トランクルーム

minikura(ミニクラ)の評判や口コミを分析│ヤフオク&再入庫や料金も紹介

ミニクラ(minikura)の評価・特徴・料金・手続き

「minikura(ミニクラ)の料金や保管できる荷物の大きさは?」
「実際に使っている人の評判や口コミを知りたい!」

衣類や本を保管したいけど、その前にミニクラへの疑問を解消したり、みんなの意見を聞いてみたい!

ここでは、minikuraを使ってみたみなさんの評判口コミ(2019年中にツイッターでつぶやかれた良い意見/悪い意見)をもとに、メリットとデメリットを傾向別に分析しつつ、具体的な保管物や賢い使い方を提案しています。

そのほか、5つある料金プランの使い分けや、ヤフオク!出品の手数料や上手な活用法も分かります。

「クローゼットに入りきらない荷物を安く保管したり手間なしで処分したいなぁ」というとき、ミニクラを申し込むか決めるためにお役立てください♪

ミニクラとは

minikura(ミニクラ)は、倉庫業大手の寺田倉庫が行う宅配トランクルーム(ダンボール専用の宅配収納サービス)です。サマリーポケットにとても良く似た荷物預かりサービスです。どちらがいいか迷っているなら、minikuraとサマリーポケットはどちらを使うべき?をご覧ください。

保管料金月額275円(税込)~
預け入れ配送料無料
取り出し料金1,100円(税込)/箱、392円(税込)/メール便
※12か月以上預け入れで無料
クリーニング衣類、布団(薄い掛布団)
クリーニングパックminikura CLEANING+(オプション)から選択
ダンボール箱専用ダンボールを利用(何個でも無料)
空調設備温度10℃~28℃、湿度40%~65%(カビが生えにくい)
不用品ヤフオク!出品可能
支払い方法クレジットカード
対応エリア全国
運営会社寺田倉庫

ミニクラに荷物を保管する

もくじ

悪い評判・口コミとデメリットは6つ!傾向を分析して対策を紹介

ミニクラ(minikura)の悪評

minikuraに対する不満な意見や感想は、全20件中5件でした。割合は25%となり、4人に1人が何かしら残念さを感じながら利用していました。

悪評のほかに、他のトランクルーム業者と比較してデメリットを探したところ、ミニクラの欠点は次の6つとなりました。

また、不評ではないけれども「ミニクラの弱点を補うためにサマリーポケットと併用している」という意見が最多の7票ありました。

では、不満点1つずつを分析して、対策を紹介しますね。

↑目次に戻る

【取り出し日数】荷物の到着に2~3日かかる

ミニクラ(minikura)の取り出し配送は日にちがかかる?真相は?

minikuraに対する悪い口コミのうち、最も多かった意見が到着までの日数に対する不満でした。

「荷物が着くのが遅い」とつぶやいた方はいずれも、海外旅行に行くときに着ていく服の取り出しが間に合わなかったというものです。

日本とは季節感が違う地域への渡航する直前に出庫依頼をすると、洋服を現地調達しなければいけなくなるかもっ!

「荷物の到着が早い」という反対意見もある

荷物が届くのは遅い?早い?
どちらが正解なの??

と思いきや、荷物の到着がスピーディという反対意見もありました。

荷物の到着日数は最短翌日

minikuraの公式サイトには、取り出した荷物が届くまでの日数は書かれていません。

minikuraと同じ倉庫&同じ運送業者を使っているサマリーポケットでは最短で翌日配送ですから、minikuraも最短翌日と考えていいでしょう。

東海以西は日数がかかる

保管倉庫は東北にあるので、関東より西は配達日数に1日~2日ほど多くかかります。

取り出し依頼をするタイミングや混み具合によっては1~2日ほど遅くなりますし、山陰・山陽・九州・四国地方はさらに1~2日ほど日数が必要です。

よって、荷物の到着は取り出しの申し込みをしてから2日~3日後と想定して、荷物を使うことが決まったら早めに取り出し依頼をしてくださいね。

注意

離島や沖縄への荷物は航空機で輸送しますが、中身が分からない物は開披検査の結果、船便や陸送になり1週間~2週間かかることもあります。

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

【本の保管】Libraryプランの月額料金が高い

ミニクラ(minikura)のライブラリープランは料金が高い

Libraryプランは、本やCD(光学ディスク)の保管に特化したプランです。月額450円の料金で、1箱20kgまで品数無制限で預け入れることができます。
minikuraの最安値であるHAKOプランは月額250円ですから、比べちゃうとライブラリープランは高いですよね。

