トランクルーム

宅配型トランクルーム15社比較【初めての人向け】おすすめが分かる選び方のチャート表あり

宅配型トランクルームの比較と選び方

「宅配型トランクルームに自宅の荷物を保管したいけど、どの会社がいいか分からない!」
なんてこと、よくありますよね。

宅配収納サービスは、業者によって取り扱う荷物のサイズ・対応エリア・料金が違うので、あらかじめ比較してから契約しないと

  • 「家具が保管できなかった」
  • 「ダンボール箱の保管料金が想像以上に高かった」

など、失敗の元になりがちです。

そこで、失敗しない宅配収納サービスの選び方と、宅配型トランクルーム15社の料金・特徴・配達エリアなどを比較しました。

比較した宅配型トランクルームサービス15社

ミニクラ、サマリーポケット、カラエト、アズケル、宅トラ、エアトランク、シェアクラ、ヒロイエ、klassy、ヨドクラウド物置、risoco、デリバリートランク、ものくる、MONOLESS、webtrunk

保管予定の荷物にピッタリなトランクルームが分かるチャート表を用意したので、スピーディかつ失敗しないトランクルーム選びにお役立てください♪

宅配型トランクルームの選び方チャート表

次の表をご覧いただくと、宅配型トランクルーム各社の特徴が分かります。

宅配型トランクルーム18社の特徴マップ

宅配型トランクルームを比較

宅配型トランクルーム15社を比較した結果を最初にお伝えします。

ダンボール箱での保管は、以下の3社が料金や利便性で優れていました。

大型荷物の保管なら、AZUKEL(アズケル)または宅トラから選ぶのがベスト。
選択の目安は、荷物の量です。

  • 荷物が数個だけ → AZUKEL(毎月の保管料金と配送料が安い)
  • 家財道具一式 → 宅トラ(カーゴボックスの保管が安い)

では、比較一覧表をみてみましょう。

業者ミニクラサマリーポケットカラエトエアトランクシェアクラクラッシー宅トラアズケルヒロイエヨドクラウド物置risocoデリバリートランクものくるMONOLESSwebtrunk
ダンボール保管××××
大型荷物の保管××××××
対応エリア全国全国全国全国全国1都4県全国全国1都3県全国全国全国1都2県全国全国

次に、料金の比較保管環境の比較を掲載しました。

料金比較は、ダンボール箱を保管した場合大型荷物を保管した場合に分けて一覧表にまとめてあるので、安く利用できるトランクルーム選びにお役立てください。

料金比較(月額料金・取り出し配送料・初期費用)

宅配型トランクルーム業者の料金比較

料金の比較にあたっては、ダンボール箱の保管料金大型荷物の保管料金に分けて比較しました。

なお、ダンボール箱保管料金の比較では、月額料金(月額保管料)、初期費用、預け入れ送料、取り出し配送すべてを合算した総額も試算しました。

ダンボール箱を保管したときの料金

ダンボール箱を保管するプランがある宅配型トランクルーム11社の料金を比較して一覧表にまとめました。

そのため、トランクルームは、ダンボール箱専門・大型荷物問わず、ダンボール箱を保管するプランがある宅配型トランクルームの比較となっています。

ダンボールプランがある11社:ミニクラ・サマリーポケット・カラエト・エアトランク・シェアクラ・宅トラ・アズケル・ヨドクラウド物置・risoco・MONOLESS・webntrunk

業者ミニクラサマリーポケットカラエトエアトランクシェアクラ宅トラアズケルヨドクラウド物置risocoMONOLESSwebtrunk
月額料金275円~275円~550円1,100円110円~1,628円~440円550円330円~366円198円
初期費用無料無料無料無料無料4,500円~無料無料無料無料無料
集荷料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
取出料金1,100円1,100円~880円無料880円1,650円~1,210円~1,045円880円1,100円~1,210円
箱代無料無料無料220円無料990円~220円~550円275円330円330円
初月料金無料日割り無料無料無料日割り日割り無料日割り満額不明

※税込料金

1箱を1年間保管して、全量一括取り出ししたときの料金総額は、次のとおりです。

業者ミニクラサマリーポケットカラエトエアトランクシェアクラ宅トラアズケルヨドクラウド物置risocoMONOLESSwebtrunk
12ヶ月総額4,125円4,400円~6,930円12,320円2,090円26,676円6,710円7,645円5,115円5,825円3,916円
ひと月あたり343円366円~578円1,026円175円2,223円559円637円426円485円~326円

※各社の最安値プランを税込料金で比較

ひと月当たりとは、「12ヶ月分の月額料金」「取り出し配送料金」「ダンボール箱代」をすべて足して、12ヶ月で割ったものです。
※初月無料であるミニクラ・カラエト・エアトランク・シェアクラ・ヨドクラウド物置の5社は、月額料金を11ヶ月分で計算。

