お花のサブスク(定期便)

お花のサブスク・定期便32社を比較|目的別おすすめランキング【2022年】

お花のサブスク・定期便を比較しておすすめだけ紹介。

自宅に生花(切り花)が届くお花のサブスク・定期便40社以上を比較して、おすすめを紹介します。

もくじ

お花のサブスクとは

お花のサブスクとは

お花のサブスクとは、生花が定期的に自宅に届くサービスです。受け取れる生花には、切り花の花束・鉢植え・一輪・花材の4種類があり、ほとんどが花束です。一部、仏花を取り扱っている花屋もあります。

サブスクを取り扱う花屋には、店頭販売をしている花屋・サブスク専門の花屋の2つがあります。店頭販売のお店は、配送の距離と時間が短くお花が傷みにくく、サブスク専門花屋は、全体的におしゃれなお花が多いです。

配送頻度は、毎週・隔週(月2回)・月1回から選ぶのが一般的です。毎週は、ポストに届くお花に多いです。月1回は、3,000円以上のプランに多いです。お花は2週間以上もつので、隔週(月2回)を選んでおくといいですよ。

受け取り方法(配送方法)は、郵便ポスト・宅配便・店頭・花屋の店員の4種類があり、ポストで受け取るものがよく選ばれています。実際に、10万世帯が利用した最大級のお花サブスクであるブルーミー(bloomee)で、郵便ポストに届くプランが一番人気です。

お花のサブスク・定期便32社を比較【図解】

お花のサブスク(定期便)32社の分類表

上記のお花サブスク32社を比較しました。まずは、一覧表をご覧ください。

定期便料金受け取り方法プレゼント仏花花瓶配送頻度配送地域特徴
bloomee(ブルーミー)825円/回ポスト/宅配便できる
(ギフト専用花あり)
なし購入できる(別送)毎週/月2回(隔週)全国最安値&国内最大級
LIFULL FLOWER
(ライフルフラワー)
858円/回ポスト/宅配便できるなし紙ポットでお届け毎週/月2回/月1回全国(沖縄除く)水やり・花瓶不要の生切り花
medelu(メデル)990円/回ポスト/宅配便できるなし購入できる(別送)毎週/月2回(隔週)全国(沖縄除く)お部屋に合うお花
FLOWER(フラワー)1,276円/回ポスト×なし購入できる(別送)毎週/月2回/月1回全国(北海道沖縄除く)お花を画像で選べる
WEEKLY FLOWER
(ウィークリーフラワー)
980円/回ポスト×なしなし毎週/月2回(隔週)関東7都県有名ブランドのお花を担当
&flower(アンドフラワー)1,265円/回ポストなしなし購入できる(別送)毎週/月2回/月1回全国(沖縄除く)担当花屋をカスタマイズ
LIFFT(リフト)3,300円/回宅配便できる
(ギフトチケットあり)
なし購入できる月1回全国おしゃれ度バツグン
HitoHana(ひとはな)1,650円/回宅配便できるなしなし毎週/月2回/月1回全国8色から選べる
HanaPrime1,500円/回宅配便できるなしなし毎週/月2回/月1回全国(沖縄除く)大ボリューム
ピュアフラワー920円/回自社配送×なし購入できる月2回店舗がある地域花屋スタッフがお届け
フラントリーブ1,000円/回自社配送なしあり購入できる(別送)月2回/東京、千葉、神奈川、埼玉花屋スタッフがお届け
ハナノヒ987円/月店頭×なし購入できる月6回店舗がある地域日比谷花壇の店舗で受け取り
魔法の花瓶1,650円/月店頭×なし購入できる1日1輪店舗がある地域1日1輪店舗で受け取り
日本総合園芸968円/回宅配便/自社配送×あり購入できる月3回/月2回/月1回大阪/兵庫/奈良/京都/滋賀
三重/和歌山/岐阜/愛知/岡山
花ちゃんの定期便
世界の花屋5,500円/回宅配便なしなし購入できる(別送)月1回全国(沖縄除く)世界のお花が届く
料金は、送料含む税込価格です。

用途や目的別のおすすめサブスクを、別ページでご用意しました。

では、1社ずつみていきましょう。

お花のサブスク最安値「ブルーミー/bloomee」

bloomee(旧ブルーミーライフ)の公式サイト画像
出典元:https://bloomeelife.com/

最安値1,000円以内ポストに届く花屋直送プレゼント全国

ブルーミーの体験プランの825円(税込・送料込み)は、お花のサブスク最安値

安さ重視!ポストにお花を届けて欲しい

という人にピッタリです。

全国200店舗以上の提携花屋のうち、最寄りのお花屋さんがアレンジと配送を担当するので、配送の距離と時間が短く、新鮮なお花が届きます♪

受け取り回数が4回未満で解約すると、プラン料金×残り回数分の解約手数料が発生することに注意してくださいね。

ブルーミーの基本情報

項目内容
お届け頻度毎週/2週間に1回
お届け方法ポスト/宅配便
品質保証再送/次回無料
花瓶の購入できる
配送スキップ毎週月曜日までにマイページで手続き
ギフト・プレゼントギフト専用のお花もあります

ブルーミーの配送エリアは、全国(離島を除く)です。ただし、冬期間は北海道への配送を停止しています(お花の凍結防止のため)。

札幌仙台さいたま千葉川崎横浜相模原新潟静岡浜松名古屋京都大阪神戸岡山広島北九州福岡熊本
○(※)
政令指定都市の配送状況です。

ブルーミーの口コミ評判

女性のアイコン

お花がしょぼい

女性

ブルーミーライフ、1ヶ月で解約!しょぼいし、自分で買った方がマシだった。
参照:ツイッター
女性のアイコン

夏場は花もちが悪くなる

女性

私の手入れが悪いのか・暑さのせいなのか、ちょっと花持ちが短くなりつつある。。
参照:ツイッター
女性のアイコン

お手頃価格

女性

ポストに届くから受け取りが楽だし、500円~のお手ごろ価格でチャレンジしやすいのも嬉しい
参照:ツイッター
女性のアイコン

自宅に届いて便利

女性

忙しくて頻繁に買いに行けないけどこうやって定期的に届けてくれるサービス便利すぎる…!
参照:ツイッター

ブルーミーの料金プラン

プラン名料金(送料込み)本数
体験プラン825円/回お花3本以上+グリーン
レギュラープラン
おすすめ
1,265円/回お花4本以上+グリーン
リッチプラン2,530円/回お花8本以上+グリーン

おすすめは、いちばん人気のレギュラープランです。値段・品質・ボリュームのバランスが良く、満足度が高め^^

花瓶に挿すだけの状態で届くことも、魅力の1つ。これから、お花のある生活を始める人向けですよ♪

JAN22(←クーポンコード)

ブルーミーのプランを確認する

上記クーポンで初回無料(2022年1月31日まで)

▼ブルーミーを使ってみた体験談と届いたお花の画像を掲載している、ブルーミーの口コミ評判もご覧ください。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

おしゃれなお花がポストに届く「medelu/メデル」

medelu(メデル)の公式サイト画像
出典元:https://www.medelu.flowers/

ポストに届く市場仕入れ農家仕入れプレゼントおしゃれ本数多い全国

medelu(メデル)は、おしゃれなお花がポストに届く定期便です。

おしゃれでボリュームある花をポストに届けてほしい

という人にピッタリ。

インテリアスタイルに合わせたお花の宅配をモットーとしていて、お部屋の雰囲気に合ったお花を選べるのが特徴。年間5,000種類のお花を取り扱っているんですよ♪

お花の出荷地は、福岡県。東にお住まいなら配送距離が長くなります。大阪・名古屋よりも西なら、クール便(有料)での配送がおすすめです。

medeluの基本情報

項目内容
お届け頻度毎週/2週間に1回
お届け方法ポスト/宅配便(プランで異なる)
品質保証あり(返金)
花瓶の購入別途購入できる
配送スキップ前週の木曜日までにマイページで操作
プレゼントできる
花の名前配送箱のQRコードで確認

配送エリアは、全国(沖縄・離島・山間部を除く)です。

札幌仙台さいたま千葉川崎横浜相模原新潟静岡浜松名古屋京都大阪神戸岡山広島北九州福岡熊本
政令指定都市の配送状況です。

medeluの口コミ評判

女性のアイコン

珍しいお花が届く

女性

あまり店舗に流通してない物が届くこともあり面白みがある。

女性のアイコン

ポスト配送なのに不在票

女性

ポストに届くのに不在票入ってた。ポストに入るサイズなのに。

お花市場だけではなく、生産者から直接仕入れるので、珍しいお花が届くことがあります。お花好きにはたまりませんね♪
さすが、1年間に5,000種類のお花を扱っているだけのことはあります。

