トランクルーム

宅トラの口コミ評判【家具保管の実力が判明】クロネコヤマトのトランクルームを料金から解約まで分析

宅トラの口コミ、特徴、料金、手続き

宅トラは、クロネコヤマト(ヤマト運輸)が荷物の集荷・保管・配送すべてを担当する宅配型トランクルームです。

ここでは、サービス内容を分析して、どんな人が宅トラの利用に向いているのか、どんなメリットとデメリットがあるのか、まとめ上げました。利用者の口コミ評判も分析して、失敗例や賢い使い方も提案しています。

「荷物をどこに預けようか」とお悩み中なら、保管先選びにお役立てください。

宅トラ保管料6ヶ月半額キャンペーン実施中
2021年9月30日まで

クロネコヤマトの倉庫に保管

宅トラに荷物を保管する

万全のセキュリティと空調設備

もくじ

宅トラとは

宅トラは、クロネコヤマト(ヤマト運輸)が荷物の集荷・保管・配送すべてを担当する宅配型トランクルームです。株式会社クオリティライフコンシェルジュが運営していますが、荷物のやり取りはすべてヤマト運輸が行います。

宅トラの元になってるサービスは、ヤマト運輸が手掛ける「スマート保管」です。スマート保管は、海外へ赴任・出張する社員のために法人(会社)向けに提供している荷物預かりサービス。これを、私たち個人が使えるようにしたのが宅トラです。

海外に行くとなると、住まいを解約する人が多いのですが、「海外出張や海外留学するので、アパートを解約したい。でも、家財道具の置き場所がない!」となりがち。

宅トラは、家財道具一式を半年以上預けっぱなしにする人にピッタリのサービスです。「ヤマト運輸に荷物を保管した!」という安心感が得られるのも、大きな魅力ですね♪

種類宅配型トランクルーム
保管できる荷物ダンボール箱から大型家具(ベッド・冷蔵庫・食器棚・本棚など)まで可
対応エリア全国
最低利用期間6か月間
補償1箱30万円
1ボックス60万円

宅トラの運営者

保管先(倉庫)について

  • 荷物運搬:ヤマト運輸(クロネコヤマト)
  • 倉庫の運営者:株式会社渡辺本家倉庫
  • 倉庫の所在地:茨城県古河市丘里12-2(古河駅から車で13分)
  • 構造:重量鉄骨長尺鉄板張り/平屋建て
  • 防犯対策:防犯カメラによる24時間監視/警備会社による夜間継続警備など
  • 空調設備:電動ルーフファンによる強制換気を行い、温度は20~25度、湿度は55~65%をキープ

宅トラのデメリット

宅トラの悪い口コミ・評判を分析して傾向別に分類

宅トラのサービス内容を他社と比較したところ、2つのデメリットが浮かび上がってきました。

デメリット1:精密機器を預かってもらえない

宅トラでは、精密機器の預かりはできません。クロネコヤマトのスマート保管の規約で、精密機器は預からないとしています。

こちら(外部サイト)で精密機器が分類されています。厳密には、テレビも精密機器にあたりますが、宅トラの料金シミュレーションにテレビやパソコンといった電子機器が表示されています。

宅トラでは、日常的に使われ、多少の衝撃では壊れない(トラック輸送に耐えられるもの)テレビ・パソコン・ゲーム機は保管できます。よって、保管できない精密機器とは、「繊細な取り扱いが求められる機械類」「一般に出回っていない高価な機械類」であると考えられます。

↑デメリット一覧に戻る

デメリット2:6か月間の最低預入期間がある

宅トラは、保管を開始してから6か月間は、荷物を預け続けなければいけません。荷物を途中で引き出しすることもできますが、6か月経たずに全量出庫すると解約扱いとなり、6ヶ月分の料金を満額請求されます(正確には、6ヶ月分の料金と支払い済み料金との差額)。