シェアクラが最安値となりましたが、ダンボールが小さく(80サイズ)、物がほとんど入らないのでおすすめしません。

2番目に安いwebtrunk(ウェブトランク)は、土日祝日年末年始は荷物の取り出しができず不便。さらに、保管アイテムの写真撮影と登録は自分でやるため手間がかかるのでおすすめしません。

よって、ダンボール箱専門の宅配型トランクルームはコスパの良いミニクラサマリーポケットがベストチョイスです。

サマリーポケットならクリーニングなどのオプションが豊富だし、ラージサイズのダンボールに保管が布団できて、使い勝手もいいですよ。

【大型荷物/家具家電】料金を比較

宅配型トランクルーム業者の料金比較

保管できる荷物の大きさや種類に制限があっても、ダンボール箱以外の荷物を保管できるプランがある宅配型トランクルームの料金を比較して、一覧表にまとめました。

9社に大型荷物用プランがある

エアトランク、シェアクラ、クラッシー、宅トラ、アズケル、ヒロイエ、ヨドクラウド物置、デリバリートランク、ものくる

業者によって、料金の算定方法が「1アイテムごと」「1契約スペースごと」「従量制課金」と違うため、

  • 月額料金
  • 初期費用
  • 預け入れ送料
  • 取り出し配送料

を比較しました。

注意

宅配型トランクルームでは、自宅→倉庫の送料は無料がほぼ常識ですが、大型荷物を保管するとき預け入れ送料(集荷費用)がかかる業者もあります。

業者エアトランクシェアクラクラッシー宅トラアズケルヒロイエヨドクラウド物置デリバリートランクものくる
月額料金6,380円~-3,300円~5,478円~3,960円~4,378円~-396円~9,504円~
ゴルフ用プラン月額-1,650円----2,200円--
スキー用プラン月額-1,650円----1,650円--
スーツケース月額-660円-------
タイヤ月額--880円------
初期費用無料無料無料20,900円~無料無料無料無料無料
集荷料金無料無料11,000円~無料無料1,760円~無料700円台~無料
取出料金無料1,078円~11,000円~1,818円~1,639円~1,760円~1,980円~700円台~年4回まで無料
初月料金無料無料満額日割り日割り日割り無料日割り日割り

※税込料金

ゴルフバッグ、スキー/スノーボード、スーツケース、タイヤは、アイテム専用プランがあるので迷わず選択。

それ以外の荷物は、保管するアイテムの量や大きさで選びます。

お得さで選ぶ

エアトランクがリーズナブルだけれども、1アイテムにつき1辺の長さ160cmが保管の上限。ベッド・冷蔵庫・大型の本棚は他のトランクルームを利用。

家財道具を一式6か月以上保管するなら

たいていの家具家電の保管に対応している宅トラ。一家の荷物をまとめて預けられます。保管先はクロネコヤマトの倉庫です。

定期的に取り出したい荷物があるなら

取り出し配送料が無料(回数に月ごとの上限あり)のアズケル(AZUKEL)。1アイテムごとの保管にも対応しているので、自宅にある家具家電のうち一部だけ保管もできます。

保管環境(倉庫の温度・湿度・管理者)で比較

トランクルームに保管している荷物にカビが付くことがあるので、保管環境(温度・湿度)のチェックは欠かせません。

本、服、カーペット、ソファのように、カビを発生させたくない保管物は、空調設備が整ったトランクルームに保管するのが鉄則です!

宅配型トランクルームは各社とも、日本工業規格に定められている「常温・常湿」の範囲内をキープするように空調管理しているので目くじらを立てることもありませんが、参考として次の2点を見ておきたいものです。

  • 温度と湿度を数値で表記しているかどうか
  • 湿度が65%以下である

常温常湿の定義

常温とは15度~25度を指し、常湿とは45%~85%をさします。

温度と湿度を数値でお知らせしているトランクルームは、管理がしっかりしている証拠なので信頼できます。

また、湿度が65%を超えるとカビや虫食いの被害に遭いやすくなり、湿度が80%を超えるとカビの増殖スピードが加速するので、湿度は65%以下であることを確認しましょう。

湿度~65%66%~80%81%~
カビ発生を抑える生えやすいどんどん生える

温度と湿度の数値がハッキリしていない業者は、湿度が65%を超えていることもあるので、明確な数値を公表しているトランクルームを選ぶと安心です。

保管環境トランクルーム
温度20~25℃/湿度55~65%宅トラ
温度10~28℃/湿度40~65%ミニクラサマリーポケットエアトランク
温度5~35℃/湿度40~70%アズケルヒロイエ
空調あり(数値の公表なし)カラエト
常温/常湿シェアクラクラッシー、デリバリートランク
未公表ヨドクラウド物置ものくるMONOLESSwebtrunk

