教育のサブスク

玉井式国語的算数は難しいけど口コミ評判は良い|学習法や伸ばせる力を紹介

玉井式国語的算数は難しい?中学受験に役立つ?口コミ評判を紹介

玉井式国語的算数教室は、算数の長文問題を読むことで、思考力・イメージング力・読解力を身につけられる学習カリキュラムで、小学生を対象としています。

「算数問題を長文で読む」「知識を覚えるのではなく考え方を育む」という独特な学習法なため、次の疑問を感じがち。

  • 玉井式国語的算数教室は難しい?
  • やってみた口コミは?
  • 中学受験に役立つの?

ここでは、疑問を解消できるよう、事実にもとづいた考察を書いています。

また、口コミ評判は、玉井式国語的算数教室をやってみたお子さんや親御さんだけではなく、教育関係者の意見も紹介しています。

玉井式国語的算数の口コミ評判。

玉井式国語的算数の口コミ評判をSNSで調査しました。

全体的に、好意的な口コミ評判が多かったのですが、学習の効果が分かる口コミは見当たりませんでした。

なお、姉妹カリキュラムである「図形の極み・KIWAMI AAA+」では、明らかな効果が見られる口コミ評判が多かったので、よろしければご覧ください。

学習の効果に対する口コミがない理由は、「学校の勉強に沿った学習ではなく考え方を養うものだから」と推察できます。学校の勉強では、玉井式で身に着けた力を発揮できていることに気付きにくいためです。

悪い口コミ評判:算数に文章題は不要だった

紹介する口コミ評判は、直接、玉井式国語的算数を批判しているものではありません

しかし、算数の文章題を批判していることから、間接的に玉井式をディスっていると受け止めることができるので、ご紹介します。

「テストの点数アップ」の観点で見ると、この口コミは正しいです。玉井式は「考え方」を重視しているため、直接的な点数アップは見込めません。

玉井式が役立つのは、習っていない問題がテストに出たり、社会に出てから未体験なできごとに遭遇したときです。

親の良い口コミ評判

玉井式を受講している子の親による良い口コミ評判は、学校での勉強に困らないというものでした。

玉井式をやりつつ、塾にも通っていたため、学校での勉強で困ることがなかったとのことです。

ただし、玉井式では、次回の講座までにこなすべき宿題が出されます。

公文は宿題が多いことで有名です。1日にプリント5~10枚で、1日に費やす時間は25~50分(1枚5分ほど)。

つまり、玉井式をはじめるとおうち勉強の時間は、学校の宿題に玉井式25~50分を加えたものになります。

学研によると、自宅での学習時間は、1日平均1時間10分(1年生は54分で6年生は1時間30分)とされています。

宿題と玉井式を毎日やっていれば、学校の勉強で困らないことに納得できますね。

お子さんの良い口コミ評判

玉井式国語的算数を受講しているお子さんの口コミ評判を調査したところ、「楽しく勉強できた」という評価がありました。

一方で、姉妹カリキュラムの「図形の極み、KIWAMI AAA+」はキレながらやっている子が多くいました。

玉井式国語的算数は、勉強が負担にならずコツコツ続けやすいことが分かりました。

教育関係者の良い口コミ評判

教育関係者の口コミからは、玉井式は良い教材であることが分かりました。

特に、玉井式国語的算数を実際に教えている人が良い評価をしていることから、信頼できる学習方法といえます。

ただし、玉井式国語的算数は、小学校低学年(1年生~3年生)を対象としたカリキュラムです。

4年生以降のお子さんなら、無学年教材で中学受験にも役立つ「図形の極み・KIWAMI AAA+」の方を選びましょう。

メディア・雑誌の良い口コミ評判

玉井式国語的算数は、地頭力を伸ばす教育法として、経済週刊誌「週刊ダイヤモンド」で紹介されました。

紙面では、巻頭特集の「モトがとれる学校・塾・習い事」として掲載されました。

玉井式国語的算数は難しいけど楽しく学習するお子さんが多い

よく「玉井式国語的算数は難しい」といわれます。たしかに、算数に国語を混ぜたらごちゃごちゃして分かりにくくなりそうですよね。

パッと見で分かるのが数字の良いところなのに、読まなきゃ分からない文章にする意味あるのかな?

実際に、玉井式国語的算数は難しいと評価する親御さんがいらっしゃいました。

逆に、「国語的算数は簡単」という意見はゼロ

しかし、国語的算数の口コミ評判から分かるとおり、楽しくやっているお子さんが多いんです。

このことから、難しいけれども抵抗感を示すお子さんが少ないのが、玉井式国語的算数の特徴でもあると考えます。

玉井式国語的算数の学習方法は映像や文章を読んで解く

玉井式国語的算数では、

  • 映像(アニメーション)を見て算数問題を解く「きほんのおはなし」
  • 長文を読んで算数問題を頭で想像して解く「ものがたり算数」

の2つで学習を進め、問題を絵でイメージすることで「何を問われているのか」考える力を身に付けます。

数字が並んだ計算問題を解いたり、公式を丸暗記するものではありません。

きほんのおはなしは、単元ごとに重要ポイントが映像(絵)になっているので、数字ややり方だけで解説されるよりも分かりやすいのが特徴です。

ものがたり算数は、長いもので800字もの長文を読んで情景を頭に思い浮かべると、算数の問題(何を問われているのか)がみえてきます。解き方に決まりがなく、自由なアプローチで問題を解いていきます。