荷物を1点でも残しておくと、解約扱いになりません。ただし、荷物を引き出すたびに取り出し配送料がかかるので、まとめて出庫した方が安上がりです。

↑デメリット一覧に戻る

↑目次に戻る

宅トラのメリット

宅トラの良い口コミ・評判を分析して傾向別に分類

宅トラの特徴的なメリットは、次の3つです。

3つのメリットを分析して、「こんな人・場合は宅トラが役立つよ」という具体例をまとめあげました。

メリット1:保管中の荷物すべてをウェブで画像確認できる

宅トラは、預けた荷物を1点ごとを、クロネコヤマトの専用サイトで荷物管理できます。何を預けたのか一目で分かるし、出庫では、1点ごと確認しながら出庫依頼ができますよ。写真の撮影とアップロードは、宅トラがやってくれます。

↑メリット一覧に戻る

メリット2:補償が厚い

宅トラで保管中の荷物が、万が一、荷物の破損や紛失にあった場合は、補償金が支払われます。

プラン補償額保管
ちびトラプラン最大30万円/箱ダンボール
ボックスプラン最大60万円/ボックスかご台車

ダンボール1箱の補償額30万円は、宅配型トランクルーム他社と比べていちばん高いです(ダンボールの補償額は、1箱につき10,000円が業界標準)。

かご台車1台の補償額60万円も、宅配型トランクルーム他社と比べていちばん高いです。かご台車で保管できるトランクルームと補償額は、klassy(クラッシー)が30万円、ヒロイエも30万円です。

保管に自信があるからこそ、補償額が高いのでしょうね!

↑メリット一覧に戻る

メリット3:ダンボール箱に入らない大型荷物を預けられる

宅トラは、宅配型トランクルームでありながら、ダンボール箱に入らない家具や電化製品など大型の荷物も保管できます。そのため、引越しにも利用できます。

大型荷物を保管できる宅配型トランクルームには、エアトランクAZUKEL(アズケル)klassy(クラッシー)ヒロイエがあります。これらすべてトランクルームの後発業者。

宅配型トランクルーム大手である、サマリーポケットminikura(ミニクラ)、CARAETO(カラエト)は、大型荷物を保管できません。

↑メリット一覧に戻る

↑目次に戻る

宅トラの口コミ評判

宅トラの評判口コミ。良い悪いの傾向を分析

宅トラを使っている方々がSNSや口コミサイト(ツイッター・みん評)に投稿した評判口コミを、客観的に分析しました。

悪い口コミは、次の4つが特徴的でした。

  • カーゴボックスで背の高いものを預けられない
  • 大型荷物の引き取りを停止することがある
  • 最低保管期間があり配送料金が高いので手軽さに欠ける
  • 精密機器の保管には不向き

一方、良い口コミは、次の3つが特徴的でした。

  • 機材を保管できる
  • 宅配トランクルームの中でベスト品質
  • ウェブで荷物の画像を確認できるから何を保管したか忘れても大丈夫

上記合計7つの口コミを、考察も加えて紹介します。

悪い口コミ1:カーゴボックスで背の高いものを預けられない

宅トラの主力プランであるボックスプランでは、高さ(長さ)170cmを超える荷物を保管できません。高さ(長さ)170cmを超える家具は、ベッド・本棚・食器棚・冷蔵庫(400リットル以上)などがあります。

この口コミをした人は、2メートルもある長尺モノの預け入れを検討していました。しかし、契約したプランでは保管できないと知り、荷物を処分することとなりました。せっかく契約したのに、預けられないなんて・・・。

高さ(長さ)が170cmを超える荷物は、大型荷物プランで保管できます。参考までに、各プランの高さ制限をどうぞ。

プラン保管方法高さ制限
ちびトラプランダンボール箱40cm
ボックスプランかご台車ミニボックス:130cm
レギュラーボックス170cm
大型荷物プラン個別保管なし

自宅内を見渡しても、1辺の長さが170cmを超える家具・家電は、そうそう多くありません。料金の安いカーゴボックスに詰め込み、170cmを超えるものは大型プランで個別に保管しましょう。

まずは、宅トラ公式サイトで、大型荷物1点ごとに集荷から取り出しまでの総額をチェック。高ければ処分・売却して、後で使うときに買い直すという手もあります。

悪い口コミ2:大型荷物の引き取りを停止することがある

宅トラでは、荷物の取り扱いが多くなる3月に、大型荷物の引き取り(集荷)を取りやめることがあります。なぜならば、3月は引っ越しが集中するため、引越し事業もやっているクロネコのトラックが足りないからです。