上記の表は、保管環境(温度・湿度)が優れているトランクルームを上から順に掲載しています。

保管する荷物で選ぶなら、次のとおりです。

倉庫の運営者・管理者

各社が委託している保管倉庫は、ほとんどが物流業界での経験が豊富で、大規模な物流拠点を持つ専門業者が運営しています。

倉庫管理者特徴トランクルーム
寺田倉庫倉庫業の老舗かつ大手ミニクラ、サマリーポケット
ヤマトグループヤマト運輸宅トラ
大和ハウスグループダイワハウスシェアクラ
OTSアパレル物流倉庫の大手エアトランク
アーカイブ阪急阪神阪急阪神東宝グループrisoco
八丸倉庫東証2部上場企業webtrunk
ヨドコウヨド物置ヨドクラウド物置

カラエト、AZUKEL、klassy、ヒロイエ、デリバリートランク、ものくる、MONOLESSは、自社倉庫などで保管をしています。

各社とも、防災とセキュリティのため、次のことを実践しています。

  • 倉庫の位置を公表しない
  • 人の往来が少ない場所に立地
  • 自然災害にさらされにくい場所に立地
  • 有人監視
  • 機械監視(防犯カメラ・サーモセンサー)

上記の立地を満たすと、自然と賃料が安い場所となるので、結果として安価な料金での利用につながっています。

宅配型トランクルーム各社の特徴

宅配型トランクルームは、大きく分けると次の3つに分類されます。

  • ダンボール箱のみ保管
  • 大型荷物荷物のみ保管
  • ダンボールと大型荷物どちらも保管

それぞれの特徴は、次のとおりです。

ダンボール箱のみ保管:「料金が安い」「集荷&配送料が無料」「不用品の買取や処分を代行」
大型荷物の保管:「重い家財道具の運び出しや配送が可能」「引越しや海外赴任でも役立つ」「スポーツ用品お届けサービスがある」

このページで紹介している15社を分類ごとに分けると、次の表のとおりとなります。

トランクルームダンボール大型荷物
ミニクラ(minikura)×
サマリーポケット×
カラエト(CARAETO)×
リソコ(risoco)×
モノレス(MONOLESS)×
ウェブトランク(webtrunk)×
宅トラ
アズケル(AZUKEL)
エアトランク(airtrunk)160cmまで
シェアクラ(sharekura)限定アイテムのみ
ヒロイエ(hiroie)×
クラッシー(klassy)×
ヨドクラウド物置限定アイテムのみ
デリバリーtrunk×
ものくる×

ミニクラ(minikura)

ミニクラ公式サイト画像

出典:ミニクラ公式サイト
ミニクラは、倉庫業の大手「寺田倉庫」が運営する、ダンボール箱専門の宅配型トランクルームです。

よく、サマリーポケットにそっくりと言われる理由は、寺田倉庫がサマポケに資本を出資したうえで、ミニクラのシステムを使っているからです。

そのため、どちらがいいのか迷ったあげく、細やかなカスタマイズとオプションが豊富なサマリーポケットの方が選ばれています。

ミニクラは、料金が分かりやすいのでシンプルに預けたい人向けの宅配型トランクルームとなります。

本専用プランあり
ハンガー保管あり
クリーニング衣類
不用品の処分ヤフオク!おまかせ出品

料金

月額料金集荷配送運搬対応エリア
275円~無料1,100円クロネコヤマト全国
※税込金額

12か月以上預け入れしたダンボールの配送料が無料になるんですよ。

ミニクラの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

サマリーポケット

サマリーポケット公式サイト画像

出典:サマリーポケット公式サイト
サマリーポケットは、ミニクラの運送網や倉庫を利用している、最大手の宅配型トランクルームです。

ミニクラよりも、料金が若干高くなりますが、箱のサイズとオプションが豊富なので自分向けにカスタマイズできるのが特徴。

そのため、ミニクラと同じシステムを利用しているにもかかわらず、利用者数や知名度はサマリーポケットの方がずっと多いんですよ。

収納力がある大きな箱(ラージボックス)を使うときは、重量制限(1箱25kgまで)に注意してくださいね!

本専用プランあり
ハンガー保管あり
クリーニング衣類・布団・靴・ラグマット
不用品の処分ヤフオク!おまかせ出品

料金

月額料金集荷配送運搬対応エリア
275円~無料1,100円クロネコヤマト全国
※税込金額

サマリーポケットの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

カラエト(CARAETO)

カラエト公式サイト画像

出典:カラエト(caraeto)公式サイト

特徴

  • 1プランのみで分かりやすい
  • 箱も1サイズのみ(140サイズ)
  • 自分が用意した箱で保管できる
  • 独自のフリマに出品できる
  • 元TRUNK(トランク)という呼び名

プランは1つ、箱も1種類という分かりやすい宅配型トランクルーム。

ダンボールは、サマリーポケットのラージボックスと同じサイズなのに料金が高いので、積極的に選ぶ理由はありません。

カラエト独自のフリーマーケットは0円出品ができるため、不用品を別の人に譲ることができてエコ度が高い♪

費用が高くても、エコ活動に参加することをモットーにしている人向けです。

月額料金集荷配送運搬対応エリア
550円~無料880円運送業者全国
※税込金額

カラエトの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

risoco(リソコ)