ポスト配送なのに不在票を置かれるのは、面倒ですね。

medelu/メデルの料金プラン

プラン名料金(送料込み)本数配送方法
ANYROOM(Lite)1,240円/回5~6本(グリーン含む)ポスト
ANYROOM(Lite+)1,540円/回6~8本(グリーン含む)宅配便
ANYROOM(Basic)2,178円/回6~9本(グリーン含む)宅配便
NATURAL(Lite)1,240円/回5~6本(グリーン含む)ポスト
NATURAL(Lite+)1,540円/回6~8本(グリーン含む)宅配便
NATURAL(Basic)2,178円/回6~9本(グリーン含む)宅配便
MODERN(Lite)1,570円/回5~6本(グリーン含む)ポスト
MODERN(Lite+)1,870円/回6~8本(グリーン含む)宅配便
MODERN(Basic)2,508円/回6~9本(グリーン含む)宅配便

3つのプラン名はそれぞれ、どんなお部屋に合うのか示しています。

  • ANYROOM(エニールーム):どんな部屋でも合う
  • NATURAL(ナチュラル):ウッド調の部屋向け
  • MODERN(モダン):シンプルモダンな空間向け

ひとまず、エニールームから始めるのがおすすめです♪

ポストに届くおしゃれなお花

medeluのプランを確認する

クール便で夏場・遠方も安心♪

▼medeluの感想やお花の画像を掲載している、medeluの口コミ評判もご覧ください。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

おしゃれでギフトに最適!花屋より鮮度が良い「LIFFT/リフト」

LIFFT(リフト)の公式サイト画像
出典元:https://lifft.jp/

▼【図解】LIFFT/リフトの特徴

リフト(LIFFT)の特徴一覧図

▼【プラン別】LIFFT/リフトの詳細





プラン名料金(送料込み)本数
スタンダードプラン
おすすめ
3,300円/回メイン4本前後

季節の草花5本前後
花瓶セットプラン初月4,180円
コーヒー豆セットプラン5,280円/回
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
スタンダードプラン
おすすめ
月1回自由に選べる宅配便全国採花した農場
花瓶セットプラン
コーヒー豆セットプラン
機能内容
品質保証再送
花の名前同梱の小冊子「LIFFT Journal」で確認
花瓶別途購入。花瓶セットプランは初回配送に付属
配送スキップ毎月19日までにメール(info@lifft.jp)
プレゼントギフトチケットなど5種類と充実

採花した日に梱包・配送♪

LIFFTのお花を飾る

LIFFTのメリット

LIFFTのメリット

  • おしゃれ。センスがいい♪
  • 農場で直接仕入れ
  • 採花したその日その場で梱包・配送
  • 読み物 LIFFTJournalが毎月ついてくる

LIFFTのセンスの良さは、画面越しでも分かるほど。お花の形や色合いは、ほかのサブスクにありません。きっと、フローリストのセンスが良いんでしょうね^^

しかも、お花は採れたて超新鮮。提携農場で採花した即日に、梱包して送ってくれます。指定した配送日から逆算して、採花するこだわりよう。

お花に対する深い愛があるからこそ、ここまでできるんでしょうねぇ。

LIFTTのデメリット

LIFFTのデメリット

  • 配送は月1回のみ
  • 値段のわりにお花の本数が少ない

LIFFTは全プラン、配送は月1回のみです。LIFTTのお花はとても新鮮とはいえ、切り花を1か月間持たせることは難しいです。よって、お花を飾れない期間が生まれてしまいます。

また、超高品質なため、お花のお値段が高め。合計9本前後(メインの花は4本)で3,300円という価格は、お花サブスクの中で高価格です。

LIFFTの口コミ評判

女性のアイコン

めちゃくちゃ良い

女性

初めてお花のサブスクとしてLIFFTを頼んでみたけど、めちゃくちゃよいです。
参照:ツイッター

女性のアイコン

お得

女性

めっちゃ良いバラが3本も入ってるブーケでお得感すごい
参照:ツイッター

女性のアイコン

LIFFTが一番良い

女性

お花のサブスク何ヶ所か利用してきて、LIFFTが1番すき。
参照:ツイッター

「LIFFTは、高いけど良い」という口コミが、とにかく多いです。お花の品質、大きさ、色合い、ラッピングのどれも上質。茎も長い。オサレな付属の小冊子も、読み応え十分^^

花好きも認めるクオリティと呼ばれているのも、うなずけます♪

高さ15cm以上の花瓶を持っていないなら花瓶セットプランがおすすめ

LIFFTのお花は、茎の長さが35cmほどです。飾るためには高さ15cm~20cmくらいの花瓶が必要となり、家で余っているガラス瓶では高さが足りません。

花瓶セットプランは、初月に花瓶が同梱されます。初月のみ、スタンダードプランとの差額の880円が上乗せされますが、880円でで背の高い花瓶が買えるのはお得です♪

採花した日に梱包・配送

LIFFTのお花を飾る

ハイセンスなおしゃれ花を楽しめます

▼お花の画像はLIFFTの口コミ評判もご覧いただけます。

lifft(リフト)のお花定期便とギフトチケット
参考LIFFT(リフト)お花の定期便の口コミ評判を分析│デメリット考察とギフトチケットの詳細

続きを見る

↑お花サブスクの一覧へ戻る

お花8色とボリューム7通りから選べる「HitoHana/ひとはな」

ひとはなの公式サイト画像
出典元:https://hitohana.tokyo/

1,000円以内宅配便で届く花屋直送おしゃれプレゼントギフト色を選べる

▼ひとはながぴったりな人

お花の色を選びたい!

▼【プラン別】HitoHana/ひとはなの詳細

プラン名料金(送料込み)本数
990円990円/回2~4本
1,650円1,650円/回5~8本
2,200円
おすすめ
2,200円/回8~10本
2,750円2,750円/回9~13本
3,300円3,300円/回11~14本
4,400円4,400円/回14~18本
5,500円5,500円/回19~22本
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
990円毎週
隔週
月1回
自由に選べる・宅配便
ヤマト運輸
佐川急便
西濃運輸
赤帽
・自社スタッフに配送
全国
(沖縄・離島を除く)
花市場
(東京・大阪)
1,650円
2,200円
おすすめ
2,750円
3,300円
4,400円
5,500円
機能内容
品質保証再送
花の名前配送1週間前に届くメールで確認
花瓶なし
配送スキップ配送日の2~3日前までにマイページで操作
プレゼントメッセージカードの添付が無料
8色からお花を選べる

HitoHanaのお花を飾る

HitoHanaのメリット

HitoHanaのメリット

  • 8色からお花の色を選べる
  • クール便で配送
  • ボリュームがあるのに料金が安い

HitoHana(ひとはな)は、お花を8色から選べるので、自分やプレゼントするお相手の好みで、配送のつど色を変えて楽しむことができます。

お花の集荷と配送は、生産者さんの農園や花市場内から行います。実店舗を持たないから、仕入れた・摘んだばかりのお花を安く直送しています。

クール便はオプション(220円~330円)は、花がしおれやすい夏場に重宝します。

HitoHanaのデメリット

HitoHanaのデメリット

  • 宅配便配送なのにお花の茎が短い

3,000円以下のプランは、お花の背丈が25cmしかありません。25cmといえば、ポストに届く定期便と同じ長さです。

背が低い花瓶に生けることになるため、値段のわりに物足りなさを感じるかもしれませんね。

HitoHanaの口コミ評判

女性のアイコン

おしゃれ

女性

2,200円のを注文してみました。オシャレ。もう少し長さが欲しいかな

女性のアイコン

色を選べる

女性

色合いを選べるところと、組み合わせが好みなので続けてます。

女性のアイコン

ポストカードがカワイイ

女性

ついてくるポストカードも可愛い。

ひいき目や忖度ナシで、HitoHanaは良い口コミばかり。悪い口コミが見当たらないほど好評です。

さらに、配送のつどお花の色を選べるから、気分・季節・お部屋に合わせたお花を届けてもらえるんですよ♪

2,200円コースがおすすめ。お手頃料金で本数とのバランスも良い

HitoHanaのおすすめは、2,200円のコースです。価格とお花のボリュームのバランスが良いし、お花の長さが25cmなので、100円ショップの花瓶に飾れてお手軽です♪

990円と1,650円のコースはボリュームが物足りません。3,300円以上のコースは、お花の長さが35cm前後あるので、大きな花瓶を用意してくださいね。

8色からお花を選べる

HitoHanaのお花を飾る

クール便で元気なお花が届きます

▼HitoHanaをもっと知りたいなら、こちらのHitoHanaの口コミ評判をご覧ください。届くお花の画像も掲載しています。

ひとはな(HitoHana)の定期便の口コミ評判
参考ヒトハナ(HitoHana)のお花定期便(サブスク)の口コミ評判┃デメリットと選べる8色の実力は?