保管コミック数100冊ほどのライトユーザーなら1箱で収まるので料金の高さは気になりませんが、500冊・1000冊と本を大量に保管するヘビーユーザーなら月額料金が重くのしかかってきます。

「19箱預け入れしてるけど、倉庫を借りるより安い」という意見を見つけました。19箱=3,800円なので、コンテナトランクよりもまだ安いですね。ちなみに、10箱以上預けているユーザーが相当数いました。60箱というツワモノも発見!

本を預けている人は、箱数が膨大になる傾向にありました。他にも、預けてる数が50箱・40箱というヘビーユーザーもいらっしゃいます。

でも、「本当に高いの?」「安いプランを数箱使って分割保存するより安いのでは?」と疑問に思ったので、本を保管できる全プラン(Library・HAKO・MONO)を比較してみました。

プランLibraryMONOHAKO
ダンボールブックレギュラーブック
箱の体積40,194cm354,872cm340,194cm3
重量制限20kg/箱20kg/箱20kg/箱
収納冊数(体積)105冊143冊105冊
収納冊数(重量)142冊142冊142冊
収納冊数105冊142冊105冊
月額料金450円300円250円
写真撮影無制限30点/箱なし

※cm3は「立方センチメートル」です。
※通常サイズのコミックスの冊数です。
※重ね方・デッドスペース・1冊当たりの収録ページ数の関係で、実際に詰め込める冊数は上記表より若干少なくなります。

収納冊数について

収納冊数は、コミックスの大きさと重さを実際に計測して算出した目安です(当サイト調べ)。

サイズ通常サイズワイド版
重さ140g180g
体積381.3cm3
(幅1.9cm×奥行11.4cm×高さ17.6cm)
446.1cm3
(幅1.9cm×奥行12.9cm×高さ18.2cm)

通常サイズは「スパイファミリー」を、ワイド版は「キングダム」を実計測しています。

なお、1冊あたりの保管単価は、

LibraryMONOHAKO
4.29円2.11円2.38円

となり、これらを踏まえて比較した3つプランを使い分けするとしたら、次の用途がベストでしょう。

【本の保管】プランの使い分け

  • Library:1冊ごとすべてサムネイル化(画像化)して本棚のように管理したい
  • MONO:【大量保管】電子本棚化なし/総数105冊以上/1冊単位で取り出しする
  • HAKO:【少数保管】電子本棚化なし/総数105冊以下/1冊単位で取り出ししない

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

【ダンボールのみ保管可】大きい荷物を預けられない

ミニクラ(minikura)でできる荷物はダンボール箱だけ

minikuraは、ダンボール箱での保管に特化した宅配トランクルームなので、箱に入らなかったり、はみ出してしまうアイテムは預け入れできません。

ダンボール箱の種類とサイズ

サイズ対応プラン
レギュラーボックス幅38cm×高さ38cm×奥行38cmHAKOMONO
ワイドボックス幅60cm×高さ20cm×奥行38cmHAKOMONO
ブックボックス幅42cm×高さ29cm×奥行33cmHAKOLibrary

長さでいえばワイドの幅60cm、高さでいえばレギュラーの38cmを超えるものは、保管できません。

ダンボールに入りさえすれば、保管できます!

保管できるものの例

  • 布団
  • 冬物アウター
  • スーツ上下

うすい掛布団なら入りますが、厚手の毛布や羽毛布団は箱サイズが一回り大きいサマリーポケットのラージボックスに収まりますよ。

カラエトという選択肢もありますが、料金が安く布団クリーニングもできるサマリーポケットの方がお得&使い勝手がいいです。

【対策】大きな荷物は他の宅配トランクルーム業者に預けよう

ベッドや冷蔵庫のような大型荷物を保管できる宅配型トランクルームなら、家具や家電を保管できます。
宅配なので、引き取りと配送もやってくれるから重い荷物でも楽に預けられますよ。

家具家電を保管できる宅配トランク

ただし、デメリットもあるので注意が必要!