リソコ(利倉庫)公式サイト画像

出典:リソコ(利倉庫)公式サイト

特徴

  • 箱が小さめ
  • 配送料は安いけど総額ではミニクラに劣る
  • 箱内アイテムの個別配送してもらえない(本のプランのみ可)

宅配型トランクルームとしてはマイナーですが、シュリンク包装できるため本の預かりサービスとしての知名度が高め。

月額料金は、業界最安値のミニクラやサマリーポケットに匹敵するけれども、箱代が必要であったり、箱のサイズが小さいため割高感が否めません。

月額料金集荷配送運搬対応エリア
330円~無料880円佐川急便全国
※税込金額

risoco(リソコ)の公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

MONOLESS(モノレス)

MONOLESS(モノレス)公式サイト画像

出典:MONOLESS(モノレス)公式サイト

特徴

  • 自宅にあるダンボール箱で保管できる
  • 配送料が宅急便料金と変わらないので高い

家で余っているダンボールを利用できてエコ。

料金は、ミニクラより1割高く、配送料金が宅急便と同じなので、総額でみると負担は大きい。

アイテムの個別撮影もなく、取り出しは箱単位のみなので、積極的に利用する価値は低いです。

月額料金集荷配送運搬対応エリア
366円無料1,100円~佐川急便全国
※税込金額

MONOLESS(モノレス)の公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

webtrunk(ウェブトランク)

webtrunk(ウェブトランク)公式サイト画像

出典:webtrunk(ウェブトランク)公式サイト

特徴

  • 1箱につき1000枚の画像を登録できる
  • 1箱の重量上限は25kg
  • 運営会社は上場企業(東証2部)

webtrunk(ウェブトランク)は、2001年から宅配型トランクルーム事業をスタートした老舗です。

1箱の制限重量は、他社よりも5kg多い25kgなので重いものを詰め込むことができ、1箱に登録できる画像数1000枚は業界最多です。

しかし、画像の撮影と登録作業はすべて自分で行わなければならず、レギュラーサイズの料金が他社より100円高いのが残念。

宮城県仙台市に巨大な物流倉庫を自前で保有して企業にレンタルしていますが、空調設備の導入状況が分からないこともマイナスポイントです。

月額料金集荷配送運搬対応エリア
198円~無料1,210円~ヤマト全国
※税込金額

webtrunk(ウェブトランク)の公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

宅トラ

特徴

  • クロネコヤマトの倉庫で保管
  • カーゴボックス(ボックスパレット)利用。ギチギチに詰め込みたい
  • 1アイテムごとに課金して保管もできる
  • 1年通して定温(20~25℃)定湿(55~65%)をキープ
  • 料金が高い反面、安心感がある

クロネコヤマトが集荷・配送を行い、保管する倉庫はヤマト運輸の物流倉庫という、終始クロネコヤマトのサービスが受けられる宅配トランクルームです。

カーゴボックス(ボックスパレット)1台まるごと借りる「ボックスプラン」と、1アイテムごとに料金を支払う「大型荷物プラン」から選べます。

まずはカーゴに詰め込んで、入りきらなかったモノを大型荷物プランで預ける方法がオススメ。

宅トラの最大の欠点は、料金が高いコトと半年以内での取り出しを想定していないプラン構成ということ。
「湿気による荷物のダメージを最低限に抑えたい」「海外赴任など長期不在にする」人にピッタリです。

対応エリア

全国

月額料金集荷配送運搬
5,478円~20,900円~
(初回引取料)
1,818円~ヤマト
※税込金額

宅トラの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

AZUKEL(アズケル)

特徴

  • 宅トラをリーズナブルにしたようなトランクルーム
  • 荷物の量に合わせて保管スペースの広さを選べる
  • 6ヶ月以内の取り出しで追加料金が発生する
  • 可もなく不可もなく。スタンダード。

これといった特徴がなく、なにもかにもが平均レベルで上手に収まっている宅配型トランクルームです。

メリットは、最小0.5帖、最大6帖のスペースから選んで荷物を保管できるので、無駄な出費を抑えられること。

デメリットは、「保管環境が常温常湿」なのと「6ヶ月以内に取り出すと集荷料金を請求される」ことです。

「宅トラがいいけど、高いなぁ」と感じた人向けです。

対応エリア

全国

月額料金集荷配送運搬
3,960円~無料1,639円~運送業者
※税込金額

AZUKEL(アズケル)の公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

エアトランク

特徴

  • 荷物の量に合わせて保管スペースの広さを選べる
  • 取り出し配送料が無料(毎月の上限個数あり)
  • 収納スペースを使い切ることができない

取り出し配送料が無料という、前代未聞の宅配型トランクルームです。
そのかわりに、月額料金が高い(AZUKELの約2.4倍)のがデメリットですが、配送料金も含んでいると考えると割安。