続きを見る

↑お花サブスクの一覧へ戻る

生花なのに水も花瓶もいらない「LIFULL FLOWER」

LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://flower.lifull.jp/

▼【図解】LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の特徴

LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の特徴一覧図

▼【プラン別】LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)の詳細





プラン名料金(送料込み)本数
ライトプラン858円/回3~4本
セルフアレンジプランS:1,958円/回
L:3,278円/回
S:6~8本
L:10~12本
スタンダードプラン
おすすめ
2,178円/回数本
北海道、東北の一部、西日本は送料200~500円
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
ライトプラン月2回土曜日前後ポスト全国
(沖縄・九州・離島を除く)
神奈川県
(川崎市地方卸売市場)
セルフアレンジプラン月1回土/日宅配便全国
(沖縄・離島を除く)
スタンダードプラン
おすすめ
月1回土/日宅配便
機能内容
品質保証返金/交換(連絡期限はお花の到着日)
花の名前インスタで配信
花瓶購入できない。スタンダードプランはパッケージが花瓶になる
配送スキップできる
プレゼントできる

LIFULL FLOWERのメリット

LIFULL FLOWERのメリット

  • 蓋を開けるだけで飾れる卓上スタンド花

LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)には、蓋を開けるだけで飾れる、卓上スタンド花(スタンダードプラン)があります。

パッケージが花瓶の代わりになり、中には水と栄養を含んだエコゼリーが入っているから手間いらず。これからお花生活を始める人にピッタリです♪

LIFULL FLOWERのデメリット

LIFULL FLOWERのデメリット

  • ライトプランはお花が貧相
  • 一部エリアは送料がかかる

最安値のライトプランはお花が貧相です。とはいえ、LIFULL FLOWERでライトプランを使うことは少ないでしょうから、大きな問題ではありません。

配送では、北海道、北東北、西日本は送料200円~500円かかります。送料を払ってまで利用する価値がLIFULL FLOWERにあるとは思えません。よって、送料がかからない、関東・南東北・信越・北陸・中部エリアにお住まいの方向けといえます。

LIFULL FLOWERの口コミ評判

女性のアイコン

ボリュームが少ない

女性

セルフアレンジsプラン税抜き1780円。もう少しボリュームが欲しいかな。

女性のアイコン

パッケージがおしゃれ

女性

可愛くてオシャレな筒に入った季節のお花を自宅まで届けてくれます

ボリュームが少ないという口コミがあるように、どのプランを選んでも本数は物足りなく満足できません。

それならば、お花のボリュームは諦めて、水やりと花瓶がいらないお花サブスク唯一のインスタント生花を楽しむのが正解といえるかも。

花瓶の代わりになる筒がオシャレという口コミもあり、フタを開けた瞬間にお部屋の雰囲気がグレードアップしますよ♪

せつこさん
インスタント生花は、私の造語です。

おすすめはスタンダードプラン

LIFULL FLOWERのおすすめは、スタンダードプランです。ふたを開けるだけで飾れる生花は、LIFULL FLOWERだけ。お世話もいらず、手軽さバツグンです♪

ちなみに、ライトプランは値段が安いけれども、量・見た目ともに満足しにくく、セルフアレンジプランは、切り揃えてから花瓶に挿すので、お花のセンスが問われます。

ということで、LIFULL FLOWERを利用するなら、手間と花瓶がいらないスタンダードプラン一択です!

生花なのに水やり・花瓶いらず

LIFULL FLOWERのプランを確認する

蓋を開けるだけの卓上スタンド花

▼お花の画像は、ライフルフラワーの口コミ評判でご覧いただけます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

担当花屋をカスタマイズ「&flower/アンドフラワー」

アンドフラワーの公式サイト画像
出典元:https://and-flower.net/

▼【プラン別】アンドフラワーの詳細





プラン名料金(送料込み)本数
&flower1,265円/回4本以上(グリーン含む)
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
&flower毎週
2週に1回
月1回
平日(火~木(
週末(木~土)
ビジネス(月・火)
ポスト全国最寄りの花屋
機能内容
品質保証あり(返品/交換)
花の名前確認方法は不明
花瓶購入できる
配送スキップできる
プレゼントできる

担当のお花屋さんを厳選

アンドフラワーのお花を飾る

アンドフラワーのメリット

  • スキップ機能で花屋を厳選

最寄りの花屋が輪番制(ローテーション)でお花を配送。お花が好みじゃなかったり品質が悪いと感じたら、ブロック機能を使って今後の配送をストップできます。

結果、自分ごのみで質の良いお花を届けてくれる花屋だけに厳選できます。

アンドフラワーのデメリット

  • サービス内容がそっくりなブルーミーより劣る
  • 提携花屋が公表されていない

アンドフラワーは、料金や花の数など、あらゆる点でブルーミーにそっくりですが、スタートして間もないサブスクなので、全体的に劣っています。

最寄りの提携花屋も分からないので、花屋をブロックすると、遠方のお店が担当することにもなりかねません。

アンドフラワーの口コミ評判

女性のアイコン

お花のあると良い

女性

自宅に元気な花があるとイイ♪

アンドフラワーは、スタートして間もないサブスクなので、口コミはまだ少ないです。「お花は元気」という口コミから、品質は良いことが分かります。

ブルーミーに不満ならアンドフラワーに乗り換えるのもアリ

アンドフラワーは、劣化版ブルーミーと言えるので、まずはブルーミーからスタートした方がいいでしょう。もし、お住まいのエリアを担当する花屋に不満なら、アンドフラワーに乗り換えてみましょう。

担当のお花屋さんを厳選

アンドフラワーのお花を飾る

ブロック機能で好みのお店を厳選

▼お花の画像は、アンドフラワーの口コミ評判でご覧いただけます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

安くて本数多い「Hana Prime/ハナプライム」

ハナプライムの公式サイト画像
出展元URL:https://hanaprime.jp/subscription

2,000円以内宅配便で届く花屋直送おしゃれ本数多いプレゼントギフト

▼ハナプライムがぴったりな人

安くて大ボリュームな花を宅配便で届けてほしい

ハナプライムは、お花のボリュームが多いことが特徴。同じ価格帯のお花サブスクを比較したら、お花の本数がいちばん多かったです。

自宅での利用はもちろんのこと、胡蝶蘭の通販で名の知れたお店ということもあり、豪華なギフト向けのお花もあります。

ただし、届いたお花の名前を確認できないのが弱点。メモ書き1枚でもいいので、同梱されていればいいのですが・・・。

ハナプライムの基本情報

項目内容
お届け頻度毎週/2週間に1回/3週間に1回
水~日曜日を自由に選択
お届け方法宅配便(ヤマト/佐川)
※東京23区内の一部は自社配送
品質保証再送
花瓶の購入できない
配送スキップ配送予定日の3日前までにメールか電話
ギフト・プレゼントできる

ハナプライムの配送エリアは、全国(沖縄・離島を除く)です。

札幌仙台さいたま千葉川崎横浜相模原新潟静岡浜松名古屋京都大阪神戸岡山広島北九州福岡熊本
政令指定都市の配送状況です。

ハナプライムの口コミ評判

女性のアイコン

ボリュームも見た目も良い

女性

3000円のプラン。ボリュームあるし素敵なブーケ。キレイに束ねられているのでそのまま飾れれるのもいい。

女性のアイコン

タイトル

女性

届いた花の種類や、生け方などの説明書はなく、花の知識が乏しい自分には、ガーベラとフリージア?くらいしかわからない。

ハナプライムの料金プラン

季節のお花プランを4つの価格から選べます。自家利用なら1,500円コース、ギフト利用なら10,000円コースがおすすめです。

お手頃な1,500円コースといえども、お花の本数は7~10本とボリューム感たっぷり♪
2つの花瓶に分けて飾れますよ^^

プラン名料金(送料込み)本数
季節のお花プラン1,500円/回自宅向け7~10本(グリーン含む)/25cm前後
3,000円/回プレゼント向け13~16本(グリーン含む)/35cm前後
5,000円/回21~24本(グリーン含む)/40cm前後
10,000円/回ギフト向け30本以上(グリーン含む)/55cm前後

大ボリュームのお花

Hana Primeのお花を飾る

ウェブ通販専門の花屋

▼ハナプライムの感想やお花の画像を掲載している、Hana Primeの口コミ評判もご覧ください。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

圧倒的ボリューム。花屋スタッフがお届け「ピュアフラワー」

ピュアフラワーの公式サイト画像
出典元:https://www.pure-flower.com/

▼【プラン別】ピュアフラワーの詳細





プラン名料金(送料込み)本数
プラン920円/回3~5種類の季節の花
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
プラン月2回店舗が指定する日にち・曜日
(エリアによって異なる)
自社スタッフ配送東京/神奈川/埼玉/千葉/栃木/静岡/
石川/富山/愛知/岐阜/三重/大阪/
兵庫/京都/奈良/広島/福岡/山口
全国18店舗
機能内容
品質保証次回お届け時にお花をサービス
花の名前お花に同梱のリーフレットで確認
花瓶購入は店舗に確認が必要
配送スキップ配達日の4日前までに連絡
プレゼントできない