大型荷物宅配のデメリット

ダンボール単位での保管できるプランもありますが、月額料金がミニクラの2~3倍します。大型荷物を保管して残ったスペースにダンボールを置いてもいいのですが、引き出し料金が高い(およそ1,500円~)のが弱点です。

ダンボールはminikuraに、大きな荷物はミニクラ以外に分けて保管すると、費用を安く抑えることができますよ。

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

【補償金額】1箱1万円と少ない

ミニクラ(minikura)の補償金額1箱1万円は業界標準レベル

1箱1万円は、宅配トランクルームの標準的な補償金額です。

宅配トランクルームで怖いのが、荷物の破損や紛失。
輸送中にトラックが事故ったり、倉庫が災害に遭ったりする可能性はゼロではありません。

どの宅配トランク業者も、不慮の事故などで荷物が破損や紛失した際の補償をつけています。
minikuraは1箱1万円が上限ですが、補償額が少ないかどうか他の宅配トランクルームと比べてみました。

補償金額の比較

業者補償金額保管物
サマリーポケット1万円ダンボール
AZUKEL1万円箱&大型
カラエト2万円ダンボール
シェアクラ1万円ダンボール
エアトランク10万円箱&大型
宅トラ30万円箱&大型

※サマリーポケットは、オプションのあんしんサポートに加入すると50万円に爆上がりします。

補償の小ささを指摘した人は、「捨てるのと同じ」とまで言っていました。
もう手に入らないフィギュアや絶版図書などの価値は1万円では安すぎるでしょうから、たしかに捨てるようなものかもしれません。

しかし、ダンボール専門の宅配トランクルーム各社の補償額は、1箱あたり1万円から2万円が相場であり、minikuraが特別低いわけではなく標準レベルの補償額となっています。

補償額の多さは安心につながりますが、ミニクラで紛失や破損はほぼ起こりません(ゼロではありません)。

どうしても心配なら、エアパッキン(ぷちぷち)に包んでからダンボールに入れると、輸送中に破損しにくくなりますよ。

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

【ダンボール箱のサイズ】微妙に不便

ミニクラ(minikura)の欠点・悪いところ

minikuraで保管に使うダンボール箱には、

  • 専用品しか使えない
  • 大きさ(サイズ)が中途半端

という2つのデメリットが存在します!

手元にダンボールがたくさん余っていても保管には使えません。

専用箱が必要な理由

巨大倉庫で箱を何個も縦積みするため、サイズがまばらだと荷崩れする危険性があるため、専用ボックスしか使えません。

さらに、アプリでダンボールをオーダーしてから届くまでは、2日ほどかかります。
好きなサイズの箱をササッと用意した方が手っ取り早いけれども、それができません!

「さて、箱が届いたし荷造りするぞっ!」

って、おいおいっ!
なんだこのサイズはっ?

サイズ対応プラン
レギュラー幅38cm×高さ38cm×奥行38cmHAKOMONO
ワイド(衣類向け)幅60cm×高さ20cm×奥行38cmHAKOMONO
ブック(本CD向け)幅42cm×高さ29cm×奥行33cmHAKOLibrary

利用頻度が高いレギュラーボックスは、滅多に見かけない正六面体。真四角で「サイコロ」と呼ばれる形ですね。
これがイマイチ使いにくい・・・

サイコロ型ダンボールはホームセンターにさえなかなか売っていない実情から考察するに、不便なんです。
「思ったほど、荷物が入らない。」

形としてはブックボックスが使いやすいけど、一回り小さいっ・・・

とはいえ、ダンボール箱は無料だから文句はありませんけど、サマリーポケットの箱の方がサイズが大きくて馴染みある形をしていて使いやすいですよ。

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

【再入庫】HAKOプランのみで頻繁な取り出しに向かない

minikuraは、一度取り出た箱を再び預け直すのがとっても不便です。
1箱まるごと引き出したものは解約扱いとなるので、再度預けるときはダンボールを手配して荷物を詰め替えて集荷依頼をするので手間なんです。