いいかえると、無料配送を使わないのはもったいないってこと。

毎月必ず使うけれども、自宅に置くのは邪魔なアイテムを保管
春夏秋冬の季節用品を預け、毎月何かしら取り出す

という使い方をするなら、他の宅配型トランクルームよりも節約できますよ♪

ただし、保管できる1アイテムの大きさは、3辺(幅・奥行・高さ)の合計が160cm以内であることと、レンタルしたスペースの80%までしか収納できないことに気を付けてください。

対応エリア

全国

月額料金集荷配送運搬
6,380円~無料無料クロネコヤマト
※税込金額

エアトランクの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

sharekura(シェアクラ)

特徴

  • ジャンル限定で大型荷物の保管に対応
  • 保管中のレジャー用品をレジャー施設に送ってくれる

シェアクラは、ダンボール保管プランの方が多く使われていますが、ミニクラやサマリーポケットと比べて強みに欠けることと、大型アイテムプランが他社にないオリジナリティあふれたものなので、大型荷物の業者として紹介させていただきました。

大型アイテムプランは、

  • ゴルフバッグ
  • スキー/スノーボード
  • スーツケース

だけの保管となりますが、シェアクラの倉庫からゴルフ場やスキー場に直接送ってもらえる便利サービスがあります。

さらに、使い終わったらその場でシェアクラの倉庫に送り返すこともできるので、行き帰りに重くて大きい荷物を運ばなくてもいいんです♪

月額料金集荷配送運搬
660円~無料1,078円~クロネコヤマト
※税込金額

対応エリア

大型荷物は東京都内のみ。ダンボール箱は全国対応。

シェアクラの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

hiroie(ヒロイエ)

特徴

  • 独自単位「キューブ」とレンタル中のスペースの関係性が分かりにくい

ヒロイエでは、0.2帖~のスペースをレンタルして荷物を保管するタイプですが、広さをキューブという独自単位に置き換えて、荷物量を管理しています。

【契約畳数×100=保管可能なキューブ数】
※1キューブ=3辺合計160cmの箱0.5個分

余力がどのくらいあるか分かりやすいけれども、追加で保管したいものが収まるかどうか分かりにくいのが難点です。

対応エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉

月額料金集荷配送運搬
4,378円~1,760円~1,760円~専門スタッフ
※税込金額

ヒロイエの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

klassy(クラッシー)

特徴

  • 宅トラの地域限定版的なイメージ
  • ただしクロネコヤマトではない
  • 自分で入庫・出庫ができる

klassy(クラッシー)は、この一言に尽きます。
自己入庫&出庫できるという条件を満たしているなら、最安値です。

倉庫は、東京都港区と仙台市の2箇所のみです。

でもこれじゃ、宅配型トランクルームとして意味がありませんね・・・

対応エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、仙台

月額料金集荷配送運搬
3,300円~11,000円~11,000円~専門スタッフ
※税込金額

クラッシーの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

ヨドクラウド物置

特徴

  • ヨド物置のヨドコウによる宅配型トランクルーム
  • 保管できる大型荷物はゴルフバッグ・スキー・スノーボードに限定

ヨドクラウド物置のプランは、ダンボール箱とスポーツ用品向けに分かれていて、シェアクラとガチでぶつかり合う展開となっています。

ダンボール箱は料金が高いので、ミニクラやサマリーポケットを利用した方がいいでしょう。

ゴルフバッグ・スキー・スノーボードに関しては全国での利用が可能ですが、料金が高く、有料のカバーは1度限りの使い切り、使用場所への配送サービスもないため、シェアクラよりも劣っているのが実用です。