年長さんの教材の一部

1年生の教材の一部

2年生の教材の一部

3年生の教材の一部

玉井式国語的算数で身に付く力は3つ

玉井式国語的算数で身に付く能力
出展元URL:https://kokugoteki.jp/

玉井式国語的算数では、「読解力」「イメージング力」「算数的思考力」の3つを身に着け、算数・数学の公式(解き方)を生み出せるようになります。

解き方を生み出す力は、教科を問わず活用できるので、全科目の学力アップが見込めます。

問題の内容を正しく理解する「読解力」

問題(長文)を読んで理解しようとすることで、「何を問われているのか」を読み解く力(読解力)が身に付きます。

読解力は国語力でもあるので、国語の実力も伸ばせます。

理解した内容を頭の中で絵にする「イメージング力」

読んだ文章から絵を思い浮かべるイメージング力(想像力)を身に付けます。

こどもが得意な「身近なものから想像を膨らませること」を、さらに伸ばせます。

計算式を組み立てる「算数的思考力」

回答に必要な公式や解法を知らなくても、問いに対して「どうやれば答えを出せるか」という考え方ができるようになるため、読んだ文章から計算式を組み立てる「思考力」が身に付きます。

2022年1月の大学受験共通テストの数学2Bでは、思考力が求められました。受験生の多くは方程式や解法パターンの暗記を中心とした学習をしてきたため、平均点が大きく落ち込む結果となりました。共通テストはセンター試験と異なり、思考力を問う問題が出題されます。

文部科学省は、産学官でグローバル人材の育成を進めていて、グローバル人材には論理的思考力が重要とされています。

こういった社会の動きからも、思考力の重要性が分かります。これからさらに多様化が進み変化が激しくなる時代で、生き抜く力になることは、簡単に想像できます。

算数を国語的見地から学ぶことが学習・受験の現場で役立つ

算数・数学を本当の意味で理解するためには、国語力が必要であるとの見解があります。

また、センター試験に変わって導入された大学入試共通テストは、思考力を問う形となりました。

2022年の大学入試共通テスト。数学2Bが難化して平均点が10点以上下がったことは、受験界隈でとても有名です。実際に、点数ダウンで自信を無くし、受験する大学のレベルを下げた生徒がたくさんいました。

数学でのイラスト採用と国語化。玉井式学習プログラムなら対応できることからも、玉井式のメソッドは思考力を養える証明になっているといえますよね?

玉井式国語的算数教室の問題点は塾によって指導に時間を割けない

玉井式は、学習塾がカリキュラム・指導内容の1つとして採用・導入しているプログラムです。

塾の運営状況や方針によっては、一般的な学習をメインカリキュラムとし、玉井式の指導に時間を割けないことがあります。

通塾している先生に、子供が宿題で分からなかった問題は、どのようにしたら良いのかお伺いした所、親が教えて、塾での質問は時間がないので、どうしても分からない問題のみ質問してくださいとの事で、ここも疑問です。
引用:ヤフー知恵袋

玉井式学習プログラムは、オンライン受講できます。

学研グループの学習塾「イング」で玉井式を受講すると、集団講座のほかに個別講座も選べるので、マンツーマンでしっかり理解しながら学習を進められます。

さらに、

  • 1コマ40~60分だけのために、送り迎えしなくてもよい。
  • 浮いた塾への移動時間を好きなコトに使える
  • オンラインなら小学6年生まで対応(通塾は1~3年生)

というメリットもありますよ。

玉井式国語的算数の料金

入会金月額授業料諸費用テキスト代受講回数
中萬学院11,000円8,250円1,650円別途週1回(60分)
スクール21なし8,800円あり7,100円/年週2回(40分+50分)
税込み料金

料金は、塾によって異なりますが、月謝は8,000円台が基本です。そのほか、テキスト代やテスト代がかかります。

玉井式を無料体験する

玉井式国語的算数のQA

  • 玉井式と公文式どちらが良い?

について、お答えします。

玉井式と公文式どちらが良い?

玉井式と公文式は内容が異なるため、どちらも受講している人が多いです。玉井式は考える力を養い、公文式は学校の勉強に直結しています。

どちらも、授業+宿題で構成されていて、授業は玉井式の方が少なめ、宿題の量(かかる時間)はどちらも同じくらいです。

→玉井式は大学入学共通テストで役立つとの見解

まとめ:

玉井式国語的算数は、国語力と算数力を同時に身につけられる学習カリキュラムです。

算数の問題が隠された長文を読むことで伸ばせる思考力や読解力は、国語や算数だけじゃなく、理科や社会といった暗記科目の得点アップにも役立ちますよ。

思考力と読解力は、社会に出てからも大きな武器になります。こどものうちから身につけておくと、活躍できる人材になれるかもしれませんね♪

勉強・社会で役立つ思考力(地頭力)を育てる

無料で玉井式を体験する

2週間無料。体験版テキストももらえます。

玉井式教育プログラムのデメリットと口コミ評判

玉井式図形の極みの口コミ評判|中学受験に効果あり

-教育のサブスク