お花のサブスク(定期便)

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)の口コミ評判の分析から分かったメリットとデメリット

WEEKLY FLOWER(ウイークリーフラワー)のサブスクの口コミ評判から解約方法まで

WEEKLY FLOWERは、ポストに届くお花の定期便(サブスク)の中でも、色使いやお花のセレクトがおしゃれ♪

送料込み1,000円以内で届くお花の宅配で1・2を争うセンスの良さと言える反面、欠点も存在します。

ここでは、WEEKLY FLOWERの良い口コミ評判悪い口コミ評判から分かったサービスの特徴や、メリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。

結論からお伝えすると、都内に住んでいてとってもオシャレなミニブーケが欲しい人向けの宅配便です♪

WEEKLY FLOWERの公式サイト

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)とは

WEEKLY FLOWER(ウィークリーフラワー)は、自宅のポストに届くお花の定期便です。

運営元はBIONIC PLANTS(バイオニックプランツ)という東京目黒のお花屋さん。

装飾品のMONTBLANC(モンブラン)、車のAudi(アウディ)、和菓子のとらや、ボクサーパンツの3RDWARE(サードウェア)、そのほか銀座のお店とコラボしているだけあって、センスの良いお花のブーケが届きます。

WEEKLY FLOWERと他社お花定期便との違い(メリットとデメリット)

WEEKLY FLOWERは、世界の一流ブランドとコラボできるだけのセンスの良さが光ります。
良い口コミ評判に、ブーケのデザインに向けた賛辞が多くあることも裏付けになっています。

一方で、

  • 対応エリアが狭い(関東のみ)
  • 日時指定ができない

というデメリットを抱えています。

対応エリアは、東京、神奈川、埼玉、群馬、千葉、栃木、茨城の7都県。
ポストに届くお花の定期便は、全国対応であることがほとんどです。

都内から全国に配送する定期便にはLIFULL FLOWERmedeluがあるので、WEEKLY FLOWERのエリアの狭さが際立っています。

また、日時指定ができないポスト郵便のプランのみとなっています。
手渡し配送プランがないので、「夏場のポストに入れっぱなしが心配」「ボリュームたっぷりのお花が欲しい」というニーズに対応できないのが残念です。

【ポスト配送プランと手渡し配送プランがあるお花の定期便】
Bloomee LIFEmedeluLIFULL FLOWER・ハナイノリ

【ポスト配送プランだけのお花の定期便】
WEEKLY FLOWER・Flower kitchen JIYUGAOKA

ポスト配送と手渡し配送の両方をプラン展開する定期便が多数派です。

お花の定期便21社の比較マップ

お花の定期便を比較。あなたにピッタリなサブスクがみつかるかも?

良い口コミ評判

WEEKLY FLOWERの良い口コミ評判は、見た目の良さに集中しています。
なかでも、「お花のセンスが良くておしゃれ」「お花が華やか」といった口コミが多く見受けられました。

さすが、一流ブランドとコラボレーションしているお花屋さんですね♪

お花のセンスが良くておしゃれ

WEEKLY FLOWERで届くお花は、色と形をセンス良く組み合わせています。
ブーケになって届くので、洗練された状態のまま自宅に飾ることができます。

普段見かけることがないお花も使っているので、思わぬ出会いがあるかも?

ウィークリーフラワーの公式ページに載っているフラワーアーティスト3名の画像を見るに、おしゃれ度高そうなメンバーがブーケを作っていることが感じ取れますよ♪

お花が華やか

WEEKLY FLOWERから送られてくるお花は、カラーリング鮮やかででおしゃれ。センスの良さが際立っています。

1月はお正月を意識した、和風のお花。
3~4月は、新生活にぴったりな淡いパステル系のカラーが中心。
5月は、オレンジの花にグリーンを組み合わせた元気の出る色合い。

毎回、趣向を凝らしたミニブーケが届きますよ♪

悪い口コミ評判

WEEKLY FLOWERの悪い口コミ評判は、お花の鮮度の悪さに集中しています。
具体的には、「お花の鮮度が悪く折れたお花もあった」「茎が短い」「配送拠点から遠隔地は元気のないお花が届く」といった悪評が見受けられました。

お花の鮮度が悪く折れたお花もあった

届いたお花の鮮度や状態が悪いという口コミは、WEEKLY FLOWERへの不満の中で最も多くありました。

どのお花定期便でも、お花がしなびて「鮮度が悪い」と感じることは多く、特に高温の夏場にありがちです。

下記、2020年9月11日のツイートで鮮度の悪さが指摘されています。
東京の気温は、9月6日から9月11日まで30度を超えていたので、数日間に渡る配送中に元気がなくなったのでしょう。