ボリュームあって安い

ピュアフラワーのお花を飾る

ピュアフラワーのメリット

ピュアフラワーのメリット

  • ボリュームが多い

圧倒的なボリュームの多さが最大の特徴です!
920円(東京は1,000円)で10本前後のお花が届きます。

ピュアフラワーの安さの理由は、配送にあります。郵便配達や宅配便を使わず、店舗スタッフが配送するので料金が安いんです。

ピュアフラワーのデメリット

ピュアフラワーのデメリット

  • 配送地域は店舗があるエリアのみ
  • 不在時は玄関配送で再配達なし
  • 料金は現金払いのみ
  • 自分でカットして花瓶に挿す

店舗スタッフが新聞で包装したお花を届けるため、店舗があるエリアしか申し込めません

さらに、受け渡しは手渡しのみとなっているため、お届け日は自宅待機が必須。不在時は、再配達なしで、玄関先などに置き配です。

支払いは現金のみで、配送スタッフに直接手渡します。集金日に不在なら、次回配送のときに支払えますが、不在が続くと銀行振り込みの用紙がそっと添えられます。

ピュアフラワーの口コミ評判

女性のアイコン

ボリュームが多い

女性

色とりどりのお花盛り沢山

女性のアイコン

猫に有害な植物が多い

女性

猫アウト植物が多いので、百合は誰かにあげる。

ボリューム(本数)が多く、料金も安いという口コミが多かったです。そのボリュームがアダとなり、猫に害のあるユリ科のお花が使われることが多く、猫様がお住まいのご家庭には向きません。

猫プランとか作ってくれないかな。

フラントリーブとの使い分けがおすすめ

ピュアフラワーとフラントリーブは、どちらも「スタッフ配送」「店舗所在エリア限定」「1,000円で10本」のサブスクです。

ピュアフラワーは全国18都道府県で1プランのみ。フラントリーブは関東4都県だけですが、1,500円で20本届く超絶お得プランがあります。

東京・千葉・埼玉・神奈川にお住まいで、複数の花瓶に飾るならフラントリーブ。それ以外はピュアフラワーがおすすめです。

ボリュームあって安い

ピュアフラワーのお花を飾る

花屋店員が直接お届け

▼お花の画像は、ピュアフラワーの口コミ評判でご覧いただけます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

和風版LIFFT「ハレとケ」

ハレトケの公式サイト画像
出典元:https://faretoqe.shop-pro.jp/

▼【図解】ハレとケの特徴

ハレとケの特徴一覧図

▼【プラン別】ハレとケの詳細





プラン名料金(送料込み)本数
花と新聞の定期便3,300円/回数本
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
花と新聞の定期便月1回指定できる宅配便全国花農家から直送
機能内容
品質保証あり(再送)
花の名前同梱の花新聞で確認
花瓶買える
配送スキップできる
プレゼントできる

和風アレンジのお花

ハレとケのお花を飾る

ハレとケのメリット

  • 採花したその日に梱包して配送
  • 和風のお花に特化
  • 市場でみかけない珍しいお花が多い

注文を受けてから、提携しているお花農場で採花して、その日のうちに梱包して配送されます。

和風のお花を専門にしているのはハレとケだけ。和花がお好きなら、唯一の選択肢となります。

ハレとケのデメリット

  • 本数が少ない

届くお花は、1種類のみ数本だけです。そのため、もの悲しさを感じるでしょう。しかし、お花に詳しい人がハレとケのお花を見ると絶賛するんです。

つまり、ハレとケは「お花上級者」「通好み」のためのサブスクです。これからお花生活を始めようとしている人には、向きません。

ハレとケの口コミ評判

女性のアイコン

お花の知識が増える

女性

お花の新聞でお花の知識が増えるし、生産者さんの想いも感じられる。

女性のアイコン

お花の品質が高い

女性

見事なお花。誰かに贈りたい。

女性のアイコン

値段が高い

女性

月1回の配送で、3,000円は高い。

高いけれども良い。料金分の価値はありますが、お花初心者がその価値を正しく判断するのは難しいでしょう。

お花が大好きで詳しい人向け

ハレとケの価値を分かるのは、お花が大好きで詳しい人です。プレゼントするにしても、お相手にお花の知識が求められます。

どんなジャンルでも、上級者にしか分からないブランドってありますよね?
ハレとケは、お花サブスクのまさにそれ。

だからこそ、お花に詳しい人がハレとケのお花を手に取ったら、満足度が爆上がりして感激できるに違いありませんよ♪

和風のお花

ハレとケのお花を飾る

採花当日に梱包・配送

▼お花の画像は、ハレとケの口コミ評判でご覧いただけます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

宮内庁御用達「青山花茂/あおやまはなも」

青山花茂の公式サイト画像
出典元:https://www.aoyamahanamohonten.jp/fs/hanamo/c/flower-subscription

▼【プラン別】青山花茂の詳細





プラン名料金(送料込み)本数
ベーシックプラン5,500円/回公表なし
プレミアムプラン11,000円/回公表なし
プラン名頻度曜日方法エリア配送元
ベーシックプラン毎週
2週に1回
月2回
水/日自社配送/宅配便全国都内の店舗
プレミアムプラン自社配送東京23区内
機能内容
品質保証不明
花の名前確認方法は公表されていません
花瓶無料でもらえる
配送スキップできる
プレゼントできる

宮内庁御用達

青山花茂のお花を飾る

青山花茂のメリット

  • 最高級品質のお花が届く
  • 花瓶をもらえる

宮内庁御用達、つまり、天皇陛下もご覧いただく、最高級品質のお花を自宅で楽しむことができます。

ガラス製の花瓶を無料でもらえるので、自分で用意する必要はありません。さらに、プレミアムプランは、配送のつどお花のテイストに合わせたレンタル花瓶が1個ついてきます。

青山花茂のデメリット

  • 料金が高い
  • はじめてのお花サブスクとしては敷居が高い

料金は5,500円/回から。2週に1回の配送でも、月額11,000円と大きな出費になってしまいます。

さらに、いきなりの極上品質は、はじめてお花を飾る人を戸惑わせます。「どうやって活けたらいいの?」「枯らしてしまわない?」「お水は?」「水揚げのやり方は?」などなど、お花を楽しむどころか、気を遣う毎日が続くでしょう。

お花に癒されたいハズが、逆に疲れさせられてしまうかもしれませんね。

青山花茂の口コミ評判

青山花茂は超高額サービスということもあり、サブスクを利用している人の口コミは確認できませんでした。

代わりに、青山花茂でお花を購入した方の口コミをご紹介します。

女性のアイコン

さすがのクオリティ

女性

母の日のお花のクオリティが高かった。

女性のアイコン

もちが良い

男性

胡蝶蘭は青山花茂に限る。もちが良い。

ツイッターで2012年までさかのぼって口コミをリサーチしたところ、

自家用ではなくプレゼント(ギフト)利用が大半
品質が良い口コミyは少ない(品質良くて当たり前)

という傾向がありました。

高級ギフトとして贈るのがいい!

青山花茂は、

宮内庁御用達
ダイナースクラブの専用デスクで注文できる

ことから、格式高いお花であることがうかがい知れます。

口コミの多くがギフト利用だったことからも、青山花茂の定期便は、お世話になった方や大切な人へのプレゼントとして最適です♪

宮内庁御用達

青山花茂のお花を飾る

国内最高品質のお花

↑お花サブスクの一覧へ戻る

日比谷花壇で受け取り「ハナノヒ」

ハナノヒの公式サイト画像
出典元:https://shop.hana.com/

▼【プラン別】ハナノヒの詳細





プラン名月額料金本数
ココハナプラン1,085円1本を月6回まで
イクハナプラン2,185円毎日1本
ツムハナプラン2,442円990円分を月6回まで
サクハナプラン4,385円1,430円分を月6回まで
ハナハナプラン9,665円3,300円分を月6回まで
イコーハナヤプラン17,465円6,600円分を月6回まで
プラン名方法エリア
ココハナプラン店頭受け取り北海道/岩手/秋田
宮城/山形/東京
千葉/埼玉/神奈川
茨城/群馬/静岡
愛知/京都/大阪
兵庫/福岡/大分
イクハナプラン
ツムハナプラン
サクハナプラン
ハナハナプラン
イコーハナヤプラン
機能内容
品質保証なし
花の名前店頭で確認
花瓶店頭で購入
配送スキップなし
プレゼントできない

日比谷花壇のサブスク

ハナノヒのお花を飾る

ハナノヒのメリット

  • 店頭で販売されているお花をもらえる
  • 料金の2倍ものお花をもらえる

ハナノヒは、日比谷花壇の店頭で売られているお花をもらうことができます。対象は、サブスクコーナーにあるお花だけで、店頭の品すべてではありません。

月の上限回数まで受け取ったときのお花の総額は、月額料金のおおよそ2倍!