対応エリア

全国

月額料金集荷配送運搬
1,650円~無料1,980円~ヤマト
※税込金額

ヨドクラウド物置の公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

デリバリーtrunk

特徴

  • 保管した量で料金が決まる従量制を採用
  • 入庫・出庫の業者を自由に選べる

デリバリーtrunk(デリバリートランク)は、預けた荷物の大きさ(体積)によって料金が決まるので、スペースを無駄に借り過ぎることがありません。

容量は1リットル単位で、倉庫に送ってから計測されるため、依頼したときに料金が分からないのが難点です。

料金は1リットル当たり3.6円で、スーツケースなら月額650円~800円ぐらいです。

配送業者を自分で選べるのはメリットですが、入庫と出庫のどちらも配送料がかかるため、輸送費は他のトランクルームの2倍負担しなければいけません。

プランによっては、利用から180日以内に解約すると、残りの日数分を全額請求されるので注意が必要です。

対応エリア

全国

月額料金集荷配送運搬
396円~700円台~700円台~自由に選択
※税込金額

デリバリーtrunkの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

ものくる

特徴

  • カーゴボックス(ボックスパレット)を箱単位でレンタル
  • 取り出し配送料は、年間上限回数までなら無料
  • 東京、神奈川、埼玉のみ利用可能

巨大な入れ物容器をまるごと借りて、詰められる分だけ入れ放題なので、宅トラのボックスプランと同じ。
とはいえ、あらゆる料金面で宅トラよりも安いのが魅力です。

サービス展開は首都圏の一部エリアに限定されていますが、預け入れの依頼をしてから最短1時間で自宅に取りに来てくれます。

ものくるの最大のネックは、倉庫の環境がまったく明らかにされていないこと。
さらに、身分証明書の提出が必須で、損害保険の加入(月200円)が原則必要です。

対応エリア

東京、神奈川、埼玉

月額料金集荷配送運搬
9,504円~無料無料(年4~6回まで)専門スタッフ
※税込金額

ものくるの公式サイトへ

↑トランクルーム一覧に戻る

宅配型トランクルームの選び方

宅配型トランクルームの選び方

宅配型トランクルームを選ぶときは、「荷物の種類と大きさ」「費用・料金」「倉庫の環境」「対応エリア」をしっかりチェックすることが大切です。

なぜならば、業者によって保管できる荷物の大きさや対応エリアが違うので、「家具を預けるため契約したのに、ダンボール箱しか保管できない!」なんて失敗につながってしまいます!

ですから、まずは「保管する荷物の大きさと量」をざっくり決めることからはじめて、

  • ダンボールに入るものは箱にまとめて、料金の安いダンボール専門のトランクルームに保管
  • 箱に入らない家具や家電は、大型荷物を保管できるトランクルームに保管

のどちらにするか見定めてから、「料金(月額料金、集荷配送料)」や「対応エリア」を比較すると、自分に最適な宅配型トランクルームを選ぶことができますよ。

また、荷物を長期間保管するなら、カビ対策として倉庫の空調設備にも目を光らせておくと安心です♪

荷物の種類と大きさ【家具を保管できるか】

宅配型トランクルームは、保管する荷物の大きさで選ぶのが鉄則。「家具など大型荷物を保管するのか」「ダンボール箱だけ保管するのか」が、選択の分かれ目となります。

なぜなら、宅配型トランクルームは、次の2つに大別できるから。

  • 【ダンボール箱のみ】ダンボール箱の保管に特化
  • 【大型荷物にも対応】大型の家具・家電も保管できる

家具など大型荷物と一緒にダンボール保管できるけれども、ダンボール専門業者より料金が高い(月額料金で1.5倍前後)ので、ダンボール箱と大型荷物が混在するなら複数の宅配型トランクルームを使い分けた方が安上がりになりやすいです。

なお、「高さ160cmの荷物まで対応」する宅配型トランクルームもあります。

こちらは、保管アイテムがスキー・スノーボード・ゴルフバッグ・キャリーケースに限定されていることも多いので、まずは保管アイテムの種類と大きさをざっくり仕訳けするところから始めましょう。

料金・費用の安さ【1年間の総額で試算してみよう】

月額料金の料金だけではなく、初期費用や取り出し送料なども試算して、いちばん安い宅配型トランクルームを利用するのがオススメです。

利用を予定している期間で料金を試算すると、最安値の宅配型トランクルームが分かります。いつまで保管するか決まっていないなら、ひとまず1年と仮定して試算してみましょう。

宅配トランクルームで発生する費用は大まかに、「初期費用」「月額料金」「取り出し配送料」の3つに分けられます。

初期費用

宅配型トランクルームのほとんどは、初期費用が無料です。

ただし、「初期費用が無料!」とPRしているけれどもダンボール箱代が必要なトランクルームは、利用し始めに費用がかかるのでご注意を!

ダンボール箱は、1箱あたり300円前後が相場です。

月額料金(保管料)

月額料金は、ダンボール箱なら箱単位で、大型荷物なら1点単位で料金が発生します。

金額の目安は、ダンボール箱で300円~500円、大型荷物は大きさによって違いますが、シングルベッドで約9,000円(宅トラの場合)となります。

大型荷物には、カーゴボックス(ボックスパレット)1台を自分専用に借りて保管するプランもあります。

荷物の大きさに上限が設定される(およそ195cm前後)こともありますが、カーゴボックス1台ごとに月額料金が発生するので、アイテム数が多いときはカーゴに丸ごと保管した方が安くなることがよくあります。

取り出し配送料(倉庫から自宅への配送料)

宅配型トランクルームは、荷物を取り出すつど配達料金がかかります。

金額は、ダンボール箱なら1,000円前後で宅配便よりも安い価格帯となり負担感は少ないです。
一方で、大型荷物の引き出しにはかなりのコストがかかり、シングルベッドで約30,000円(宅トラの場合)です!