とはいえ、お花(茎)が折れているのは、取り扱いのミスもしくは梱包箱の不備といえます。

中には、花びらが欠けていることもあります。

さらには、茎が溶けていたという投稿もありました。
お花をポスト配送は、梱包箱のサイズの関係で茎を短くせざるをえないのに、さらに短くなるので飾りにくくなってしまいます。

WEEKLY FLOWERのサブスク利用者数は、Bloomee LIFELIFULL FLOWERといった大手お花サブスクと比べて少ないのに、鮮度の悪さに言及した投稿数は大手と同じくらい見受けられました。

茎が短い

ポストに届く花定期便は、日本郵便のゆうパケットで送られてきます。
入れ物の大きさは長辺34cm以内と決められているので、茎の長さは20cmほどになることが多いです。

茎が短いと飾ったとき可愛くなるけど、ボリューム感が出にくいので、お花を際立たせることが難しいです。

配送拠点から遠隔地は元気のないお花が届く

WEEKLY FLOWERの配送拠点は、東京都内の1店舗からのみ。
都内から離れるにつれ配送日数がかかるので、輸送中にお花の元気がなくなっていきます。

WEEKLY FLOWERの対応エリアは、関東地方の7都県です。
茨城、栃木、群馬のうち東北寄りエリアや千葉県の一部は、配送に日数がかかります。

上記の投稿がなされたのは、気温が落ち着いている3月下旬。
それなのに「お花に元気がない」のは、鮮度の低さがはっきりと分かる事例です。

口コミ評判まとめ

WEEKLY FLOWERの良い口コミ評判は、「お花のセンスが良くておしゃれ」「お花が華やか」という傾向が多かったです。

一方、悪い口コミ評判は「お花の鮮度が悪く折れたお花もあった」「茎が短い」「配送拠点から遠隔地は元気のないお花が届く」という傾向が多かったです。

みなさんの口コミ評判を総じて浮かび上がった評価は、「見た目は良いけど鮮度は不満」です。

鮮度面は、東京都内や東京都に近いエリアは翌日には届くので心配はほぼありませんが、電車で2~3時間かかるエリアにお住まいなら不満を感じやすくなります。

また、都内とはいえ、30度を超える日が続く夏場はいったん配送を停めるのが賢明でしょう。

料金プラン

WEEKLY FLOWERの料金プランは1種類のみ(プラン名はありません)です。

料金送料合計
690円/回290円/回980円/回
税込料金

【配送について】

  • お花の本数 → 2本以上
  • 配送頻度 → 毎週と隔週(2週間に1回)から選択
  • 配送スキップ → 配送日4日前の午前中までにウェブで操作
  • 曜日指定 → 不可(WEEKLY FLOWERが指定する曜日に配達)

目黒区の自社店舗から、日本郵便のゆうパケットで送られます。
曜日は、火・木・金のいずれか。

  • 品質保証 → 不良品は再送にて対応
  • 最低利用回数 → なし
  • 料金の支払い → クレジットカード払い

届いたお花の花言葉は、WEEKLY FLOWERのインスタでチェックできます。

解約方法

WEEKLY FLOWERの公式ページからログインして、「会員メニュー」→「アカウント情報」→「ご解約」で解約手続きします。

解約の際、解約理由を選択しなければいけませんが、引き止めはありません。

解約操作をしたその日に解約されないことがあるので、余裕を持った手続きをおすすめします。

ご解約の対応は数日中には対応させていただきますが、配送日と解約日によっては配達されてしまう場合がありますが、ご了承ください。
出典:WEEKLY FLOWER公式サイト「解約するにはどうすれば良いですか?」

まとめ

WEEKLY FLOWERは、感度が高いおしゃれさんやお花の知識がある人にとって新鮮なお花の定期便です。

一方で、鮮度が劣るため、夏場や東京から離れたエリアでの利用には不向きです。

どうしてもウィークリーフラワーを使ってみたいなら、届いたお花の水切りと延命剤(キープフラワー)の利用をおすすめします。
Bloomee LIFEには栄養剤がついてくるので長持ちしやすいですよ。

楽しいお花ライフをお過ごしくださいね♪

■運営情報

WEEKLY FLOWERの公式サイト

お花の定期便21社の比較マップ

お花の定期便を比較。あなたにピッタリなサブスクがみつかるかも?

-お花のサブスク(定期便)