ハナノヒのデメリット

  • 月3回以上通わないと損をする
  • 売れ残り説が根強い

3回通って元を取れる料金設定です。お店が遠いところにあるなら、電車賃やガソリン代もかかるのが難点。普段の生活エリアにお店がないと、損しちゃうかもしれませんね。

また、ハナノヒは売れ残りという説が有名です。ハナノヒでは、店頭に数日陳列して売れなかった花が、サブスクコーナーに移動されます。これを、売れ残りと判断するかどうかは人それぞれ。

ロスフラワー(廃棄される花)にしないよう、お得なサブスクでみなさんのお手元に届けていることは、評価できるのでは?

ハナノヒの口コミ評判

女性のアイコン

店員さんに相談できる

女性

お花選びで迷ったり、お花のことで悩んだとき、相談できる。

女性のアイコン

花のもちが悪い

女性

数日でダメになる

女性のアイコン

微妙

女性

花の質が悪いし、種類も微妙。

女性のアイコン

店員の態度が悪い

女性

店員の態度が悪い。

ハナノヒは、悪い口コミが多く目につきました。なかでも「お花の質の悪さ」と「店員の態度の悪さ」が多かったです。

ハナノヒを運営する日比谷花壇は、ブランド化されたフラワーショップですが、社員教育は行き届いていないみたいです。

数日サイクルでお花を替えたい人におすすめ

もらえるお花は、もっても数日間でしょう。しかし、受け取り回数が月6回なら、5日に1回は受け取れるので、毎日お花を飾り続けられるかもしれません。

日比谷花壇のサブスク

ハナノヒのお花を飾る

店舗でお花を受け取れます

▼お花の画像は、ハナノヒの口コミ評判でご覧いただけます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

1日1本。店舗で受け取り「魔法の花瓶」

▼【図解】魔法の花瓶の特徴

魔法の花瓶の特徴一覧図

▼【プラン別】魔法の花瓶の詳細





プラン名料金(送料込み)本数期間
お試しコース1,650円1日1本30日間
ベーシックコース3,300円1日1本90日間
2個コース6,600円1日2本
アドバンスコース8,800円1日1本
プレミアコース13,200円1日1本
プラン名方法エリア
お試しコース店頭受け取り北海道/岩手/宮城/山形/
新潟/富山/
東京/千葉/神奈川/長野/静岡/
大阪/三重/愛知/岐阜/
奈良/滋賀/島根/広島/
徳島/福岡/長崎/大分
ベーシックコース
2個コース
アドバンスコース
プレミアコース
機能内容
品質保証なし
花の名前店頭または店員さんから確認
花瓶店頭にて購入できる
配送スキップなし
プレゼントできない

1日1輪もらえる

魔法の花瓶のお花を飾る

魔法の花瓶のメリット

魔法の花瓶のメリット

  • 店頭で1日1輪受け取れる
  • 花瓶を無料でもらえる

魔法の花屋は、店頭でお花を受け取るサブスクリプションです。

ベーシックコース3,300円を申し込み、1日1輪を90日間毎日受け取れば、合計90輪!
お花1本200円とすると、18,000円分のお花がもらえてお得です♪

申し込みと同時に、お花受け取り用の花瓶を無料でプレゼントしてもらえますよ^^

魔法の花瓶のデメリット

魔法の花瓶のデメリット

  • もらえるお花は店内の売れ残り候補
  • 支払方法は現金のみ

もらえるお花は、店内に陳列されて数日たったお花です。切り花の寿命は2週間程度ですが、鮮度が落ちているので、1週間飾れればラッキー。

また、お花の受け取り条件は「最初にもらった花瓶を持参すること」です。つまり、飾り用の花瓶を用意しなくてはいけません。

受け取り本数にかかわらず料金定額なので、行けない日が続いて5本しか受け取れなくても料金そのまま。損するリスクもありますよ。

魔法の花瓶の口コミ評判

女性のアイコン

珍しいお花をもらえた

女性

「買ったことない花」を飾れるのも魔法の花瓶の良いところ。

女性のアイコン

料金が違った

女性

地域?店舗?によって金額設定違うみたい

お店に珍しい花が入荷され、売れ残りそうなら珍しいお花を手にするチャンス!
この口コミでは、青いバラをもらってきていました。

一方で、店舗ごとに料金設定が異なっているという口コミは、チラシと店頭の料金に違いがあったというもの。
本部で作ったチラシよりも、店頭価格が高いのはイヤな気分になりますね。

生活圏内にお店があるならおすすめ

店舗受け取り型なので、「近所に店舗がある」「毎日の生活ルートに店舗がある」人でなければ、利用は難しいかな?

「数日たったお花である」「店舗に行かなければならない」「もらえるのは1輪のみ」
この3つの条件があるので、遠方にお住まいの人が、移動の時間とお金をかけてまでお店にいく価値は薄いです!

鮮度を気にせず、1日~数日サイクルでお花を楽しみたい人向けともいえますね。

魔法の花瓶はフランチャイズ方式なので、申し込む前に近所の加盟店と評判を調べることをおすすめします。

評判の良いお花屋さんなら、ベーシックコースを。評判が分からないなら、お試しコースからスタートしましょう。

1日1輪もらえる

魔法の花瓶のお花を飾る

▼魔法の花瓶をもっと知りたいなら、こちらの魔法の花瓶の口コミ評判をご覧ください。届くお花の画像も掲載しています。

魔法の花瓶の口コミ評判と加盟店
参考お花のサブスク「魔法の花瓶」の口コミ評判分析で分かったお得度┃使い方や加盟店も紹介

続きを見る

↑お花サブスクの一覧へ戻る

お花を画像で見て選べる「FLOWER/フラワー」

flower(フラワー)の公式サイト画像
出典元:https://flowr.is/

ここがポイント

  • お花を画像で見て選べる
  • 初回は無料でお試しできる

テイストが異なる3種類のお花を画像で確認しながら、次回届くお花を選べます。操作はすべてスマホアプリでできるので、お手軽なのもいいですね♪

しかし、「お花の個数が限定されている」「ボリュームが物足りない」「お花の長さたった15cm」「間引きしたお花をブーケにしている」「お花がイメージ画像と違う」の5つの理由から、選外としました。

FLOWERの口コミ評判もご覧ください。お花の画像もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

大ボリュームでお得「frantolive/フラントリーブ」

フラントリーブ(frantolive)の公式サイト画像
出典元:https://frantolive.com/

ここがポイント

  • 10本で1,000円というコスパの良さ
  • 2倍コースなら1本あたり76円

ピュアフラワーにも劣らないボリュームの多さで、コスパ良すぎ。毎回添付される購読誌「フラントリーブ通信」で、お花のことをもっと知ることができます。

しかし、配送エリアが関東圏(東京・千葉・神奈川・埼玉)のみなので、選外とさせていただきました。ただし、エリア内にお住まいでピュアフラワーと迷っていらっしゃるなら、フラントリーブの方がいいかもしれません。

フラントリーブの口コミ評判もご覧ください。お花の画像やピュアフラワーとの比較もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

有名店のサブスク「青山フラワーマーケット」

青山フラワーマーケットの公式サイト画像
出典元:https://www.aoyamaflowermarket.com/

ここがポイント

  • 有名花屋のサブスク

全国に店舗を展開し、お花好きなら知っている有名花屋のサブスクです。口コミでは、値段と品質で「良い」「悪い」のどちらも見受けられました。

しかし、「送料が高い」「HanaPrimeHitoHanaの方が安くてボリューム多い」ことから、選外とさせていただきました。

青山フラワーマーケットのサブスク口コミ評判もご覧ください。お花の画像もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

おしゃれ&ハイブランド「WEEKLY FLOWER/ウィークリーフラワー」

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://weeklyflower.bionicplants.jp/

ここがポイント

  • 高級ブランドがフラワーアレンジメントを依頼する花屋のサブスク

車のアウディや、和菓子のとらやなど、名だたる高級ブランドとコラボしてきたフラワーショップ。お花も、フローリスト自身もオシャレ。

ただし、「配送エリアは関東地方のみ」「鮮度への不満に対する口コミが多い」「お花は小さいうえにたった2本」の3つの理由で、選外としました。

WEEKLY FLOWERの口コミ評判もご覧ください。お花の画像もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

