次の手順で行いましょう。

  • 【1】花瓶を洗い、水を入れておく
  • 【2】ボールに水を張り、茎の切り口を水につける
  • 【3】カッターで、茎の根本を斜めにカットする(水中でカットする)
  • 【4】花瓶に挿す

ポイントは、「水の中」「カッター」「斜め」の3つです。水の中でカットすると、茎の中にある水の通り道(道管)に空気が入らないので、お花が長持ちします。カッターを使うと、茎の細胞を押しつぶさないので腐りにくくなります。斜めにカットすると、お水に触れる断面の面積が増えるので、お水をたっぷり吸えます。

この方法は、水揚げ(みずあげ)と呼ばれています。花瓶に挿す前はもちろん、挿してからは3日に1回のペースで水揚げすると、さらに持ちが良くなりますよ♪

↑Q&Aに戻る

まとめ

お花のサブスク(定期便)は、2016年にbloomeeがスタートしたポスト配送によって、人気が出始めました。毎年のようにお花のサブスク事業者が新しく立ち上がり、2021年には、数え切れないほどのサービスが乱立しています。

2020年から在宅勤務(テレワーク)が増えたことで、お花をサブスクする人がどんどん増えました。一方で、「どの定期便がいいのかな?」と迷う人も多くなりました。このページで、お花のサブスク選びで迷うみなさんが、悩みや不安の解消していただけたなら幸いです。

お花を飾る効果は、リラックス効果、生き物をいつくしむ心を育む、色彩センスが良くなるなど多彩。そして、私たちの生活を充実したものに導いてくれます。フラワーショップに行かなくても、センスの良いお花が気軽に手に入るお花のサブスクで、普段の生活に色どりを加えてみるもの一興ですね♪

お花や植物って、寄り添ってくれるフシギな感覚があるんですよね。可愛いお花を、お部屋や玄関にちょんっと飾るだけで、和んだり華やかになるし、仕事から帰ってきたとき癒されます^^

お花の宅配便で、ストレスを解消したり、リラックスできる空間づくりを楽しんでくださいね♪

-お花のサブスク(定期便)