トランクルーム

レンタルボックスにバイクを保管!注意すべき2つのこと【いたずら&盗難防止】

レンタルボックスにバイクを保管。入庫後のいたずら盗難を防ぐ2つの注意点とは

バイクの保管場所の悩みは尽きませんよね。
いたずら・盗難・雨風。

屋根なし青空に停めたら雨風による劣化が心配だし、アパートにバイク駐車場がないため、傷つけられていたという悲しい思いをすることも・・・。

いたずらや盗難が気になって、夜な夜なそわそわして落ち着かない日々が続いているのではないでしょうか?

  • 今、乗っている大切な愛車を入庫したい
  • 新しいバイクを買おうと思っている

バイク用にレンタルボックスを借りたときに気になるのが、セキュリティや料金。

さらに楽しいバイクライフを送るために、このページがお役に立てたら幸いです。

レンタルボックスにバイクを保管するメリットは防犯と劣化防止

レンタルボックス(トランクルーム/レンタルコンテナ)にバイクを入庫すると

  • 防犯対策になる
  • 劣化を防げる

2つのメリットがあります。

まず、防犯対策。
バイク車体が目につかなくなるので、いたずらに遭わないし盗難も防げます。

バイクカバーをしていても、そこにバイクがあることが一目瞭然。ボックスに保管することで、人目につきにくい夜にカウルを傷つけられたりミラーを折られたりすることもなくなりますよ。

次に劣化防止です。

これは、メンテナンスの手間を軽くするだけじゃなく修理に出す回数を減らすことにもなります。

さらには、雨風にさらされないので

  • チェーンに注油することも少なくなる
  • ワイヤーのサビを防げる
  • 塗装やタイヤが劣化しにくい
  • スイッチ類の接触不良が起きにくくなる

から、大切な愛車に長く乗りたいなら金属製のハコに入れておくのがベストな選択ですよね。

カバーでは雨風を完全に防げないし、走り終えてすぐエンジンやサイレンサーの熱でカバーを溶かすこともなくなります。

レンタルボックス(トランクルーム)を選ぶときの注意点2つ

レンタルボックスごとに、セキュリティが異なるのはご存知ですか?

バイク保管に使うレンタルコンテナは、防犯性能に優れたものの方が安心ですよね。

さて、保管先を選ぶときの必須チェックポイントは次の2つです。

  • 鍵を交換する業者を選ぶ
  • 監視カメラやセキュリティ装置で24時間警備している

コンテナ型のトランクルームは、南京錠で鍵をかけるのが一般的。

ごつくて頑丈そうなので安心と思いきや、南京錠はハンマーで壊すことができるし、ピッキングで開錠されてしまうんです。
衝撃的ですよね・・・。

ピッキングで南京錠を開ける動画を見つけたので、まさかの事実をご覧ください。

ものの10秒~15秒あれば、鍵を開けられてしまうので、ピッキング対応キーを採用しているレンタルボックスを選ぶのが鉄板!

レンタルボックス業者の中には「解約したら鍵を返してください」っていうところは要注意!
鍵を使いまわしていると思ってくださいっ!

自分のバイクを入庫しているレンタルボックスの鍵を、他人も持っていると思うと不安感や気持ち悪さを感じますよね?

一方で、鍵代が必要なトランクルームは、契約時に新しい鍵へ交換してくれているので安心です。

トランクルーム鍵代鍵返却防犯カメラ
ハローストレージ4,400円不要あり
オレンジコンテナ9,000円不要あり
加瀬倉庫なし必要あり
スペースプラス※5,000円必要あり
ドッとあーるコンテナなし必要あり

大手業者を中心に、鍵の取り扱いと防犯カメラの有無を一覧にしてみました。

鍵の使いまわし対策ができているのは、ハローストレージとオレンジコンテナとスペースプラスの3社です。

スペースプラスは、スタッフの現地確認と庫内クリーニング料金も含めた金額ですが、シャッターにピッキング対策されたディンプルキーを採用しているので、防犯性能は高いです。
さらに、アイボルト(チェーンロック用ボルト)が設置されているのでコンテナ内に入られても、侵入者に手間をかけさせることができます。

一方、ハローストレージとオレンジコンテナは、可倒式ラダーレール(スロープ)とシャッターの2重構造になっていて、どちらにも鍵をかけることができます。

さらに、破壊&ピッキングに強い屈強な南京錠を採用しているので、そうそう簡単に侵入することはできません。

バイクガレージの料金は月1万円が相場

レンタルボックス(屋外のコンテナ型トランクルーム)の料金相場は、地域差はありますが1畳あたり5,000円です。

バイクの入庫には2畳は必要なので、月10,000円が相場となります。

コンテナ型のトランクルームは、【荷物保管用コンテナ】と【二輪車専用バイクガレージ】の2種類があります。

どちらもバイクの保管ができるんですが、バイクガレージは専用装備があるため料金が2,000円~3,000円ほど割高になることも。

バイクガレージ専用装備

  • 可倒式ラダーレール
  • スチールラック

セキュリティ強化と利便性が増すのはありがたいですね。

トランクルーム鍵代鍵返却防犯カメラ
ハローストレージ4,400円不要あり
オレンジコンテナ9,900円不要あり
スペースプラス5,500円必要あり
税込料金

全国展開していて、バイクガレージ&屋外コンテナの設置数が多いハローストレージなら、自宅近くの物件が見つけやすいと思います。

大切な愛車を、大切に長く乗り続けてくださいね♪

-トランクルーム