仏花のサブスク「ハナイノリ」

ハナイノリの公式サイト画像
出典元:https://hanainori.com/

ここがポイント

  • 仏花専門のお花サブスク

仏花だけを取り扱う、お花のサブスクです。運営会社はブルーミーと同じ。料金プランもブルーミーにそっくり。まるで、仏花版ブルーミーです。

残念ながら、2021年10月時点で、新規申し込みを停止しています。

ハナイノリの口コミ評判もご覧ください。お花の画像もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

花屋4000店以上が加盟「フジテレビフラワーネット」

フジテレビフラワーネットの公式サイト画像
出典元:https://www.fujitv-flower.net/teikibin/

ここがポイント

  • 国内最大級の花屋ネットワーク

4,000店舗以上が加盟するネットワーク網が強みで、最寄りのお花屋さんからお花が届きます。

しかし、お花の品質に対する悪評の多さが目立ったので、選外とさせていただきました。昔ながらの花屋が担当すると、古臭いセンスのお花が届くこともザラ。加盟店の多さが仇になっている感もあります。

フジテレビフラワーネットの口コミ評判もご覧ください。お花の画像もあります。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

花ちゃんの定期便「日本総合園芸」

日本総合園芸の公式サイト画像
出典元:https://nihon-sogo-engei.com/teikibin/
日本総合園芸の特徴アイコン一覧

日本総合園芸は、西日本に店舗を構えるお花屋さんで、「花ちゃんの定期便」として知られています。

1972年に創業してから、地域に根差したお花の定期便サービスを提供しています。

日本総合園芸の定期便のメリットは、コースが豊富で、和室・洋室に合うコースを選べるところ。

お花を切り揃えてアレンジしなくてもよい、花瓶に生けるだけのコースもあって、便利です。

さらには、利用中の各コースに、トッピングのようにお花を追加できるので、幅広い用途に向いています。

けれども、月額制のサブスク制のため、月単位の利用になるのがデメリット

途中で辞めたくても、その月が終わるまではお花が届き続けるし、配送を翌週以降に繰り下げるスキップ配送もできないので、お花の状態をみながら、配送を調整したい人には不向きです。

ここがオシャレ和室に合うお花が選べる

ポスト配達なし
配送日公表なし
お届け頻度月3回
プレゼントできない
品質保証公表なし
仏花なし
配送/仕入れ産地や市場から直接仕入れ、自社店舗から自社便で配送
対応エリア大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、三重、和歌山、岐阜、愛知、岡山
支払い方法現金、口座振替
税込料金
コース月額料金配送回数1回あたり送料
バラエティコース2,904円3回968円無料
ファンタジーコース3,630円3回1,210円無料
セレクト四季コース3,630円3回1,210円無料
ハイグレードコース6,930円3回2,310円無料
アレンジメントコース4,290円3回1,430円無料
ハーモニーコース3,630円3回1,210円無料
ヒーリングコース4,290円3回1,430円無料
月2回お届けコース2,904円2回1,452円無料
束ねてお届けコース3,564円3回1,188円無料
花匠(カショウ)コース4,620円3回1,540円無料
ユリ・バラコース3,630円3回1,210円無料
スポットフラワー1,122円3回374円無料
税込料金

上記コースは、花瓶(花器)に生けるお花が届くコースです。
おすすめはアレンジメントコースですが、一番人気は手頃なお値段のバラエティコースです。

このほか、アレンジメントや観葉植物が月1回届く、鉢苗コースが14タイプ(2,200円~5,500円)あります。

コースが豊富

日本総合園芸のお花を飾る

関西圏専用の定期便

日本総合園芸の口コミ評判もご覧ください。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

東京大田市場からお花を直送「ma fleur/マ・フルール」

ma fleur(マ・フルール)の公式サイト画像
出典元:https://town-life-marche.com/landing/flower_lp_01.php
マフルールの特徴アイコン一覧

ma fleur(マ・フルール)は、東京大田市場で厳選されたお花をお届けする、定期便です。

お花のセレクトは、花きを仲卸している、有限会社ハナ・マーケット東京が行い、販売サイトはダーウィンシステム株式会社が運営しています。

高品質なお花を、市場価格の半額ほどで提供することをモットーとしています。

ここがオシャレめずらしいお花が届く

ポスト配達なし
配送日毎月第1金曜日発送し、土日に到着
お届け頻度月1回
プレゼントできる
品質保証あり(返品後に交換)
仏花なし
仕入れ/配送東京大田市場花き部仲卸
対応エリア岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、東京都、神奈川県、
埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、
石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、
三重県、大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県
支払い方法クレジットカード
税込料金
プラン通常コース3か月コース6か月コース
料金2,178円/回1,995円/回1,995円/回
送料825円/回825円/回825円/回
本数の目安4~5種の花を8~10本4~5種の花を8~10本4~5種の花を8~10本
配送手渡し手渡し手渡し
税込料金

3か月コース・6か月コースは、初回にまとめて料金を支払います。
(3か月コース=5,984円、6か月コース=11,968円)

途中解約しても、残りの料金は返金されません(解約手数料として残額すべてを請求されます)。

解約の申し込みがない場合は自動継続になります。

珍しいお花が届く

ma fleurのお花を飾る

市場価格より安いがモットー

↑お花サブスクの一覧へ戻る

世界のお花が届く「世界の花屋」※受け付け停止中

世界の花屋の公式サイト画像
出典元:https://sekainohanaya.com/
世界の花屋の特徴アイコン一覧

世界の花屋は、その名のとおり日本では珍しい、世界各国のお花のブーケが月1回届く定期便です。

お花屋さんでは手に入らない、世界各国の農家から届けられる草花を楽しむことができます。

めったにお目にかかれないお花が届くのは嬉しいし、送られてくるブーケはエレガンドの一言に尽きます!

1ヶ月に1回の配送で5,500円(税込)の価値はあるでしょう。

一方で、販売数(申し込み枠)が決まっているため、必ず利用できるわけではありません

実際に、2021年3月時点では、定期便の新規受付を停止していて、2021年6月以降に再開の予定です。

ここがオシャレ普段お目にかかれないお花が、ゴージャスかつエレガントに彩られたブーケ

ポスト配達なし
配送日水曜日~日曜日
お届け頻度月1回
プレゼントできない
品質保証あり(内容は未公表)
仏花なし
仕入れ/配送未公表
対応エリア全国
支払い方法クレジットカード、AmazonPay
税込料金
料金5,500円/月
送料エリア別送料(1,100円~2,750円)
1ヶ月の総額5,500円
本数の目安生花ブーケ
配送手渡し
税込料金

東京近郊なら、送料込みで月額6,600円。
本州の端っこでは、月額8,250円となります。

世界のお花

世界の花屋のお花を飾る

新規受付停止中

↑お花サブスクの一覧へ戻る

洋花から仏花まで「Miraflora/ミラフローラ」

Miraflora(ミラフローラ)の公式サイト画像
出典元:https://miraflora.net/
ミラフローラの特徴アイコン一覧

東京都東村山市のフラワーショップ「ミラフローラ」による、お花の定期便です。

ミラフローラのメリットは、配送翌日に到着するので、元気なお花が届くところです。

月曜日・水曜日・金曜日に市場で仕入れたお花をアレンジして、土曜日に到着するよう配送してくれます。

小規模店という強みを活かして、仏花の定期便は命日指定ができましたが、定数に達したためできなくなりました。

ここがオシャレ中世を連想させるアレンジのお花

ポスト配達なし
配送日第1第3土曜日(月1回なら第1土曜日のみ)
お届け頻度月1回/月2回から選択
プレゼントできる
品質保証未公表
仏花あり
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア全国(北海道、沖縄を除く)
支払い方法クレジットカード、コンビニ決済、銀行振り込み
税込料金

月1回コース(第1土曜日配送)は定員に達したので、第2土曜日の配送となりました(2021年3月15日時点)。

また、月2回コースの配送日は、第2/4土曜日に変更されました。

【洋花】プランと料金の一覧

プラン洋花の定期便A洋花の定期便B
料金800円/回2,000円/回
送料地域別送料900~1,400円/回地域別送料900~1,400円/回
本数の目安4~5本11~12本
配送手渡し手渡し
税込料金

AとBでは、お花の長さが違います。
Aは20cmぐらい、Bは35cmぐらいです。

テーブルにちょこんと飾るならA、豪勢に飾るならBです。

【仏花】プランと料金の一覧

プラン仏花の定期便仏花の定期便一対
料金1,100円/回2,200円/回
送料地域別送料900~1,400円/回地域別送料900~1,400円/回
本数の目安6~7本12~14本
配送手渡し手渡し
税込料金

高さ40cmぐらい、幅20cmぐらいです。
到着日は、土曜日、7日、15日、25日、28日、29日から選べます。

まちの花屋の定期便

Mirafloraのお花を飾る

かわいいお花が届きます

↑お花サブスクの一覧へ戻る

グリーンブーケの定期便「フラワーキッチン自由が丘」

Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)の公式サイト画像
出典元:https://www.flowerkitchen-web.com/
フラワーキッチン自由が丘の特徴アイコン一覧

Flower kitchen JIYUGAOKA(フラワーキッチン自由が丘)は、自由が丘・中目黒・京都に店舗を持つフラワーショップです。

フラワーキッチンの定期配送は、花じゃなくてグリーン。
そう、葉物です!