下記は、2020年3月に、宅トラが大型荷物の引き取り停止をしたときの画像と、2021年に、荷物の引き取りを停止を発表したときの引用です。

宅トラのボックスプランの引き出し配送停止のお知らせ
出展:https://www.takuhaitrunk.com/

以下期間のお荷物の引き取りは、ご希望者多数のため締め切らせていただきました。
2021年3月13日(土)~2021年4月8日(木)
出展:https://www.takuhaitrunk.com/news/20210301/

実際に、荷物引き取り停止を不便と感じた口コミがありました。

このツイートをした人は、ダンボール箱15個を保管したかったようです。でも、停止したのは大型荷物だけ。ダンボール箱を保管する「ちびトラプラン」は、3月でも集荷(荷物の引き取り)してもらえます。

ちびトラ(ダンボールタイプ)の引取りついては、上記期間中も通常通り対応しております。

3月4月の引っ越しシーズンを思い出してみると、クロネコヤマトは毎日個人宅へ個別配送しています。ちびトラプランが停止しないのは、当然のことかなと。

さらに、ヤマト運輸はサマリーポケットミニクラなど、他社トランクルームのダンボール箱の集荷/配送を引き受けていますが、停止になったことは1度もありません。

↑悪い評判とデメリット一覧に戻る

悪い口コミ3:最低保管期間があり配送料金が高いので手軽さに欠ける

宅トラには、6か月間の最低保管期間があるため、必要なときだけ利用するといった手軽さがありません。しかも、配送料金が高いので、何度も出庫するとお財布へのダメージが大きいです。

配送料を節約するなら、荷物の取り出しは全量出庫1度だけにしておきたいところ。でも、使いたいときに使いたいものを取り出すことができず・・・。悩ましい。

悪い口コミ4:精密機器の保管には不向き

良い口コミ1:機材を保管できる

イベントで使う、テーブル、テント、パネルといった機材。大きくて場所を取るのに、頻繁に使うものではないから、どこか別の場所にしまっておきたいですよね。

宅トラは、大型荷物に対応しているので、イベントで利用する大型の機材の保管ができます。

良い口コミ2:宅配トランクルームの中でベスト品質

宅配型トランクルームで心配なのが、配送中の紛失や破損、さらには、保管中のカビや虫食いです。

まあ配送・保管がヤマトなので、品質的には宅配型のトランクルームではベストと思います。
引用元:https://minhyo.jp/takuhaitrunk

宅トラは、ヤマトクオリティで輸送するので安心。倉庫は24時間空調により、カビや虫食いが発生しにくい温度と湿度を保ちます。

宅配型トランクルーム10社以上を比較したところ、口コミのとおり宅トラがベストな品質でした。ヤマトが運搬する宅配型トランクルームは数多くありますが、温度と湿度については、宅トラが一番優れています。

良い口コミ3:ウェブで荷物の画像を確認できるから何を保管したか忘れても大丈夫

宅配型トランクルームの利用者からよく聞こえる口コミが「何を保管したか忘れた!」というもの。宅トラは、保管する荷物すべてを画像化して、専用ウェブでいつでも確認できるシステムを整えています。

荷物について一体何を預けたのか忘れてしまうってことがありました。わざわざ電話で聞いたりも面倒ですし、できないことも。確認のために現地に行くとかもちょっと…で。宅トラだとWebと写真で管理ができるから、そこが良いですね。
引用元:https://minhyo.jp/takuhaitrunk

宅トラ3つの料金プラン

宅トラの特徴(料金や取り出しなど)