唯一、再入庫できるHAKOプランなら1箱まとめて配送してもらい、必要なものだけ取り出したら再び送ることができます。

とはいえ、HAKOプランは安い代わりに中身を画像で確認できないのが欠点ですね。

↑悪い評判デメリットの一覧に戻る

↑目次に戻る

良い評判・口コミとメリットは5つ!利便性と安心感が好評

ミニクラ(minikura)の好評やメリット

minikuraに対する良い評価・口コミは、全21件中16件もありました。全体の76%(4人中3人)がミニクラを「良い」としていて、評価の高さを確認できました。

特徴的な感想は、下記3つです。

安くて安心で便利だなんて、評価としては最高ではないでしょうか。少数意見として「本を管理しやすい(1票)」という意見もありました。

そのほかに、他社宅配型トランクルームでお目にかかれないminikuraのメリットとして

があります。

では、5つの良い評判とメリットについてみていきましょう。

リアルストレージとしての利用が便利

ウェブ上の保管環境であるストレージのリアル版として、便利である評価が最多の6票でした。全体の28%となり、10人中約3人が便利さを感じています。

ミニクラ先輩利用者は実際にどう使っているの?

  • 衣替えと書庫として便利。3年ほど使っている。
  • 冬服を入れている。
  • 引越しの一時保管に使った。引っ越し当日の荷物が減って楽だった。

意見が多かった使い方トップ3。
ちなみに、1年以上保管すると配送料が無料になるので、長期間取り出さない衣類や本を保管するのに最適です。

↑良い評判メリットの一覧に戻る

minikuraは寺田倉庫だから安心

ミニクラ(minikura)は寺田倉庫の宅配トランクルーム事業ブランド

minikuraなら安心な理由

  • 寺田倉庫だから
  • 今までトラブルが無い
  • ヤマトが配送してくれる
  • 自室より保管環境が良い(セキュリティ・空調)

寺田倉庫は、高級なワインや絵画の保管庫として、世界中の富豪から利用されています。その寺田倉庫がminikuraを運営しているのだから、この上ない安心感は当たり前でしょう。

参考:寺田倉庫の特徴と保管事業の一覧

また、運搬業者にヤマト運輸が加わったことをきっかけに、minikuraを使い始めたユーザーさんもいました。

↑良い評判メリットの一覧に戻る

5つの料金プランの料金が安いし用途に応じて使い分けできる

minikuraの料金は、宅配型のトランクルームの中で最安です。費用は月額料金と取り出し配送料だけ。預け入れ(集荷)と段ボール代は無料です。

値上げしても最安値帯

国内輸送費の高騰のあおりなどを受け、2020年6月1日に料金改定(値上げ)しましたが、写真撮影のないHAKOプラン(1箱275円)、撮影ありのMONOプラン(1箱330円)ともにサマリーポケットと並んで国内最安値です。(※料金は税込み)

各プランの特徴や料金は、こちらで紹介しています。

【ヤフオク!出品】預けたアイテムを手間なく処分できる

ミニクラ(minikura)からヤフオク!に出品する

minikuraに預けている荷物をヤフオク!に出品して、売れたらminikuraの倉庫から発送してもらえます。

出品料販売手数料梱包代行配送料
無料20%無料1箱1,000円

保管依頼をしたときminikuraが撮影する画像をヤフオク!に自動掲載でき、梱包はminikuraが担当するので、あなたがやることは、

  • 出品したいアイテムをminikuraから選ぶ
  • 配送先に購入者の情報を入力して取り出し依頼をする

の2つだけです♪

注意点

対応しているプランは、MONOClosetLibraryの3つです。
1点単位の取り出しができないHAKOプランと、クリーニングパックで保管している衣類は出品できません。
ヤフープレミアム会員であることが条件です。

とりあえず、いらないものは全部minikuraに送って出品。売れなかったものは引き出してリサイクルショップへ持ち込み、値段が付かないものは捨てるという使い方が便利ですよ。

minikuraのヤフオク!出品は、忙しいさなかに不用品を処分するという使い方ができるので、「ミニクラって、物の処分を前提とした使い方ができるんだ!」と気付かされました。