葉物は、花よりも長持ちするので、いつまでも青々とした姿を楽しむことができます。

とはいえ、色合いがグリーン系1色で、単調になりがちなのがザンネンです。

ここがオシャレ小ぶりなグリーンを観葉植物っぽく飾れる

ポスト配達あり(投函口の広さ:横幅22.5cm×厚さ2.5cm)
配送日水曜日発送
お届け頻度2週に1回
プレゼントできる(ラッピング/メッセージ不可)
品質保証あり(返金)
仏花なし
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア全国
支払い方法クレジットカード、コンビニ払い(NP後払い)、代引き、Amazonペイメント
税込料金
料金770円/回
送料無料
1ヶ月の総額1,540円
本数の目安5種類のお花
配送ポスト
税込料金

定期購入を申し込むと、最低でも4回の受け取りが条件となっています。

初回に、4回分の料金を一括で支払いますが、途中解約すると解約手数料として残額すべてを請求されるので、お金は1円たりとも戻ってきません。

継続のつど4回分をまとめて支払うので、解約のタイミングは4回目の発送直後となることを覚えておくと役立ちますよ。

グリーン(葉物)の定期便

フラワーキッチン自由が丘のお花を飾る

緑が欲しい人向け

↑お花サブスクの一覧へ戻る

カフェ併設のお花屋さん「UTSUWA FLOWER/ウツワフラワー」

UTSUWA FLOWER(ウツワフラワー)の公式サイト画像
出典元:https://www.utsuwaflower.jp/
ウツワフラワーの特徴アイコン一覧

ウツワフラワーは、都内でカフェを併設したお花屋さんです。

お花とコーヒーを楽しめるワークショップを開いています。

読み物「UTSUWA SHINBUN(ウツワ新聞)」が一緒に届くので、お花のことをもっと知れるのが特徴♪

一方で、公式ショップや出店先の楽天で、定期便の申し込みフォームがなくなってしまったのが気がかりです。

ここがオシャレラッピングブーケが届く

ポスト配達なし
配送日土曜日の午前中に到着
お届け頻度2週に1回
品質保証あり(交換)
仏花未公表
仕入れ/配送自社店舗
対応エリア未公表
支払い方法クレジットカード、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、銀行振り込み、キャリア決済、楽天ペイ
税込料金
料金1,650円/回
送料無料
1ヶ月の総額3,300円
お花の目安5~7本
配送手渡し
税込料金

ウツワ新聞

ウツワフラワーのお花を飾る

まちのお花屋さん

↑お花サブスクの一覧へ戻る

ミニブーケ「mure fleuriste/ミュールフルーリスト」

mure fleuriste(ミュールフルーリスト)の公式サイト画像
出典元:http://murefleuriste.com/
ミュールフローリストの特徴アイコン一覧

月1回、ミニブーケが届きます。

ここがオシャレ珍しいお花のミニブーケ

ポスト配達なし
配送日第1日曜日午前中/第2土曜日午前中から選択
お届け頻度月1回
プレゼントなし
品質保証未公表
仏花なし
仕入れ/配送未公表
対応エリア北海道、沖縄、東北以外の全国
支払い方法未公表
税込料金
料金2,700円/回
送料無料
1ヶ月の総額2,700円
お花の目安高さ20cm以上、直径15cmほど
配送手渡し
税込料金

珍しいお花のミニブーケ

mure fleuristeのお花を飾る

月1回届きます

↑お花サブスクの一覧へ戻る

↑目次へ戻る

「HANAIMO/ハナイモ」

HANAIMOの公式サイト画像
出典元:https://www.hanaimo.com/
hanaimo(ハナイモ)の特徴アイコン一覧

東京都内に店舗を構えるお花屋さんで、株式会社Traudel(トラウデル)が運営しています。

特徴は、高価なお花の取り扱いがメインで、配送にも気を使っていること。

その反面、送料だけで3,000円前後かかり、お花代もあわせて1回の配送で6,000円以上かかります。

連絡方法はFAX・メール・電話。定期便利用者向けのウェブやアプリがないので、不便を感じるかもしれませんね。

ここがオシャレ高価なお花

ポスト配達できない
配送日指定できる
お届け頻度注文のつど/月1回/月2回から選択
プレゼントできる
品質保証あり(代替品を配送)
仏花あり(1束/1対)
仕入れ/配送自店
対応エリア全国(沖縄、離島、山間部除く)
支払い方法クレジットカード、銀行振り込み、NP後払い(コンビニ、郵便局、銀行振り込み)
税込料金
料金3,300円/回~
送料基本料金1,200円~1,500円+手数料1,650円
1ヶ月の総額6、150円~11,400円
お花の目安4~5種のお花
配送手渡し
税込料金

注文のつど配送が基本ですが、定期便プランなら月1回/月2回から選べます。

↑お花サブスクの一覧へ戻る

「イイハナドットコム」

イイハナドットコムの公式サイト画像
出典元:https://www.e87.com/s/monthly/
イイハナドットコムの特徴アイコン一覧

千趣会が運営するお花の宅配便です。

3,000円前後のアレンジメントのお花が、12か月間毎月お花が届きます。

ここがオシャレとくになし

ポスト配達できない
配送日毎月20日前後
お届け頻度月1回
プレゼントできる(メッセージカード・ラッピングあり)
品質保証未公表
仏花あり(1束)
仕入れ/配送都内
対応エリア全国(離島、一部地域除く)
支払い方法クレジットカード、銀行振り込み
税込料金
料金2,750円/回~4,400円/回
送料880円/回
1ヶ月の総額3、630円~5、280円
お花の目安ブーケ・アレンジメント
配送手渡し
税込料金

↑お花サブスクの一覧へ戻る

エコポット入りで花瓶不要「HANA+co+COLO/ハナココロ」

ハナココロの公式サイト画像
出典元:https://atelieracor.com/
ハナココロの特徴アイコン一覧

ハナココロの特徴

  • お花×音楽
  • 花瓶不要。届いてそのまま飾れる
  • 値段が高く一般家庭には手が届きにくい

HANA+co+COLO(ハナココロ)は、大阪のFMラジオ局「FM COCOLO」と京都のフラワーショップ「atelier Acor(アトリエ アコル)」がコラボしたお花のサブスクです。特徴は、お花のテーマと同じテーマの音楽情報が送られてくること。同じテーマのお花を見て、同じテーマの音楽を聞く楽しみ方ができます。届く音楽は、曲目(タイトル)であり、音源や音楽データはではないことに気を付けてください。

料金プランは、2,500円(税込)と2,800円(税込)の2種類。すべて、エコポットに入っているので、花瓶は不要。配送日は、それぞれ土曜日と日曜日から選べます。配送頻度は月2回。送料は無料です。

配送エリアは、北海道・青森・秋田・沖縄・離島を除く全国です。

HANA+co+COLOの公式サイト

観葉植物の定期便「BRAZO/ブラッソ」

ブラッソの公式サイト画像
出典元:https://brazo.stores.jp/
ブラッソの特徴アイコン一覧

ブラッソの特徴

  • シックで大人な色合いの定期便
  • 到着日を選べる(火曜日or土曜日)
  • 送料が高い(1,560円~)

BRAZO(ブラッソ)は、名古屋市に店舗を構える花屋です。フローリストの石原智子さんが、その日仕入れたお花を厳選してアレンジします。

料金プランは、フローリストが選ぶおうちのお花セット(2,500円/5,000円)。送料として1,560円~2,760円が加わります。また、グリーン(葉物・観葉植物)のみの定期便コースもあります。

配送エリアは全国ですが、北海道・東北・九州・沖縄は場合により配送できないことがあります。配送業者は、ヤマト運輸です。

BRAZO(ブラッソ)の公式サイト

ロスフラワー対策「+hana/タスハナ」

+hana(タスハナ)の公式サイト画像
出典元:https://tasuhana.com/Landing/Formlp/hana_lp.aspx
+hana(タスハナ)の特徴アイコン一覧

+hana(タスハナ)の特徴

  • 市販前の試作品種が届くことがある
  • 最低受け取り回数(6回)がある
  • 規格外のため廃棄予定のお花を使用

+hana(タスハナ)は、大阪市の株式会社Itが運営するお花のサブスクです。お花の仕入先は花市場ですが、発送元の地域は分かりません。なお、株式会社Itは、+hanaのほかに、観葉植物の販売も手掛けています。

+hanaに似たお花のサブスクは、ライフルフラワーです。お花の品質は、茎の短さなどから推察すると、LIFULL FLOWERと同程度かそれ以下と思われます。これは、ライフルフラワーと違い、地域による追加送料がないので仕方がありません。

+hanaの公式サイトの情報によると、+hanaを利用することでお花の廃棄ロス対策に参加することとなり、社会の役に立てるとアピールしています。しかし、お花サブスク各社はフラワーロス対策の一貫でサービスを実施しているところがほとんどなので、大きな特徴となり得えません。エコ感は伝わりますが、私たち消費者側のお花体験という面が欠けていて、残念ながら心が踊りません。

また、運営者サイトがしっかり整備されていないため、信頼感に欠けるのが難点。これからの発展に期待したいお花のサブスクです。

+hana(タスハナ)の公式サイト

ペット用の仏花「花まりか」

花まりかの公式サイト画像
出典元:https://www.hanamarika.com/
花まりかの特徴アイコン一覧

花まりかの特徴

  • 仏花の定期便が豊富
  • ペット用の仏花がある
  • 月命日を指定して宅配できる

花まりかは、神奈川県の株式会社FLEGRE(フレグレ)が運営するお花屋さんです。ロゴにYOKOHAMAの文字が入っていますが、所在地は鎌倉市。実店舗のほか、公式サイトと楽天で、お花の販売を行っています。

花まりかでは、洋花と仏花の定期便を取り扱っています。注目は、4種類ある仏花の定期便。見た目や色合いの違ったコースから、好きなものを選ぶことができます。しかも、1種類はペット用!