大型荷物でも、カーゴボックスは全量取り出しで24,200円(宅トラの場合)となっているので、まとめて取り出すものと1点ずつ取り出すものを分けて保管した方がお得ですよ♪

なお、ダンボール専門のトランクルームは全国一律料金を採用していて、どこに運んでもらっても料金は変わりません。

一方、大型荷物は地域別送料を採用していることが多いので、遠方への引越しでの利用は予想外の金額を請求されかねませんので注意してくださいね。

【対応エリア】集荷・集配できる地域

宅配型トランクルームは全国対応が当たり前ですが、地域を限定して荷物の保管を付けつけるトランクルームもあります。

対応エリア内であれば、好きな場所に荷物を運んでもらえるため、自宅の荷物を実家や友達の家に配送することもできます。
保管している荷物を「実家に送りたくなった」「友達にあげることになった」ときに役立ちますよ♪

参考として、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県、大阪府・愛知県・福岡県対応エリアに含んでいる宅配型トランクルームの状況をまとめました。

+ 東京都

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
シェアクラゴルフバッグ
ヒロイエベッド・冷蔵庫OK
クラッシーベッド・冷蔵庫OK
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK
ものくるベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 千葉県

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
クラッシーベッド・冷蔵庫OK
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 埼玉県

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
ヒロイエベッド・冷蔵庫OK
クラッシーベッド・冷蔵庫OK
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK
ものくるベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 神奈川県

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
ヒロイエベッド・冷蔵庫OK
クラッシーベッド・冷蔵庫OK
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK
ものくるベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 大阪府

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 愛知県

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

+ 福岡県

【大型荷物/家具対応のトランクルーム】

トランクルーム荷物のサイズ
宅トラベッド・冷蔵庫OK
AZUKEL(アズケル)ベッド・冷蔵庫OK
エアトランク3辺合計160cmまで
ヨドクラウド物置ゴルフバッグ
デリバリーtrunkベッド・冷蔵庫OK

【ダンボール箱のみ対応のトランクルーム】

トランクルーム月額料金倉庫の所在
ミニクラ275円~東北
サマリーポケット275円~東北
カラエト550円~東北
risoco(リソコ)330円~未公表
MONOLESS(モノレス)366円~未公表
webtrunk198円~宮城県仙台市

宅配型トランクルームのメリット

宅配型トランクルームの長所は、「コンテナ型トランクルームより安い」「自宅にいながら荷物を保管できる」「保管中の荷物をウェブ・アプリで確認できる」「オプション利用で保管が便利になる」「引越しにも使える」「ダンボールの大きさを選べる」「頻繁に取り出せる」「本や衣類の保管に適している」の8つです。

コンテナ型トランクルームより安い

宅配型トランクルームは、自分で荷物を持ち運びするタイプのトランクルームよりも安上がりです。
これは、ダンボール箱を保管する場合に限ってのことで、大型荷物は費用がかさむのでお間違えのないようご注意を。

自分で荷物を持ち運びするトランクルームは、コンテナ型の「屋外トランクルーム」と、アパートマンション型の「室内トランクルーム」に分けられますが、どちらも1室あたり月額数千円~数万円の料金が発生するので、少量のダンボール箱保管には向きません。

けれども、宅配型トランクルームなら1箱につき月額300円ほどで保管できるので、節約することができます。

自宅にいながら荷物を保管できる

宅配型トランクルームは、荷物の集荷・配送をすべて業者が行ってくれるので、自宅から出ることなく、重いものを持つことなく荷物を自宅の内外に移動させることができます。

「どんな業者が運んでくれるんだろう?適当に扱われたらイヤだな」と心配に感じるかもしれませんが、ほとんどのトランクルームではヤマト運輸(クロネコヤマト)もしくは教育が行き届いた自社スタッフが自社の専用カーで集荷や配送を担当するので、破損や紛失のリスクがかなり低くなっています。

保管中の荷物をウェブ・アプリで確認できる

宅配型トランクルームでは、保管中の荷物の画像(外観)をウェブやスマホアプリで確認できるので、「何を預けたっけ?」と忘れても確認することができます。

1アイテムごとに画像化するプランは、1箱あたりの月額料金300円(サマリーポケット・ミニクラ・シェアクラの場合)から550円(その他のトランクルーム)となっています。

利用する人のほとんどが、1アイテムごと撮影するプランを選んでいるんですよ。やっぱり、便利ですもん。

1円でも安く保管したいなら、箱の外装だけを画像化するプランを選ぶとOK。
詰め込んだアイテム名を、箱に書いておくと画像確認したとき分かりやすくなりますよ。

オプション利用で保管が便利になる

ダンボール箱専用の宅配型トランクルームはオプションが豊富に用意されていて、クリーニング・不用品の処分などが行えます。

中でも、サマリーポケットには、クリーニング(衣類・布団・靴・絨毯)・シューズリペア・ハンガー保管のオプションが用意されているので、宅配クリーニングのような使い方もできます。

不用品の処分は、サマリーポケットとミニクラでは「ヤフオク!」出品ができるし、カラエトならフリマのような独自マーケットで売り買いができます。

引越しにも使える

大型荷物を保管できる宅配型トランクルームを使えば、自宅の家財道具を丸ごと引越しできます。

引越し業者が混みあって予約が取りにくいときに役立ちますよ。

引越しでトランクルームを使うなら、着替えなどの必須アイテムは自家用車で持ち運びしつつ、小物類はダンボール箱専用のトランクルームに預け、家具や家電は大型荷物のトランクルームを利用すると、引越し費用を浮かせることができます。