宅トラには、3つの料金プランがあります。

宅トラのプラン

使い分けとしては、少量の小物類はちびトラ、大量の小物類や一人で運べる衣装ケースやテレビなどはボックス、複数人で運ぶような大きな家具家電は大型荷物となります。

ダンボール保管【ちびトラプラン】料金と内容

ちびトラプランは、宅トラが指定する専用段ボール箱に入れて預け入れるプランです。本や服のように、大きくなく重ねて収納できるものの保管に向いています。

ちびトラプランは、「ちびトラ3」と「ちびトラ5」のふたつがあり、保管できるダンボールの数が異なります。

プランちびトラ3ちびトラ5
ダンボールの数3つ5つ
箱のサイズ高さ40cm×横幅60cm×奥行き40cm(140サイズ)
点数制限なし
重量制限20kg/箱

ちびトラプランの欠点は、1箱だけの保管でも、料金を満額請求される(3箱分・5箱分)ところ。

ですから、前もって預け入れるアイテムを箱別に選定しておき、プランの上限数まで預けるといいですよ。まずは1箱、あとで追加でもう1箱というように預けることもできます。段ボールに入れたいものがはみ出るなら、ボックスプランでの預け入れとなります。

では、料金をみていきましょう。ちびトラプランの金額は、次の5つで構成されています。

  • 月間保管料
  • ダンボール箱代
  • 初回引き取り料
  • 倉庫への送料
  • 引出し配送料

ちびトラ3とちびトラ5の料金を、比べてみました。

プランちびトラ3ちびトラ5
月間保管料1,628円2,178円
ダンボール箱代990円(1箱330円×3箱)1,650円(1箱330円×5箱)
初回引き取り料別掲別掲
倉庫への配送料別掲別掲
引出し配送料別掲別掲
税込料金

初回引き取り料・倉庫への送料・引出し料金は、地域によってことなります。こちら、表にまとめました!

エリア初回引き取り料倉庫への配送料引き出し配送料
関東・信越・北陸・中部・南東北4,950円2,035円1,650円
北東北・関西5,280円2,156円1,760円
中国5,610円2,277円1,870円
四国5,940円2,277円1,980円
北海道・九州6,270円2,519円2,090円
沖縄10,890円3,971円1,650円
【※1】税込料金。
【※2】配送料金は、140サイズを現金決済で送る場合の金額ですが、キャッシュレス決済だと1箱につき2円割引、クロネコメンバーだと10%~15%の割引があります。
【※3】沖縄への引き取り配送料金は、船便と思われます。
  • 初回引き取り料:最初に1回だけ支払う料金。月額料金3ヶ月分。
  • 倉庫への配送料:1箱あたりの配送料金。宅急便として送るため、料金がかかります。
  • 引出し配送料:倉庫から(ご自身で指定した場所)へ運んでもらうための、1箱あたりの料金。

詳しい料金は、ヤマト運輸の料金検索をご利用ください。
※「発地」はお住まいの地域を、「着地」は関東を選んでください。

保管には専用ダンボールが必要

ちびトラプランでは、専用ダンボール箱に入れなければ、預かってもらえません。倉庫内での管理を確実にするため(サイズ違いによる荷崩れや落下防止、規定の箱に入れることで紛失防止)でしょう。

他の宅配型トランクルーム業者も、同じように専用ダンボールを必須とすることがほとんどなので、理解はできます。しかし、ダンボールを無料にしている他社が多いなか、宅トラは1箱330円かかることに疑問符3つぐらい投げつけたいですね。

ミニクラサマリーポケット宅トラ
無料無料300円/箱

ちびトラプランの結論

ちびトラプランは、料金が高いので利用をおすすめしません。ダンボール専用の宅配型トランクルーム「サマリーポケット」と比較すると、料金の高さは一目瞭然です。

トランクルーム宅トラサマリーポケット
月間保管料542円605円
ダンボール箱代330円無料
初回引き取り料4,950円~無料
倉庫への配送料2,035円~無料
引出し配送料1,650円~1,320円
宅トラは、ちびトラ3を掲載。サマリーポケットは、スタンダードプランのラージボックスを掲載。

ちびトラプランは、カーゴボックスや大型荷物をメインで保管するとき、トランクルーム業者をひとまとめにしたいときだけ利用するといいですよ。

なお、宅トラは、1箱単位での出庫となり、箱の中の1アイテムだけといった個別配送はできません。

↑目次に戻る

【かご台車で保管】ボックスプランの料金と内容

ボックスプランは、カゴ車(かご台車・キャリーボックス)を自分専用に1台借りて、入る分だけ荷物を保管するプランです。

かご台車は、3辺を鉄柵で覆われたキャスター付きの台車です。

かご台車とは、キャスターのついた鉄かごです。運送業者の倉庫や、スーパーマーケットとかホームセンターのバックヤードで商品の運搬に使われています。頑丈かつ移動がラクラクなので、家具や家電製品のような重くて大きいものの保管にピッタリ。