メルカリ出品はできない

不用品をヤフオクで販売したいと思っているなら、メルカリでの販売も考えていると思います。
せっかくなので、メルカリ出品についても紹介しておきますね。

ミニクラからメルカリ出品する

【アイテムを預け入れる前に自分で撮影する】→【メルカリに出品する】→【売れたらminikuraに購入者の届け先を入力して取り出し依頼をする】

の手順で進めてください。一度預け入れると出庫にお金がかかるので、必要以上に写真を撮ったり詳しい情報をメモしておきましょう。

ミニクラから出品するメリットは、次の2つです。

  • 購入者への発送作業がいらない
  • 購入者にこちらの個人情報が渡らない

↑良い評判メリットの一覧に戻る

ミニクラの5つのプランと料金(月額料金・配送料)

ミニクラ(minikura)のプランの紹介画像

出典:ミニクラ(minikura)公式サイト

minikuraには、5つのプランが用意されています。

ミニクラのプラン

  • HAKO(最安値。なんでもまとめて保管)
  • MONO(標準プラン。荷物をウェブで画像確認できる)
  • Library(本/光学ディスクに最適)
  • Closet(衣類のハンガー保管)
  • クリーニングパック(洗った衣類を不織布ケースで吊るし保管)

みんなが使う一般的なプランはMONO(モノ)ですが、料金を安く済ませたい派ならHAKO(ハコ)、大量のコミックや文庫本を個別管理できるLibrary(ライブラリー)など、自分の趣味や預けたいものでプランを分けて利用できます。

さらに、minikuraには、お得なポイントが2つあります。

【お得1】取り出し配送料が無料になる

1年以上保管した箱は、取り出し配送料が無料になります。(税込1,100円 → 無料)

【お得2】送料全国一律を活用して節約

送料(取り出し配送料)は全国一律1,100円(税込み)、クロネコヤマトが全国どこでも届けます。ヤマト運輸の通常料金は1,610円~(120サイズ・税込み・発地着地によってさらに高くなる)なので、ミニクラでワンクッションさせて実家や友達の家に届けると節約になります。

さて、話を戻して、各プランの特徴や料金を分析していきますね。

HAKO/ハコ【格安プラン】特徴と料金

HAKO(ハコ)は、利便性を削った代わりに料金が安いプランです。

HAKO(ハコ)プランの特徴

  • 料金の安さで選びたい人向け
  • 箱の中身がスタッフの目に触れない
  • 1アイテムごとの写真撮影がない
  • 取り出し配送は1箱単位

箱の中身1点ごとの撮影と取り出し配送がありません(だから安い)。
そのため、ウェブ(アプリ)で保管物の画像を確認できません。

ただし、ダンボールの外観は確認できるので、梱包したものが分かる目印をつけておくと、取り出すとき目的の箱を選びやすくなりますよ。

ちなみに、文書溶解サービス(オプション)は、HAKOプランで保管中のダンボールのみとなります。

HAKOプランはこんなときに便利

  • 荷物の量(箱数)が多く、料金を節約したい
  • 当面使わない(取り出さない)ものを保管する
  • 他人の目に一切触れさせたくないシークレットなアイテムの保管
  • 重要&機密書類の保管

HAKOの料金

月額料金集荷料金箱ごと配送料金1点配送料金
275円無料1,100円-

※税込料金

選べるダンボール箱はレギュラー(正方形)とワイド(薄くて幅広い)とブック(横長)の3つから選べ、どの箱を選んでも料金は変わりません。

HAKOの仕様

1箱配送1点配送上限重量写真撮影
×20kg/箱なし

↑料金プランの一覧に戻る

MONO/モノ【標準プラン】特徴と料金

MONO(モノ)は、一番人気のプランです。保管アイテム1点ごとの撮影があります。

MONO(モノ)プランの特徴

  • 1アイテムごとに写真撮影あり(1箱の上限は30点)
  • 取り出し配送は1点ごともしくは1箱まるごと
  • 衣類クリーニングオプションが使える
  • ヤフオク!出品ができる

宅配型トランクルームは、箱に詰めたアイテム1点ごとをウェブ(アプリ)で確認できるのがスタンダードであり、ミニクラにおいてはMONOプランが該当します。

衣類クリーニングオプションを申し込む衣類は、MONOプランで預け入れします(クリーニング後ダンボールで再保管する場合)。ハンガー保管したいなら、クリーニングパックプランを利用しましょう。