お花は、ブーケタイプと鉢植えタイプから選択できます。2束1対の配送はありません。

配送回数は、3回、6回、12回から選ぶことができます。初回支払いのとき、全額を一括で支払います。1配送あたりの金額は、4,000円~11,000円が相場。そのため、初回の支払いは12,000円~132,000円となり、大きな出費になるのがネックです。

花まりかの公式サイト

bloomee gift/ブルーミーギフト(※新規受付停止中)

bloomee gift(ブルーミーギフト)の公式サイト画像
出典元:https://gift.bloomeelife.com/

ブルーミーのギフト専用サービス。2021年なかごろから、新規受付を停止して、ブルーミーの利用を推奨しています。

お花のサブスク・定期便の選び方

お花のサブスクを選ぶにあたって、疑問や不安を感じるコトの解決法を紹介します。

留守がちならポスト投函、日中在宅なら宅配便がおすすめ

ポスト投函なら、留守でもお花が受け取れます。

日中在宅なら、お花のボリュームが多い宅配便配達がおすすめです。宅配便は、クロネコヤマトなどの業者による配送と、花屋スタッフによる宅配の2つがあります。

▼配送方法3つの違い

配送方法ポスト業者配送花屋配送
本数3~5本プランによる多い
花の長さ25cm前後35cm~50cm50cm程度
お値段1,000円前後1,500円~10,000円1,000円~2,000円

花屋配送がお得ですが、切り花が新聞紙で包まれて届き、花瓶に挿すときは自分で切り揃えなければなりません。

ポストに届く定期便の比較もご覧ください。

↑選び方に戻る

配送は2週間に1回がおすすめ

配送頻度は、2週間に1回がおすすめです。切り花の寿命は、2~3週間ほど。毎週配送よりも、支出を抑えられるのもポイントです♪

▼配送頻度ごとのメリットとデメリット

配送頻度メリットデメリット
毎週いろんなお花が楽しめるまだ咲き誇っているのに新しいお花が届く
代金の負担が多くなる
2週に1回(月2回)お花と料金のバランスが良いお世話の手間が増える
月1回代金の負担が少ない次の配送までにお花が散る

↑選び方に戻る

お花のサブスクの豆知識

お花のサブスクを利用するうえで役立つ豆知識を、お届けします。

出荷元によってお花の鮮度が異なる

お花のサブスクでは、「お花の農場」「花市場」「最寄りの花屋」の3つから出荷(配送)されます。どれも、鮮度に問題はありません。あえて鮮度のイイ順に並べると、次のとおりです。

  • お花の農場
  • 最寄りの花屋
  • 花市場

花市場よりも、最寄りの花屋の方が鮮度が良いのは、配送距離が短いからです。

最寄りの花屋は、地域の市場で仕入れて、近くの家庭に配送します。一方、花市場は、作業場(市場内/自店)に運んでから、全国に向けて配送します。

▼【図解】お花サブスクの配送拠点

お花の定期便(サブスク)の出荷元(配送拠点)地図

↑豆知識に戻る

夏場は配送中に萎れることがある

夏場は、お花が萎れやすいです。パッケージを開けたらくたびれてることも。

しおれにくくするためにできることは、次の2つです。

  • 花屋スタッフによる直送(配送時間が短い/車内エアコン)
  • クール便で届けてもらう(有料:300円前後)

花屋スタッフの直送は、ピュアフラワーfrantoliveで行っています。

クール便のオプションは、medeluHitohanaにあります。

↑豆知識に戻る

切り花を長持ちさせる方法

切り花を下処理(水揚げ=みずあげ)すると、持ちが良くなります。3日に1回のペースで水揚げすると、さらに持ちが良くなるので、配送頻度が2週に1回・月1回ならおすすめです!

▼下処理の手順

  • 花瓶を洗い、水を入れておく
  • 大きめのボールに水を張り、茎の切り口を水につける
  • カッターで、茎の根本を斜めにカットする(水中でカットする)
  • 花瓶に挿す

ポイントは、「水の中」「カッター」「斜め」の3つです。

水の中でカットすると、茎の中にある水の通り道(道管)に空気が入らないので、お花が長持ちします。カッターを使うと、茎の細胞を押しつぶさないので腐りにくくなります。斜めにカットすると、お水に触れる断面の面積が増えて、お水をたっぷり吸えます。

↑豆知識に戻る

サブスク花にぴったりな花瓶の選び方

いちばん簡単で失敗しにくい花瓶の選び方は、お花の配送方法で決めるやり方です

  • ポストに届くお花:高さ10~15cmの花瓶
  • 宅配便で届くお花:高さ15~20cmの花瓶

ガラス製・透明・シンプルデザインの花瓶なら、どんなお花にも合うので1台あれば大丈夫!

なお、お花のサブスク各社は、自社のお花に合う花瓶を別途販売しています。

  • 「買いに行く時間がない」
  • 「お花に合う花瓶が欲しい」
  • 「プレゼントで利用する」

というときは、迷わずサブスクで購入、もしくは花瓶がセットになったプランを申し込むと便利です。

花瓶が買えるお花の定期便と自分で用意するときの選び方をご覧ください。

↑豆知識に戻る

毎月1回、記念日にお花を贈ることができる

お花の定期便を、結婚記念日や奥さんの誕生日に贈る人もいらっしゃいます。例えば、

「11月22日に入籍したから、毎月22日にお花を贈ろう!」

といった具合です。サブスク各社、お花のテイストが異なるので、お相手の好みに合わせたお花選びを楽しむこともできますよ^^

▼詳しくは、お花の定期便(サブスク)をプレゼントするをご覧ください。

↑豆知識に戻る

傷んだお花を取り替える「品質保証」がある

お花のサブスク各社に、傷んだお花が届いたときにフォローする「品質保証」があります。

▼品質保証の種類

  • 交換:お花を返送して、新しいお花を届けてもらう
  • 再送:新しいお花を届けてもらう
  • 次回無料:次のお花が無料になる
  • 返金:1回分の代金が返金される
  • 次回お花増量:次回のお花が数本増える

交換以外は、手元に傷んだお花を残したまま補償が受けられます。傷んだところを処理すれば、キレイに飾れますよ♪

↑豆知識に戻る

仏花もサブスクで配送してもらえる

仏花も、サブスクで配送してもらうことができます。墓前に供えられる2束1対や、月命日を指定することもできます。

▼詳しくは、仏花のサブスクの比較をご覧ください。

↑豆知識に戻る

まとめ

お花のサブスク・定期便は、不在でも受け取れるポストに届くプランが人気。料金の安さで選ぶときは、値段だけじゃなくお花の本数の比較も大切です。

また、プレゼント・ギフト向け仏花など用途で選んだり、ドライフラワーグリーンブーケバラなどの種類で選ぶこともできます。

お花のサブスク・定期便は、数え切れないほど乱立しているため、「どの定期便がいいのかな?」と迷いがちですが、このページでピッタリなサブスクを見つけていただけたら、幸いです。

お花の効果は、リラックス・生き物をいつくしむ心を育む・色彩センスが良くなるなど多彩。そして、私たちの生活を充実したものに導いてくれます。手軽でセンスの良いお花のサブスクで、普段の生活に色どりを加えてみるもの一興ですね♪

お花や植物って、寄り添ってくれるフシギな感覚があるんですよね。可愛いお花を、お部屋や玄関にちょんっと飾るだけで、和んだり華やかになるし、仕事から帰ってきたとき癒されます^^

お花の宅配便で、ストレスを解消したり、リラックスできる空間づくりを楽しんでくださいね♪

お花サブスクの比較に戻る

-お花のサブスク(定期便)