ボックスプランは、かご台車(キャリーボックス)の容量いっぱいまで、荷物を詰め込むことができます。宅トラの倉庫に運ばれたかご台車は、荷物を乗せた状態で保管されます。

ボックスは大小2種類あり、大きさによってミニボックスとレギュラーボックスに別れています。

ボックスサイズ広さ収納力
ミニボックス高さ130cm×横幅104cm×奥行104cm0.6畳分(1.08m2)ちびトラダンボール24箱分
レギュラーボックス高さ170cm×横幅104cm×奥行104cm0.6畳分(1.08m2)ちびトラダンボール30箱分

じゃあ、どんな家具・家電が収まるの?ということで、一例を表にまとめました。

ボックス冷蔵庫洗濯機ゴルフクラブスーツケース2人掛けソファタイヤ
ミニボックス200リットルドラム式
(洗濯11kg/乾燥7kg)
立てれば可
レギュラーボックス300リットルドラム式
(洗濯11kg/乾燥7kg)
立てれば可

保管する荷物の全高によって、どちらのボックスにするか決めます。キャリーボックスに収まらないときは、大型荷物のプランを利用しましょう。

ボックスプランの料金は、次のとおりです。

カーゴミニボックスレギュラーボックス
月額保管料5,478円6,600円
初回引き取り料20,900円24,200円
取り出し配送料別表別表
税込料金

荷物の取り出しは、そのつど配送料がかかります。配送料は、荷物1点ごとの大きさと、ボックス(かご台車)丸ごとで細かく分かれています。

荷物の3辺合計の長さ料金
60cmまで1,818円
80cmまで2,037円
100cmまで2,297円
120cmまで2,516円
140cmまで2,781円
160cmまで3,000円
200cmまで6,946円
250cmまで10,591円
300cmまで14,510円
350cmまで20,629円
ミニボックス全量20,900円~
レギュラーボックス全量24,200円~
税込料金。全量引き出し料金は、地域によって異なります。ここでは東京都のものを掲載。

スマート保管は、一時的に海外に住む人の荷物を預かるものなので、全量出庫が標準と考えるといいでしょう。

運び入れる作業員の人件費も含んでいるので、全量引き出しは引っ越し料金と比較するとかなり割安ですね。荷物の少ない独り身の方にとっては、かなり魅力的なプランに映るのでは?

メモ

ダンボール箱が必要なら、宅トラに手配できます(有料)。また、別途料金を支払って梱包作業をお願いすることもできます。(1ボックス6,000円。2ボックス目からは、1つにつき2,000円)

ボックスプランの結論

月額保管料は、0.6畳のトランクルームとしては妥当~割高な料金設定です。しかし、24時間空調管理されていて、クロネコヤマトのセキュリティ下で保管できることを考えると、断然お得です。

配送料金は、カーゴに保管できる他社(klassy)と比べて、5,000円~10,000円安いです。

カーゴの大きさは、高さ195cmまで入るklassyの方が有利。

宅トラにするか、他社にするかの判断は、次の基準が有力です。

  • 宅トラ:荷物(布団・服・ベッドマットなどの布製品)をカビさせたくない
  • klassy:空調が劣るのは承知で、ベッドもカーゴに入れて保管したい

↑目次に戻る

【長さ・高さ170cm以上の荷物を保管】大型荷物プランの料金と内容

大型荷物プランは、荷物を1点ずつ保管するプランです。3辺の合計が450cmまでの荷物に対応しているので、ボックスプランのレギュラーボックスに収まらない荷物を預けるときに使います。

預け入れアイテムの例

ベッド、冷蔵庫(400リットル級)、タンス、ソファ、ダイニングテーブル、テレビラック、本棚、食器棚、学習机 など

では、料金をみていきましょう。大型荷物の保管には、下記3つの料金がかかります。

  • 月額保管料
  • 初回引き取り料
  • 引き出し配送料(出庫費用)

初回引き取り料と出庫費用は、都道府県ごとに料金が異なります。ここでは、東京都の費用を例にして紹介します。東京都以外にお住まいの方は、宅トラの公式サイトから都道府県を選択してご確認できます。

荷物のサイズ
(3辺の合計)
月額保管料初回引き取り料出庫費用
250cmまで2,475円7,535円10,591円
300cmまで3,960円10,945円14,510円
350cmまで6,435円16,555円20,629円
400cmまで9,405円23,375円27,449円
450cmまで13,530円30,195円34,269円
荷物1点あたりの料金を税込で表示

いやー、高い!