MONOプランはこんなときに便利

  • 梱包した荷物1点ごとの画像を、ウェブ(アプリ)で見たい
  • 引き出す予定がある物とない物を混在して箱詰めする
  • コレクションをウェブ(アプリ)で眺めたい
  • 衣類をクリーニングしたい

MONOの料金

月額料金集荷料金箱ごと配送料金1点配送料金
330円無料1,100円880円

※税込料金

HAKOプランの月額料金にプラス50円するだけで、1箱あたり最大30点の写真撮影(画像化)が付いてくるので、使い勝手と料金のバランスが良いです。

選べるダンボール箱はレギュラー(正方形)とワイド(薄くて幅広い)の2つから選べ、どちらも料金は同じです。

MONOの仕様

1箱配送1点配送上限重量写真撮影
20kg/箱30点/箱

↑料金プランの一覧に戻る

Library/ライブラリー【本の保管】特徴と料金

minikura Library(ミニクラライブラリー)プランは、コミック・文庫・雑誌・CD・DVD・BD・ロムカセットの保管用プランです。

Library(ライブラリー)の特徴

  • 本・光学ディスク・ゲームソフト用
  • 取り出し配送は1点ごともしくは1箱まるごと
  • 写真撮影は無制限。箱内の全アイテムを画像化できる
  • ヤフオク!出品も可能

1箱の収納量の目安は、通常サイズの漫画単行本(コミックス)で142冊です。

1冊ごとの取り出し配送は、郵便局のゆうメール(メール便)でポストに送られてくるので、不在でも受け取ることができます。
本をヤフオク!に出品できるのはミニクラだけです(サマリーポケットでは、本を出品することができません)。

Libraryの料金

月額料金集荷料金箱ごと配送料金1点配送料金
495円無料1,100円356円+1冊35円

※税込料金

1冊ごとの個別取り出し配送料は、基本料356円に加えて1アイテムごとに35円という料金体系になっていて、取り出せる冊数と料金を試算してみました。

マンガ単行本通常版(1冊140g)で試算

冊数1冊2冊3冊4冊5冊6冊7冊
料金391円426円461円496円531円566円601円

※税込料金

8冊目からは1kgを超えるため、メール便ではなく箱配送(1,100円/箱税込み)となります。

マンガ単行本ワイド版(1冊180g)で試算

冊数1冊2冊3冊4冊5冊
料金391円426円461円496円531円

※税込料金

6冊目からは1kgを超えるため、メール便ではなく箱配送(1,100円/箱税込み)となります。

Libraryの仕様

1箱配送1点配送上限重量写真撮影
20kg/箱枚数無制限

選べるダンボール箱はブック(横長)のみとなっています。

↑料金プランの一覧に戻る

Closet/クローゼット【衣類向け】特徴と料金

minikura Closet(ミニクラクローゼット)プランは衣類の保管専用プランです。クリーニングオプションと組み合わせることで、宅配クリーニングに出すのと同じ使い方ができます。

Closet(クローゼット)の特徴

スーツやコートのように折りたたみできない衣類や、冬物アウターのように折りたたむとかさばってしまう衣類の保管に使いたいプランです。

集荷&配送による輸送時は、通気性の良い不織布(ふしょくふ)バッグに入れて運ばれます。

輸送バッグ(入れ物)はダンボール箱と違って変形するので、衣類の型崩れやシワ防止になりますよ。

1アイテムごとに取り出すとメール便(ゆうメール)で送られてくるので、服のサイズによってはポスト投函で届きますが、ポストに入らないサイズは対面受け渡しです。

こんな人に向いています

  • 「自宅にハンガーラックを置くスペースがない」
  • 「人目に着く場所にハンガーラックを置きたくない」
  • 「クローゼットが服で溢れかえっている!」

Closetの料金

月額料金集荷料金箱ごと配送料金1点配送料金
550円無料1,100円495円+1点55円

※税込料金

取り出し配送料は、基本料495円に加えて1アイテムごとに55円が加算されます。

梱包アイテム数は10点までですが、11点目からは1点につき110円で保管ができます。

Closetの仕様

1箱配送1点配送保管点数写真撮影
10点まで1点1枚

↑料金プランの一覧に戻る

クリーニングパック

クリーニングと6ヶ月間の保管がセットになったプラン。

クリーニングパックの特徴

  • クリーニングと6ヶ月保管のセット
  • 取り出し配送は1点ごともしくは1箱まるごと
  • 他プランで保管してクリーニングオプションをするより安い
  • クリーニングオプションを依頼する手間がいらない