宅配型トランクルームで引越しすると新居が荷物であふれず、時間があるときに取り出し配送を依頼してゆっくりと片付けすることができるのも、大きなメリットです。

ダンボールの大きさを選べる

ダンボール箱は、基本となる120サイズのほか、荷物がたっぷり入る150サイズや小さめの100サイズを選ぶことができます。

  • サマリーポケット:100サイズ/120サイズ/150サイズ
  • ミニクラ:100サイズ/120サイズ
  • カラエト:140サイズ
  • シェアクラ:80サイズ/100サイズ/150サイズ
  • 宅トラ:140サイズ
  • エアトランク:120サイズ
  • ヨドクラウド物置:150サイズ
  • MONOLESS:140サイズ
  • ebtrunk:100サイズ/120サイズ/150サイズ

サマリーポケットは、箱のサイズ展開が豊富で料金も安いので使い勝手がいいですよ。

頻繁に取り出せる

ダンボール箱をちょくちょく取り出すことができます。

大型荷物は頻繁に取り出すことはほぼありませんが、エアトランクは頻繁な取り出しを前提としながらも大型荷物の保管ができる珍しい宅配型トランクルームなので、月に数回使うけれども家に置いておくのはジャマなモノの保管に役立ちます。

本や衣類の保管に適している

空調設備が整っているので、本・衣類・布団の保管にも適しています。

空調設備の比較に掲載している、湿度65%未満の宅配型トランクルームを選ぶと、カビや虫食いの心配がありません。

宅配型トランクルームのデメリット

宅配型トランクルームの短所・欠点は、「取り出し配送に数日がかかる」「大型荷物の配送費用が高い」「倉庫に直接出向いて荷物の持ち込みや搬出ができない」「自前のダンボールが使えないトランクルームが多い」の4つです。

取り出し配送に数日がかかる

ウェブやアプリで取り出し配送依頼を行ってから手元に届くまで最短翌日ですが、2~3日かかることがよくあります。

衣替えや大掃除の時期である11月~12月、引越しシーズンである3月、冬物衣料の保管が集中する4月は、さらに1日多くかかることもザラ。

とくに、クロネコヤマトが集荷・配送を担当する宅配型トランクルームで、配送遅延の文句を見かけることがあります。
これは、ヤマトが遅いのではなく、倉庫が混みあっていて配送準備に時間がかかっているためです。

大型荷物の配送費用が高い

配送料金は、荷物が大きくなるほど高くなります。

例えば、宅トラではシングルベッドの配送に30,000円ほどの費用がかかります。
ヤマトホームコンビニエンスの料金は税込22,000円なので、配送費用は運送業者よりも1.5倍ほどのお値段です。

ものによっては買い替えた方が安上がりなこともあるので、高さ(長さ)160cmを超えるような家具家電は買い直しも含めて検討したほうがいいですよ。

倉庫に直接出向いて荷物の持ち込みや搬出ができない

セキュリティの関係で、倉庫の位置を公表していないトランクルームは、自分で荷物の出し入れをすることができません。

ただし、デリバリートランクとklassyは自分で荷物の出し入れが可能です。

自前のダンボールが使えないトランクルームが多い

宅配型トランクルームでの保管は専用ダンボール箱となっていて、自宅で余っているダンボールを利用することができません。

これは、倉庫で積み上げたときの荷崩れを防ぐためです。
同じ形・大きさで、強度のある箱を利用することで、保管する荷物の破損を防いでいるんですね。

とはいえ、自分で用意したダンボールを使うことができるトランクルームもあります。

  • サマリーポケット:アート引越しセンターのS・Mサイズ、エイブル引越しサービスの縦51.4×横34.4×高さ34.0の箱
  • カラエト:160サイズまで可
  • AZUKEL:120サイズまで(サイズ超過したら写真撮影はなし)
  • エアトランク:可能
  • MONOLESS:140サイズ

サマリーポケットとカラエトは段ボール料金が無料なので、専用品を使った方がいいでしょう。

箱が有料なAZUKEL(220円/箱)、エアトランク(220円/箱)、MONOLESS(330円/箱)なら、自前のダンボールの利用で節約ができます。

まとめ

宅配型トランクルームは数がたくさんあるのでどこを使ったらいいのか迷いがちですが、「保管するもの」「料金」を比較するだけで、以下の3社に絞ることができます。

  • ダンボール箱を保管したい → サマリーポケット(料金が安い/使い勝手が良い)
  • 家具・家電を預けっぱなしにする → 宅トラ(大型荷物/優れた空調/クロネコヤマト)
  • 月に数回使うアイテムを預けたい → エアトランク(取り出し配送無料/大型荷物)

給料が上がらず、物価や消費税だけが上がっているので、部屋数の少ない賃貸住宅をに住むかわりに荷物をトランクルームに保管する人が増えています。

生活空間に物が少ないと、「狭い部屋でも広く使える」「部屋の掃除が楽」といったメリットも生まれるので、宅配型トランクルームを上手に使って、シンプルライフを楽しんでくださいね♪

-トランクルーム