大型荷物は不用品として売ることも考えよう

大型荷物は、保管料金が高いので、不用品として売って新しいものを買い直した方が、安上がりになることもあります。大きな家具・家電のうち、新品の販売価格が安いものほど、買い直しがお得になります。例として、冷蔵庫とシングルベッドを保管した場合の料金を、それぞれ試算してみました。

試算条件

  • 500リットル級冷蔵庫(3辺400cm以内)
  • シングルベッド(3辺350cm以内/ベッドマット込み)
  • 大型荷物プランを利用
  • 保管期間は、半年間
  • 東京地区

料金の総額は、それぞれ以下のとおりとなりました。

冷蔵庫ベッド
107,254円75,794円
税込料金

500リットル級の冷蔵庫は、新品で買えば300,000円ぐらいするので、状態や性能によっては買い替えを検討してもいい金額だと思います。

シングルベッドなら、ものによっては、買い替えた方が安上がりです。

大型荷物は1点ごとに料金が発生するので、「預ける」「買い替える」「処分する」を最初に決めると、損しませんよ!

6か月未満での全量引き出し(解約)は追加費用が発生する

宅トラの最低預け入れ期間は、6か月間です。預けた初日から数えて6か月未満ですべてのアイテムを引き出すと解約扱いとなり、6ヶ月分の料金との差額を請求されます。引っ越しの一時預かりとして利用を考えているなら、要注意です!

半年分の料金総額の計算方法

月間保管料×6か月分 + 初回引き取り料 + 引き取り配送料金×預け入れ数。ダンボール代と倉庫への配送料金は、そのつど支払い済みなので、計算しません。

下記の例は、倉庫にまだ荷物が残っているため、全量引き出し(解約)になりません。

  • ちびトラプランで、1箱以上残して取り出す。
  • ボックスプランで、荷物を1点ごとの個別配送をし、かご台車に荷物が残った状態。

クーポン券は現在手に入らない

宅トラのクーポン券は、一般には出回っていません。宅トラの利用手続きのとき、入力画面にクーポンコードを入力する欄があるので、クーポン券の存在に気付くと思います。

このクーポン入力欄は、以前に1度だけ配られたときの名残りです。宅トラを運営している「株式会社クオリティライフコンシェルジュ」が、系列企業が建設したマンション居住者向けに配布したことがあります。

これが最初で最後のクーポン券となり、それ以来、割引券は一度も発行されていません。

料金の支払い方法

宅トラの支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Amex、Diners)です。ただし、次の2つに限り、現金で支払う(ドライバーさんに手渡し)ことができます。

  • 荷物を預け入れるときの初期費用
  • 引き渡しのときの出庫送料

なお、全量出庫して倉庫をカラにするときは事前清算となり、代引きでの支払いはできません。

↑目次に戻る

クロネコヤマトのスマート保管と宅トラの料金を比較

クロネコヤマトのスマート保管の料金と、宅トラの料金を比べてみました。クロネコヤマトでは、スマート保管にかかる費用のうち出庫費用を公表していますが、月額料と集荷費用を明らかにしていません。

料金が公表されてない理由(推測)

スマート保管は、法人限定のサービス。見積りをもらってはじめて、料金が分かります。利用者の数・荷物の量・保管期間で、料金が決まると思われます。

そのため、出庫費用のみを比較したところ、料金に差は1円たりともありませんでした。

保管先スマート保管宅トラ
サイズ300cm450cm300cm450cm
出庫費用14,510円34,269円14,510円34,269円
関東の場合。ボックスプランでの保管が難しくなる、3辺合計のサイズ300cm以上と、保管上限サイズである450cmを比較。