クリーニングパックで衣類を送ると、洗濯から保管までを一貫してやってもらえるので、いちいちウェブ(アプリ)を開いてクリーニングオプションを申し込む手間が省けます。

通気性の良い不織布(ふしょくふ)バッグに入れて吊るして保管しますが、ハンガー保管も選べます。

保管バッグの収納力

メンズのピーコートが10着入ります。ファーやボアがある冬物アウターでも、5人家族全員分を保管できます。

ミニクラで洗濯できる理由

minikuraの関東センターは、衣類のクリーニングと保管能力を兼ね備えた倉庫です。

洋服レンタル大手のエアークローゼットで貸し出される衣類は、minikura関東センターでクリーニング&保管されています。

クリーニングパックの料金

6ヶ月料金7ヶ月目から集荷料金箱ごと配送料金1点配送料金
12,100円550円/月無料1,100円880円~

※税込料金

クリーニングパックは、洗い物10点(9,900円相当)と6ヶ月の保管(3,300円)の総額13,200円が、12,100円で済むので1,000円もお得です♪

宅配クリーニングでは100%真似できない保管料金なので、季節はずれの衣料品を保管すること前提でクリーニングに出すなら、ミニクラのクリーニングパックが最有力候補になるレベルです。

クリーニングパックの仕様

1箱配送1点配送衣類の数写真撮影
10点まで1点1枚

↑料金プランの一覧に戻る

1年以上保管すると取り出し配送料が無料になる。

ミニクラでは、保管期間が1年を超えた箱については、無料で取り出しできるようになります。

2020年6月1日の料金改定前は、無料になる期間は1年4ヶ月でしたから、長期保管したアイテムの取り出しは値下げされた格好です。

↑料金プランの一覧に戻る

【公表!】minikuraの送料全国一律を活用した節約テクニック

minikuraの取り出し配送料は、どこに送っても全国一律です。沖縄・離島でさえも1梱包1,100円(税込み)という送料の安さを活用して、実家や友達のところに荷物を安く送ることができます。

荷物の配送を担当するのはクロネコヤマト。
ヤマト運輸の宅急便の送料は、ミニクラのダンボールと同じ120サイズで1箱1,610円~です。
荷物が重く大きく、距離が遠くなるほど値段が上がり、本州の端から端への送料は、2,050円です。

けれども、minikuraに一旦預けてから送れば1,100円で済んじゃうし手間も省ける、まさに賢者の輸送方法!

欠点は、minikuraに荷物登録されるのを待たなければならないところ。
荷物が集荷されてから登録完了まで、おおよそ1週間ほどです。

使わないけど手元に置いておくか、それとも実家に戻すか迷っている荷物を、いったんミニクラに保管してしまうってのもアリ。

箱数が増えるほど、お得度が跳ね上がりますよ♪

↑料金プランの一覧に戻る

↑良い評判メリットの一覧に戻る

保管が便利になる2つのオプションプラン

ミニクラには、クリーニング文書溶解サービスのオプションプランがあります。

クリーニングオプション【minikura CLEANING+】

「ミニクラクリーニングプラス」では、minikuraに保管している衣類をクリーニングに出せます。1着900円。ワイシャツも冬服も値段は変わりません。

※2020年6月1日で料金が改訂され、1着700円が900円へと値上げされました。

1着の料金特殊クリーニング靴・バッグ
900円5,000円~3,800円~

靴やバッグを洗ってもらえるのも、便利ですよね。シューズ類を自分で洗うのは手間ですし、バッグ洗いは色落ちや型崩れが怖くて素人には手が出せません。

一方で、minikuraでクリーニングできないものは次のとおりです。

以下の衣類はお取り扱いできません。

・皮革・毛皮製品
・和服(着物・浴衣)
・肌着・下着類
・帽子・ドレスなど輸送中に型崩れが危惧されるもの
・絹・カシミヤ・アンゴラ・ビキューナ5%以上の商品
・乾いていない衣類(輸送中にカビ、においが付く恐れがあるため)
・布団・毛布・枕など寝具類
・礼服・制服類(急な入用の際、希望日にお届けできないため)<寄託者の承諾がある場合は除きます>
・その他、クリーニング不可能と当社が判断したもの