ヤマト運輸では、頻繁に利用してくれる法人には配送料の値引きをしてくれます。スマート保管でも、値引きしてもらっている法人があると考えていいでしょう。よって、宅トラの方が高い場合のあると推測できます。とはいえ、宅トラは個人がスマート保管を利用する唯一の方法です。

宅トラの使い方(預け方と取り出し)

宅トラとは

宅トラは、クロネコヤマトと提携しているので、集荷と配送は運送業者にすべておまかせ。
ここでは、預け方と取り出し方を紹介しますね。

荷物の預け方

プラン(ちびトラ、ボックス&大型荷物)によって、預け方が異なります。
なお、倉庫の防犯対策のため、自分で預けに行くことはできません

ちびトラ(ダンボール預け)の場合

宅トラ(クロネコヤマト)から送られてきた専用ダンボールに入れて、封をします。伝票と寄託依頼書を書いたら、最寄りのクロネコヤマトに連絡して、集荷にきたドライバーさんに渡して終了です。

ダンボールに入る目安の量

CD500枚、文庫本100冊、Tシャツ150枚

ボックス(かご台車預け)と大型荷物の場合

梱包が必要なものは、自分で用意したダンボール箱にまとめます。
家電や家具は箱梱包ができませんが、キズ防止のためにエアクッション(ぷちぷち。緩衝材)を巻いておくと安心です。

ダンボール箱が必要なら、宅トラのお問い合わせフォームもしくは電話(
0120-954-676 )で依頼できます。

※取り寄せられる梱包材の種類はこちら

集荷日時の調整は、宅トラがしてくれます。
日程が決まったら、メールで連絡が届きます。

予定日時にクロネコヤマトのトラックがやってくるので、運転手さんに搬出してもらって終了です。

荷物の取り出し方(出庫方法)

宅トラの倉庫から荷物を取り出すやり方は、管理画面から出庫するアイテムを選ぶだけです。届け先は、日本全国どこでもOK。自宅・実家・友達の家など、好きな住所を指定できます。

届くまでの日数は、関東周辺エリアなら、最短翌日です。クロネコヤマトの配送ネットワークを利用するので、他の宅配トランクルーム業者には真似できない早さ♪

なお、セキュリティーの関係で、自ら引き取りに出向くことはできません。

宅トラの解約方法

宅トラは、荷物を全量出庫すると、自動で解約されます。大型荷物、ボックスプラン、ちびトラプラン(ダンボール)のいずれも、荷物がカラになったプランが解約されます。クロネコヤマトのスマート保管Webサイトで出庫手配をし、荷物の出庫が完了した日に解約となります。解約手続きは、必要ありません。

各プランとも、荷物が1点でも残っていると、解約になりません。複数プランを契約している場合は、荷物がからっぽになったプランが解約となり、荷物が残っているプランは継続されます。

大型荷物プランの保管単位は、荷物1点ごとです。出庫した荷物は自動解約されます。

ボックスプランの保管単位は、かご台車1台ごとです。からっぽになったかご台車が自動解約されます。荷物が1点でも残っているかご台車は、利用が継続されます。

ちびトラプラン(ダンボール)の保管単位は、ちびトラ3が3箱、ちびトラ5が5箱です。1箱でも残っていると、利用が継続されます。解約したいときは、すべての箱を取り出さなければなりません。

まとめ

宅トラは、ヤマト運輸が法人向けに提供している荷物預かりサービスを、個人で利用できるようにしたものです。しかし、料金は、他社の個人向けサービスと同じくらい。カーゴボックスに載せられる荷物は、170cmまでということに目をつぶれば、かなりお得といえます。

レギュラーボックス1台を1年間利用すると、総額は13万円ほど。アパートを借りっぱなしにするより、断然お得ですね♪
海外赴任や留学するなら、宅トラで出費を少なくして、滞在費に当てることができますよ^^

宅トラ保管料6ヶ月半額キャンペーン実施中
2021年9月30日まで

クロネコヤマトの倉庫に保管

宅トラに荷物を保管する

万全のセキュリティと空調設備

-トランクルーム