ミニクラ衣類クリーニングオプションサービス規定より引用

クリーニングできない衣類のうち、皮革・毛皮製品は特殊クリーニングで洗ってもらえます。

特殊クリーニングの対象と料金は、皮革・毛皮の衣類が5,000円~で、ブランド品が7,000円~となっています。

特殊料金扱いのブランド

モンクレール ダウンジャンパー、デュベティカ ダウンジャンパー、ロエベ、ヘルノ、カナダグース、タトラス、シャネル、エルメス等の高級ブランド品

文書溶解サービス【書類を廃棄!】

文書溶解サービスは、紙類をまとめて処分できるオプションプランです。
料金は1箱500円。申し込みには、以下の条件があります。

  • HAKOプランで1年以上保管していた箱である
  • 雑誌や写真は対象外
  • ホッチキスの針やガチャ玉などの金属が入っている場合も対象外

見られちゃいけない秘密の文書や大量のボツ企画書を、人目に触れることなく安全かつ確実に処分!
薬剤で文書を溶かし、トイレットペーパーとして再利用されます。

↑良い評判メリットの一覧に戻る

↑目次に戻る

minikuraとサマリーポケットはどちらを使うべき?

ミニクラ(minikura)対サマリーポケット

minikuraには、「料金が安いけれども取り出しと預け入れの繰り返しに不向き」「箱の大きさが中途半端」という弱点があります。デメリットを解消するため、サマリーポケットとの併用する保管法が人気でした。

両社の共通点は、

  • 月額料金はほぼ一緒
  • 保管先は寺田倉庫
  • 配送業者はクロネコヤマト
  • クリーニングできる
  • 写真撮影30点/箱
  • ヤフオク!へのおまかせ出品

があります。

けれども、再入庫のしやすさ・ダンボールの大きさ・支払方法の多様さはサマリーポケットの方が上ですが、2か月間の利用が必須であるなどminikuraにはないデメリットがあります。

サマリーポケットとミニクラとカラエトの3社比較をご覧いただければ、ミニクラとサマリーポケットのどちらにするか、すんなり決められると思います。

↑目次に戻る

ミニクラ(minikura)とは

ミニクラ(minikura)とは

ミニクラは、倉庫業大手の寺田倉庫が運営する、宅配型トランクルームです。
保管は、専用のダンボール箱のみ。自分で用意した箱や、箱に入らない大型荷物は保管できません。

終了したプラン

minikuraダイレクト
自分で用意した箱で預け入れできるプランです。2017年4月17日にスタートして、2019年1月15日に予定数量に達したため終了しました。現在は、専用外ダンボールを送ると送料着払いで送り返されます。

minikuraCARGO
minikuraCARGO(ミニクラカーゴ)は、あなた専用の台車を借りて大型荷物を預けることができたプランです。2014年9月25日スタートしましたが、2016年4月20日に新規保管を停止しました。

参考:寺田倉庫が手掛けている倉庫の種類と特徴

運営会社(問い合わせ先)

倉庫の場所は東北のミニクラ東北センター

ミニクラでは、荷物の保管場所として東北に設営された「ミニクラ東北センター」を利用しています。
セキュリティの関係上、正式な所在は明かされていないので、グーグルマップ等で検索しても見つけることはできません。

そのため、荷物の直接持ち込みも受け付けていません。
もし、自宅へ集荷に来てもらうのが都合悪ければ、ヤマト運輸の取扱店となっているコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ニューデイズ、デイリーヤマザキ、ポプラ)に持ち込みましょう。

常時空調が効いていてカビ対策がされている

温度湿度
10度~28度40%~65%

セキュリティ

所在地さえ一切明かしていないことが、最高レベルのセキュリティになっていますが、それ以外にも

  • 保管庫入室は専門スタッフのみ
  • 出入口は有人管理
  • 警備会社による24時間365日警備(監視カメラや人感センサーによる機械警備)
  • 倉庫外周にセキュリティ網

といったセキュリティを備えています。

ミニクラに荷物を保管する

↑目次に戻る

-トランクルーム